1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:57:28.22 ID:LLDskkge0
 
杏「やっぱり事務所にコタツ持ってきて良かったよ……」

杏「温かいね……」

杏「テレビもあるし、ゲームは持ってきたし……」

杏「…………」

 ゲームに夢中な杏。
 小一時間ほど進めると、一段落付いたのかコントローラーを床に置く。

杏「ふぅ……とりあえずこんなところかな。素材も集まったし、休憩しよう」

杏「お腹減ったな……この辺りに……あれ?」

 コントローラーとは反対側の床。そこに置かれたコンビニの袋の中を探る杏。

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:59:36.07 ID:LLDskkge0
杏「あれ? カップ麺がここに……あれ?」

杏「ない? あれ? どこ?」

杏「……一緒に買ったお菓子はあるのに?」

杏「おーい」

 杏は対面にいるはずのもう一人に呼び掛ける。

杏「起きてる? 起きて。起きて、きらり」

きらり「zzz」

杏「きーらーりー?」

きらり「zzz」

杏「きらり、起きてよ」

きらり「……にょ」

杏「きーらーりー」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:01:39.40 ID:3jdUrUPE0
きらり「にょわ……ん……ん? おひゃーよー☆ 杏ちゃん」

杏「目覚めた?」

きらり「ばっちしお目覚めにょ。杏ちゃん、おっひゃー☆」

杏「うん、おはよう」

きらり「zzz」

杏「いや、起きてよ」

きらり「?」

杏「ちょっと聞きたいんだけど」

きらり「?」

杏「きらり、カップ麺持っていった?」

きらり「きらりは知らにゃあね。杏ちゃん、カップ麺ないない?」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:03:42.34 ID:3jdUrUPE0
杏「この中にあったはずなんだけどね」

きらり「ラーメン盗難不思議事件だにぃ」

杏「重罪だよ。これは」

きらり「犯人さん、捕まえゆ?」

杏「当然。しかるべき報いを喰らわせねばならないよ」

 そこへ第三の声。

???「あ、いたいた」

杏「ん?」

きらり「にょわ?」

???「やっぱりここだったッスね」

6: >>4 貯めてるよ 2013/01/03(木) 00:05:43.73 ID:3jdUrUPE0
杏「比奈さん?」

no title
荒木比奈であった。

きらり「比奈ちゃんおっすおっす」

比奈「はいはい、おッスおッス」

 そそくさとコタツに入る比奈。

比奈「外は寒いよ、くぁー、コタツはいいッスねぇ」

比奈「こっちにいるって聞いたからさ、はいこれ」

 差し出すコンビニ袋の中身はカップ麺と飴。
 そしてアイスクリーム。

杏「おおー」

8: >>7 屋上 2013/01/03(木) 00:07:46.06 ID:3jdUrUPE0
きらり「きゃう、比奈ちゃん大好きぃ☆ アイスでハピパピきゅんすぅ、早速食べゆ?」 

杏「や、ここはとりあえずカップ麺で」

きらり「お湯湧かすにぃ」

比奈「あ、四人分よろしく~」

杏「四人?」

比奈「もう一人来るよ、さっき外で偶然会ってさ」

きらり「おっすおっす」

比奈「おッスおッス」

杏「なにそれ」

比奈「何が?」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:09:51.93 ID:3jdUrUPE0
杏「おっすおっす」

比奈「おッスおッス?」

杏「それ」

比奈「なに杏ちゃん、どうしたの、突然」

杏「比奈さんって、きらりと仲良かったっけ?」

比奈「いや、別に、普通かな」

杏「……そういえばきらりはそんな奴だった……」

比奈「嫉妬乙、由里子が喜ぶッスよ。もうすぐ来るけど」

杏「あー、一応私もきらりも女性だから……由里子さんが来るのか」

比奈「あの子、最近百合もイケるようになったっぽい」

杏「マジで?!」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:11:58.55 ID:3jdUrUPE0
比奈「この前ね、熱い目で見てたッスよ」

杏「誰を」

比奈「765さんとこの、やよいおり」

杏「おおお……」

 謎の感動にうち震える杏にかけられる、第四の声。

no title
由里子「こら、人の属性を勝手に変えるな」

比奈「あ、来たッスか」

由里子「いや、あんたが呼んだんでしょ」

比奈「記憶はある」

由里子「私は百合に目覚めてないし、そもそも生ものに手を出すつもりはないの」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:14:08.21 ID:3jdUrUPE0
比奈「じゃあアレは何? まさか純粋にアイドルとしての興味だと?」

