SSU市川~生きがいとたすけ合い

NPO法人、生きがいと助け合いSSU市川。 住み慣れた地域で暮らし続けたい、を応援します!

しばらくブログをお休みしておりましたが、今日から新たに再開いたします。
長い梅雨が明けた途端の猛暑で、汗をぬぐう毎日になりました。
コロナと共に熱中症にも気をつけなければいけない暑さですが
この夏は、初めて買った200円の冷感タオルに助けられています。
お水で濡らして首に巻き、23分ほどSSU市川まで歩いていますが
思っていた以上に涼しく、汗の量も少なく感じます。
個人的な感想(笑)になりますが、おすすめです。

SSU市川では、コロナ対策で検温と消毒、ソーシャルディスタンスを保ちながら
7月に入って、サロンやオレンジカフェの開催を少人数に制限して再開しました。
ご参加をご希望の方は、お電話にてお問い合わせをよろしくお願いいたします。


SSU市川の事務所にて
オレンジカフェの開催も、次回で第41回目となります。
認知症のあるご本人や、介護をされるご家族、
物忘れが多くなって心配なので、認知症について知りたい、と
いう参加者の方・・・
皆さまがそれぞれの思いを自由に語り合いながら、
午後のひとときをなごやかに過ごしています。

認知症ケア専門士やケマネージャーも参加しているので
時には介護の専門知識について、質問したり、
普段の介護生活で困っていることをみんなで相談し合ったり。

もし今認知症のことで悩んでいるのなら、一人で抱え込まず、
コーヒーを飲みながら、参加者の皆さまと、介護の専門職と
認知症について気楽にお話してみませんか?

〇第41回 オレンジカフェ開催
        平成31年2月19日(火) 午後1:30~3:30
        参加費 200円 予約不要 
        SSU市川 事務所にて 
        市川市塩焼2-11-14   047-359-9888 



認知症の母と、介護する父と、離れて住む娘の私

平成最後のお正月、例年通り両親とともに過ごしました。
母のおむつ替えにも少しずつ慣れてきて、うろたえることはなくなり、
私も父も落ち着いて対応できるようになりました。

さてこのお正月に、私は初めて、母をベッドから車椅子へ移乗してみようと
チャレンジしました。今までは父がいつもやってくれていました。

しかし、母は気持ちが乗らないのか、45度にリクライニングしたベッドに
背中をかたくなにくっつけて、身体を私に預けようとしません。
私の「移乗しようという気持ちがない人を動かすのは難しいかも」
という不安が母に通じていたのでしょうか。
結局その時も私は移乗させる事が出来ませんでした・・・

ゆっくり、ゆったり、にっこりと。
次回こそ、お母さん、私に身体を預けてくれますように。

認知症の母と、介護する父と、離れて住む娘の私


 前回、父のおむつ替えデビューの話を書きましたが、
 時々お世話に通う私にも、変化があります。
 
 以前は、母のおむつ替えとなると なにかとあせっていた私。
 さあ、どんな手順でおむつを外そう、清拭はどこから始めよう、
 あぁシーツを汚しちゃった、、、
 父と二人で、もうてんやわんやのおむつ替えでした。
 当然母だって不愉快だったと思います。

 それが回数を重ねるごとに、落ち着いて、
 自分なりにうまく対処できるようになりました。
               (と思います(^^ゞ)
 母に笑顔で声掛けをしながら、おむつ替えする余裕さえ
 出てきました。
 
 お母さん、ありがとう。私の介護技術も上達させてもらってます。
 毎日を平穏に、父と少しでも長く、、、     続く・・・



 

 
 

認知症の母と、介護する父と、離れて住む娘の私

 嬉しい?出来事がありました!
 話は飛躍しますが、母は現在要介護5で
 生活全てにおいて介助が必要な状態です。
 移動も車イスを利用し、自力で立ち上がることも
 立っていることもできません。
 お下の世話はもっぱらヘルパーさんです。

 父はどうしてもおむつ替えだけはできない、と。
 
 ところが 先日デイサービをお休みの日、
 ついに父がおむつ替えデビューしました!
 
 ヘルパーさんも私もすぐには駆け付けられない状況で
 父はなんとか頑張って、汚れたおむつ替えをしたそうです。
 
 「なんとかやってみたよ」
 父の、やれば俺にもできるんだ!という安堵した
 声を聞いて、嬉しく感じました。
    続く・・・・・

このページのトップヘ