1:2014/05/08(木) 20:05:47.87 ID:
伊介「んー、ネイルが剥げて来ちゃった。塗り直さなきゃ♪」

春紀「伊介様、次どんなのにすんの?」

伊介「……そうねぇ…」チラッ

春紀「?」

伊介「…赤とか♪」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1399547147
2:2014/05/08(木) 20:06:44.35 ID:
伊介「そろそろお風呂行こうかな♪」チラッ

春紀「~♪~♪(この曲いいなぁ)」

伊介「……お風呂行こうかな!」チラッチラッ

春紀「~♪~♪…おう!行ってらっしゃい!…~♪」

伊介「」


伊介「……」ズリズリ

春紀「あだだだ引きずらないでよ伊介様…そもそも一緒に行きたかったならそう言えっての……」


3:2014/05/08(木) 20:07:31.25 ID:
ちゃぷん

春紀「はぁーっ気持ちいい」

伊介「いいお湯ねぇ♪伊介お風呂大好き♪」

春紀「今度二人で温泉旅行行こうぜー」

伊介「あんた金ないじゃん♪貧乏じゃん♪」

春紀「何年後になるかねぇ」

伊介「仕方ないから伊介が出してあーげーるー♪貸しだかんね」

春紀「まじか、それは助かるねぇ…」ぶくぶく


4:2014/05/08(木) 20:08:31.07 ID:
晴「あっ、春紀さん!伊介さん!」ガラッ

春紀「おー晴ちゃんに兎角サン」

兎角「ちっ」ギリッ

伊介「あ"?♪」ギロッ

春紀「何があったんだよお前ら」

晴「け、喧嘩しないで…兎角さん…」


5:2014/05/08(木) 20:09:43.31 ID:
晴「ふああ、気持ちいいですね…生き返ります」

伊介「あらあ、胸がついてないとスマートにお湯に浸かれて羨ましいわ♪」

兎角「お前くらい余計なものがついてると色々不便そうだな」

伊介「……」イラッ

兎角「……」イライラ

晴「ちょっと、伊介さんも兎角さんもだめですよぅ…春紀さんも何か言ってくだ…」

春紀「ふぁー、もう上がろう。のぼせちった…」フラッ

晴「すごいマイペースだし……!」

伊介「伊介も上がるー♥︎」


6:2014/05/08(木) 20:10:28.42 ID:
春紀「伊介様の髪長いなー。さっきからなかなか乾かないよ」

伊介「あなたも充分長いじゃない」

春紀「まぁね。でも直毛で羨ましいなー、それにこんなにサラサラ」

伊介「…春紀だって、ふわふわで女の子らしいわよ」

春紀「そう?」

伊介「そうよ」

春紀「へへっありがとー」


7:2014/05/08(木) 20:11:28.41 ID:
春紀「ていうか伊介様、あまり晴ちゃんを困らせちゃだめだよ」

伊介「…うるさいわね」

春紀「兎角さんとだって」

伊介「あいつが…!!」がたん

春紀「ちょ、座ってよ。うまく乾かせないでしょ」

伊介「……」すとん


8:2014/05/08(木) 20:12:37.73 ID:
伊介「なによ、晴ちゃん晴ちゃんって」

春紀「え?」

伊介「私より晴ちゃんなわけ?」

春紀「そ、それは…」たじっ

伊介「時間切れ。もういいわよ、ムカつく♪」ぷい

春紀「えー、伊介様ぁ」


9:2014/05/08(木) 20:13:37.56 ID:
春紀「ん、髪乾いたよ、伊介様」

伊介「はぁーい、ありがと♥︎」

春紀「そんじゃ部屋…」

伊介「今度はあんたの番♥︎」

春紀「いいのか?乾きにくいぞ」

伊介「いいから黙って座ってろ」


10:2014/05/08(木) 20:14:14.77 ID:
兎角「……」フラフラ

晴「ああっ大丈夫ですか兎角さん!もう、逆上せるなんて…」

伊介「くるくるー♥︎」

春紀「ちょ、あんまあたしの髪で遊ぶなよ伊介様」

伊介「いいじゃん減るもんじゃないし」

兎角「あいつらまだ居たのかよ…」イラッ

晴「はわわわわ…」


11:2014/05/08(木) 20:15:30.25 ID:
兎角「ほら、行くぞ」ぐいっ

晴「へ?ぅわっ」

春紀「おぉー、晴ちゃん!なになに、晴ちゃんも兎角サンに乾かして貰うの?」

晴「えへへ、そうみたい…でも晴はすぐ乾いちゃうかな」

春紀「晴ちゃんの髪も綺麗だなー。何使ってんだ?シャンプー」

晴「えっと晴はいち髪のなめらかスムースだよお」

春紀「へぇーそりゃいいな。いい匂いだし」

晴「えー?春紀さんもいい匂いだよっ」くんくん

春紀「あはっ照れるなー」


兎角「……」ギロッ

伊介「…ふんっ」チッ


