1:2014/07/24(木) 22:33:09.28 ID:

美羽「……だから、Pさんがそこで的確なツッコミを入れることでですね!」

美羽「って聞いてるんですか! 大事な話ですよ!」

美羽「最近、ますますPさんからの扱いがひどくなりましたよね!」

美羽「私がこんなにもアイドル活動へ熱意を注いでいるのに、すぐに別のことに気をとられて……」

美羽「……あれを見ろ?」

美羽「わああっ、すっごく綺麗な景色じゃないですか!?」

美羽「なんですかここ! 一面がヒマワリですよ、ヒマワリ!」

美羽「ここが以前言ってた、夏休みのお仕事場ですか!?」

美羽「はあ~、すごい場所だなぁ……」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1406208779
2:2014/07/24(木) 22:41:35.57 ID:

美羽「とーちゃくっ、っと!」

美羽「いやあ、バスの中とはまた景色が違いますね~」

美羽「……」

美羽「ところで、ここどこなんでしょう?」

美羽「……」

美羽「あの、Pさん?」

美羽「もしかして降りる所を……間違えた、とか……」

美羽「そ、そんなことないですよねー!」

美羽「だってほら、バスの路線図の駅なんか、片手で数えられますもんね!」

美羽「……」

美羽「な、なんとか言ってくださいよー!?」



3:2014/07/24(木) 22:47:01.44 ID:

美羽「あ、あ、あ、暑い……」

美羽「うう。なんで一駅向こうがこんなに遠いんだろう……」

美羽「見渡す限りヒマワリしかないです……」

美羽「目的地までどのくらいですか?」

美羽「地図があるんですね。どれどれ……」

美羽「あーカスピ海越えていくんですねなるほど……」

美羽「ってこれ世界地図じゃないですかー!」

美羽「笑ってないで教えてくださいよ、もー!」



4:2014/07/24(木) 22:54:54.99 ID:

美羽「暑い……遠い……疲れました……」

美羽「バカンスに来たのに、このままじゃ干からびちゃう……」

美羽「……お?」

美羽「あれは何かのお店じゃないですか!?」

美羽「なんでもいいです、とにかく涼んでいきましょう!」

美羽「ほらほら、Pさん早く!」

美羽「えっ、急に元気が出た? 気のせい! ですよっ☆」




6:2014/07/24(木) 23:02:00.58 ID:

美羽「ふー、影があるだけで生き返りますー」

美羽「ここ、お菓子屋さんなんですねー。いっぱいお菓子が置いてあります!」

美羽「わ、なつかしー。昔よく食べてました、こういうの」

美羽「そうだ、何か飲み物……あ、ラムネ!」

美羽「すみませーん、これ一本くださーい!」

美羽「これもなつかしーですね。ビー玉落とすの、楽しいですよ」

美羽「んくんく……ぷはー☆」

美羽「えへへ、しゅわしゅわしてて、おいしーです!」

美羽「ほら、Pさんもどうぞ!」

美羽「遠慮しなくてもいいですってばぁ、暑いんだから飲んどかないと倒れちゃいます!」

美羽「ささ、一口どーぞ!」



7:2014/07/24(木) 23:15:55.48 ID:

美羽「ほら、ラムネ美味しいですよね?」

美羽「あら、もう飲まないんですか?」

美羽「別に残り飲んじゃってもいいのに……」

美羽「じゃあ残りは私が飲んじゃおっかなー☆」

美羽「……あれ、もしや?」

美羽「これって間接キスなんじゃ……」

美羽「って、そ、そそそんなわけないですよねー!」

美羽「べ、別に同じラムネ飲んだだけですし! チューしてませんし!」

美羽「むしろラムネの方が私たちにチューしてきたんですし!」

美羽「つまり恨むなら、ラムネをうラムネ、みたいなっ!?」

美羽「あははー……」

美羽「……」

美羽「あの、もう一本、飲みませんか……?」



8:2014/07/24(木) 23:23:12.25 ID:

美羽「さーて、喉も潤ったことですし! みんなの下へ急ぎましょう!」

美羽「私が居ないと、みんなが暑さでやられちゃいます!」

美羽「なぜか、って?」

美羽「そりゃあ、私という一輪の花がいるだけで……」

美羽「周りには、笑顔と清涼な風が……」

美羽「……え? 失笑と寒風?」

美羽「失礼な! ほ、ほっ……ほ……」

美羽「……何でしたっけ、物には限度があるっていう、あれ……」

美羽「えーと……あっ!」

美羽「ホットケーキのおかわりも3回までですよ!」

美羽「ふー、思い出せてすっきりしましたっ」

美羽「……え、違う?



