2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 23:51:28.95 ID:iA/uOEzU0
奈緒「ん?」

凛「…」

奈緒「…」

凛「…」

奈緒「…?」

凛「……」ペラッ

奈緒「うおおおおおおい!?なんだよ!?」

奈緒「なに何事もなかったかのように雑誌読み始めてんだよ!」

凛「?」

奈緒「いや『?』じゃなくてさァ!」

加蓮「…奈緒、うるさい」

奈緒「はぁああああああああ!?」

奈緒「え?何?アタシが悪いってんのか!?」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 23:52:57.67 ID:iA/uOEzU0
加蓮「奈緒…」

凛「…」コクコク

奈緒「いや訳わかんねぇから!」

奈緒「アタシなんかした!?」

加蓮「…」

奈緒「やめろ!今すぐその哀れむような目をやめろ!」

凛「…」ニコッ

奈緒「りぃいいいいいいいいいいいいいいいん!!!!」



ガラッ


P「よ、ただ今。相変わらず仲いいなお前ら」

9: >>5そんな感じ、ちょっとだけ書き溜め 2013/01/14(月) 23:54:31.69 ID:iA/uOEzU0
加蓮「あ、プロデューサーおかえりー」

凛「おかえりなさい、プロデューサー」

奈緒「んな!」

奈緒「なんなんだよさっきから!?」

P「ん?なんかあったのか?」

加蓮「いや、別に何もないんだけど奈緒がさー」

凛「いきなり発狂したんだよね」

凛「プロデューサーも聞こえてたでしょ?奈緒の『りいいいいいん!』っ

て声」

P「あぁ、事務所の外まで響いてたな」

奈緒「~~~~~~!!」プルプル

奈緒「おいィ!さっきからなんだよ!?楽しいか!?」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 23:56:01.07 ID:iA/uOEzU0
加蓮「まぁまぁ、落ち着いて」

凛「…」コクコク

加蓮「奈緒?」

奈緒「…なんだよ?」

加蓮「確かに人によって辛さは違うっていうけど、わめき散らしたりしたらだめだよ?」

凛「私、持ってるけど使う?」スッ

奈緒「アノ日じゃねぇから!!」

奈緒「凜もナチュラルにそれ出してんじゃねえええ!!」

P「なるほど、凜はタンポン派か」

奈緒「ばっ!!この変態っ、サイテーすぎんぞ!」

凛「ダンスとかするからね、こっちの方が楽」

奈緒「お前も答えてんじゃねぇよおおお!!!」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 23:58:54.34 ID:iA/uOEzU0
奈緒「はぁ…はぁ…はぁ…はぁ……」ゼーゼー

加蓮「すごーい、まるで芸人さんみたいだったよ、奈緒」パチパチ

凛「…」コクコク

P「相変わらず奈緒は可愛いなー、んで結局何があったんだ?」

奈緒「…ッ!!」///

加蓮(ありゃ相当照れてるね)ヒソヒソ

凛(さすがプロデューサー、ナチュラル女キラー)

奈緒「聞こえてるからな」

P「ははは、俺が好きなのは奈緒だけだ」

奈緒「~~~~っ!、またそんなこと言って…」

加蓮「ヒュー、お熱いことで」

凛「プロデューサーは相変わらず大胆だね」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:06:16.68 ID:mnKLUcpu0
奈緒「っ、もういいだろ!」

奈緒「てか話すすまねぇし!さっきなんて言おうとしたんだよ?」

凛「プロデューサー」

奈緒「…?」

P「ん?」

凛「耳を」

P「おう」

奈緒「おい、アタシは無視か?」


凛(プロデューサー、奈緒って可愛いよね)ヒソヒソ

P(当たり前だ、俺の嫁だからな)

凛(まだ結婚はしてないでしょ、まぁそれはおいといて)

P(?)

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:11:26.95 ID:mnKLUcpu0
凛(眉毛…)ボソッ

P(…!)

凛(眉毛可愛いよね)

P(ほう、そこに目をつけるとは…さすが凛だな)

凛(まぁね)

P(で、眉毛がどうしたんだ?)

凛(もふもふ…)

P(…!)

凛(さわさわ…)

P(…!!)

凛(すりすり…)

P(!!!?)

凛(してみたくない?)

P「よし、奈緒ちょっとこっち来い」

凛「さすがプロデューサー、決断の早さに感服だよ」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:15:48.86 ID:mnKLUcpu0
奈緒「!?」

奈緒「まァ、Pさんの頼みッてんならいくけどさ」

奈緒「変なことしないだろうな?」

P「大丈夫だ」(真顔)


加蓮(凛、何て言ったの?)

凛(カクカクシカジカ)

加蓮(凛…おねぇちゃんはあんたはやる子だと思ってたよ)

凛「( ̄ー ̄)v」ブイ

加蓮「d(・ω・ )」グッ


奈緒「なんだこいつら気持ちわりぃな」

P「ほっとけほっとけ」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:20:43.64 ID:mnKLUcpu0
P「奈緒、ちょっとこっち向いて」

奈緒「な、なんだよ改まって…」

P「目…瞑れ」

奈緒「…は?」

P「いいから早く」

奈緒「え?ちょ、ま…加蓮たちが」


グッ


奈緒「あ、そんな急に顎、を…」

P「奈緒…」

奈緒「え?あ?いやいやいやいやいy、うわ、ちょ!」

P「…」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:27:25.38 ID:mnKLUcpu0
奈緒「あぁあああああ!もうわかったよ!一回は見られてんだ」

