1:2013/12/01(日) 14:28:37.44 ID:
なっつん「え、じゃあかっこ悪いの?」

こまちゃん「いやそこまで言わないけど兄妹でそんな風に思ったりしないよ」

なっつん「えーウチは妹だけど思うけどなー。ほたるんとれんちょんはどう思う?」

ほたるん「私ですか?えーと・・・見た目はこまちゃん先輩のお兄さんなだけあっていいと思いますよ」

なっつん「ウチも血つながってるんだけど!」 ほたるん「あ、そうでしたねすみません忘れてました」

れんげ「ウチの美的感覚から言わせてもらうとにぃには”をゅむぃあ゜”って感じなのん」

なっつん「相変わらず意味わかんない上にどーやって発音したのかもわからん。アゴでも外れてんのかな?」

ほたるん(カッペ特有のなにかなのかなー今の)

れんげ「どっちかといえば褒めている方に入るのん」

なっつん「そっかーじゃあやっぱ客観的に見てもかっこいいんだ、兄ちゃんは。てことは将来街のほうに出てった時モテたりするのかなー」

なっつん「ほたるんは都会っこだったしその辺わかるよね?どー思う?」

ほたるん「んーモテるかどうかは見た目だけじゃどうにも・・・・お兄さんが喋ってるとこ一度も見たことないですしそれどころか萌えフィギュア作ってましたし・・・」

ほたるん「こまちゃん先輩のお兄さんという点を加味して考えても若干マイナスになるような気も・・・」シュッ

こまちゃん「ひゃっ!なにほたる!?」ビクッ ほたるん「あ、すいません計算に入れてたらつい触っちゃいました」

なっつん「うーんそうかマイナスか・・・じゃあプラスにするにはなにかで補わないとだめかー・・・そしたらやっぱあれかな、隣にいる彼女とか」

2:2013/12/01(日) 14:29:10.14 ID:
なっつん「夏海ちゃんクラスの美少女が兄ちゃんの彼女になってあげれば兄ちゃんの評価も正当なものになるよね」

なっつん「しょーがないなー、じゃあウチが兄ちゃんの彼女になってあげようじゃないか」

こまちゃん「ええ!?あんたなに言ってんの!?バッカじゃない!?それって、き、近親相姦てやつじゃん!ダメだよそんなの!」

れんげ「きんしんそうかんてなんなのん?禁断の交わりなん?」

ほたるん「知らないクセに的を射たこと言うねれんちゃん」

なっつん「そんなの関係ないしー。ウチが兄ちゃん好きならそれでいいもん」

こまちゃん「好きってあんた・・・子供の頃言ってたけど・・・よく考えなよ兄妹愛なのかもしれないよ?ていうかそうだよ!」

なっつん「ちーがーうー」 こまちゃん「違くない!」

ガラガラ・・・

兄貴「・・・・・・」

なっつん「あ、兄ちゃん。兄ちゃんさーウチが彼女だったらうれしい?」

兄貴「・・・・・・・」

なっつん「ほら!兄ちゃんもうれしいって言ってるし!」

こまちゃん「何も言ってないじゃん!」

なっつん「いやよく見てよ・が一個多いでしょ?あれは同意したときの反応なんだよ」

3:2013/12/01(日) 14:29:42.77 ID:
こまちゃん「そんなの知らないよ!夏海が勝手にそう思ってるだけでしょ!」

なっつん「えー姉ちゃんわかんないのー?ま、愛がなきゃわかんないかー」

こまちゃん「愛って・・・あーもう!お兄ちゃん!はっきり喋ってよ!夏海がなんかおかしいから!」

兄貴「・・・・・・」シュッシュッ

こまちゃん「え・・・・?なに・・・・?」

れんげ「腰振ってるのん」

ほたるん「あれは・・・・・何らかの意思表示のジェスチャーじゃないでしょうか」

こまちゃん「意味わかんないよ・・・・」

れんげ「ウチみたことあるのん。あれ多分動物の交尾なのん」

ほたるん「なるほど、じゃお兄さんは夏海先輩と交尾したい、と」

なっつん「兄ちゃん・・・・そ、そういうのはまだ早いって・・・」

こまちゃん「ちょ、もうお兄ちゃん腰振るのやめて!」ガッ

兄貴「・・・・・・・」ブンブンブンン!

