1:2014/01/26(日) 17:37:23.07 ID:
梅原「しかも大将の股間にだって!?う、嘘だろ……」

梅原「そんなこと……あるわけねぇ!」




数時間前


橘「う~~ん、全部やりっぱなしか……」

橘「誰も器具の片付けをしないなんて、当番は何をしてるんだよ」

橘「……」

橘「仕方ない、僕がやるか……」
3:2014/01/26(日) 17:38:44.26 ID:
カチャカチャ、カチャッ。

カチャ、カチャッ!


橘「……」

橘「よいっしょ……と」

橘「よしっ!ここはこれでOKだな」

絢辻「橘君」

橘「あぁ、絢辻さん」

絢辻「こんなところで何してるの?」

橘「えっ?今の授業で使った教材を片付けてたんだけど……」

絢辻「一人でやってる理由は?」

5:2014/01/26(日) 17:45:02.59 ID:
橘「え、と……誰もやる人がいないからかな?ははははっ」

絢辻「……」

絢辻「ヘラヘラ笑ってるんじゃないわよ!」

橘「あ、絢辻さん……?」

絢辻「あなた、この片付けを好きでやっているの?」

橘「え?いや……」

絢辻「じゃあ、この片付けが自分のプラスになるよう仕向けてあるのね?」

橘「いや、そこまでは……」

絢辻「天然記念物級のお人よしね」

橘「……」

7:2014/01/26(日) 17:49:29.43 ID:
絢辻「少しは自分のために動くべきだと思うの」

絢辻「無駄なことに労力を費やして、気が付いたら貴重な高校生活もおしまい。そんなの、あなただって嫌でしょう?」

橘「……」

橘「……っ」

絢辻「あなたは自分のために動こうと思ったことはないの?」

橘「……あるよ。でも、僕がそんなことをしたら大変なことになると思うんだ」

絢辻「大変なこと、ねぇ……。大げさなんじゃない?」

絢辻「橘君が退学になっちゃうようなことかしら?」

8:2014/01/26(日) 17:52:44.79 ID:
橘「いや、そこまでではないかな」

絢辻「ほら見なさい。あなたはもう少し好きなように動いてみるべきよ」

橘「それじゃあ、お言葉に甘えて……」

絢辻「はいはい」

橘「前から少し興味を持っていたんだ」

橘「ははははっ……」

絢辻「橘君……?」

橘「いい所に電気ポットがあるじゃないか。理科の先生が使っているものかな?よいしょっ……と。」

絢辻「ちょっと橘君、何をするつもり?」

橘「少し前、噂で聞いたんだ。ちょっと試してみたいことがあってね」


パカッ

9:2014/01/26(日) 17:55:55.72 ID:
橘「凄い湯気だ……98度設定だとこんなにもなるんだね。ちょっとだけドキドキしてきたよ!」

絢辻「……橘君……?」

橘「見てて、絢辻さん」




ジョババババ


絢辻「……橘君!!!!」

10:2014/01/26(日) 17:57:53.10 ID:
橘「あがあああああ!!!!!!!!ああああああ!!!!!!!」

橘「熱い!熱いよ絢辻さん!!!!!あああああああああ!!!!!!!」

絢辻「橘君!!!!」

橘「あああああ!!!!!!絢辻さん!!絢辻さん……!!!!」

絢辻「股間に熱湯を流し込むだなんて……どうしたら……」

13:2014/01/26(日) 18:00:46.39 ID:
橘「うあああああああああ……!!気が狂いそうだ!!!!!!」

絢辻「う、うそでしょ……。早く、水を掛けなきゃ……!」

絢辻「橘君、早くパンツを脱いで!そう、水道場に寝転がるの……」

絢辻「蛇口から直接あなたの火傷部に水を掛けるわよ……不格好だけど我慢しなさい……」


ジョバジョバジョバジョバ

14:2014/01/26(日) 18:02:37.78 ID:
橘「うぐ……ああ……ありがとう絢辻さん……」

絢辻「……」

絢辻「橘君……私、こんなつもりじゃ……」

絢辻「急いで先生と救急車を呼んでくるわ……橘君、堪えて……お願い」

橘「うぐあああああ!!!!い、痛い……僕は……この先どうなっちゃうんだ……」

絢辻「……っ」


ダダダダッ

15:2014/01/26(日) 18:05:08.94 ID:
棚町「あれは……絢辻さん?理科室から飛び出して行ったけど……」

棚町「純一いるー?」


ガラガラッ



棚町「え……」