由里子「甘い甘い」

比奈「?」

由里子「男体化、という裏技が」

比奈「ごめん、ほんとごめん」

由里子「実の兄弟とも争う財閥の若き美青年と、逆境に負けない明るい少年。青年の心の癒しとなる少年……クルわよね」

比奈「マジすんませんでした、カンベンしてください」

由里子「精進しなさい」

比奈「いや、ちょっとそっち方面は……」

きらり「比奈ちゃん、お湯が……由里子ちゃん、おっひゃー☆」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:16:10.73 ID:3jdUrUPE0
由里子「おっはー。ってそんな時間だっけ?」

きらり「おっすおっす」

由里子「うん、おはよー」

きらり「うきゃー、それでカップ麺四人分、さっすが比奈ちゃんばっちしだにぃ」

 割り箸が四膳と、ポットが一つ。そしてコンビニ袋を真ん中に。

比奈「ほらほら、好きなの選んで」

杏「んー、カップヌー○ルカレー味」

きらり「どんべぇちゃーん」

比奈「じゃ、アタシは焼きそばッス」

由里子「味噌ラーメン」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:18:12.77 ID:3jdUrUPE0
きらり「お湯があっつあっつで危ないよー」

 ……三分後

杏「ちゅるちゅる」

きらり「ちゅるりちゅるり」

比奈「はぐはぐ」

由里子「ずずっずっ」

杏「ねえねえ、きらり」

きらり「にょ?」

杏「牛乳あったっけ?」

きらり「あい。温かい牛乳だにぃ」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:20:30.90 ID:3jdUrUPE0
杏「さすがきらり、見事だよ。……これを食べ終わったカレーヌードルの汁に入れて」

比奈「アタシはそれあんまり好きじゃないね」

由里子「カップリングと一緒で人それぞれ、否定しちゃ駄目だよ、比奈ちゃん」

比奈「何か良いこと言ってるんだけど、例えかたが駄目駄目だ!」

きらり「カップリングってなぁに?」

比奈「……ほら、食いついてきた、由里子の責任で教えるッスよ? ただし、あとからPさんに怒られないようにね」

由里子「えっと……ここに。Pさんがいると仮定してね?」

きらり「ふみゅふみゅ、Pちゃんおっすおっす」

由里子「それで、向こうには765Pさんが」

きらり「ナムPちゃん、おっすおっす」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:23:01.53 ID:3jdUrUPE0
由里子「二人はライバルな訳よ」

きらり「……」

由里子「それで、互いにライバル意識を燃やして要るんだけど、相手の力量は認めている訳ね」

杏「こっちのPのほうが凄いと思うけどなぁ」

きらり「きらりもそう思うにぃ」

由里子「ある日ふと、気付くのよ。自分の相手への思いに」

比奈「よしわかった、そこまでだ」

由里子「えー、ここからが話の肝でしょ」

比奈「うん、私が悪かった。ていうか、あんた生もの駄目じゃなかったっけ?」

由里子「……というかね、思ったのよ。ここに来てから」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:25:02.40 ID:3jdUrUPE0
比奈「何を」

由里子「可愛い子ばっかりじゃない」

比奈「まあ、アイドル事務所ッスからねぇ……」

由里子「勿体ないでしょ。資源の無駄よ。萌える資源は大切にしないと」

比奈「目覚めたんスか」

由里子「目覚めたのよ。男体化に」

比奈「よし、黙れ」

杏「ねえ、きらり」

きらり「なぁにぃ?」

杏「由里子さんには近づかないほうがいいと思うよ」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:27:04.01 ID:3jdUrUPE0
きらり「了解だにぃ」

比奈「アタシもそう思う」

由里子「腐女子は迫害には強いよ?」

由里子「それより比奈ちゃん、とっとと用件始めたら? きらりと杏しかいないって、タイミングバッチリでしょ」

杏「なんか狙われてる?」

きらり「杏ちゃんはきらりんぱわーでばっちし護りゅ?」

杏「疑問系?!」

きらり「ばっちしばっちし」

杏「信用してるよ、きらり」

きらり「大船に乗ったつもりで安心するにぃ」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:29:06.51 ID:3jdUrUPE0
由里子「……あんきらはいいよね……」