こまちゃん「わ、やめ、お兄ちゃ、わわわ!」

れんげ「こまちゃんが腰振りに巻き込まれて襲われてるん!」

4:2013/12/01(日) 14:30:15.74 ID:
ほたるん「きゃぁああああああああああああああああああ!!!やめてください!!!」

!!!!!!!!!!!!ドカ!!!!!!!!

兄貴「・・・・・・」ドサ・・

ほたるん「大丈夫ですか!?先輩!??どこも汚されてませんか!??!」

こまちゃん「う、うん・・・ありがと、ほたる・・・」

れんげ「発情したケモノは危険なのん」

なっつん「兄ちゃんだいじょぶかー。ほたるんの中指尖らせた拳がミゾの結構奥深いとこまで食い込んでたけど」

兄貴「・・・・・」バッ なっつん「おお、早い復活!さすが兄ちゃん」

ほたるん「どうやらお兄さんは妹だろうがなんだろうが関係ない鬼畜みたいですね・・・・」

ほたるん「このままじゃこまちゃん先輩の純潔が危なそうだし夏海先輩と身を固めて大人しくしててもらった方が都合がよさそう・・・」

こまちゃん「ちょっとほたる・・・・!」

なっつん「兄ちゃん、もうウチ以外の女の子に手出しちゃだめだぞー」

兄貴「・・・・・・」

れんげ「ぜってーやだみんな俺の女にする、って言ってるのん」

なっつん「れんちょん言ってることそこまで細かくわかんの!?」

6:2013/12/01(日) 14:30:47.04 ID:
れんげ「ちょっと意訳したけど大体あってると思うん」

なっつん「なんだ適当か」 れんげ「失礼な」

ほたるん「さ、さ、いきましょ先輩。ふたりっきりにしてあげましょうよ。それに近親相姦がありならクレイジーサイコあれも当然ありなんですから」ガシッ

こまちゃん「わ、羽交い絞め!?」ガッ なっつん「完全に極まってるなー。あの状態からの返し技は存在しない」 

れんげ「ほたるんから獣臭がするん」

ほたるん「さぁさぁ」ズルズル・・・ こまちゃん「待って待って!」ズズ

ほたるん「この期に及んでまだなにかあるんですか?」チッ

こまちゃん「いや・・・今ちょっと頭が混乱してて・・・整理するからちょっと待って・・・・・」

なっつん「んじゃ兄ちゃんデートいこー」

こまちゃん「で、デー・・・!違うでしょ!お兄ちゃんと遊びに行くってだけでしょうが!言い方おかしい!」

なっつん「デートだしーほらいこ兄ちゃん」

兄貴「・・・・」ブンブン なっつん「あ、また腰振ってるー」

スタスタスタ・・・・

ほたるん「れんちゃん、この辺てラブホテルあったっけ?」

れんげ「らぶほてる?交尾専用小屋のことなん?」

7:2013/12/01(日) 14:31:19.15 ID:
ほたるん「うんそう」 れんげ「それなら駄菓子屋の地下がそういう造りになってるのん」

ほたるん「へーそーなんだーじゃあふたりはそこへ行くつもりなのかもね。先輩、今度私達も行きましょうね地下!」

こまちゃん「な、なにを言い始めてんのあんたたちは!」

ほたるん「そういうものですよ男女の関係なんて。夏海先輩は大人だなー。先輩もきっと大人になればわかりますよ」

こまちゃん「お、おとな・・・・う、ウチもそれくらいわかってるけど!でも!それとこれとは・・・・・」

れんげ「じゃあ尾行してみればいいのん。それで確かめてみればいいん」

こまちゃん「い、いいよ?絶対そういうのじゃないから!」

ほたるん「ストーキングですか・・・まぁ、わたしは慣れてるからいいですけど」

れんげ「さすがほたるんなのん。必要な技術はあらかた習得してるん」

こまちゃん「・・・・・・」

その辺の川

なっつん「よーしじゃあ釣るぞー」

兄貴「・・・・」


