1: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:20:43.32 ID:UihBZ68Vo
兄ちゃんにどうやって伝えようかな。

少し長くかかるかもだけど。

───うん。

頑張ってみる。

ちゃんと聞いててね?

2: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:21:37.89 ID:UihBZ68Vo


真美と亜美はさ。

ふたりで生まれたっしょ?

いつもふたりでご飯食べて。
いつもふたりで、いたずらして怒られて。
いつもふたりで呆れられて。

3: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:23:55.41 ID:QEsQfwn0o

そんな真美と亜美だけど、たまには喧嘩したりもするんだよ。

もう亜美なんか知らない!
って怒ってぷんすかしたまま寝るじゃん?



そーゆー時ってなかなか寝れなくてさ。

4: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:24:42.48 ID:QEsQfwn0o
なんかしーんとした部屋でひとりで居るのが寂しくってさ。


亜美の部屋に行こうかな。
でもやっぱりやめとこうかな。


そんな事、考えてたら亜美が部屋に来て。

5: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:25:14.17 ID:QEsQfwn0o

勝手に真美の布団に入ってくんの。


寝ぼけてるふりとかするんだよ。
かわいいっしょ?


背中に亜美の暖かさが伝わってきて、嬉しくなって。

6: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:25:46.01 ID:QEsQfwn0o

でも何か恥ずかしいから寝たふりしちゃって。


次の日、起きてからは真美も亜美もいつも通り。


へーじょー運転に戻るんだよね。


7: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:26:35.94 ID:QEsQfwn0o

パパとママも普段あんまり会話しないけど、お互いの事をちゃんと考えてて、仲良しで、亜美がいて真美がいる。


何も無いけど、何か暖かくてすごく幸せな毎日。



あ、でも一回だけパパとママがすっごい喧嘩した事があってさ。

8: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:27:15.89 ID:QEsQfwn0o

その時、真美達はふたりで、部屋に居たんだけど、パパの大きな声を聞いて真美はすごく怖くなった。


でも、亜美はすぐ立ち上がってパパ達の所に行ったんだ。


真美も慌てて亜美の後、追っかけたら亜美がパパ達の前に立って泣きそうになりながら言ったの。


9: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:27:58.44 ID:QEsQfwn0o

『パパとママはいつも仲良しなのになんでそんなに喧嘩してんの?』


『心と心がくっついちゃいそうなほど好きあって亜美達が生まれたんでしょ?』


『亜美達の命は二人の愛の証だよね?』


『嘘じゃないよね?』


10: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:28:44.78 ID:QEsQfwn0o

『それなのにパパとママがそんな喧嘩したらさ』




『亜美達の命も全部、嘘になっちゃうよ?』



11: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:29:52.36 ID:QEsQfwn0o

それを聞いてパパ達もしーんとしちゃって。
亜美はぐすぐす泣いちゃうし。


でも真美はパパ達が喧嘩した事実がめちゃ怖くてさ。
ただおろおろしてた。


でも真美の方がお姉ちゃんなのにって思ったら。

情けなくなっちゃって、つい真美も泣いちゃって。


そしたらパパとママもお互い謝りあってすぐ仲直りしちゃった。

12: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:30:50.17 ID:QEsQfwn0o

パパ達から貰ったはんぶんこの愛の証。

いつでも亜美と真美でひとつだった。

笑う時も泣くときも。


でも涙の理由ははんぶんこじゃなくて。

意味も全然違うんだなって。

そう思うと、余計涙が出ちゃった。


13: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:31:38.86 ID:QEsQfwn0o

今思うと、亜美が竜宮に選ばれたのは、りっちゃんもそんな亜美の強さみたいなものを見抜いて居たのかもしれないね。

だってさ。

あの時、亜美の言った言葉がさ。


幸せな家族の今を繋ぎ止めてるのかも知れないもんね。

それって凄いよね。

14: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:32:16.72 ID:QEsQfwn0o

竜宮と言えばさ。


ふたりでアイドル目指して頑張ってたのに亜美だけ先にデビューしたじゃん?


