1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/24(月) 23:57:32.35 ID:LuyIqDSY0
>唯の家
紬「そろそろイヴも終わりだねー」

唯「うん。パーティー楽しかったねっ!」

紬「うんっ!」

唯「そろそろ…」

紬「…うん」

唯「サンタさんの準備しよっ!!」

―――
>回想

唯「見て見てムギちゃん。これ」

紬「宝くじ?」

唯「うん。あたったんだー」

紬「唯ちゃんすごいわ!」

唯「10万円だけどね」

紬「何に使うの?」

唯「う~ん。それなんだけどね。ムギちゃん昔言ってたじゃん」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 00:01:26.88 ID:rIp+xdRW0
紬「?」

唯「一度でいいからサンタになってみたかったの~って」

紬「うん」

唯「だからね。私達がサンタをやるためにこのお金を使おうと思って」

紬「いいの?」

唯「うんっ!」

―――
>回想終わり

紬「じゃじゃーん。これがサンタさんのお洋服よ~」

唯「わ~」パチパチパチ

紬「ねぇ、唯ちゃんどう?」

唯「とってもよく出来てるよ」

紬「そう? ありがとう」

唯「私もちゃんと頭の部分作ってきたよー」

6: 俺も見れない 2012/12/25(火) 00:04:17.45 ID:rIp+xdRW0
紬「わくわく」

唯「じゃじゃーん」

紬「わ~」パチパチパチ

唯「良く出来てるでしょー。一人で作ったんだー」

紬「うん。とっても上手。でもどうしてトナカイ?」

唯「それは伊藤園のステマだからだよ~」

紬「ステマ?」

唯「ムギちゃんは知らなくてもいいよ。ほら、いこっ」

紬「うん。いこっか」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 00:07:23.54 ID:rIp+xdRW0
―――
>外

唯「さ、寒い…」

紬「うん。手を繋ごうにも袋を担ぎながらじゃ無理だし…」

唯「走って行こう」

紬「うん。それで誰のところから行こっか」

唯「まずはりっちゃんと澪ちゃんかな」

紬「あの二人ね」

唯「どっちの家にいるかわかる?」

紬「それがさぁ。それぞれの家に帰っちゃったみたいなんだ」

唯「え”っ」

紬「恋人同士性の六時間ぐらい一緒に過ごせばいいのに」

唯「でも、澪ちゃんは鶏さんだから仕方ないかな」

紬「鶏さん?」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 00:09:28.47 ID:rIp+xdRW0
唯「うん。澪ちゃんはかわいいかわいい鶏さんなんだー」

紬「うん? 確かに澪ちゃんはかわいいよね」

唯「それじゃあ澪ちゃんのところから行ってみよー」

紬「おー!!」

―――
>澪の家

澪「あぁ、律に誘われたのに断っちゃった」

澪「付き合い始めて最初のイヴの夜だっていうのに」

澪「恋人たちの夜だぞ。みんなが裸のお付き合いする日だぞ」

澪「律が勇気を出して誘ってくれたのに私ときたら…」

澪「どうして私は……」

澪「あぁ律。せつないよ。胸がくるしいよ。こんな夜に君に逢えないなんて……」

唯「…」

紬「…」

澪「…うおっ」

唯「澪ちゃんってひとりごと言うんだね」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 00:13:01.49 ID:rIp+xdRW0
澪「唯とムギ……どうやって入ってきたんだ?」

紬「気にしちゃ駄目よっ!!」

澪「あ、あぁ……」

唯「なるほどなるほど。澪ちゃんはりっちゃんの誘いを断っちゃったんだ」

澪「あぁ、そうなんだ…」

紬「どうして断っちゃったのかしら」

澪「実は初めてなんだ。でもイヴにこそって思ってたのに、いざとなると」

紬「勇気が出なかったのね」

澪「…うん」

唯「澪ちゃんへたれさん」

澪「返す言葉もございません…」

紬「でも、その気持はわかるわ。私もそうだったから」

澪「ムギも?」

紬「うん」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 00:18:38.70 ID:rIp+xdRW0
唯「ねぇ澪ちゃん。私達プレゼントを届けに来たんだ」

澪「プレゼント? そういえば二人共サンタの服を着てるな。頭はトナカイのツノだけど」

唯「でも澪ちゃんにプレゼントはいらないみたいだね」

紬「唯ちゃん?」

唯「今日は澪ちゃん自身がプレゼントになるべきだよ!」

澪「えっ」

唯「裸にリボンつけて私がプレゼントです、ってやるんだよー」

紬「ゆ、唯ちゃん。さすがにそれは」

澪「…ありかも」

紬「えっ」

澪「私がプレゼント…うん。うん。クリスマスだしちょうどいいと思う」

唯「それじゃあ澪ちゃん、裸になって。リボンで包装してあげるから」

澪「わかった」

紬「…こうなったらとことんまで付き合っちゃうんだから!」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 00:23:12.78 ID:rIp+xdRW0
―――
>律の家

