1:2014/08/17(日) 20:54:34.61 ID:
(´・_・`)


ー全国大会ー
ー 当日ー
東京駅



2:2014/08/17(日) 20:55:30.43 ID:
東京駅

怜「迷子や…」

怜「お!案内板あるやんけ!これで一安心や」

怜「竜華おらんでも大丈夫やな~」

怜「あそこがこうなってこれでこうでこうやろ、余裕やん」




3:2014/08/17(日) 20:56:09.39 ID:

数時間後…

怜「どこやここ…」

場所・和田倉噴水公園ー

怜「…」

怜「携帯充電ないし…」

怜「暑いし…」

怜(なんか飲むか)

怜(あ、財布忘れてもうた)

怜はベンチに座った

怜(東京もんは冷たいな~)


4:2014/08/17(日) 20:56:54.81 ID:
その頃…

竜華「どないしょ!!!」

泉「落ち着いてください」

セーラ「そうやで!子供ちゃうんやから」

竜華「怜~!!」

舟Q「ちょっと」

セーラ「みんな見とるで」

泉「あれ?原村やん!」

舟Q「ホンマや!」

セーラ「誰か探してるみたいやな~」

竜華「怜~どこや~」



5:2014/08/17(日) 20:57:33.40 ID:

場所・和田倉噴水公園ー

怜(誰かァ~)

??「あ、あのぉ~」

怜「なんや?」

??「良かったらこれ飲みますか?」

冷たいお茶を差し出した。

怜「ええんか??ありがとうな!!!」

??「気にしないでください」

怜(東京もんも良え人おるやんけ)


6:2014/08/17(日) 20:58:16.95 ID:
??「あの~少しお聞きしたいことがあるんですが?」

怜「なんでも聞いてや~」

咲「ここどこなんですか?」

怜「えっ…」



7:2014/08/17(日) 20:59:04.16 ID:
ー東京駅ー

和「咲さん~」

優希「どこ?行ったんだじぇー?」

久「あの子は相変わらずねー」

菫「清澄」

久「!!」

菫「大会前にこんなところで何してるんだ?」

優希「誰だじぇー?」


8:2014/08/17(日) 21:00:04.02 ID:
和「優希、白糸台の部長さんですよ??」

久「全国最強の高校に名前を覚えて貰えるんなんて光栄ねぇ~」

菫「いや、ちょっと気になることがあってな」

久「気になること??」

久「咲の事かしら?」

菫「!?」

和「照さんは!!なんで!?咲さんの事を認めてあげないんですか!?」

菫「どう言うことだ?」

久「そうね~」

久は咲と照の関係を菫に話した



9:2014/08/17(日) 21:01:13.93 ID:
菫「やはり!姉妹か」

久「やはり???本人は否定してるんでしょ???」

菫「あいつの生徒手帳に、宮永咲の写真が挟まってたんだ」

久・和「!?」

菫「原村さん…きっと、あいつが妹を避けてるのは何か理由があると思うんだ…」

和「」

菫「照は…悪い奴じゃない!無愛想で勘違いされやすいが」

菫「2人が仲良くなるように、私も協力するから」

和「はい…」


10:2014/08/17(日) 21:01:50.17 ID:
菫「それにしても…原村さんは宮永咲さんの事を大切なんだね」

和「/////」

久「念のため私の電話番号教えておくゎ」

菫「わかったよ」

久「いつでも電話してねー」

和「ナンパしないで!探しに行きますよ」

久「わ、わかってるわよ」

菫「探しに??」

久「咲が迷子なのよ」

菫「……姉妹だな」

久「まさか?」

菫「照も迷子だ」

優希(渋谷先輩も迷子だじぇ~!)