亜美が初めてテレビに出た時、みんなで観たよね。


15: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:32:55.46 ID:QEsQfwn0o

テレビの中の亜美はめちゃ光って見えた。

真美もいつか、あんな風に輝けるかな?

そう思って真美も頑張った。


亜美はどんどんファンも増えて。
どんどん仕事も増えて。


16: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:33:34.69 ID:QEsQfwn0o


亜美は、この世界に愛されてるんだなって思った。



17: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:34:05.34 ID:QEsQfwn0o

はんぶんこのふたりの良いところは全部、亜美が持って生まれのかも知れない。



真美は残りもので形作られたのかもって思った時もあったし。



───今はそんな事思わないよ?


18: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:35:13.90 ID:QEsQfwn0o

でも、その時は毎日がすっごく不安で頑張っても頑張ってもなかなか報われなくて。


ふたりで歩いてきたはずなのに。

いつの間にかひとりぼっち。


しーんとした部屋でひとりで居るのが寂しくってさ。

19: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:36:02.36 ID:QEsQfwn0o

でも亜美は部屋に入って来てくれないし、亜美の部屋に行っても亜美は居ない。


亜美は仕事で地方に泊まったりすんのが多かったし。


だから、こんな不公平な、はんぶんこの世界なんかいらないって思った。

20: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:36:42.55 ID:QEsQfwn0o

兄ちゃんが真美のために一緒懸命、頑張ってくれてたのにね。


その時は気付かなかった。




───ありがとう兄ちゃん。



22: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:38:02.09 ID:QEsQfwn0o

兄ちゃんのおかげで真美もたくさん人からたくさん愛されたよ。


いつか真美が死んでさ。

この心がなくなってもさ。


その瞬間だけでも誰かが真美を愛してくれてたら真美はめちゃ幸せだよ。

23: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:38:46.55 ID:QEsQfwn0o

この先何が起こるか分からないじゃん?

だから、ちゃんとそのいつか来る瞬間に兄ちゃんが居てくれたらもっと幸せだよ。




───うん。



24: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:39:33.34 ID:QEsQfwn0o


ずっと一緒に居てね?


真美、寂しがりだから毎日兄ちゃんとくっついて寝るかんね。


おばあちゃんになってもいつも手を合わせてさ。


そしたら兄ちゃんと真美の血も繋がっちゃうかもしれないじゃんか?

25: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:40:24.16 ID:QEsQfwn0o

んっふっふ~♪


そしたら一生離れなくなってずっと一緒に居れるよね?


もし、真美達に子供が出来たら、やっぱり双子が良いな。


それが今の真美の夢。

でも夢だといつか覚めちゃうのが怖いし。

だから呼び方変えるんだ。


26: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:40:56.93 ID:QEsQfwn0o

ふたりの愛の『証』。



もし、双子が生まれたら奇跡じゃない?





27: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:41:22.56 ID:QEsQfwn0o

兄ちゃんと出会ったのも奇跡だと思う。


兄ちゃんが頑張ってくれたから真美もトップアイドルになれた。


ホント奇跡だよ。



───え?


28: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:42:00.59 ID:QEsQfwn0o

真美が頑張ったから当然?

兄ちゃんは乙女心ってやつを解って無いねぇ~。




真美は奇跡を信じたいんだよ!



29: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:42:27.84 ID:QEsQfwn0o


双子で生まれた奇跡。

兄ちゃんと出会った奇跡。

奇跡は信じないと起きないんだよ。


奇跡の集まりで出来たふたりの愛の証。


そんな愛の証が産まれてくるならさ。


30: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 22:43:21.85 ID:QEsQfwn0o



やっぱり奇跡が良いっしょ☆




1001: SSウィーバー 20xx/xx/yy(xy) 00:00:00.00 ID:ssweaver

人気記事