1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 00:11:19.85 ID:ojnomgv20
ダダダダッ   チュインッ!

        コッチダ!   オエ!!


P「……はぁ、はぁ」

no title
凛「……プロデューサー」

P「なんだ」

凛「どういうことか、説明してくれるかな」

P「……俺は、少しプロデューサーとして、がんばりすぎたみたいだからな」

凛「……どういうこと?」

P「……」スッ

凛「これは……?」

P「プラチナオーディションガチャチケット。
課金せずにプラチナオーディションガチャを引く方法の一つだ」

凛「これと……プロデューサーがこんなことになってるのは、どんな関係が?」

P「……あんな奴ら、本気を出せば瞬殺なんだがな。
お前たちを危ないことに巻き込みたくない、それだけなんだ」

凛「プロデューサー……?」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 00:14:59.91 ID:ojnomgv20
ギャングA「見つけたぞ!」

ギャング「おおい!こっちだ!!」

P「ちぃっ!!」

ドゴォッ!!

凛「―――ッ!?」

P「逃げるぞ!凛!」

ダッ

凛「う、うん!」

ダッ

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 00:17:56.77 ID:ojnomgv20
―――――事務所内

P「……なんとか撒いたか」

凛「プロデューサー」

P「……」

凛「……説明して、くれるよね?」

P「……ああ」

P「最初は、チュートリアルだけ……そう、そのつもりだった」

凛「……チュートリアル?」

―――――数か月前

P「コラボキャンペーン?」

ちひろ「はい!無料でプラチナオーディションガチャチケットがもらえるチャンスですよ!」

P「ええ!?そんな事が!?でもどうすればいいんですか!?」

ちひろ「簡単です!他の世界に行って、少しだけ世界を救ってくる……それだけでいいんです!」

P「……は?」

ちひろ「冗談だと思ってますね?」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 00:20:59.43 ID:ojnomgv20
P「いやいやいくらなんでも、世界を救うとか、そんな意味のわからないことが」

ちひろ「あるんですよ。この世界には、それが」ニタァ……

P「は……?」

ちひろ「試しに、『チュートリアル』だけでも受けてきたらどうです?プロデューサーさん」

P「そうしたら、どうなるっていうんですか」

ちひろ「そうですね……ちゃんとチュートリアルを完了させたら、スタミナドリンクを差し上げます」

P[えっ……!?」

ちひろ「私は、本気ですよ?」

P「……わかりました、やります」

ちひろ「では、行ってきてください」

ちひろ「『神撃のバハムート』の世界へ」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 00:24:02.38 ID:3USmp4xO0
出張先のPか……

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 00:25:35.64 ID:ojnomgv20
―――――――

P「……う」

P「ここは……?」

レイナ「お気づきになられました?」

P「あれ?レイナ違い?」

レイナ「何の話ですか」

P「ここは……?」

レイナ「神撃のバハムートの世界……世界にはびこる様々な諸悪を、騎士となって打ち倒してください」

P「俺が……?」

レイナ「はい。他の騎士の妨害……凶悪な敵、色々なことはあると思いますが、がんばってください」

P「……は、はぁ」


バハの搾取担当レイナさん
no title

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 00:29:21.78 ID:ojnomgv20
P「とにかくチュートリアルを完了させないと」

ガサガサ……

P「しっかし暗いしなんかジメジメして……大丈夫なのか?
こんなトコで死にたくないぞ俺……」

「がおーっ!!」

P「うわあああああああああ1!!ごめんなさい!!!」

リリム「なーんちゃって。ねーねーアナタ誰ー?」

P「は……女の子?」

リリム「まぁそうだねー」

P「なぁ君、アイドルやってみる気ないか?」キリッ

リリム「何言ってるの?」


バハの初心者キラー・リリムたん
org3791383

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 00:32:38.93 ID:ojnomgv20
P「俺はチュートリアルを完了させるために来たんだよ」

リリム「ちゅーとりある?」

P「まぁよくわからないか……簡単に言うと、この世界の概要だけ知っておこうというな」

リリム「ふーん」

P「まぁチュートリアルって言っても、所詮は強化してバトルするだけの……ん?」

P「待てよ?こんなファンタジーな世界でバトルって……?」

モンスター「グオオオオオ!!!」

P「で、でたぁあああああああっ!?」

リリム「えーい」

グシャッ

P「へっ」

リリム「ここにいるのはザコばっかりだよ?アタシが案内してあげるよ!」

P「あ、ありがとう……」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 00:35:33.46 ID:ojnomgv20
P「ふむ……クエストは進んだし、レベルアップもした。
あとはバトル、強化、合成か……」

P「お、モンスターカードがある。これをくっつければいいのか……?」

ギュンッ……

リリム「わー」

クーシーが、クーシー+になった!

