カンロニの脳内整理

読んだssの感想ブログ。 気付いたら三年目。

題名:私が邪神と呼ばれるまで
作者:ししおどし
場所:小説家になろう
タグ:オリジナル 異世界転移 邪神 人外

[あらすじ]
 異世界に放り出されて死んで幽霊になった私が、邪神と呼ばれるようになるまでの話。
 主人公は全力で後ろ向きです。

[感想]
 幽霊になっても異世界だから成仏できないし、地球にも帰れない。そんな彼女が後ろ向きに、地球の思い出に縋って日本ぽい外観の街を作って、同じく転移してきた日本人をさらって、郷愁のみで留まり続ける話。
 アリだなぁ。実際に異世界転移したらこういう生き方の方が救われるかもしれない。別視点も読んでみたいけど、これで終わりっぽい。

題名:地球の人拾いました。
作者:茅野真奈
場所:小説家になろう
タグ:オリジナル 異世界転移 恋愛

[あらすじ]
 異世界に落ちて七年目のある日、英語を話す男の人を拾いました。
 私も当時は見知らぬ世界で言葉も通じないという状況にとっても苦労したし不安でいっぱいだったので、手助けしようと思います。

[感想]
 現地人との恋愛ではなく、同じ地球人と共に生きる話。そうだよ、忘れなくていいんだよ。そうやって思い出と共に寄り添って生きていけ。ふんわり柔らかな短編。

題名:キセキ
作者:白井イヴ
場所:ハーメルン
タグ:二次創作 ヒカルの碁

[あらすじ]
 原作終了数年後。
 ヒカルの謎とそれを巡る周囲の人々との話。

[感想]
 これはどこからどう見ても原作の続き…!
 佐為がいなくなったあとのヒカルの歩む、切なくも希望溢れる囲碁の道。大人っぽくなったヒカルが愁いを帯びて格好いい。過去を想いながら未来へ向かって――佐為と並び立てるほどの碁を打つため、彼は進み続ける。

題名:金田一少年の友人救済
作者:スターゲイザー
場所:ハーメルン
タグ:二次創作 金田一少年の事件簿

[あらすじ]
 魔犬の森の殺人事件の犯人は金田一の幼馴染である千家貴司。
 金田一の幼馴染である彼ならば事件を起こす前に話す可能性があるのではないか、という着想から始まったミステリーのない優しい世界である。

[感想]
 千家よ、よくぞ話してくれた!この一言に尽きる。
 いやほんと金田一の犯人はだいたい被害者寄りで読んでるこっちが苦しくなるような動機ばっかりだから、彼らが少しでも光ある道を歩もうとしている姿が読めたってだけで嬉しい。金田一も本当いい奴。お前ならたくさんの人を救えるよ!
 短いけど心の底から良かった!と思えるお話でした。

題名:【あんこ】高町なのはさんじゅうきゅうさいは結婚したい
作者:◆csqlsJMJjw
場所:暇な時にやる夫まとめ
タグ:AA 魔法少女リリカルなのは 最強伝説黒沢 クロス 恋愛

[あらすじ]
 友人はみな結婚し、娘も今では既婚者。
 家に帰っても誰もいない。そんな日々になのははふと思うのだった。
(結婚、したいなー……)
 その英雄ぶりゆえに誰もが独身を貫くのだと思い込んでいた、高町なのはが婚活。
 周囲を驚愕と困惑の渦に巻き込みながら突き進む先にあったのは――

[感想]
 黒沢(44)×なのは(39)という珍しい組み合わせ。しかも二人とも恋愛経験ゼロの初心な男女。甘酸っぱい恋のメロディでも始まるのかと思いきや、私を滅して公を救う個の人間として歪んだ彼女の生き方が立ち塞がるのだった。
 果たしてなのはは英雄たらんと空の果てへ飛び立ってしまうのか、無力で無様な男の意地に己を取り戻すのか――。

 恋愛というより人生をメインにしたお話でした。あんこスレだけど、ここぞという時に10を出すのは彼女の資質か、黒沢の意地か。とにかく良かった良かった。

題名:異世界で王様に求婚されましたが、私は王妃になれません!
作者:はいあか
場所:小説家になろう
タグ:オリジナル 異世界召喚 人外 恋愛

[あらすじ]
 異世界に召喚され、王様に求婚されました。
 だけど私は、王妃になるつもりも覚悟もありません。
 普通の人に王妃なんて務まりませんから!!

※虫の描写があります。

[感想]
 異種族恋愛はよくあるけど、さすがに人間に産卵管はありません。確かに普通の「人間」に王妃は務まらないだろう……。
 しかしそんな物理的な障害が問題なのではない! 要は心の問題だ!
 6話目には笑ったけど、王様はとてもよくできた方で、ラスト人型になることなく、想いが通じ合ったのでよかったです。

題名:前略母さん、魔界は今日も世紀末(ヒャッハー)です
作者:もぎ すず
場所:小説家になろう
タグ:オリジナル 転生 人外 魔王 戦争 成り上がり

[あらすじ]
 元日本人の青年が、オーガ族のゴーランとして魔界に転生した。
 魔界はいま、あちこちで戦争が勃発し、戦国時代さながらの下克上。加えて、魔界の住民もヒャッハーな奴らばかり。
 半歩下がると2歩踏み込んでくる相手に、謙譲の美徳は通用しない。内心でどう思っていようと強く出なければ、自分の権利すら守れない。それが魔界。
「仲間を守るためには、命を賭してでも実行しなさい」
 生前、母親にそう言われ、その家訓を律儀に守ろうとするも、問題は次々とやってくる。
「身内は俺が全員守る!」
 そう決意するゴーランだったが、魔界は今日も世紀末です。