棚町「純一……理科室の水道の蛇口で……え……?」

橘「薫……。ああ!い、痛い……!!見ないでくれ……薫……」

棚町「ちょっと!痛いの!?」

橘「カフッ……カフカフッ……うぐ……」

橘「ウゴッ……」

棚町「ちょっと!純一!?」

棚町「何よこれ……誰か!誰か呼ばないと!!」


ダダダダッ

17:2014/01/26(日) 18:07:46.66 ID:
七咲「あれ……理科室から声が……」


ガラガラッ


七咲「すみません、何かあったんですか?」

七咲「え……ええ!?先輩!?どうしたんですか!?」

橘「あ……ああ……七咲か……うぅ!」

七咲「先輩……なにかの冗談ですよね?」

橘「う……ふっ……いひぃ!いい!!」

七咲「先輩!しっかりしてください!何があったんですか!?」

橘「七咲……見てくれ……う!ッ!!……!!!!」

七咲「見てくれって……先輩、裸ですよ!?とりあえず、先生呼んでこなきゃ……」

橘「七咲……僕の……真っ赤になっているだろう……ああ……ウッッッ!」

七咲「……先生達呼んできます!」



ダダダダッ

19:2014/01/26(日) 18:12:10.18 ID:
数分後


ガヤガヤ……


梅原「……大将……う、嘘だろ……」

マサ「橘……」

ケン「なんてぇ光景だ……」

田中「まるで地獄だよ……」


橘「……ぜぇぜぇ……う……ああ……ビクン!」

橘「ふぇ……ピク……ビクン!あふっ……んふぅ……」

高橋「救急車が到着したわ!……橘君、もう少し頑張ってね……」

絢辻「……」

20:2014/01/26(日) 18:15:15.11 ID:
翌日


高橋「絢辻さん……。大変だったわね、話してくれてありがとう」

絢辻「はい、私の軽率な行動が招いた結果です」

絢辻「橘君の負った火傷は私がこぼした熱湯によるものです」


高橋「……」

高橋「理科室の器具を片付けるつもりが、あれだけの量の熱湯をこぼしてしまった……か」

21:2014/01/26(日) 18:17:32.86 ID:
高橋「やっぱり、二人ともふざけ合っていたんでしょう?絢辻さんがそんなことをするとは考えにくいんだけど……」

絢辻「はい」

高橋「今回の件、次の職員会議で話に挙がると思うわ」

高橋「橘君からも話を聞きたいんだけど、彼……全校生徒に恥ずかしい姿を見られちゃったみたいだから」

高橋「精神的なショックも大きいと思うの。少し時間を置いてから、私が病院に行って話を聞きに行こうと思ってるわ」

  
22:2014/01/26(日) 18:20:01.42 ID:
高橋「そして……絢辻さんの指定校推薦の件……」

高橋「私としては、絢辻さんには是非推薦で進学してもらいたいと思っていたんだけど……」

絢辻「……いえ、私は一般受験に切り替えるつもりです」

高橋「……」

絢辻「それでは、失礼します。ご迷惑お掛けしました」


ガラガラッ


絢辻「……これで、これでいい。あの人を追い込んだのは私……」

25:2014/01/26(日) 18:24:05.08 ID:
ーーーその頃


梅原「絢辻さんが大将に熱湯をぶっかけた!?」

棚町「そうらしいのよ。ふざけ合っていただとか……絢辻さんがそんなことすると思う?」

棚町「しかも、よりにもよって純一の股間に」

梅原「思わねぇな。じゃあ、絢辻さんが大将をかばったのか?大将は一体何をしたんだよ……」

棚町「純一本人に聞きに行くしかないんじゃない?あんたどうせ放課後も暇でしょ。お見舞いにでも行くわよ!ほら恵子も」

田中「う、うん……。橘君、会ってくれるかな?きっとショックだと思うよ」

棚町「推薦がダメになっちゃった絢辻さんの方がショックに決まってるわ。純一にはショックを受ける脳みそなんてないでしょ」

梅原「まったくだな」

26:2014/01/26(日) 18:27:04.10 ID:
ーーー放課後、病院


梅原「大将、失礼するぞ」


ガラッ



梅原「なんだ、その……。災難だったな大将、まだ痛」


橘「梅原!聞いてくれよ!熱湯って気持ちいいぞ!」

30:2014/01/26(日) 18:31:50.26 ID:
橘「最初に気が付いたのは去年のことだったよ。なにせ、いきなりシャワーから熱湯が出てくるんだもんなぁ」