比奈「そこの駄目な子、鼻血出すなよ」

由里子「……765の事務員さんじゃあるまいし」

比奈「マジか」

由里子「あの人時々、お店で会うのよね」

比奈「お店って」

由里子「まあ色々と」

比奈「……ま、いっか」

比奈「二人にお願いがあるんスけど」

杏「嫌だ」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:31:08.43 ID:3jdUrUPE0
 杏、即答。

比奈「まだ何も言ってないッスよ?」

杏「めんどくさいのは嫌」

比奈「だからまだ何も……」

杏「オフの日に事務所まで来て、その上カップ麺と飴とアイスまで差し入れして、これでめんどくさくないわけがないよ」

 その差し入れをさっさと食べた人間の台詞ではない。

由里子「単に、二人の絡みが見たいだけなんだけど」

きらり「にょわーーーーー☆」

 真っ赤になって全身で嫌々ポーズのきらり。

きらり「比奈ちゃんも由里子ちゃんもエッチだにぃ!! きらりと杏ちゃんに何させる気だにぃ!!」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:33:17.05 ID:3jdUrUPE0
 比奈のツッコミ(物理)が由里子の脳天に一撃。

比奈「アンタ黙ってろ!!」

由里子「痛い。痛いじぇ……」

比奈「あのね、きらり、杏。勘違いしないでよ。要はモデルになって。てだけの話だからね」

由里子「身長差カップリングっていいよね。寡黙な大男と天真爛漫ちびっ子……うへへ」

比奈「お願いですから黙ってください」

きらり「ううう……由里子ちゃんから邪悪な気配を感じゆぅ……」

杏「きらりが怯えてるよ」

きらり「怖いにぃ」

杏「大丈夫だよ、きらり。あと、あれは怖いんじゃなくて気持ち悪いんだよ」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:35:16.73 ID:3jdUrUPE0
由里子「酷いなぁ、杏ちゃん」

比奈「杏ちゃんに一票」

由里子「裏切り?」

比奈「少なくとも妄想をパンピー相手にひけらかす仲間になった覚えはないッス。自重して」

由里子「はい」

比奈「あのね、あんまり怯えないで。少なくとも私にそう言うつもりはないし、普通にまともなモデルになって欲しいだけだから」

きらり「……」

杏「しょーがないなぁ。わかったよ、比奈さんは信用するよ。飴くれたし」

由里子「ポイントはそこなの?」

きらり「わかったにぃ。杏ちゃんに従う」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:37:45.28 ID:3jdUrUPE0
杏「それで、何のモデル?」

比奈「とりあえず、抱き合ってくれる?」

きらり「うきゃーーーっ!!」

杏「帰れ! 二人とも帰れ! よくも騙したなっ!! 行けっ! きらりっ!」

きらり「にょわっ!」

比奈「勘違いするなぁっ!!」

由里子「げふっ!! やめて、きらりんぱわー(物理)はやめてっ!!!」

比奈「別に貴方達の絡みが目的じゃないのよ、アタシは」

26: >>24 状況設定は前書いたモノの続きですが、話は独立してます 2013/01/03(木) 00:39:50.31 ID:3jdUrUPE0
由里子「はい、少しだけ期待してました……ごめんなさい、あの、きらりさん、私の頭蓋骨がみしみしと……あ、いえ、なんでもありません、はい」

