1:2014/08/19(火) 14:04:50.31 ID:
ふと思いついたので
短いです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1408424680
2:2014/08/19(火) 14:05:39.22 ID:

「わぁ!いい天気……うんうん、それじゃぁ……」

「いってきます!」

―――
――



3:2014/08/19(火) 14:06:22.42 ID:
―――くり返す毎日は―――

P「おお、春香、おはよう!今日も頑張ろうな!」

春香「はい!プロデューサーさん!」

P「はは、元気一杯だな!」

春香「はい!」


4:2014/08/19(火) 14:07:01.42 ID:
―――止まること知らないから―――

P「お疲れ様、春香」

春香「プロデューサーさんも、お疲れ様です!」

P「気をつけて帰るんだぞー」

春香「はーい!」


5:2014/08/19(火) 14:07:39.87 ID:
―――悩んだり泣いた時間も―――

春香「……っ、ぅ……っ……」

P「春香……ま、こんな時もあるさ」

春香「はぃ……すみません……っ……」

P「はは……ほら、そんなに泣くなって」ナデナデ


6:2014/08/19(火) 14:08:40.62 ID:
―――通りすぎてゆく―――

春香「プロデューサーさん……昨日は……」

P「春香、今日も元気一杯でいくぞ!」

春香「!……はいっ」

P「よーし、それじゃ、いくか!」


7:2014/08/19(火) 14:09:19.65 ID:
―――楽しいことだけじゃないけど―――

春香「はぁ……はぁ……」

P「春香!あと少しだ!」

春香「は、はい……!」

P「がんばれ……!」


8:2014/08/19(火) 14:10:06.82 ID:
―――私がんばってるからね―――

P「よし!できたじゃないか春香!やったな!」

春香「えへへ……はぁ……はぁ……プロデューサーさん、私……」

P「おっと……無理するな、春香」

春香「えへへ……やったぁ……」

P「……がんばったな」

―――
――



9:2014/08/19(火) 14:11:01.66 ID:
「……」パカッ

---------------------------------
受信ボックス

=================================
From:プロデューサーさん
Sub:Re:
---------------------------------
―――
――


―――「笑って!」のメール くじけそうなとき いつも読み返すよ―――


10:2014/08/19(火) 14:12:17.63 ID:
---------------------------------
受信ボックス

=================================
From:プロデューサーさん
Sub:Re:
---------------------------------

春香、そっちの調子はどうだ?

