1:2014/03/21(金) 16:16:40.24 ID:

ありす 「…」

美羽 (えっ…今ありすちゃんボケた、ボケたよね?)

美羽 「ねぇ、ありすちゃん」

ありす 「なんですか?」

美羽 「今ダジャレ言ったよね?」

ありす 「はい?」

美羽 「だって、『あ、リス』って」

ありす 「美羽さん」

美羽 「ダジャレじゃなかった…?」

ありす 「頭大丈夫ですか?」

美羽 「馬鹿にしてるのかな?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1395386200
2:2014/03/21(金) 16:19:37.01 ID:

アイドルマスターシンデレラガールズの矢口美羽と橘ありすでSSです。
くだらないです。
短いです。
のんびりやっていきます。



3:2014/03/21(金) 16:23:32.07 ID:

ありす 「今やってたゲームでリスのキャラが出てきたので」

美羽 「そっか…恥ずかしいな一人で笑っちゃったりして」

ありす 「どこが面白かったんですか?」

美羽 「いやだってありすちゃんが急に『あ、リス』なんて言うから」

ありす 「どこが面白かったんですか?」

美羽 「うぅ…そんな冷たい目で見ないでよ…」



5:2014/03/21(金) 16:26:14.62 ID:

ありす 「美羽さんはくだらないダジャレに弱いんですね」

美羽 「弱いっていうか…私、皆と比べて個性が薄いから、」

ありす 「そんなことないですよ」

美羽 「ううん、自分だけの特徴がほしいなって思って…お笑い路線でやっていこうかなって」

ありす 「スベリ路線かと思ってましたが」

美羽 「うっ…でね、ダジャレばっかり考えてたら、何だか笑いの沸点が低くなっちゃって」

ありす「それをダジャレに弱いって言うんじゃないですか?」

美羽「今日のありすちゃんなんでこんなに辛口なの!?」




6:2014/03/21(金) 16:29:55.60 ID:

ありす 「いえ、私も最近気を抜きすぎていたようなので、イメージチェンジです」

美羽 「そうなんだー」

ありす 「はい。以前の、知的で聡明なキャラクターの方がアイドルとして個性も出ると思いますし」

美羽 「個性かぁ…いいね、知的なキャラてかっこいい!」

ありす 「はい。私にぴったりかと」

美羽 「あ、でもそしたら私達…ボケとツッコミでお笑いコンビみたいかも!」

ありす 「えぇ…?」

美羽 「ありすちゃん…」

ありす 「勘弁して下さいよ…」

美羽 「小声で否定するのは本当にへこむからやめよ?」



7:2014/03/21(金) 16:34:11.71 ID:

ありす 「そんなに私とコンビを組みたいなら」

美羽 「あっ…いやそんなに組みたいわけでもないんだけどね…?」

ありす 「何かボケてみてくださいよ」

美羽 「ほら来た無茶ぶりすぎるよありすちゃん!」

ありす 「『橘ありす』でダジャレを言ってみてください」

美羽 「えっえとたちばな…たちばなあ…ありす…」

ありす 「十秒以内に」

美羽 「ありすちゃぁん!」

ありす 「…8,7,」

美羽 「えっとえと…あ、あれは何かな?アリっす!なんて…」

ありす 「解説を」

美羽 「うぅ…」



8:2014/03/21(金) 16:37:03.72 ID:

ありす 「『たちばなありす』と『何かなアリっす』がかかっている、と」

美羽 「即興で考えたにしては上手くできてないかな?」

ありす 「そうですね。悪くないんじゃないでしょうか」

美羽 「ありすちゃん…」

ありす 「プロデューサーさんとの会話に困ったときにでも使おうかと思います」

美羽 「ありすちゃん!」

ありす 「美羽さんのおかげで事務所は大爆笑です」

美羽 「何で私弱み握られたみたいになってるの!?」

ありす 「さすがはエンターティナーみうさぎ先輩ですね」

美羽 「うぅ…今日のありすちゃん本当に冷たい…」




9:2014/03/21(金) 16:40:28.95 ID:

P 「ただいまーっす」

ありす 「おかえりなさい、プロデューサーさん」

美羽 「…おかえりなさい…」

P 「えっなんか美羽元気無くない?ありすに何かされた?」

ありす 「何もしてませんよ。美羽さんが勝手に自爆しただけです」

P 「なんだ美羽お決まりの自爆か」

美羽 「私そんな危険物じゃないです!ただちょっとスベっちゃっただけですよ!」

P 「またダジャレっすかみうさぎ先輩」

美羽 「プロデューサーさんまでみうさぎ先輩って呼ぶ…」




11:2014/03/21(金) 16:43:32.68 ID:

ありす 「落ち込まないでくださいよ美羽さん」

美羽 「ありすちゃん…」

ありす 「まぁ結構ウケてましたよ」

美羽 「ありすちゃんニコリともしなかったよね?」

P 「まぁまぁ美羽、お笑い路線がお前の個性なんだろ?きっと皆こう言うよ…」

美羽 「プロデューサーさん…」

P 「ダジャレを言うのは誰じゃ!ってな!」

ありす 「は?」

美羽 「プロデューサーさん頭大丈夫ですか?」

P 「馬鹿にしてんのか?」




12:2014/03/21(金) 16:47:28.63 ID:

ありす 「稀代のエンターティナーが二人に増えましたね」

P 「もしかして俺美羽と同列扱いですかい?」

美羽 「そうだよ、さすがにプロデューサーさんよりは私のほうがセンスあるよ」

ありす 「…プロデューサーさん、『橘ありす』でダジャレ言ってみてください」

P 「ええっ、ちょっといきなりっすか」

ありす 「十秒以内に」

P 「わかったわかったやるから」

美羽 「ちょっと…やめてくださいよ…?」

P 「ええっとたちばな…ありす…あっあれは何かなぁ?アリっす!なんて…」

美羽 「プロデューサーさぁん!!」

ありす 「同列ですね」



13:2014/03/21(金) 16:50:23.91 ID:


ありす 「ちなみに先ほどみうさぎ先輩も全く同じボケをかましました」

P 「うおおお!?嘘だろ!?」

美羽 「こっちが『嘘だろ!?』ですよプロデューサーさぁん!」

ありす 「二人のスベりセンスは同程度ということですね」

美羽 「スベリセンス!?『ギャグセンス』じゃなくて『スベりセンス』!?」

ありす 「いいんじゃないですか?二人でユニットでも組めば」

P 「プロデューサー自らユニットを結成して活動!?」

ありす 「業界に笑いと涙と同情と哀れみが吹き荒れますよ、プロデューサー先輩」

P 「うぅ…なんだか急に自分のトークスキルが頼りなく思えてきた…」




14:2014/03/21(金) 16:53:34.44 ID:

美羽 「…よく考えてみたらずるい!」

P 「どうした同列」

美羽 「ちょっと仲間扱いしないでください」

P 「ごめん…」

美羽 「ありすちゃんも何かボケなよ」

P 「おー、そうだそうだ」

美羽 「スベリセンスを測ろうよ」

ありす 「私はいいんですよ」

美羽 「どうして?」

ありす 「小学生ですから」

P 「うっわこの嫌な流れになると『私子供ですから』で乗り切るやつだよ」

美羽 「ありすちゃんずるーい!」

ありす 「知的と言ってください」




15:2014/03/21(金) 16:57:10.39 ID:

美羽 「はぁ…私お笑い路線なんて向いてないのかなぁ…」

P 「まぁまぁそう気を落とすなよ。美羽ほど向いてる子もいないよ」

ありす 「そうですよ。まさに適任って感じです」

美羽 「それ本当に褒めてますかぁ…?」

P 「まぁでも…ダジャレキャラだけじゃきついかも知れないけどな」

ありす 「そうですね。落語家並みのセンスがあるならともかく」

美羽 「キャラ、かぁ…」

ありす 「大抵のピン芸人は強烈なキャラか一発芸を持っていますし」

美羽 「私アイドルだけどね?」

P 「何か一芸あればなぁ…」

ありす 「何か無いんですか?」

美羽 「うぅ…」




16:2014/03/21(金) 17:00:01.61 ID:

P 「何かモノマネとかできたりしない?」

美羽 「いやぁ…できないですね…」

ありす 「じゃあ幸子さんのモノマネを」

美羽 「今できないって言ったよね!?」

P 「大丈夫だよ幸子のモノマネはあまりに簡単すぎる事で有名だよ」

美羽 「初めて聞きましたけどね?」

ありす 「今更スベっても何も変わりませんよ」

美羽 「うぅ…『フフーン!ボクが一番可愛いのは当然ですけどね!ボク可愛い!』」

ありす 「…まぁ結構似てましたけど」

P 「特に面白くはないな」

美羽 「これ幸子ちゃんに怒られるよ…」




17:2014/03/21(金) 17:03:53.69 ID:

P 「うーん、モノマネキャラは違うなぁ」

ありす 「今更モノマネを始めてもコ○ッケさんや友○近さんに勝てませんしね」

美羽 「何でタレントさんと比較するの!?私アイドルだよ!?」

P 「何がいいかねぇ」

ありす 「関西弁とかどうですか?」

美羽 「なんでやねん!」

P 「違うなぁ」

ありす 「妹キャラ」

美羽 「お、お兄ちゃん…」

P 「違う」

美羽 「ひどい!」



19:2014/03/21(金) 17:07:21.07 ID:

ありす 「こうなったらもうありったけのキャラを詰め込みましょう」

P 「そうだな、それがいいそうしよう」

美羽 「何だか私で遊んでませんか…?」

ありす 「タブレットで人気のキャラを検索しました。『ツンデレ、クール、従順、腹黒…』」

美羽 「ちょっとそんなには無理だよ!っていうか従順と腹黒が既に矛盾してるよ!」

P 「不器用だったりボクっ娘だったりもしよう」

ありす 「そうですね、後は近年流行りの魔法少女要素なんかも取り入れるといいのでは」

美羽 「魔法少女キャラって何すればいいの…?」

P 「それなら衣装部屋に魔法少女系のコスチュームがあったはずだ」

美羽 「なんでそんなもの保管してあるんですか!」

P 「菜々さんとかが着るかなと思って」




20:2014/03/21(金) 17:10:44.95 ID:



美羽 「き、着替えましたよ…」

ありす 「決め台詞は打ち合わせした通りですよ」

美羽 「本当にやるんですかぁ…?」

P 「大丈夫だって、美羽。オーディションの会場を想像してみろよ」

美羽 「プロデューサーさん…」

P 「たくさんの審査員に見られてる中で実力を発揮するには、恥ずかしさに慣れておくことが必要なんだ」

美羽 「た、確かに…そうかも…」

P 「ああ、そうさ」

美羽 「いや、待てよ…?本当にそうかな…?」




21:2014/03/21(金) 17:12:48.93 ID:

ありす 「やりましょう美羽さん。個性を獲得するチャンスです」

美羽 「個性…そうだよね、私にも強烈なキャラが必要だよね…」

P 「今こそ羽ばたく時だ、美羽!」

美羽 「ふぅ…よし!」

美羽 「…きゃるるるん!ツンデレキュートな魔法少女みぅみぅ参上だよぉ!ちょっぴりクールなうさぎさんぱわーで、あなたの心をきゅんきゅんさせちゃうっ!らぶりぃパッションぴょーんぴょん!」

P 「…」

ありす 「…」

美羽 「…」

P 「…さぁって、仕事しよ-っと…はは…」

ありす 「…私もレッスンの用意を…」

美羽 「二人とも何かコメントしてよー!!」




22:2014/03/21(金) 17:16:48.68 ID:




美羽 「うぅ…今日は何だか散々だったよ…」

ありす 「あの、美羽さん。お疲れ様です」

美羽 「ありすちゃん…今日のことは忘れてね…」

ありす 「…いえ、忘れません」

美羽 「ありすちゃぁん…」

ありす 「恥ずかしいことでは無いと思うからです」

美羽 「えっ…?」

ありす 「美羽さんはいつでも自分に対して真剣で、一生懸命です。美羽さんの、常に努力を忘れない姿勢は…本当に尊敬しています」

美羽 「ありすちゃん…ありがとう…」

ありす 「それから、私も今日は悪ふざけが過ぎましたので…すみませんでした。」

美羽 「そんな…!謝ったりしなくていいよ!私も何だか楽しかったし!」




23:2014/03/21(金) 17:19:12.94 ID:

ありす 「え、楽しかったんですか?」

美羽 「いや楽しかったっていうか…私、自分がどんなキャラ目指してるのかはっきりしないけど、それを相談できる人達がいて…嬉しいなって思うから」

ありす 「美羽さん…」

美羽 「えへへ…何か恥ずかしいな。ありすちゃん、これからも皆でトップ目指してがんばろうね!」

ありす 「はい…。私達は仲間、ですもんね。皆で頑張りましょう…目指す道は違えど。ですね」

美羽 「え?」

ありす 「美羽さんがトップの芸人になって冠番組でも持ったら、事務所の皆も呼んでくださいね」

美羽 「だから、私は芸人さんじゃなくてアイドルだってばー!」



ありす「あ、リス」美羽「ふっw」おわり




25:2014/03/21(金) 17:21:07.13 ID:

おわりです。
ありすをいじろうとして書き始めたらありすが美羽をいじってました。
シャワー浴びてる時にありす「あ、リス」という天啓がティンと来てしまったので。
美羽もありすも再登場が楽しみです。

特に関係のないモバマス茄子作品
モバP「アイドルに、恋をした。」

読んでくれてありがとうございました~


人気記事