11:2014/08/17(日) 21:02:34.10 ID:


舟p「白糸台の部長と話してますね」

セーラ「せやなー」

泉「舟p先輩の宮永咲の推測、スバリ的中やったんやないですか??」

竜華「なに喋っとるねんーしっかり探せや!!きっと、今頃…心ぼそい想いしとんねん…」

竜華「トキ…」



12:2014/08/17(日) 21:04:28.18 ID:
ー和田倉噴水公園ー

怜「!?」

咲「どうしたんですか?」

怜「い、いやなんでもないで!」

咲「あ、あのっ!」

怜「ん?」スリスリスリ

咲「その、くすぐったいんですけど///」

怜「ウチはくすぐったくないで?、むしろ気持ちええわ」

咲「うぅ///」

怜は木陰のベンチで、水で冷やしたハンカチを額に乗せて

咲に膝枕してもらってる。



13:2014/08/17(日) 21:04:55.93 ID:
怜「咲ちゃん携帯ないんやろ??」

咲「はい」

怜「この状態が気持ちええから…ゆっくり考えようや」

咲「ゆっくりって、、遅れちゃいますよ」


怜「大丈夫や」

咲「はぁ…」

怜「アカン、昨日、初めての東京にワクワクしてて寝てないから 睡魔が半端ないわ……ちょっと寝かせてもらうで!!」

怜「すぅすぅ……」

咲「あ、あの怜さん……?」

※2人は 自己紹介してます


14:2014/08/17(日) 21:05:40.79 ID:
咲「うわわ、眠りについちゃってるよ。どうしよう……」

怜「スヤスヤ…」


咲(もうちょっとこのままにしてあげたほうがいいよね……)

咲(でも、いくら木陰といってもこのままじゃ…マズイよね?)

咲(コンビニで氷でも買えたらな…ハンカチに包んで、水枕みたいにできるんだけどな…でも怜さんを1人にして置くわけにはいかないし、どうしょ…)

??「…」

咲「あの…」

??「なんですか?」

通りすがりの女の子に訳を説明した



15:2014/08/17(日) 21:06:29.28 ID:
彼女の名前は 新子憧

憧「はい、氷とお釣り」

咲「ありがとうございます」

怜「スヤスヤ…」

憧「2人は姉妹??」

咲「え、えっと…」

憧「?」

怜「姉妹やで」←寝ぼけてます

憧「ヘェ~そうなんだぁ~!!」

咲「怜さん?起きてるんですか?」

怜「スャスャ…」

咲「まだ…寝てる」

憧「てか!この人、園城寺怜じゃん」

咲「知ってるんですか?」


16:2014/08/17(日) 21:08:29.74 ID:
咲「知ってるんですか?」

憧「麻雀やってる人なら、、かなり有名人だょ」

咲「そうなんだぁ~」

怜「咲ちゃんやて 、有名やで!!」

咲「怜さん起きてたんですか??」

怜「せやかて、咲ちゃん氷冷たいわ!普通におきるで!!」

憧「どうも~」

怜「ん、!?」

憧は怜に自己紹介した

憧「てか、咲って清澄なんだぁ」

咲「そうだよぉ~」

その後、
3人はほのぼのと会話した。



17:2014/08/17(日) 21:09:10.32 ID:
怜「あ、うちら迷子なんや!」

咲「そうだったねぇー」

憧「私が案内してあげるわよ」

咲「じゃぁ、行きましょうか?」

怜「咲ちゃん!これ、うちの携帯番号やから…」

怜は紙に書いて渡した。

憧「私の番号も書くから」

咲と怜と憧は携帯番号を交換した。

咲「2人とも携帯買ったら連絡するからねー」

憧「うん!あと、東京にいるうちお買い物とかしょうねぇ~」

怜「ええで!」

咲「憧ちゃん、オシャレそうだから服選んでねー」

憧「任せて!!」


19:2014/08/17(日) 21:10:11.87 ID:
咲「それじゃ、そろそろ行かなきゃ…本格的にマズイ」

憧「そうだねぇ~」

怜「ほな、行こうか」

怜「咲ちゃん~抱っこしてや」

憧「怜は、咲に甘えないのぉ!」

咲「なら、手を繋ぐ?」

怜「繋ぐでぇ~」

咲「私、あまり…友達いないからなんかこう言うの楽しかったよ!2人ともありがとう」

憧・怜「//////////」

3人は仲良く会場に向かった。


20:2014/08/17(日) 21:11:05.53 ID:
3人は仲良く会場に向かった。
…………
………………
……………………………

その仲良さげな3人を見つめる
影があった…


照「園城寺怜…倒すッ!!!」

竜華「宮永咲…倒すッ!!!」

和「園城寺怜…倒すッ!!!」

竜華「あ_!?」



21:2014/08/17(日) 21:12:50.78 ID:
終わり


人気記事