―――
――



―――今はときどきね週末の報告 それよりも声が聞きたい、会いたいよ……―――


11:2014/08/19(火) 14:13:12.68 ID:
―――雨の中 急いでる―――

春香「はぁ、やまないなぁ……傘もってくればよかったなぁ……」

  「はぁ……はぁ……」タッタッタッ

春香「あれ?あれって……」


12:2014/08/19(火) 14:13:51.27 ID:
―――君を偶然見かけた―――

P「はぁ……はぁ……」タッタッタッ

春香「プロデューサーさん……」


13:2014/08/19(火) 14:14:39.31 ID:
―――むずかしい顔してたから―――

P「はぁ……くっ……!」キョロキョロ

春香「……」

P「くっそ……!」タッタッタッ


14:2014/08/19(火) 14:15:17.96 ID:
―――声かけられずに―――

春香「あ……」

P「……」パカッ

春香「プロ……」

P「もしもし!はい!……ええ……」タッタッタッ

春香「……」


15:2014/08/19(火) 14:15:59.41 ID:
―――約束なんかしてないけど―――

P「ん?どうしたんだ春香?」

P「はは、なんだそんなことか」

P「いいぞ、いつでも、この事務所においで」


16:2014/08/19(火) 14:16:38.79 ID:
―――明日会いにゆこうかな―――

P「たとえ、春香がアイドルじゃなくなってもな」

―――
――



17:2014/08/19(火) 14:17:38.77 ID:
亜美「はーるるーん!!」

真美「はーるるーん!!」

美希「あふぅ、ねぇ春香?」

やよい「うっうー!春香さーん!」

あずさ「あらあら、春香ちゃん」

響「はいさい!春香!」

真「へへっ!春香!」

雪歩「うぅ、春香ちゃん」

伊織「ちょっと!春香!」

律子「ほら、春香」

千早「春香」

貴音「ふふ、春香」

小鳥「春香ちゃん」

高木「おお、天海くん」

P「いくか、春香」

―――たくさんの出会い 卒業してから もう2年経つのね―――


18:2014/08/19(火) 14:18:19.62 ID:
春香「それじゃ!みんないくよ!」

一同『うん!』

春香「765プロ!ファイトー!!」

一同『おー!!』

P「よし!いってこい!」

―――思い出は薄れないけれど増えない ここに止まっていたら何も変わらない―――


19:2014/08/19(火) 14:19:12.27 ID:
―――突然の着信―――

Prrrrrrrrr

春香「誰からかな?」

Prrrrrrrrr

春香「え?……プロデューサーさん?」

Prrrrrrrrr

春香「は、はい」

P《春香、久しぶりだな》

春香「そ、そうですね!どうかしたんですか?」

P《いや、特に用事ってわけじゃないんだがな……》

春香「……」


20:2014/08/19(火) 14:20:19.90 ID:
―――「昨日見かけたよ!」って―――

春香「私も……私もプロデューサーさん見ました」

P《お、そうだったのか、ごめんな、声かけられなくて》

春香「ふふ……いえ、大丈夫ですよ」

―――これもまた運命だね?勇気をくれた―――

―――
――



21:2014/08/19(火) 14:21:10.18 ID:
P「春香」

春香「何ですか?プロデューサーさん?」

P「いや、俺な……」

春香「……?」

P「春香をプロデュースできて、本当によかったよ、ありがとう」

―――大切な思い出 しまい込んでた 大事にし過ぎてた―――


22:2014/08/19(火) 14:21:58.94 ID:
P「この先も、きっと、春香の未来はどんどん広がっていく」

春香「……」

P「それを近くで見られなくなるのはちょっと残念だが……」

春香「プロデューサーさん……」

P「今までありがとな、春香、これからも俺は、ずっとお前のファン第一号だ!」

―――今日という未来は開き続けるから 新しい出来事きっと待っている―――

―――
――



23:2014/08/19(火) 14:22:50.16 ID:
P《はは、それじゃまたな、春香》

春香「はい!」

ツーツー

春香「ふふ、プロデューサーさん、相変わらず大変そうだなぁ……あ……そうだ」

春香「……」カチカチ

---------------------------------
送信ボックス

=================================
From:天海春香
To:プロデューサーさん
---------------------------------
―――
――


―――「笑って!」のメール 忙しそうな 君にも送るね―――


24:2014/08/19(火) 14:23:32.07 ID:
「ここにくるのもなんだか久しぶりだなぁ」

「ふふ、突然でびっくりしちゃうかな?」

「あ、まだエレベーター壊れてるんだ、ふふ」

―――ほんとに伝えたい事はひとつだけ―――


25:2014/08/19(火) 14:24:11.62 ID:
「や、やっぱり緊張してきちゃった」

「し、深呼吸、深呼吸……よし!」

―――目を見て言いたいから、―――


26:2014/08/19(火) 14:24:50.77 ID:
春香「お久しぶりでーす!」

P「ん?お、おお!春香じゃないか!」

春香「はい!天海春香です!」


27:2014/08/19(火) 14:25:49.16 ID:





―――会いにゆきます―――




おしまい


30:2014/08/19(火) 14:28:23.80 ID:
本当にいい曲だと思います。
アイドルを卒業した春香さん、笑って!のこんな解釈もあっていいんじゃないかなと思って書きました。


32:2014/08/19(火) 14:31:32.25 ID:
いわずもがなですが笑って!を聴きながら読んでいただけると幸いです


33:2014/08/19(火) 14:33:27.90 ID:
以前書いたもの

P「音無小鳥というアイドル」
P「最強の事務員」
モバP「千川ちひろというアシスタント」
P「真夏の夜の淫夢」

よろしかったらこちらも読んでみてください


人気記事