1:2014/06/28(土) 22:05:47.54 ID:
又兵衛「これは驚いた…お主が何故ここにおるのだ」

ロボとーちゃん「えーと…はは、いやまあその」

ロボとーちゃん「…私がひろしだってよく分かりましたね」

又兵衛「そのようなくたびれた髭の持ち主なんぞヒロシ一人しかおらぬわ」

ロボとーちゃん「あー…はは、そうですね」

又兵衛「…しかし、お主がここにおるという事は」













ロボとーちゃん「…まぁ、そういう事ですよ」

又兵衛「…うむ、そうか」



3:2014/06/28(土) 22:20:47.41 ID:
又兵衛「しかし久しぶりじゃのおヒロシよ」

又兵衛「お前たち家族との日々は、今になってもわしの宝物よ」

ロボとーちゃん「あー…大変でしたねぇ」

又兵衛「おかげでここに来てからは酒に困ってはおらぬ、なっはっはっは」

ロボとーちゃん「おっ!って事はもしかして…」

又兵衛「うむ、極楽は良いところじゃ」

又兵衛「毎日びいるが好きなだけ飲むことができるからのお」

ロボとーちゃん「おお~!さっすが天国だぜ!」

又兵衛「どうだ、再会を祝って一杯」

ロボとーちゃん「あ、是非!」

又兵衛「うむ」









又兵衛「では、数千年振りの再会を祝って」 カンッ

ロボとーちゃん「かんぱーい!」 カンッ








4:2014/06/28(土) 22:28:13.43 ID:
又兵衛「っか~!美味い!」

ロボとーちゃん「んぐ、んぐ…くぅ~!このために昨日まで生きてきた!」

又兵衛「おっ、お主上手い事を言いよる!」

ロボとーちゃん「はっはっは!伊達に35歳も生きてきてませんよぉ!」

又兵衛「そうかそうかがっはっはっはっは!」

ロボとーちゃん「あっはははははは!」










又兵衛「…ところでお主、何故尻から酒を入れておるのだ」

ロボとーちゃん「あいやこれはその…色々あったんですよ。色々!」

又兵衛「そうかそうか!生きいれば色んな事があるからなあ!はっはっはっは!」


5:2014/06/28(土) 22:38:00.16 ID:
ロボとーちゃん「いや~でも良かった!」

又兵衛「どうした薮から棒に」

ロボとーちゃん「ははは…俺、こっちの知り合いなんて指折りもいませんから」

ロボとーちゃん「又兵衛さんに会えて本当に良かった」

又兵衛「うむ、そうかそうか」

ロボとーちゃん「はははは」

又兵衛「ふぅ…」

又兵衛「…ところでヒロシよ」

ロボとーちゃん「あ、はい」

又兵衛「確か貴様と俺と出会った時、歳は35だと聞いておったが…」

ロボとーちゃん「……あっ」

又兵衛「…いや、すまん。余計な詮索であったな」

ロボとーちゃん「いえいえ」









ロボとーちゃん「…又兵衛さんの考えてらっしゃる通りです」

又兵衛「…そうか」


6:2014/06/28(土) 22:51:23.40 ID:
ロボとーちゃん「でも、あっけないものですね」

ロボとーちゃん「これから一家の大黒柱として、妻一人と子供二人に犬一匹支えていこうと思っていたのに」

ロボとーちゃん「まさかこんなに早く…はは、逝っちまうなんてなぁ」

又兵衛「…みな、お主と同じ気持ちよ」

又兵衛「ここには恋人を、妻を、家族を置いて死んでしまった者たちで溢れておる」

又兵衛「それが故に未練を残し成仏出来ぬからこそ、こうやって上から世を見守っておるのだ」

ロボとーちゃん「へぇ~。そうだったのか…」












ロボとーちゃん「…じゃあ、又兵衛さんも」

又兵衛「……」




9:2014/06/28(土) 23:02:11.64 ID:
ロボとーちゃん「ん?でも俺がここにいるのに…廉姫さんはもうとっくに」

又兵衛「俺と貴様は、生きていた時代が違う」

又兵衛「故に見える現世もまた別…そういう事で良かろう」

ロボとーちゃん「あ、なるほど…」

又兵衛「……」

ロボとーちゃん「……」

ロボとーちゃん「…後悔、ですかね」

又兵衛「何を申すか。武士として戦で死ぬことができたのだ、後悔なんぞあるわけなかろう」

ロボとーちゃん「あ、そうですか…はは」














ロボとーちゃん「…私でしたら、聞きますよ。又兵衛さんの未練」

又兵衛「…ふっ、言いよるわ」