こまちゃん「ほら!釣りなんてやっぱりただ遊んでるだけじゃん!」

ほたるん「体だけが目的ってわけじゃなさそうではありますね」

8:2013/12/01(日) 14:31:55.12 ID:
れんげ「ホップステップジャンプのホップの段階なだけかもしれないのん」

こまちゃん「ここで終わりだもん絶対!」


なっつん「あれ?兄ちゃん竿使わないの?」

兄貴「・・・」スッ・・・・


れんげ「なっつんに近づいてるのん」

ほたるん「ああ!そういうことか・・・竿は使わないけど竿は使う、っていう・・・・」

こまちゃん「え?え?なに・・・?」


なっつん「どしたの?」

兄貴「・・・・」スッ・・ なっつん「石?それどうすんの?」

兄貴「・・・・・」シュッ!

パシュパシュパシュパシュパパパシュパパパパパパシュッ  ドカ!!

さかな「あ゛・・・・」プカー

なっつん「すっげー!!石切りで魚仕留めた!!!」

9:2013/12/01(日) 14:32:36.18 ID:
れんげ「なっつんのそばにあった平べったい石拾おうとしただけだったみたいなのん」

ほたるん「地味メガネなのになかなかすごいことするなーお兄さん」

こまちゃん「・・・・」ポカン


なっつん「ウチもやってみたい!教えてよ兄ちゃん!」

兄貴「・・・・・」スッ

なっつん「えっと・・・こういうフォームで・・・一気に・・なるほど」 兄貴「・・・・・」


ほたるん「うわーテニスの指導と称して体に触りまくるっていうあれですね・・・・」

れんげ「くっついてるん!密着してるん!」

こまちゃん「普通だし!!ただ教えてあげてるだけだもん!」

11:2013/12/01(日) 14:33:08.77 ID:
なっつん「よーし・・・兄ちゃん直伝!!とりゃっ!」シュッ

ポシャッ

なっつん「ありゃー・・・失敗かー・・・」

兄貴「・・・・」 なっつん「え?もっとこう・・んっ」プニッ

なっつん「ちょ、兄ちゃ・・だーめだってもー!」 兄貴「・・・・・」


れんげ「今触ってたのん!もんでたのん!」

ほたるん「メスの顔になってる夏海先輩・・・」

こまちゃん「アクシデント!ウチだって触られればあんな反応するもん!」

ほたるん「本当に?」シュッ こまちゃん「ひゃっ!?」モミィ!

こまちゃん「ほ、ほたる!?今本気で・・・」

ほたるん「え?なにが?」

こまちゃん「いや・・・・・」

れんげ「クレイジー・・・・」ガンッ

れんげ「あ・・・・」ドサッ

こまちゃん「れんげ!?どうしたの大丈夫!?」


  
12:2013/12/01(日) 14:33:41.80 ID:
なっつん「兄ちゃん飛ばしすぎ!向こう岸までいっちゃってるじゃん」

兄貴「・・・・・」


ほたるん「お兄さんの石で仕留められたみたいですね」

れんげ「・・・・」プカー

ほたるん「そうだ!れんちゃんが魚釣りで言う撒き餌みたいな状態ですからわたしたちも釣りしませんか?」

こまちゃん「いや・・・助けてあげようよ・・・・」

その辺の道

なっつん「あ、柿がなってる。うまそー」

兄貴「・・・・」シュッ

タッ パシッ

兄貴「・・・・」スタッ

なっつん「塀を踏み台にして三角跳び!?もしかしてウチのために・・・・?」

兄貴「・・・・」スッ なっつん「ありがとー!」


ほたるん「柿泥棒してまで夏海先輩にプレゼントするとは・・・これはどう見ても・・・」

13:2013/12/01(日) 14:34:14.76 ID:
こまちゃん「き、兄妹ならしてあげることもあるよ!ウチだってお兄ちゃんからメガネ貸してもらったことあるし!」