律「私が焦り過ぎたんだよな」

律「…初めてなのに」

律「みんなで一緒に騒いで、それで十分じゃないか」

律「それ以上なんて…」

律「うん。そうだな。明日はくるんだ!」

律「弱音なんて全然私らしくないぞー!」

律「…」

律「でもちょっとだけ寂しいりっちゃんなのです」

律「…なんちゃって」

唯(りっちゃんもひとりごと言ってる。やっぱり二人はお似合いだねー)

唯(ムギちゃん? って、ねぇ、ムギちゃん!?)

紬(はぁ……はぁ……はぁ……)

唯(だ、大丈夫? やっぱり私も手伝えばよかったかな)

紬(だ、大丈夫。ちょっと息切れしただけ。さすがに澪ちゃん袋に入れて担いでくるのは大変だったけど)

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 00:28:52.08 ID:rIp+xdRW0
唯(リボンでぐるぐるにしたら澪ちゃん歩けなくなっちゃったからねー)

紬(うん。袋に入れて担いできたけど、澪ちゃんは大丈夫かしら)

澪(問題だらけだ。鼓動の高まりが止まらないよ…。律がすぐそこにいるなんて。私…私…)

唯(……大丈夫そうだね)

紬(そうね)

唯(じゃあ澪ちゃんをここに置いて、私たちはおさらばしよっか!)

紬(うんっ!)

澪(って、え?)

唯紬(めりーくりすます!)

澪(お、おい。裸で置いてくなよ…)

律「……物音?」

澪「…………りつ」

律「…み、みお?」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 00:33:39.97 ID:rIp+xdRW0
澪「り、りつ。これは違うんだ。違わないけど違うんだ
  決して私が裸でいるの好きな痴女なわけじゃないんだ。そうじゃなくて律に私をプレゼントしようと思って
  いやでも私がプレゼントなんて嫌だよな。律の誘いを断っておいて都合が良すぎるよな
  ご、ごめん。今すぐ帰るから。あっ、リボンがほどけない。りつ悪いんだけど……」

律「…悪いんだけど、帰すわけにはいかない」

澪「り、りつ?」

律「澪自身がプレゼントでいいんだよな?」

澪「……うん」

律「澪、嬉しいよ。こうしてきてくれて」

澪「り、りつー」ドテ

律「ははっ。その体勢で飛びつこうとするのは無理があるって。ほら、解いてやるから」

澪「//」


紬(大丈夫みたいね。カメラもセットしたし、次に行きましょう)

唯(そうだね。でもカメラは没収だよ)ニコッ

紬(そ、そんなぁ)ガーン

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 00:37:30.35 ID:rIp+xdRW0
―――
>外

唯「次は……あずにゃんと純ちゃんかな」

紬「二人は梓ちゃんの家にいるみたいね」

唯「こっちは私達が手を回さなくて大丈夫みたいだね」

紬「ええ、そうねー」



―――
>梓の家

梓「ほら、純の番だよ」

純「ちょっと待って……うーん。これだ!」

梓「ふふっ」

純「なんだよ。その不敵な笑みは。ってこれババ」

梓「やっぱり純は弱いね」

純「ば、馬鹿にして」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 00:41:02.77 ID:rIp+xdRW0
梓「この調子だと今日も私が攻めかなー」

純「むむむ」


紬(困ったわ。二人共全然元気ね)

唯(これじゃあプレゼントを渡せないよ)

紬(こんなこともあろうかと!)

唯(なにかあるの?)

紬(じゃじゃーん。スモークグレネード)

唯(お~!)

紬(これを投げると煙が出るから、その間にプレゼントを置いて逃げましょっ)

唯(うん)

紬(それじゃあ投げるわ)シュッ ポイ

梓「うん?」

もくもくもく

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 00:45:17.02 ID:rIp+xdRW0
紬(今の隙に)

唯(うん……っ)ドタッ

紬(唯ちゃん!?)

唯(ダイジョブダイジョウブ。転んだだけだから)

紬(唯ちゃん…よかった。唯ちゃんにもしものことがあったら私…)

唯(ムギちゃん、大袈裟だよ)

紬(だってだって!)