10:2014/06/28(土) 23:25:05.35 ID:
グビッ


又兵衛「ふぅ…」





又兵衛「…情けないものだ」

又兵衛「一国の姫君とその家来。…そうケジメをつけて仕えておったのに」

又兵衛「男としての情は、何時までも姫様を諦める事はなかった」

又兵衛「それが故に姫様にも辛い思いをさせてしまった…武士として仕える者としての恥よ」

ロボとーちゃん「…そう、ですかね」

又兵衛「なんだ、間違ってると申すか」

ロボとーちゃん「たとえ身分の違いがあっても、又兵衛さんと姫様は男と女じゃないですか」

又兵衛「む…」

ロボとーちゃん「その男としての気持ちがあったからこそ、姫様は又兵衛さんを好きになったんじゃないですかね」

又兵衛「…だが、それは姫様にとって大きな傷を残す事になった」

又兵衛「誰の元にも嫁がぬとは…康綱様はさぞかし悲しんでおるだろうに…」

ロボとーちゃん「あー…それはまあ、はは、そうでしょうね」














ロボとーちゃん「…でも、嬉しいことじゃないですか」

ロボとーちゃん「姫様の心には、いつまでも又兵衛さんがいるんだって事ですよ」

又兵衛「…それが枷となるならば、男として半人前であろう」




11:2014/06/28(土) 23:31:38.43 ID:
ロボとーちゃん「はぁ~でもいいなぁ~」

ロボとーちゃん「愛する妻にそれだけ愛されるだなんて…いやいや、羨ましい!」

又兵衛「だ、誰が妻と申したか!?べ、べつに俺は姫様にとととと嫁いでなどおらぬわ!」

ロボとーちゃん「いやいや、もう結婚したも当然ですよ!はっはっは」

又兵衛「き、貴様からかいおって…!」

ロボとーちゃん「ははは」

又兵衛「全く…態度だけは大きくなったわ」

ロボとーちゃん「でも、羨ましいなあ本当に」













ロボとーちゃん「…愛する人に、ずっと愛してもらえるなんて」

又兵衛「…ぬっ?」


12:2014/06/28(土) 23:42:35.45 ID:
又兵衛「何を言うかヒロシよ」

又兵衛「お主にはみさえがおったであろう」

又兵衛「あのような強い絆で結ばれた男女は他にはおらぬ」









ロボとーちゃん「…はは、そうですね」

ロボとーちゃん「えぇ、居ますよ……今でも、ずっと」

又兵衛「…なんだ、やけに含みのある言い方をするのだな」

ロボとーちゃん「……」

又兵衛「……」










又兵衛「話してみよ」

又兵衛「それがお主のその身体にも何か関係があるのだろう」

ロボとーちゃん「…まあ、そうですね」


14:2014/06/28(土) 23:50:35.27 ID:


・・・・・・・・・・・・・・・・・・



又兵衛「……」

ロボとーちゃん「…まぁ、こんな所ですかね」

又兵衛「ううむ、お主も色々と苦労したのだな」

ロボとーちゃん「ははは。でもこの体、しんのすけには好評だったんですよ」

又兵衛「しんのすけか…懐かしい響きだ」

又兵衛「今頃お主がいなくて寂しい思いをしておるだろう」

又兵衛「まだ齢5歳だと言っておったな…悲しい事よ」










ロボとーちゃん「…いや、しんのすけはいつも通りだと思いますよ」

ロボとーちゃん「家族は、ちゃんと4人と1匹、揃っているからなあ」

又兵衛「…そうか」


15:2014/06/29(日) 00:05:11.00 ID:
ロボとーちゃん「…一時期は、この体を便利だと思いましたよ」

ロボとーちゃん「人間のオレなんかより、数倍も仕事が出来て、家族サービスもこなせる」

ロボとーちゃん「生まれ変わったスーパーとうちゃん!なんてな。ははは」







又兵衛「……」

ロボとーちゃん「でも、この身体が家族を傷つけるハメになりましてね」

ロボとーちゃん「なんとか丸く収まったんですけど…まぁ、私はこの通りです」

ロボとーちゃん「しんのすけの強くて格好良い父親になれた事が、私にとっても誇りだと思いました」












ロボとーちゃん「…でも、俺は愛する夫にはなれなかった」

ロボとーちゃん「みさえに、夫婦としてのぬくもりを与えてやることは出来なかったんですよ」

又兵衛「……」


16:2014/06/29(日) 00:13:22.86 ID:

ロボとーちゃん「…当たり前、ですよね」

ロボとーちゃん「こんな、冷たくて硬い鉄の身体じゃあ、みさえを抱きしめてやる事が出来ない」

ロボとーちゃん「みさえの心の中を、半分も満たしてやる事が出来ない」

ロボとーちゃん「そんな男じゃあ、夫として失格なんですよ」

又兵衛「…ヒロシ」














又兵衛「涙を拭け。 …今のお主は見ていられぬ」

ロボとーちゃん「あれ?おかしいなぁ…俺、スイッチ押さないと…泣けない、のに」

ロボとーちゃん「なんでだ…変だなぁ …はは、は」


18:2014/06/29(日) 00:29:47.00 ID:
又兵衛「…ヒロシよ」

ロボとーちゃん「……」

又兵衛「お前の最期は、寂しいものであったか」

ロボとーちゃん「…いえ」

ロボとーちゃん「…家族全員が、俺の最期を、見届けてくれました」

ロボとーちゃん「しんのすけは、最後まで俺を父親として見ていました」

ロボとーちゃん「カッコよかった、強かったよ、って…みさえも、あなた…って」

ロボとーちゃん「そう、言ってくれてっ…」

又兵衛「…そうか」













又兵衛「…なら、お主は妻に、家族に見捨てられてなどおらぬ」

又兵衛「例えカラクリの身体だとしても、心は家族を愛する漢の鑑だ」

又兵衛「しんのすけも、みさえも、それが分かっておったからこそ…お主の死を見届けたのだのであろう」

又兵衛「お主は偽物などではない…野原家の当主。野原ひろしだ」

ロボとーちゃん「…はい。…っ…っはい!」


19:2014/06/29(日) 00:35:16.80 ID:
ロボとーちゃん「……」

又兵衛「…未練は無くなったか」

ロボとーちゃん「…そう、ですね」

又兵衛「…そうか、良かったのう」

ロボとーちゃん「又兵衛さんのおかげです」

ロボとーちゃん「二度も助けて頂き、ありがとうございました」

又兵衛「それはこっちの申す事だ」

又兵衛「礼を言う。…楽しい時を過ごす事が出来た」

ロボとーちゃん「へへ…それほどでも」




















ロボとーちゃん「じゃあ、お先に失礼しますね」

又兵衛「うむ、達者でな」


20:2014/06/29(日) 00:37:37.21 ID:
又兵衛「……」

又兵衛「また、一人になってしもうたか…」

又兵衛「……」 グビッ












「おい、青空侍。」












又兵衛「…!」

又兵衛「姫…様」


21:2014/06/29(日) 00:42:08.18 ID:
又兵衛「……」

又兵衛「…ふっ、雲を眺めてそのような名を囁くとは」

又兵衛「誠に、難儀な事ですな」


















又兵衛「…姫様」

又兵衛「私の様な芋侍を、心からお慕い頂き」



















「…誠に、光栄でございました。」


22:2014/06/29(日) 00:50:40.92 ID:


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「しんのすけー!バスが来たわよー!」


「ほーい」


「しんのすけー!しんちゃ…ってコラァーっ!」


「何でまだパジャマのままで寝てるのよ!バスが来たってママ言ったでしょう!?」


「んー今日はおしりが二つにわれてるからようちえんお休みしようかと」


「お尻に三つ目の割れ目入れてやろうかアンタァーっ!!いいからさっさと着替えなさい!」


「いやあああああんけだものおおおおおおお!オラたち親子なのにいいいいいいいっ!!」


「ご近所に誤解されるでしょうがああああああああああああ!!!」








みさえ「すみませんすみません…後で送って行きますので…」 ペコペコ

よしなが先生「あはは…ではよろしくお願いしますー」


23:2014/06/29(日) 01:05:23.75 ID:

みさえ「はぁ…!はぁ…!はぁ…!はぁ…!」 キコキコ

しんのすけ「おお~!かあちゃんいつになく漕ぐのが早いゾ~!ダイエット?」

みさえ「やかましいっ!アンタ罰として今日おやつ抜き!」

しんのすけ「えぇ~!?そんなガムたいなぁ~!」

みさえ「それを言うなら御無体なでしょうがっ!!」

しんのすけ「そうともゆう~」










ひまわり「とっと!とっと!」

しんのすけ「…お?どしたのひまわり?」

ひまわり「たいや!たたいのお!ていっ!」

しんのすけ「んもうお空の雲なんか見て嬉しがるなんて子どもだなあ~」

ひまわり「たたたいっ!ぎーっ!たいやっ!」

しんのすけ「うわあ!分かった分かったから!見ればいいんでしょ見ればー!」

ひまわり「たいやっ!」

しんのすけ「んもうひまったらせっかちさんなんだから~」

しんのすけ「…お?」
















しんのすけ「…おおっ!」

しんのすけ「おじさんの旗だ!」

しんのすけ「ロボとーちゃんの顔もあるゾ!」

ひまわり「たいやっ!」

しんのすけ「さっすがひまわり!オラの妹だ~!ほ~らよしよし~」

みさえ「自転車漕いでるのに立つなこのおバカ!三日間おやつ抜き!」

しんのすけ「ひいいいいいいいいいいいいいいいっ!!!!」







~おわり~


24:2014/06/29(日) 01:06:49.57 ID:
ロボとーちゃんがあまりに衝撃的だったから勢いで書いた。反省も後悔もしてない


読んでくれてありがとう


スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1403960747/
人気記事