なっつん「あ、兄ちゃんメガネに柿の種ついてる」ヒョイパク 兄貴「・・・・」

なっつん「へへへー・・うっ、やっぱ種なんか食べるんじゃなかった・・・」


ほたるん「見てくださいよ。夏海先輩は借りたものを食べてます。先輩はメガネを借りても、食べるまではしなかったんでしょ?」

こまちゃん「メガネなんか食べられないよ!」

れんげ「ウチも柿食べたくなったのん。ほたるん、背たかいから取って欲しいのん」

ほたるん「そうだねー、わたしも柿食べたくなっちゃったから取ってみるね。えいっ」バッ

ガシッ ヨッジヨジヨジ・・・・

れんげ「よじ登ってるのん・・・背の高さを生かすというより腕力頼みなん」

こまちゃん「なんかすごい力技・・・」

14:2013/12/01(日) 14:34:46.81 ID:
ほたるん「よいしょ」スタッ 

ほたるん「はい、柿」スッ

れんげ「ほ、ほたるんそれ柿じゃないのん!!なんだかよくわかない毛虫みたいなの握ってきただけなのん!」

ほたるん「え?きゃぁああああああああああああああ!!!」シュッ

ビタン!!!!!!!!!!!

虫「お゛・・・・」グチャ

ほたるん「うええええええええええええへぇん!!」

れんげ「よしよし怖かったのんなー」

こまちゃん「ほたるのほうがちょっと怖いよ・・・」

駄菓子屋

なっつん「おーす駄菓子屋ー」

駄菓子屋「おーす客ー」

兄貴「・・・・」


ほたるん「あー・・ついに本命まで来ちゃいましたね。もう確定なんじゃないですか?」

こまちゃん「いやそもそも駄菓子屋に地下なんてないから!」

15:2013/12/01(日) 14:35:19.20 ID:
ほたるん「でもれんちゃんが・・・」

こまちゃん「いつもの宇宙的ななにかでしょ!真に受けちゃダメだって!」

れんげ「リーゴォハァイ」


なっつん「兄ちゃん、ポッキー買ってあれやんない?端から食べていってまんなかで・・ってやつ・・・」

駄菓子屋「え、ちょっと待て、お前ら兄妹だよな?」

なっつん「そーだけど」

駄菓子屋「近親相姦?」 なっつん「おうよ!」

駄菓子屋「ふーん・・・じゃあ将来的にはふたりでこの駄菓子屋継いでくれるんだ?」

なっつん「なんでそーなる・・・商品のうまい棒で低反発布団作ってその上に寝転がった写真をツイッターに載せて炎上した店なんか継ぎたくないし」

駄菓子屋「あいつらうるせーんだよな、人の店の商品でなにしようが勝手だろっつーの」

なっつん「汚いうまい棒なんてただの汚い棒じゃん、誰も欲しくないよそんな棒」

駄菓子屋「誰が汚いって?」 なっつん「なんでもないでーす・・・」

駄菓子屋「ふん・・・まぁなんでもいいけど今から店内掃除するから出てく時は裏口から出てけよ」

なっつん「はーい」

16:2013/12/01(日) 14:35:53.47 ID:
ほたるん「あ、見てください!ふたりが店の奥に消えていきますよ!」

れんげ「休憩なのん?それとも一泊するのん?」

こまちゃん「ちが、ほら見て!裏口から出てってるだけだって!」

ほたるん「事後でしょうか・・・早いですねお兄さん」

れんげ「料金の元取れてないのん」

こまちゃん「こいつら・・・・・」


どっかの道

なっつん「結局フエラムネ買っちゃったよ」ピー

なっつん「なんかこうしてるとれんちょんが具呼んでるみたいだなー、もしかしてなんか来るかも・・・」ピー

なっつん「まさかね・・・」ピー

ゴゴゴゴッゴゴゴ・・・・

なっつん「ん・・・?」


れんげ「あの重厚な足音はまさか・・・・!?」

ほたるん「え、なに?なにか心当たりが・・・?」

17:2013/12/01(日) 14:36:25.23 ID:
れんげ「多分この辺の主・・・通称おっことぬしなのん!」

こまちゃん「えー・・もののけ姫じゃんそれ・・・」