比奈「身長差二人の構図が欲しいだけッスからねぇ、別に18禁内容じゃないんで」

由里子「はい。比奈ちゃんの話を聞いて、いいものが見れるかなと思って……はい、あの、足崩しても……あ、いえ、反省してます。はい」

比奈「ポーズ取ってくれたらデジカメで……ああ、データ残すのが嫌ならこの場で簡単にスケッチだけ」

由里子「はい、そうです。邪なこと考えて……はい、反省してます。あの、視界が赤くなってきたんですけど……あ、いえ、大丈夫です。はい」

きらり「きらりは別にいいよぉ」

杏「うーん。比奈さんに悪気がないのはわかるんだけど……なんだかなぁ……」

比奈「あー、やっぱ抵抗あるッスよねぇ、ここまでのノリだとねぇ……」

比奈「仕方ないかぁ。じゃあ、きらりちゃん、ちょっと来てくれるかな」

きらり「にょわ?」

28: >>27 そうです 2013/01/03(木) 00:42:24.98 ID:3jdUrUPE0
杏「ん?」

比奈「一緒に仁奈ちゃんの所行こうか」

杏「んん?」

比奈「ハッキリ言うと、必要なのは身長差だから、きらりちゃんの代わりは難しいけれど、杏ちゃんの代わりは一杯いるんスよ」

きらり「仁奈ちゃんもきゅんきゅん可愛いから、きらりはハピハピだよ」

杏「仁奈?」

杏「……」

比奈「じゃあ、行こうか、きらりちゃん。あの子なら喜んでモデルになってくれるだろうし」

比奈「きらりの抱っこなら仁奈ちゃんは嫌がらないんじゃないスかねぇ」

杏「……」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:44:27.90 ID:3jdUrUPE0
杏「……嫌じゃないよ?」

比奈「ん?」

杏「勘違いしないでよ、嫌だなんて言ってないからね。モデルくらい杏がやってあげるよ。カップ麺と飴とアイスの恩だし」

比奈「ほほぅ」

杏「きらり」

きらり「にょ?」

杏「仁奈は可愛い?」

きらり「うん」

杏「……」

きらり「でもきらりは、杏ちゃんのほうが好きだにぃ」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:46:49.47 ID:3jdUrUPE0
杏「しょ、しょーがないなぁ、きらりは。よし、杏が抱っこされてあげるよ」

きらり「うきゃー、杏ちゃん抱っこぉ」

杏「ほら」

きらり「ふふん、杏ちゃんは柔らかいにぃ」

比奈「なんだかんだといいカップルッスね」

杏「は、早く書いてよぉ」

由里子「すいませーん、そっち向いてもいいですか? あ、駄目ですか? あの、声だけ聞こえもつまらな……あ、ぃえ、ごめんなさい」

 その後一週間の杏のおやつ代は、由里子持ちということで手打ちは終了。
 二人は帰っていった。

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:48:51.73 ID:3jdUrUPE0
杏「きらり、早速アイス食べよう」

きらり「んー」

杏「温かいおこたの中のアイスは最高だねぇ」

きらり「ハピハピすぅねぇ」

杏「んー、ごちそうさま」

きらり「杏ちゃん、ゴミちょーだい」

杏「ん」

きらり「こっちに棄てるね」

杏「あー、このままお仕事もなかったら幸せなのに」

きらり「杏ちゃんもキラキラするにぃ」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:50:59.90 ID:3jdUrUPE0
杏「そこは嫌いじゃないんだけど。もぉ、リハーサルなんか要らないよねぇ。杏は全部本番でいいよ」

きらり「そんなことが出来ゆのは杏ちゃんだけって、Pちゃんが言ってたにぃ」

杏「ふっふー。杏は天才だよ」

きらり「杏ちゃんは天才」

杏「きらりはお仕事は?」

きらり「んー。もうすぐPちゃんが呼びに来るにぃ」

杏「杏の分まで頑張ってきてね」

きらり「あい」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:53:09.27 ID:3jdUrUPE0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:55:13.13 ID:3jdUrUPE0
杏「……ん?」

杏「寝ちゃってたのか……」

杏「あれ、こたつの上に手紙?」

杏「Pからだ……なになに?」

P『気持ちよく眠っているみたいからしばらくは起こさないけれど、目が覚めたらちゃんと家に帰るように』

杏「家に帰ったら、もう一度ここに来るのが面倒くさいじゃないか」

杏「きらり、いつの間に帰ってきたんだろ」

きらり「zzz」

杏「寝てるのか」

きらり「zzz」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:57:17.77 ID:3jdUrUPE0
杏「コタツは気持ちいいもんね」

きらり「zzz」

杏「きらりの隣に入ろうかな……うん」

きらり「zzz」

杏「お邪魔します」

きらり「zzz」

杏「コタツは温かいねぇ」

きらり「zzz」

杏「おやすみ、きらり」

きらり「zzz」

杏「zzz」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:59:23.72 ID:3jdUrUPE0
以上お粗末様でした

画像支援、感謝です

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 01:00:51.04 ID:DNVNllZn0
おっつおっつ

相変わらずこのまったり異空間は好きだ

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 01:05:00.25 ID:k8lfInnd0
おっつおっつばっちし☆

人気記事