P「おお……間近で見るとすごいなぁ……」

P「なるほど……モンスターを倒せばモンスターカードが手に入るのか。
そしてそれを合成、強化して最強騎士になるんだな……!」

リリム「へー。よくわかんないけど、すごいんだね」


クーシー+
org3791420

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 00:39:38.70 ID:ojnomgv20
P「よし!合成も、強化も、クエストも終わったぞ!あとは……」

レイナ「流石です……やはり伊達にプロデューサーを名乗ってませんね」

P「小関!!」

レイナ「誰?」

P「レイナさん……あなたがどうしてここに」

レイナ「私がチュートリアル最後の関門だからです。
さぁ……私と秘宝をかけてバトルしてください!」

P「ええ!?」

リリム「いくよー!」

P「いくの!?」


――――――――


ちひろ「はい、お疲れ様です。これ、報酬のスタミナドリンクです」

P「えっ三本も……いいんですか!?」

ちひろ「はい。これもお仕事ですから」

P「(凄く大変だったな……でもこれだけでドリンクが稼げるなんて)」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 00:42:21.97 ID:ojnomgv20
ちひろ「うふふ……?その顔、まだ物足りないって顔ですよね?」

P「い、いえ……」

ちひろ「キャンペーンはこれだけじゃありませんよ……?実はまだまだあります」

P「えっ!?」

ちひろ「他のプレイヤーを招待……自分がそのゲームで特定のレベルを達成……
そんな機会にもスタミナドリンクや、ガチャチケットを差し上げます」

P「が、ガチャチケットもですか……!?」

ちひろ「はい」ニッコリ

P「(あ、あのちひろさんが無償で……!?でも、今回の事は本当みたいだ)」

P「(ど、どうする……!?)」

ちひろ「プロデューサーさん」

P「はい?」

ちひろ「貴方の事を待ってる人が……大勢いるんですよ?」

P「……!!」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 00:47:13.67 ID:ojnomgv20
P「(そうだ……すこし、少し出稼ぎに行くだけだ)」

P「(俺がスタミナドリンクやガチャチケットを手に入れれば……アイドルのためにもなる)」

P「(そう……ただちょっと、招待したり、レベルを上げるだけ……)」

ガチャ……

ちひろ「……行くんですか?」

P「ええ」

―――――――

ウオオオオオ!

P「……ここは?」

ヒュン  ドスッ!!

P「ゆ、弓矢!?」

P「……戦火」

P「せ、戦国時代!?」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 00:54:00.80 ID:bWJZ7hoo0
今度は戦国サーガか

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 00:54:54.99 ID:ojnomgv20
勝千代「ほう、見ない顔じゃのう」

P「はい!?誰ですか!?」

勝千代「わしか!わしは勝千代じゃ!」

P「さっぱりわからん」

勝千代「おぬしのサポートをしてやろうというのに……全くこれだから最近の若いもんは」

P「(何歳だよ……)」

勝千代「とにかく、しっかりわしの話を聞くのじゃぞ」

――――――

勝千代「ということじゃ。説明はわかったの?」

P「ま、まぁ」

勝千代「よーし!それでは戦乱の世に、レッツゴーじゃ!」

P「えええええっ!?」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 00:58:01.91 ID:ojnomgv20
――――――――数日後……

no title
智絵里「……あの」

凛「何かな」

智絵里「最近……プロデューサーさんが……あの……その……」

凛「うん……それはなんとなくわかってる」

P「どうしたお前ら、悩み事か?ははっその時は俺に相談しろよ」

智絵里 凛「(ムキムキになってる……)」


mukip


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 01:05:07.32 ID:ojnomgv20
―――――ギャングロードの世界

「いたぞーっ!!」

   「追え!!逃がすな!!」


P「はん……甘いな」

ギャング「追い詰めたぞ!!」

ギャングB「にがさねぇぞ!!」

ギャングボス「……俺たちの縄張りを荒らした責任は、とってもらおうか」

P「いいだろう……来いよ下郎!!」

「うおおおおおおおおおおお!!」


――――――聖闘士星矢の世界

P「重課金流星拳!!!」

ドゴゴゴゴォォォッ!!!