橘「もちろん火傷さ!だけど、そこを掻きむしるととても気持ち良いんだ」

橘「それから僕の熱湯生活が始まったよ。40度、45度、50度……どんどん温度を上げていくこの背徳感がたまらないんだ」

橘「でも家だと家族の目があるからさ……なかなか熱湯を浴びる機会がなくて」

橘「それにさ、やっぱりこういうことは証言する人が必要なんだ」

橘「僕が熱湯を浴びる所を見て『やっぱり熱湯は最高なんだ!』ってね」

橘「美也に頼んでみたんだけどどうしても嫌だって言うからさ」

橘「じゃあ誰に証言してもらうか?梨穂子か?薫か?」

橘「そう考えていたときに現れたのが絢辻さん!」

37:2014/01/26(日) 18:35:45.08 ID:
橘「ほんと、これは絶好のチャンスだと思ったよ」

橘「絢辻さんもなんだか機嫌が良かったみたいだしさ、ちょうど近くにある電気ポットで試そうと思ったんだ!」

橘「いやぁ、本当はもっと少ない量にするつもりだったんだけどさ」

橘「絢辻さんも見てるみたいだから、たくさん量を入れた方が喜ぶと思って」

橘「そうしたら思いのほか痛くて辛くてこの有様だよ……僕としたことが情けないな、ははははっ」

橘「でも、今振り返ると、気を失いそうなくらい痛い中で皆に裸を見られるのも悪くないって思ったんだ」

橘「僕の知っている限り、何人かの女の子には僕の裸を見てもらったよ」

橘「なんだかあの光景を忘れられなくってね……凄い顔して僕のことを見ていたなぁ……」

橘「だから僕は胸を張って言えるよ!女の子の前だったら熱湯はもっと気持ち良いんだって!」

橘「はぁ、早く学校に戻ってマサとケンにも報告をしたいよ」

橘「うん?薫と田中さんもお見舞いに来てくれたんだ。あぁ」

橘「」

39:2014/01/26(日) 18:39:10.48 ID:
数日後


高橋「橘君、信じ難いことなんだけど……今の話、本当なの?」

橘「はい、本当です」

高橋「橘君……。絢辻さんのためとは言え、本当にさっきの話を次の職員会議でもう1度言えるの……?」

橘「はい、もちろんです!先生方の中にも共感してくれる人がいると思って」

高橋「そう……。きっと、先生たち笑っちゃって会議にならないわね。あなた、その作り話も全部計算かしら?例え嘘でもそんなことを真面目に言われちゃったら、大人たちはあなたと絢辻さんにお咎めなんかできないわね」

橘「え?」


高橋「え?」

41:2014/01/26(日) 18:42:41.48 ID:
数ヶ月後


橘「絢辻さん」

絢辻「橘君……」

橘「絢辻さん、推薦で大学決まったって聞いたよ。おめでとう!」

絢辻「ありがとう、あなたのお陰でもあるのよ。本当にありがとう」

橘「僕は何もしてないよ。さて、僕もそろそろ勉強しないとな。絢辻さんの大学に合格するのはなかなか大変そうだよ……ははははっ」

絢辻「ヘラヘラ笑ってるんじゃないわよ」

橘「う……ごめん」

絢辻「……そうね。少しだけならあなたの勉強、手伝ってあげてもいいわよ」

44:2014/01/26(日) 18:49:04.19 ID:
橘「絢辻さんが勉強を教えてくれるなんて夢みたいだよ!でも、絢辻さんは資格の勉強で忙しそうだけどいいの?」

絢辻「人に勉強を教えていると自分の復習にもなるの。全て自分のプラスになるよう仕向けてあるのよ」

橘「じゃあ、推薦辞退しそうになったのは何かがプラスになるよう仕向けてあったの?」

絢辻「……」

橘「……」

橘「……ははははっ。冗談だよ」

絢辻「ヘラヘラ笑ってるんじゃないわよ」

橘「ごめん」

45:2014/01/26(日) 18:51:32.60 ID:
絢辻「謝ったって許さない、傷ついた。すごい傷ついた。とっても傷ついた」

絢辻「この熱~いお茶、あなたに引っ掛けてやろうかしら」

橘「ははははっ、ご勘弁を」

絢辻「ふふ。……あ」


ツルッ……ビチャビチャビチャ






梅原「絢辻さんが大将に熱湯をぶっかけた!?」




人気記事