1:2014/04/23(水) 00:14:17.86 ID:

P「どうしてこうなった」

あずさ「あらあら…」オドオド

P「律子、どういう事だ」

律子「私に聞かれても…小鳥さん、何か分かりますか?」

小鳥「昨日、一緒にのみに行って…その後、別れたまでは覚えてるんですけど」

あずさ「?」キョトン

P「!」ズキューン

小鳥「プロデューサーさん?」

P「さー、あずささん…あずさちゃん、お兄さんと一緒に今日は遊園地にでも行こうか」

律子「待たんかい犯罪者」

P「何で?!元々綺麗でお茶目、美人で優しいあずささんが、キュートでプリティーになったんだぞ!」

律子「確かに…じゃなくて!」

あずさ「ケンカはいけません、めっ!ですよ!」

P・律「「ごめんなさい」」

P「しかし…」

あずさ「?」コタプーン

P「…」

千早「…」ストーン


2:2014/04/23(水) 00:17:01.65 ID:



亜美「ねー、りっちゃーん、あれなにー」

律子「性犯罪者予備軍のなれの果てよ、見ちゃ駄目」

P「」

真美「でも、あずさお姉ちゃん、小学校?これで?」

亜美「亜美達のデビューしたときよりも…」

真美「千早お姉ちゃんが、さっきから、無言でにーちゃん睨み付けてるよ」

亜美「怖い」

あずさ「ちはやちゃん!いじめちゃだめよ!」

千早「…あずささん」

あずさ「ぷろでゅーさーさんちはやちゃんのこと、いつもしんぱいしてるわ。ふざけてるようで、ちゃんとちはやちゃんのことみてるんだから」


3:2014/04/23(水) 00:18:29.61 ID:
千早「」ガバッ

あずさ「きゃっ」

千早「では、私とあずささんはこれで…うふっ、うふふふふっ、あずささん、一緒にお銭湯に」

亜美「うあうあー!千早おねーちゃんが壊れてる!」

真美「駄目だよー!なんか犯罪っぽいよー!」

千早「何故?美人でお茶目で綺麗で優しいあずささんがキュートでプリティーでコタプーンに」

亜美「そういう問題じゃないっぽいよ」

P「いや、そういう問題だ」

律子「出たな、ロリコン」

P「俺は千早みたいに露骨なタッチはしないぞ、YESロリコン、NOタッチ」

あずさ「…ぷろでゅーさーさんは、亜美ちゃんや真美ちゃんが良いんですね」

P「え」


4:2014/04/23(水) 00:20:13.44 ID:

あずさ「わたしみたいなおばさんにはきょうみないんですね…グスンッ」

P「…あずささん、俺は…あなたのやさしくって、包み込むような性格が大好きです」

あずさ「…ぷろでゅーさーさん」

P「と言う訳で律子、俺とあずささんは帰るから、後よろし」

律子「待てやコラ」



P「と、とにかく、あずささんの今日の日程は、全部後ろにずらしてもらったから…」タンコブー

律子「小町の収録も、今日は無いので」

P「律子は、今日は確か」

律子「はい、明後日の収録の準備で、私は京都に前乗り…」

P「じゃあ、あずさちゃんは俺と一緒に居ようか」

律子「いや、それは」

あずさ「はーい」

5:2014/04/23(水) 00:21:25.89 ID:
律子「あずささん!?」

あずさ「…だめ?」ウルッ

律子(アカン、断れない)


律子「分かりました…プロデューサー、もしあずささんに変な事したら承知しませんよ」

P「オッケー☆」

律子「あ?」

P「畏まりまして御座います、律子様」

律子「あずささんも、この馬鹿デューサーが何か仕出かしそうになったら」

あずさ「だいじょうぶですよ~」




6:2014/04/23(水) 00:21:53.15 ID:


律子「…はぁ、じゃあ、行ってきますんで…あずささん、明後日には戻ってる…筈ですけど、伊織の所の新堂さんが迎えに来てくれるそうですから」

あずさ「はーい、いってらっしゃいりつこさん」

律子「…ねえ、あずささん、ちょっと内緒でお願いが」コソコソ

あずさ「…え?…わかりました」

律子「…」ドキドキ

あずさ「いってらっしゃーい、りつこおねえちゃん!」

律子「!」ズキューンッ

P「…おお、律子からオーラが」

律子「ではプロデューサー殿!行ってまいります!」

P「いってらー」

7:2014/04/23(水) 00:22:24.39 ID:
亜美「ねーねーあずさお姉ちゃん…?あずさちゃん!」

あずさ「はーい!」

真美「あずさちゃんこれ来て見てYO!」

あずさ「カワイイ!」

亜美「うん!あずさお姉ちゃんって、いっつもオトナっぽい衣装が多いしってこれ昔の亜美の衣装!」

真美「にーちゃんのロッカーにあった」

P「ちょっ!おま…」

亜美「…」

P「止めて!そんな目で見ないで!ちょっと待っておれにも弁解させて、だってお前達の活動の記録だよ?サイズが合わなくなった、もう着ないからで処分するのは…俺とお前達の記憶を捨てるようなものじゃないか」