梓「だって…どうしました?」ニコッ

唯「あ、あずにゃん。これはね」

紬「…見なかったことにしない?」

梓「そういうわけにはいかないです」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 00:50:15.87 ID:rIp+xdRW0
純「何も土下座までさせることはないんじゃない」

梓「駄目っ。たまにはきちんと言わないと」

唯・紬「ごめんなさい」ドザ

梓「プレゼントを渡しにきたのはいいです。でもスモークグレネードなんて」

唯「…」

梓「犯罪にでも巻き込まれたのかと思っちゃったじゃないですか」

紬「返す言葉もないわ」

梓「もうっ…お二人は本当に…」

純「梓、そろそろ」

梓「…まぁ、そうだね」

唯「あずにゃんごめんね…」

紬「ほんとうにごめんなさい。梓ちゃん‥」

梓「わかってくれたならいいです」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 00:52:29.30 ID:rIp+xdRW0
唯「許してくれるの?」

梓「はい。ちょっと炬燵にでもはいって温まっていってください」

純「あずさ…」

梓「ちょっとぐらいいいじゃん」

純「…うん」

紬「おこたー」

唯「温まるねぇ」

紬「うん」

梓「みんなで大貧民でもやりましょうか」

紬「大貧民! やるやる!!」

―――
紬「あがりっ。これで私は平民ね~」

唯「大富豪だよー」

梓「私も平民です」

純「大貧民…」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 00:55:39.75 ID:rIp+xdRW0
純「結局私はこうなる運命《さだめ》なのかな」

梓「そう気を落とさない」

純「…うん」

紬「じゃあ私達そろそろ」

唯「え~っ、もうちょっとおこたで」

紬「二人の邪魔になるから、ね」

唯「そだったね。あっ、その前に」

紬「はい。私達から梓ちゃんにプレゼント」

梓「これ……液晶モニター?」

紬「スイッチを入れてみて」

梓「ポチッとな……トンちゃん?」

紬「うん。これは私が盗撮用に使ってる機材なんだけど、いつでもトンちゃんの様子見れるようにセットしてみたの」

純「今さらっと凄いことを言ったような…」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 00:57:59.93 ID:rIp+xdRW0
唯「あずにゃんトンちゃんのこと大好きみたいだから、いつでも見れるようにしたらどうかなー、って」

梓「…お二人とも」

紬「もしかして気に入らなかった…?」

梓「そんなことないです! とっても嬉しいです!」

唯「それならよかったよ」

紬「それじゃあ純ちゃん梓ちゃん。よいクリスマスを」

唯「うん。よいクリスマスを」

梓「お二人も、よいクリスマスを」

純「さよーならー」


梓「…行ったね」

純「うん」

梓「そういえば純にはプレゼントなかったのかな」

純「軽音部の人達にだけ配ってるんじゃない?」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 00:59:35.69 ID:rIp+xdRW0
梓「それはそれで先輩達らしくないような……」

純「そういうこともあるって」

梓「そうかも。じゃあ純には私からプレゼントをあげるよ」

純「なに?」

梓「今日は特別に純に攻めさせてあげる」

純「いいの!?」

梓「うんっ。今日はクリスマスだしね」

純「やった、ってあれ?」

梓「どうしたの?」

純「私の靴下に何か挟まってる……これは」

梓「なになに? ミスタードーナツでいつでもドーナツが100円になるカード? 微妙…」

純「唯先輩、ムギ先輩ありがとう…」

梓「嬉しいんだ?」

純「嬉しいよ。だってドーナツがいつでも100円だよ! 210円のDポップもだよ!!」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 01:02:18.09 ID:rIp+xdRW0
梓「そんなに嬉しかったんだ?」

純「うん!」

梓「…純にもプレゼントあったみたいだし、やっぱり私が攻めでいいかな」

純「えっ、そんなのないよ」

梓「ふふふ。嘘だよ」

唯(あれっ、純ちゃんにはゲームソフトの予定だったんだけど)

紬(この前親戚の人にもらったカードをあげちゃったの)

唯(そうだったんだ。じゃあこのゲームどうしよっか)

紬(私達で遊べばいいんじゃない。次は…憂ちゃんのところかな)

唯(憂は和ちゃんの家にいるよ)

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 01:05:23.14 ID:rIp+xdRW0
―――
>和の家

和「…zzz」

憂「…zzz」ダキ

和弟「…zzz」ダキ

和妹「…zzz」ダキ

紬「これは微笑ましいわねー」

唯「うん。みんな和ちゃんに抱きついてる」

紬「この二人はやっぱり」

唯「うん。和ちゃんの弟と妹だよ」

紬「うん。見てるだけで幸せな気分になれちゃう」

唯「この二人にはwii Uをあげるよ」

紬「やっぱり"うい"ちゃんだから?」

唯「うん」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 01:06:35.21 ID:rIp+xdRW0
―――
紬「そろそろ行きましょうか」