12:2014/05/08(木) 20:16:19.54 ID:
春紀「フルーツ牛乳美味しいな」

晴「鳰が飲んでてねー美味しそうだなぁって」

春紀「一口飲む?」

晴「えへへ、じゃあいただきます」


伊介「なによ、春紀の奴でれでれしちゃって…つまんなぁい」

兎角「珍しくお前と意見が合うみたいだ」

伊介「……」チラッ

兎角「……」こくっ

伊兎「…」がしっ


13:2014/05/08(木) 20:16:59.92 ID:
兎角「一ノ瀬、この後ちょっと犬飼と大事な話をするから」

伊介「悪いけど、春紀に部屋入れて貰って♥︎」

晴「は、はあ……?」

春紀「……伊介様、まさか兎角サンを…」

伊介「うっさいわね。あんたに関係ない話よ」

春紀「……っ!」


14:2014/05/08(木) 20:18:18.65 ID:
晴「春紀さん……晴は、大丈夫ですから」

春紀「伊介様!!兎角サンは晴ちゃんの唯一の守護者なんだぞ。馬鹿な真似は…」

伊介「うるさい♥︎伊介に指図すんな♥︎」

春紀「な"っ……」

兎角「安心しろ。そんな真似はしないから。…ただ、大事な話をするだけだから」

晴「……っ」ガクブル

春紀「大丈夫だ、晴ちゃん…」ぎゅっ

晴「…春紀さん」

伊介「」イラッ

兎角「」イライラ


15:2014/05/08(木) 20:19:28.52 ID:
一号室


伊介「あーーーーーームカつく!なによなによ!!いっつもさぁ晴ちゃん晴ちゃんってぇ~~」

兎角「わかる!!!春紀がそんな大事かくっそお!!」

伊介「さっきもさあ、まるで晴ちゃんを守るのは自分だ!みたいな感じでさぁーー」

兎角「最近春晴なるものが出回ってるらしいしな…全くどう考えたって兎晴だろ!!!」

伊介「それね!!私なんか自演して春伊推ししてるからぁ!!」

兎伊「あははははは!!」

兎角「一ノ瀬も一ノ瀬なんだよ!!いつもフラフラしててさあぁー……っぷはぁ!!んめえ!」

伊介「おおーいいのみっぷりぃ!今日はじゃんじゃん呑むわよ!!」


16:2014/05/08(木) 20:20:03.18 ID:
香子「失礼するよ。点呼の時間だ」

伊介「んあーーー?何よぉ」

兎角「」ぐびぐび

香子「……ほう、これは…」

涼「香子ちゃんや、ちょっと」ぐいっ

香子「?」

バタン

伊介「はぁ~~?なんなのあいつぅ~~」

兎角「…っぷはぁ!!うめぇ」


18:2014/05/08(木) 20:21:12.55 ID:

ガチャ

香子「再び失礼する。……東兎角に犬飼伊介、酒を呑むのは勝手だが…」

伊介「何よぅ、文句あんの!?」


香子「寒河江春紀と一ノ瀬晴が、手に何かをつけて体育館の方へ向かう所を見たぞ」


兎角「!!!」ガタッ

伊介「な"…っ嘘つくなよ、お前!」

涼「嘘じゃないぞ。ワシもこの目で見たからのう」

香子「お前らは…それでいいのか」


兎角「…っ晴!!!」ダッ

伊介「いいわけ、ないでしょ……っ」ダッ


19:2014/05/08(木) 20:22:14.24 ID:
香子「………世話の焼ける奴らだ」

涼「ふふふ、香子ちゃんは優しいのう」

香子「……ふん」



伊介「あだだだだ…走ったら頭が……」

兎角「……おぇっぷ」

伊介「もう、しっかりしなさいよ!!晴ちゃんを守れるのはあんたしか居ないんでしょ!!」

兎角「……そういうお前こそ、これでいいのか」

伊介「………」

兎角「気持ちを伝えられないままで、終わっていいのか!!」ダッ

伊介「…分かってるわよ……うるさいわね!!」ダッ

兎角「…どっちが先に着くか勝負だな」


20:2014/05/08(木) 20:23:48.14 ID:
晴「わぁー春紀さん強い!晴また負けました」

春紀「近くの公民館でよく妹達とやってたからなー。一旦休憩するか?ポッキーどーぞ」

晴「やったぁ、晴ポッキー大好き!」

バーンッ

兎角「晴!!!!大丈夫か!!」

伊介「春紀……っ!!!」


春紀「んー?」ポリポリ

晴「あ、兎角さん達もやります?卓球」

兎角「………は?卓球?」

春紀「結構いい運動になるんだよなコレ…って酒くさぁ!?何やってたんだよお前ら………」

伊介「………な"……な…」へたん



涼「まぁ本当のことを言ったまでだしのう…」

香子「リストバンドをつけて、卓球をしに体育館へ行った。ちょっとぼかしたものの、嘘は言ってないぞ」


21:2014/05/08(木) 20:25:06.83 ID:



春紀『はぁーぁ、あの二人何話してんだろーなーったく…』

晴『晴は、二人を信じていますよ』

春紀『ははっいい子だなー晴ちゃんは』ぐりぐり


香子『一ノ瀬、寒河江。珍しいな、二人で歩いているなんて』

晴『こんばんはー』

春紀『今から体育館で卓球やりに行くんだ』

涼『ほう、それでリストバンドをつけているのか』

春紀『…そうだ、お二人さんさぁー…』ごにょごにょ


香子『いいのか、そんなの。盗み聞きみたいじゃないか』

春紀『大丈夫だって。雰囲気だけでも後で教えてくれればいいから。そんじゃ頼むよ』

涼『頼まれちゃったのう』

香子『……』


22:2014/05/08(木) 20:26:07.88 ID:

一号室

香子『ほう……これは』

涼『香子ちゃんや』ぐいっ

香子『どうした、首藤』

涼『これは勝手な予想じゃが…あの二人は晴ちゃんと寒河江の関係に、やきもきしてしまったんではないかのう』

香子『というと?』

涼『素直になれないあの二人に、救いの手を差し伸べてあげてもいいんではないかの』

香子『ふぅん…仕方ない。首藤がそう言うのなら、手助けをしてあげよう』

涼『ふふ、香子ちゃんもあまり素直ではないみたいじゃのう』


23:2014/05/08(木) 20:26:53.71 ID:
春紀「…で、まんまと神長と首藤に引っかかって、泥酔したままここまで走って来た訳か…」

伊介「うぅ…気持ち悪い……」

春紀「伊介様、あたしの背中で吐くなよー」

晴「ごめんね兎角さん、晴力無いからおんぶ出来なくて…肩なら貸すから」

兎角「」フラフラ

晴「ああん、兎角さんてば…そっちは食堂に行っちゃうよ」


24:2014/05/08(木) 20:28:00.21 ID:
春紀「じゃあお二人さん、また明日なー」

兎角「ああ………」

晴「春紀さん、また卓球やろーねー!」


春紀「ほら伊介様、部屋ついたよ」

伊介「んんぅ……」

春紀「全く、成人してないくせにお酒なんか呑んで…ほら、お水」

伊介「んー……」ごくごく

春紀「気分は?」

伊介「サイアク…」

春紀「ははっだろうなー」


25:2014/05/08(木) 20:28:59.50 ID:
春紀「大体察しがつくけどさ、兎角さんと何話してたか」

伊介「………」

春紀「あたしは、伊介様一筋だよ」

伊介「……あっそ」

春紀「うん」

伊介「………伊介もう寝る」

春紀「おう、おやすみ」

伊介「おやすみー」


春紀「ん?伊介様ベッド間違え……ああそっか」

春紀「(一緒に寝たいならそう言えばいいのに)」くすっ

春紀「(仕方ないなぁ、もう…)」

伊介「……♥︎」スヤスヤ


26:2014/05/08(木) 20:29:51.61 ID:
翌日

伊介「………」

兎角「………」

鳰「なんで伊介さんと兎角さん死んでるんッスか。どこか酒臭いし」

晴「あはは……」

春紀「気にすんな」もぐもぐ


28:2014/05/08(木) 20:33:08.14 ID:
伊介「…ねぇ兎角さん」

兎角「なんだ犬飼」

伊介「頭痛い」

兎角「私は気持ち悪い」

伊介「ねぇ兎角さん」

兎角「なんだ犬飼」

伊介「伊介、結局素直になれなかったかも」

兎角「……私もだ」

伊介「だよねぇ」


29:2014/05/08(木) 20:33:43.46 ID:
伊介「…ねぇ兎角さん」

兎角「なんだ犬飼」

伊介「今度、ネイルやってあげようか」

兎角「…そうだな…」

伊介「何色がいい?」

兎角「…」チラッ

晴「?」にこっ

兎角「…赤かな」

伊介「…だよねぇ♪」


終わり


30:2014/05/08(木) 20:35:56.76 ID:
ヘタレな伊介様と兎角さん書きたかったッス
最後伊介様の兎角さん呼びは多少仲良くなったってことで
全員仲良しな黒組と春伊が大好きッス増えて欲しいッス
では


人気記事