聖矢「な、なんて力だ……これが黄金聖闘士の力……!!」

P「ふっ……」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 01:09:36.67 ID:ojnomgv20
―――――――烈火の炎の世界

烈火「姫ーーっ!!!」

P「大丈夫だ少年」

烈火「お、おっさんは誰だ……!?」

P「おっさんではない……ただのプロデューサーだ。
それより、君の姫が大変なんだろう?」

烈火「え、あ、ああ……」

P「雑魚は私が蹴散らす……さぁ君はボスのもとへと向かえ」

烈火「ええ!?お……おう!!」


―――――――事務所

かな子「あれ?プロデューサーさん、カードゲームなんてやってましたっけ?」

P「おう面白いぞ。バトルスピリッツ。お前もやるか?」

―――――――テイルズ オブ キズナの世界

P「うおおおおっ!!俺は負けねぇ!!」

ルーク「(こいつ……ただもんじゃねぇ!!)」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 01:12:15.20 ID:ojnomgv20
――――――――数か月後。

P「フーンフフーン……」


ア、アノ……ヤメテクダサイ

オラ!! オシエロヨ!!

P「ん?」

――ー

智絵里「あ、あのう……その……」

ギャングA「ああん!?知らねーとは言わせねーぞ!!よくもうちの縄張りを荒らしてくれたな!!」

P「おい」

ギャングボス「来たか」

P「貴様ら……何故ここに」

ギャングボス「しいて言うなら、世界は同一の並行線上に存在しているということだ」

P「何……!?」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 01:16:36.82 ID:ojnomgv20
ギャングボス「この世界では……LIVEバトルしか挑まれない……そんな幻想はもう捨てろ」

P「何だと……!?そんな馬鹿なことが……」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ……

P「!?」

ギャングボス「出たか……」

P「お……オーディン!?」

ギャングボス「君はいついかなる時でも、様々な者から命を狙われている」

ギャングボス「それを、覚えておくがいい」 ザッ

P「しまった……どうする……!?」



「うふふ……見~つけたぁ」



P「え?まゆ?」

智絵里「まゆちゃん……じゃないと……思います」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 01:17:49.44 ID:ojnomgv20
オーディン
no title


グンロズちゃん。
no title

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 01:20:41.82 ID:ojnomgv20
グンロズ「オーディン様……こんなところにおられたんですね……?さぁ、愛し合いましょう!!」

ギラァッ

P「ぐ、グンロズちゃん!?」

智絵里「お……おっきいですね……」←思考停止

オーディン「……」

オーディン「……」

バッ

P「あっ逃げた!!」

グンロズ「お待ちになってください!!」

バッ

P「……」

智絵里「……」

P「事務所に帰るか」

智絵里「そうですね」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 01:24:53.88 ID:ojnomgv20
―――――――

P「……ということがあってな。最近は命を狙われてるんだ」

凛「そっかぁ……なんか増えた女の子って、アイドル候補じゃなかったんだね」

P「実はな……はっもうこんな時間か!」

凛「どうかしたの?」

P「戦国年越し劇場で、特番が始まるんだよ!!」

凛「戦国年越し……何?」

P「とにかく行ってくる!」

バッ

凛「あ、うん……」

リリム「いってらっしゃーい」

凛「……」

リリム「……大変だね」

凛「お互い様、かな」

40: ◆ZWAJnJ4q9E 2012/12/31(月) 01:25:47.54 ID:ojnomgv20
終わり。
その頃俺はMURAMASAで今川ちゃんをペロペロしていた。

チュートリアルだけのはずやったのにどうしてこうなった……

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 01:28:34.78 ID:aKZDQ0yB0

モバゲーの搾取の闇に飲まれたか……

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 01:59:32.07 ID:NdUWYEFt0

1001: SSウィーバー 2012/xx/yy(xy) 00:00:00.00 ID:ssweaver

人気記事