奈緒「…優しく、してくれよな」

P「あぁ」

奈緒「んっ…」キュッ


サワッ


奈緒「…んん?」


サワサワナデナデ


奈緒「ひゃ…んんぅ…」


スリスリモサモサ


奈緒「ちょちょちょちょ、ストォップ!!」バッ

P「あ」

奈緒「な、何やってんだよ!」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:31:18.95 ID:mnKLUcpu0
P「何って…眉毛?」

奈緒「はぁ!?眉毛!?きっ…キスじゃないのかよ?」

P「なんだ?キスだと思ってたのか?奈緒は変態だな」

加蓮「ですな」

凛「…」コクコク

奈緒「変態じゃねぇよ!」

奈緒「いや、おかしいだろ!?この流れならさ…

加蓮「キス?」

奈緒「う、あ、ま、まァそうかと思うだろーが!」

奈緒「てかなんで眉毛なんだよ!」

P「可愛いから」

凛「可愛いよね」

加蓮「違いないね」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:37:55.90 ID:mnKLUcpu0

奈緒「あ、アタシの眉毛が?」

P「おう、まぁ奈緒の体のパーツは全部可愛いけどな」

奈緒「さらっと変態発言すんな」

P「じゃあ続きをだな」

奈緒「待て待て待て、一回落ち着いてくれ、な?Pさんも加蓮も凜も」

P「嫌だ、待てない」ギュッ

奈緒「あっ…ま、待てって…ん」


加蓮「凛?」

凛「わかってるよ、加蓮」


凛「プロデューサー」

P「なんだ?」

凛「感想、聞かせてね」

P「おう」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:42:59.99 ID:mnKLUcpu0
加蓮「さて、邪魔者は帰りますか」

凛「…」グッ


パタパタパタ…


奈緒「ちょ、ま、あ、アタシを置いてくな!」

加蓮「ばいばーい」ヒラヒラ

凛「また明日」

ガチャッ

奈緒「ほんとに帰りやがった…」チラッ

P「…」ニコニコ

奈緒「にやにやすんな」

P「いや、だって奈緒と二人きりだし?」

奈緒「そ、そんなこと言って…前も加蓮達覗いてたし…」

P「ちゃんと帰ってたよ、事務所の窓から帰るのが見えた」

奈緒「そ、そっか」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:47:25.55 ID:mnKLUcpu0
P「正真正銘二人きり、だよ」

奈緒「う…うぁ」///


P「奈緒、いいか?」

奈緒「まっ…眉毛?」

P「それとももっと違うところがいい?」ギュッ

奈緒「ひゃっ…ま、眉毛、眉毛でいいからっ!」

P「そか、ならいくぞ」

奈緒「お、おう…」キュッ

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:48:58.77 ID:mnKLUcpu0
サワ…

奈緒「ん…」

サワサワ…

奈緒「んんぅ…んっ」

スリスリ

奈緒「あっ…あぁ…」

モフモフモフモフモフ!

奈緒「あっ!あぁ…んぅううっ!」


P「…奈緒」

奈緒「はぁっ…はぁ…はぁ…P、さん…」

P「どうだった?」

奈緒「く、くすぐったくて…気持ちよかった、よ」

P「そかそか」サワサワ

奈緒「あっ、ちょ!いつまで触ってんだ!」

P「おお、すまん、さわり心地がよすぎてつい」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:53:55.76 ID:mnKLUcpu0
奈緒「そ、そうかよ」

P「あぁ」

奈緒「なァ、Pさん」

P「どうした?」

奈緒「こ、これからもアタシの眉毛触ってもいいけどよ」

奈緒「も、もっと他のとこにも目を向けてくれよなっ…!」///

P「奈緒…」

奈緒「Pさん…」

P「…続きは奈緒がトップになってからだな」

奈緒「お、おう、絶対トップに上り詰めてやるから」

奈緒「ずっと、ずっとずっとアタシのこと見てくれよな」

P「当たり前だろ、俺はお前らのプロデューサーなんだから」


ギュッ

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:58:46.11 ID:mnKLUcpu0
加蓮(…なんか出る幕なくなったね)ヒソヒソ

凛(うん、残念)

加蓮(また寸止めしてプロデューサーを生殺しにする計画が…)

凛(せっかく事務所出てまで帰った振りしたのにね)

加蓮(完璧に奈緒を取られちゃったねー)

凛(うん、まぁでもプロデューサーだから)

加蓮(当たり前だよ、他の人なんかに任せられないでしょ)

凛(帰ろっか)

加蓮(そうだね、残り物二人でパフェでも食べてかえろ!)

加蓮(凛の家寄ってもいい?)

凛(うん、いいよ)

加蓮(よーし、凛の家のわんこをもふもふするぞー)

凛(ほどほどにね)

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 01:04:48.57 ID:mnKLUcpu0
P「…」

奈緒「…」

P「何か気配がすると思ったらやっぱり居たのか、あの二人」

奈緒「あ、あいつら~」プルプル

P「まぁまぁ、俺たちも帰るか」

奈緒「うん、そう…だな」

P「…今日は雨ふってないな」

奈緒「…」

P「あーでも寒いなー手袋忘れちゃったよ」

奈緒「…!」

P「手、つないでかえろ?」

奈緒「お……う、うん!」






お わ り

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 01:06:05.40 ID:tutaofYS0
おつ

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 01:11:02.59 ID:kL5TOb0m0
乙乙乙

1001: SSウィーバー 2012/xx/yy(xy) 00:00:00.00 ID:ssweaver

人気記事