唯「…うん」

紬「でも、二人っきりになれないのはちょっと可哀想かもしれないね…」

唯「二人はそんなこと考えないだろうけど、確かにね…」

紬「ねぇ唯ちゃん。和ちゃんの誕生日にはどうにかして二人っきりにさせてあげられないかしら」

唯「うんっ…それいいね!」

紬「じゃあ作戦を考えておかないと」

唯「うんっ!」


和「行ったみたいね」パチ

憂「はい」パチ

和「全く、あの二人は自由すぎるんだから」

憂「和ちゃん、ちょっと顔が赤いよ」

和「もう…憂にはお見通しかぁ」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 01:08:22.07 ID:rIp+xdRW0
憂「今日は無理だけど、和ちゃんの誕生日にはたくさん可愛がってもらいたいな」

和「もう…憂ったら」

憂「えへへ~」

和「今日は無理ですって?」

憂「えっ」

和「まだ性の六時間は始まったばかりよ」

憂「の、和ちゃん」

和「たっぷり可愛がってあげちゃうんだから」

憂「だ、駄目だよ。弟ちゃんと妹ちゃんが起きちゃう」

和「大丈夫。この二人は一度寝ると8時間は起きないから」

憂「///」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 01:09:23.07 ID:rIp+xdRW0
―――
>紬の家

唯「次は菫ちゃんだね」

紬「うん」

唯「寝てるかな」

紬「寝てるんじゃないかな」


唯(おじゃましまーす)

菫「zzz」

紬(うん。よく寝てるみたい)

唯(それじゃあプレゼントを靴下に…)

紬(何を入れたの?)

唯(ひみつ)

紬(え~っ)

唯(いくらムギちゃんでもこれだけは教えられないよー)

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 01:14:15.44 ID:rIp+xdRW0
紬(それなら仕方ないか)

唯(うんうん)

紬(それじゃあ菫、おやすみなさい)

唯(すみれちゃん。おやすみなさい)

―――
>外

唯「後残ってるのは…」

紬「だいたい回ったんじゃない」

唯「そうだね…あっ、さわちゃんが残ってた」

紬「でも家にいるのかしら? 用事があるって言ってクリスマス会には来なかったけど」

唯「う~ん。とりあえず行ってみようか」

紬「うん!」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 01:15:24.16 ID:rIp+xdRW0
―――
>さわ子の家

唯「電気はついてるね」

紬「鍵も開いてたわ」

唯「じゃあいるのかなー」

紬「どうだろう……あっ、あれ」

唯「…だれ?」

?「…えっ」

紬「えーっと、どちら様」

?「この人が道端に倒れてたからここまで連れてきました…」

紬「そうなんだ。でもよく住所が分かったね」

?「免許を見せてもらって…」

唯「そうなんだ」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 01:16:20.45 ID:rIp+xdRW0
?「信じてくれるんですか…?」

唯「まぁ、さわちゃんだからね」

紬「うん。たぶんクリスマスに約束をすっぽかされたんだろうね」

?「はぁ…」

紬「えっと、お名前教えてもらってもいい?」

?「奥田直…」

紬「そう、直ちゃんって言うんだ。さわ子先生をここまで連れてきてくれてありがとう」

直「この人、先生なんですか…」

唯「そうなんだよー」

直「ですか…」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 01:18:38.95 ID:rIp+xdRW0
紬「直ちゃんは中学生なのかな?」

直「はい…」

紬「そろそろ帰ったほうがいいんじゃない? 御両親も心配してるだろうし」

直「両親は今日は帰ってこないんです。でも…」

唯「どうしたのー?」

直「なんでもないです…」

紬「そういわずに話してみて。力になれるかもしれないし」

直「家で待ってる弟達にゲームソフトを買ってあげよう思ったんですけど…」

紬「お金がなかったの?」

直「売り切れだったんです」

紬「なんていうソフト?」

直「レントン教授vs逆転裁判ってソフトなんです…」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 01:22:10.54 ID:rIp+xdRW0
紬「ねぇ唯ちゃん」