れんげ「きっとなっつんのフエラムネの音色が天文学的確率で偶然ぬしを呼び寄せるメロディと重なったん」

こまちゃん「れんげ・・・いつも具以外になに呼び寄せてるの・・・」


おっことぬし「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」ドドッドド

なっつん「え?え?なにあれ?ていうか・・・ウチ?」

おっことぬし「い゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛」ドドドド

なっつん「ひっ・・・」


れんげ「なっつん!」

こまちゃん「夏海!」


!!バッ!!


兄貴「・・・・・」スタッ なっつん「・・・・・!!」


ほたるん「お姫様だっこで回避・・・漫画みたい・・・」

18:2013/12/01(日) 14:36:57.12 ID:
れんげ「ないす、にぃに!」


なっつん「あ・・兄ちゃ・・・」 兄貴「・・・・」パク

なっつん「ウチのフエラムネ・・・・」 兄貴「・・・・」タタタタタ

兄貴「・・・・」ピーピー

おっことぬし「う゛う゛う゛う゛う゛う゛う゛う゛」ドドドド


れんげ「にぃに、自分に敵意を向けさせてるん」

こまちゃん「お兄ちゃん・・・」


兄貴「・・・・・」タタタタ

おっことぬし「え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛」ドドドド


ほたるん「無理ですよそんな、野性の動物と瞬発力を競ったってすぐ追いつかれて・・・!」


!!!!ガッ!!!!


こまちゃん「・・・・!!」

19:2013/12/01(日) 14:37:29.75 ID:
ほたるん「先輩、目を開けて大丈夫ですよ。お兄さんは無事です」

こまちゃん「え・・・・?」

ほたるん「倒れたのは木に激突したイノシシの方です。お兄さんは直前まで引き寄せて幹を蹴って枝に捕まって避けました」

こまちゃん「あ・・・柿泥棒したときと同じやつ・・・・」

れんげ「にぃにサルみたいだのん」


兄貴「・・・・」スッ なっつん「あ・・だいじょぶ、立てるよ・・・」

なっつん「ありがと兄ちゃん・・・・かっこよかった・・・」


ほたるん「堕ちましたねこれは本当の意味で」

こまちゃん「・・・・・」

ほたるん「古来より狩猟は雄の仕事、その手際を見て雌は伴侶を決めていました」

ほたるん「先輩、認めてあげましょうよ。本能的に惹かれたとあっては言葉をいくら重ねたところで意味はありません」

こまちゃん「そんな・・・じゃあウチはこれからどうふたりに接すれば・・・・」

ほたるん「これからのことはわたしの部屋にでも行ってじっくり話し合いましょう。今日はお父さんもお母さんも遅くまで帰ってきませんし」

こまちゃん「ああ・・・・どうすれば・・・」

20:2013/12/01(日) 14:38:16.10 ID:
ほたるん「ほらほら、それを話し合うんでしょうよ」

こまちゃん「・・・・・」ズルズル

どうすれば・・・・そう言いながらこまちゃんはウチの前から消えたのん。
両親のいない部屋でほたるんが何を行ったのか、ウチは知らない。

帰り道

なっつん「あ、あのさー、兄ちゃん・・・こんなこと聞くのなんだけど、もしかしてさ、今日一日彼女じゃなくて妹として付き合っててくれた?」

兄貴「・・・・・」

なっつん「・・・ウチは結構本気で彼女してたなー、なんて・・・・」

なっつん(兄ちゃん喋んないから本心がイマイチわかんないんだよな・・・)

なっつん「やっぱさー、ウチみたいなのが彼女は嫌かー、あはは・・てか妹だしねそれ以前に・・・」

兄貴「・・・夏海」

なっつん「・・・・・!」

兄貴「帰っておっことぬし鍋喰おう」ズルズル・・・

なっつん「・・・・・」コクコク・・・

なっつん(兄ちゃんが喋った・・・・)

今回まで


人気記事