亜美「…にーちゃん」

真美「…ごめんね」

P「分かってくれればいいんだ…」



8:2014/04/23(水) 00:22:54.00 ID:

貴音「…何ですかこの可愛らしい生き物は」

あずさ「?」キョトン

貴音「…」ガシッ

P「ちょっと待て貴音」

貴音「何故です、あずさが小さくなってぷりてぃで愛らしくなっているのですよ」

P「分かるけど取り敢えずさらうのはやめろ」

貴音「…」

あずさ「あらー」



9:2014/04/23(水) 00:23:19.44 ID:

P「…さて…」

あずさ「~♪」ニコニコ

P「とりあえず、今日は千早のCD収録に行こうか」

あずさ「はーい」



P「ええ、はい、親戚の子で…あははは、まさか、子供だなんて、嫁も居ないのに、あはははは」

あずさ「~♪」ニコニコ

P「え?俺に似てる、いやー、そんなわけないじゃないですかー、照れるなー」

あずさ「おにーちゃん、おしごとちゅうですよ」

P「え、うん、そうだな!」


10:2014/04/23(水) 00:23:51.16 ID:

千早「…なんだか楽しそう」

D「千早さん、どうかしたの?」

千早「いえ、行きます」



あずさ「ちはやちゃーん、がんばってー」ヒラヒラ



千早「あおぃぃぃぃとりぃぃぃぃぃっもしっしあわっせぇぇぇぇぇぇ!」


P「今日の千早は、何だか気合入ってるなぁ…にしても」

あずさ「ちかく~にかんじて~♪」

P(何故あずささんは、ナチュラルに俺の膝の上に居るんだろう。そして小さくなっても歌うまいなぁ…)


11:2014/04/23(水) 00:24:34.00 ID:

あずさ「どうしたんですか?ぷろでゅーさーさん」

P「いえ…」

あずさ「…わたしがひざのうえにすわるの、いやですか?」

P「いえ、とんでもないです、可愛いなぁと思って…」ナデナデ

あずさ「♪」


D「おつかれさまー、千早ちゃん、何か今日の歌、繊細な中にも力強さがあって、いい感じだったね」

千早「ありがとうございます!」

P「終わったか-」

千早「はい」

あずさ「ちはやちゃん、おつかれさま~」

千早「え、ええ、ありがとうございます、あずささ…あずさちゃん」

あずさ「♪」ニコニコ

千早「…プロデューサー、あなたがやよいや亜美や真美を撫でくり回すのが好きな理由、分かった気がします」

P「そうか」

千・P「「カワイイは正義」」

あずさ「?」

12:2014/04/23(水) 00:28:22.10 ID:

小鳥「ピヨピヨピヨ…あずささんに飲ませた『ヨウジョニナール』効果抜群の様ね…ピヨヨッ、これをあの子やあの子に飲ませれば、ぐへへへへへへ」

P「やっぱりアンタか犯人は」

小鳥「ピヨッ!何時の間に!」

P「あずささんにこんなことして、どうなるか分かってるんだろうなこのヒヨコめ」

小鳥「おっ、御命だけはお助けを」

P「とりあえず、元に戻せるんだろうな」

小鳥「勿論に御座います、これを…」

P「…はい、あずささん」

あずさ「はい…」ゴクッ


13:2014/04/23(水) 00:29:27.68 ID:

P「おお、戻った」

あずさ「あ、あら///」」

P「あっ、あずささん、服!服!」

あずさ「あ、あらあら~!」

小鳥「…」

P「さぁて…どうしてやりやしょうかねぇ」

律子「そうですねぇ」

小鳥「お、お手柔かに…!」

P「そうだなぁ…良い事思いついた♪」

小鳥「え」

14:2014/04/23(水) 00:31:25.69 ID:

小鳥「なななななんですかこれ!」

律子「小鳥さんのロッカーにあったので」

P「チャイルドスモッグですか…ほぅ」

小鳥「みみみみ見ないで下さい!」

P「の割には大人サイズですよね、コレ、どうするつもりだったんですか?」

小鳥「ううううう…!」

律子「罰として、今週一週間はその格好ですからね」

小鳥「そんなぁ!」


あずさ「…うふふっ」

千早「どうかしたんですか?」

あずさ「たまには小さくなってみるのも良いなあ、なんて」

千早「あずささん!」

あずさ「なんてね、冗談よ~…今度は、千早ちゃんが小さくなってみる?」

千早「わ、私は別に」

あずさ「千早ちゃーん」ガバッ

千早「~!」


小鳥「うぇえええええん!」

律子「ほらキリキリ働け―」



15:2014/04/23(水) 00:37:42.15 ID:
ちっさなあずささんを膝の上に載せて頭をなでなでしていたい。

人気記事