AETHER REALM / Tarot

USのヴァイキング/フォークブラック、2017年リリースの2ndアルバムです。
AETHERREALM_Tarot1
AETHERREALM_Tarot2
今回はちょっとブラックっぽいジャケ絵。
コスチュームの毛皮もちょっと控えめになってますw

(゚д゚)最初に言っとくけどもうÆとか書くのもうやめたから。めんどくさいから。

以前に1stを紹介しましたこのバンド。
US出身のくせして北欧フォークブラック大好きWINTERSUN大好き
狼の毛皮着させたら牙一族にも負けませんみたいな(ただしひとりだけ)みたいなスタイルで
ちょっとした話題になったような気がします。
img_4
※参考画像・牙一族

で、一昨年だったか、DLのみで新曲を1曲発表していましたが
今年になってようやく2ndフルレングスをリリースしましたので
今回ご紹介致します。

前作はまさしく北欧フォーク/メロデスをベースに
ちょいとUSっぽい荒さ、熱さを加味した好盤でしたが
本作はどうか。
まあまずは聴いてみようぜ。

(・∀・)いいね!

いきなり貼っちゃったけど、おそらくこの曲が本作中では最も即効性の高いキラーチューン
大仰なクサアレンジを敢えて廃し
シンプルなリフを心地良いリズムに乗せて疾走する爽快感。
0:34で切り替わる単音リフは胸に刺さること間違い無しだし、
それでいて中間部のギターソロなどは北欧のバンドのそれとは明らかに異なるテイスト。
そして驚くのはこの曲、わずか2:56という短さ
3分に満たない短い中にハッとさせるポイントを複数盛り込みつつ
キワの部分の切り替えがスムーズで、流れを切らせないという曲作りのウマさ
音楽性はまったく違うのだけど、MEGADETHにも通じるようなセンスを感じる。

で、ある意味でこの曲は本作を象徴する曲だと思うんだよね。
というのは、本作は前作と大きく異なる点として
明らかに起伏や展開をを多く設けた楽曲の構成が挙げられる。
前作はとにかく疾走中心の直球クサメロデスでしたが
これは好みの分かれるところかもしれない。
けれども、メロの質、1曲の完成度は明らか前作を上回るし、
#1~#4くらいまでは掴みの良いスピーディな曲が並び、
前作が好きだった人もは思わずニッコリだと思う。
特に上に貼った#3のほか、#4も名曲。

(・∀・)巻き舌のヴォーカルが熱いぜ!
と思ったら、この曲はALESTORMChristopher Bowesがゲスト参加している様子。
序盤の印象そのままに力で押す曲かと思いきや
3:30辺りから見せる展開はバンドのアイディアの豊富さを表していると思う。

もう1曲、僕が好きな曲を貼らせて。

これは本作の中盤の山だと思う名曲。
とにかく展開がテンコ盛りなんだけど、まったくダレない
フラメンコ風のギターソロに入るパートのスムーズさとか感心しちゃうし、
後半のヘヴィに落とすところも流れを切らないところが上手い。
そう、この「激しく場面展開を繰り返すのに、まったく流れを切らせない」というのは
本作を通じた素晴らしいところ。
曲のパーツの繋ぎ方が本当に上手いの。
(*゚д゚)やだ…テク二シャン…。

そして最後の曲はなんとね奥さん、19:10の超大作。
(  ゚,_ゝ゚)どうだい?うんざりだろう?聴く前から敬遠しちゃうだろう?

ところがさあ、これがなかなか聴かせるんだって。マジだって。
メロディアスなリフを積み上げて進行する前半はややゆったりした展開だけれども
7分あたりからギアが上がり、9:55からは更に熱い。
そして10:50で前半終了という感じで、そこから後半はもうアルバムのハイライトと言って良い。
熱く感動的に盛り上がりつつBLIND GUARDIANのようなコーラスをフィーチャーしたパートに突入するところは
もうおしっこ漏れちゃうこと間違いなし。放尿プレイ
スケール感の大きなアレンジも見事だし、聴き終えた時の充実感は凄い。

ということで本作、US産ながらフォーキーなメロを有したメロデスというところは前作と同じだけれども
楽曲、演奏、メロの品質、演出とすべてが圧倒的にスケールアップ
特に、様々なアレンジで盛り上げるドラマ作りの妙は素晴らしい。
これはたぶん前からやりたかったことができるようになったんだと思う。
アルバムトータル11曲73分という大作なんだけど、曲の並びも上手くて最後まで飽きさせないのも凄い。

あと書いときたいのがドラムのスキルアップ
明らかに上手くなってたから、ドラマー替わったのかと思ったけど、
メンバーチェンジは無い様子。
この変化もバンドのクラスアップに貢献してるねコレ。

ちなみに本作、めちゃくちゃ内容充実の傑作なんだけれども
某ディスクユニ◯ンでは入荷量を誤ったのか
投げ売り気味の価格で売られているので非常にお買い得。
チェックしてみるとよろしいですよ。

( ^ω^)ユ◯オンの発注量設定のしくじりのせいで不当にアルバムの価値が貶められている説

海外では評価高いみたいだけどね…
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村