唯「うん。純ちゃんにあげようとしてたゲームソフトだよー」

直「?」

唯「ねぇ、直ちゃん。これ、お姉ちゃん達からのクリスマスプレゼント」

直「えっ、このソフト弟達がほしがってた…。でも…」

紬「いいの。さわちゃんをここまで運んできて、ずっと見ていてくれたお礼だから」

直「……」

唯「ね」

直「ありがとうございます」

紬「直ちゃんの家ってここから近い?」

直「すぐそこです…」

紬「じゃあ斉藤を呼ぶ必要はないかな」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 01:25:12.07 ID:rIp+xdRW0
直「あの、お二人はどこの高校に通っているんですか?」

唯「桜ヶ丘高校だよ」

直「そうですか…」

紬「?」

直「今日はありがとうございました」

唯「直ちゃんこそさわちゃんを看病してくれて本当にありがとうね」

直「…はい。さようなら」

唯「よいクリスマスを」

紬「ええ、よいクリスマスを」

直「お二人も…」


唯「良い子だったね」

紬「ええ。そして…」

唯「ここに悪い大人が一人」

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 01:27:00.54 ID:rIp+xdRW0
紬「どうしましょうか…」

唯「どうしようか…」

紬「でも、さわ子先生の年齢だと辛いんでしょうね」

唯「…そうかもしれないね」

紬「布団で寝かせてあげよっか」

唯「‥うん」

紬「よいしょうんしょ」

唯「どっこいしょ!」

紬「これでよしっ、っと」

唯「じゃあプレゼントは………あげるわけにはいかないかな」

紬「どうしたの?」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 01:27:51.68 ID:rIp+xdRW0
唯「地酒をあげるつもりだったんだけど」

紬「お酒は…」

唯「…うん」

紬「じゃあ朝ごはんでも作ってあげない」

唯「ムギちゃん?」

紬「うんうん。そうしましょう。ねぇ、唯ちゃんも手伝ってくれる?」

唯「うんっ! きっとさわちゃん喜んでくれるよ」

―――
唯紬「できたっ!!」

唯「それじゃあさわちゃん、メリークリスマス」

紬「よいクリスマスではなかったかもしれないけど…さわちゃんがいるおかげで私たちは幸せです」

唯「うん…そうだね」

紬「ねっ!」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 01:33:02.28 ID:rIp+xdRW0
―――
>帰り道

唯「これで全員分配った…かな」

紬「うん」

唯「みんな今頃なにしてるのかな」

紬「りっちゃんと澪ちゃんはあれだろうし…」

唯「あずにゃんと純ちゃんもあれだろうね…」

紬「菫と和ちゃん…」

唯「それに憂とさわちゃんはぐっすり寝てるのかな」

紬「たぶんね」

唯「そうだね」

紬「…」

唯「…」

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 01:34:29.10 ID:rIp+xdRW0
唯「寒いね」

紬「うん」

唯「ムギちゃんのお鼻、真っ赤だね」

紬「うん。唯ちゃんのお鼻も真っ赤だよ」

唯「二人共トナカイさんみたいだね」

紬「ええ、本当に…」

唯「…手を繋ごっか」

紬「…うん」


唯「…あったかあったかだね」

紬「…ねぇ、唯ちゃん」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 01:35:47.70 ID:rIp+xdRW0
唯「うん?」

紬「今日は本当にありがとう。私の夢を叶えてくれて」

唯「…うん」

紬「唯ちゃんには感謝してもしきれないぐらい」

唯「感謝なんておおげさだよー」

紬「そんなことないよ」

唯「あるって。ねぇ、ムギちゃん。この手…」

紬「…?」

唯「こうやって手を繋いでると暖かくなれるでしょ」

紬「うん…」

唯「ムギちゃんの横で、こうやって手を繋いでるだけで、私は心までほっかほかになれるんだから」

紬「唯ちゃん…」

唯「だからね。これからもずっとムギちゃんの夢を叶えるお手伝いをさせて」

紬「…うん」

紬「唯ちゃん…」ダキッ

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 01:36:27.84 ID:rIp+xdRW0
唯「ムギちゃん…」ダキッ

紬「唯ちゃんの顔、冷たい…」

唯「ムギちゃんの体も冷えちゃったね」

紬「早く暖めないといけないね」

唯「うん…」

紬「体全部を使って暖めないといけないね」

唯「うん…」

紬「唯ちゃん」

唯「うん?」

紬「めりーくりすます」

唯「…めりーくりすます」


おしまいっ!

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 01:38:45.17 ID:eoC+03Pn0
乙!
めりーくりすます

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 01:45:38.09 ID:plT4pfjn0
よかった乙

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 02:13:24.18 ID:te/w2P3W0

なかなか

1001: SSウィーバー 2012/xx/yy(xy) 00:00:00.00 ID:ssweaver

人気記事