[感想]
 簡単なことを二つ、三つくらいしか覚えられない脳筋戦闘種族オーガ族。他から肉の壁としか利用できないと思われている彼らを無駄死にさせまいと、突撃命令ばかりを出す上司に下剋上したことが始まりだった――。
 生前、チートな道場主から合気道から暗殺拳まで習得させられたゴーランは、その技術を使い保有魔素の絶対的な格差を乗り越え、上へ上へと登っていく――。

 致命的な失敗はしないし、絶望的な挫折もなく、成り行きって感じで着々と進んでいくお話でした。戦記ものではない。人間も出てこない。ヒロインもいない。とりあえずオーガ族の犬死をなくすために動いて、戦争が起こり、戦争が起こり、戦争が起こる。なんだかんだ戦って、戦って、進化する。そんな話。
 地球との関係や魂のしくみ設定はよく考えられていて、コミカルな部分も楽しんで読めました。説明回が割と長いけど、ほんとうまくまとまってる。すごい。
 個人的にネヒョルは後半思わず応援してしまった。お前ゴーランに全部潰されていくのによく頑張ってるよ…。

題名:もこっちは無意識に原作をブレイクするようです
作者:deburin ◆47xyTSg2CA
場所:暇な時にやる夫まとめ
タグ:AA 魔法少女リリカルなのは 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! クロス アンチ 転生 勘違い

[あらすじ]
 転生した黒木智子は、孤児だったがリンカーコアを持っていたため特待生で士官学校に入ることができた。
 目指すは安全な場所での高給優遇。そのために回復専門の魔道士として齢13歳にして医師の資格を得る。
 しかし不運は重なり、なぜか緊急出張治療魔道師第一号として戦闘能力ゼロなのに戦場へ出ることになるのだった。

――大丈夫………大丈夫だ。モブには優しくない世界だけど、原作キャラに関わりさえしなければこのままやっていけるハズ。多分、おそらく、きっと、メイビー………

ヴィータ「早くなのはを助けろよ!!」
撃墜された白い魔王「………」
智子(死ぬ)

[感想]
 転生させた神がシックスだったせいもあって不運続きのオンパレード。過労死一直線。お前、よく生きてるな……。管理局の人員不足と組織体系が恐ろしいとよくわかる。智子自身なんでもやってのける医療チートな面もあり、なかなか抜け出せない。がんばれー、がんばれー。
 アンチとあるけどキャラたちを嫌ってるわけではない様子。だが悠々自適エンドなどない。頑張って生きろ!

題名:ダンジョンのエレベーターボーイ
作者:ツングー正法
場所:小説家になろう
タグ:オリジナル ファンタジー ダンジョン 蒸気機関

[あらすじ]
 ダンジョンのエレベーターボーイ。
 彼の仕事は、冒険者を地下深いダンジョンへと迅速に、確実に送り届けること。
 都市の地下の、危険な職場の物語。

[感想]
 エレベーターボーイという職業の頂点とも言える男の話。ボーイではなくそこそこの年齢らしい。世界観がスチームパンク。かっこいい。

題名:職場は超ブルー
作者:森山 銀杏
場所:小説家になろう
タグ:オリジナル 異世界 ヒーロー 現代

[あらすじ]
 異世界「地球」へ侵略者を送る事で発生するドラマを放送するテレビ番組「5人の勇者 ファイバーズ」。
 そんな裏の事情をしらず、傭兵上がりの三十二歳ブルーこと青島は実弾至上主義を掲げ、他四人の少年少女を指導しながら今日も戦う。
 一方、異世界のテレビ局では視聴率は取りつつも、スポンサーの準備したファイバーブラスターとファイバーソードを全く使わないファイバーズ達が問題視されていた。
 なんとか解決しようとするスタッフ達。だが「テコ入れ」というシナリオ変更は刻一刻と近づきつつ合った……。

[感想]
 異世界人が怪人を倒せる主役(地球人5人)を選び、地球に怪人を送り、その対応をこっそり映してドラマ(出演者は何も知らない)に仕立て上げているスタッフたちの苦悩と、実際に戦っている大人と子供の現実のお話。
 娯楽のために使われてると青島が知ったらガチギレするんじゃないかな、と思うけれど本編でそこには一切触れられない為、最後まで青島は異世界ドラマにされていることを知らない。そこに苛立ちを覚える人は読まない方が良い。
 子供たちはみんないい子。そんな子供たちを戦わせなければいけない大人の辛さや、少しでも守ろうとする青島の優しさはとどまるところを知らない。テレビスタッフの方も局長からの圧力で苦しみ、作りたいもの・視聴者の希望・スポンサーに雁字搦めで、社会人の辛さをこれでもかと味わっている。
 ラストは青島!青島!と思わず応援してしまう熱戦激戦、そして大団円。いい話だった。

このページのトップヘ