9:2014/07/24(木) 23:40:27.74 ID:

美羽「それにしてもPさん、そんな姿で暑くないですか?」

美羽「こんなに暑いのに、よくスーツで平気ですね?」

美羽「わたしなんか、こんな薄着でも暑いのに……」

美羽「はぁ、あつーっ」

美羽「汗かいちゃう……」

美羽「あれ、今わたしのこと見てました?」

美羽「ふふ。そんなに服の中身が気になっちゃいますか」

美羽「Pさんなら特別に見てもいいですよー?」

美羽「だって……」

美羽「わたし……もう……」

美羽「……」

美羽「中に水着、着てますし☆」



11:2014/07/24(木) 23:45:18.45 ID:

比奈「あ、美羽ちゃん……Pさんも一緒っスね」

美羽「お待たせ! わたしが来たからには、もう大丈夫だよ!」

比奈「はい?」

美羽「この矢口、全力でバカンスを楽しみます!」

比奈「暑いのに美羽ちゃんえらくテンション高いっスね……」

美羽「まずは飛び込みから!」

比奈「え、そこ結構高いっスよ……?」

美羽「ノープロブレム! 準備運動はPさんと済ませてきましたから!」

比奈「いえ、そういう問題じゃ……あっ」

美羽「とりゃー!」

比奈「おお、絵になってるっス……あ、でもその体勢は……」

美羽「ぱぶっ!?」

比奈「あー……思いっきり打ち付けたっスよ……」

美羽「はひ……」

比奈「ああ、下流に流れていく……Pさん、追いかけるっスよ!」


12:2014/07/24(木) 23:55:19.52 ID:

裕美「どう? 捕まえられそう?」

莉嘉「もちろん! 魚いっぱいだよー☆」

裕美「うーん、速くて追いかけるのも大変かも……」

莉嘉「そーゆーときは、流れてくるのを待てばいいんだよ!」

裕美「あ、なるほど……」

莉嘉「えへへ……きたきた……えいっ!」

裕美「残念、逃げられちゃったね?」

莉嘉「よーし今度こそ!」

裕美「頑張って!」

莉嘉「うん……お、でっかい! とりゃー☆」

杏「わーやられたー」

莉嘉「見て見てー☆ 杏ちゃん捕まえたー☆」

裕美「うふふ、浮き輪に乗って流れてきたんだ?」

杏「うう、杏はどうなってしまうのか……」

莉嘉「七輪の上で転がるお仕事が待ってるよ☆」

杏「それなら楽そうだしいいよ」

裕美「食べられていいのー!?」

杏「あ、またでっかいのきた」

莉嘉「おお! 大物!」

裕美「美羽ちゃーん!?」



13:2014/07/25(金) 00:09:14.18 ID:

美羽「いやー、危うく海に帰るところでした!」

比奈「鮭っスか……」

裕美「もう、心配したんだから……」

莉嘉「リカも、まさか美羽ちゃんが流れてくるとは思わなかった!」

杏「全力で笑いを取りにいってるよね」

美羽「まあ、あの流れで? 鮭になるのはサケられなかった、みたいな?」

比奈「……」

莉嘉「……」

杏「……」

裕美「い、一旦あがろっか?」

比奈「そ、そうっスね」

莉嘉「きゅ、休憩ー☆」

杏「おー」

美羽「ああ! 待ってぇー! わたしが悪かったからー!」



14:2014/07/25(金) 00:18:46.66 ID:

美羽「ふー、みなさん相変わらず手厳しいですね……」

杏「杏もまさか、避暑地で吹雪に遭うとは思わなかったよ」

美羽「ひどいっ!?」

裕美「ま、まあまあ。せっかく美羽ちゃんとPさんに合流できたんだし……」

莉嘉「そーそー。過去のことは水に流して! 川だけに☆」

比奈「おお。莉嘉ちゃん、うまいっスねー」

莉嘉「にししー☆」

美羽「ま、負けた……」

裕美「とりあえず、美羽ちゃんも一緒に遊ぼう?」

美羽「は、はいっ!」

莉嘉「さんせー☆」

杏「よし。杏もたまには浮き輪から下りて二足歩行しよう」

比奈「そういえば、さっきまでずっと浮かんでたっスね……」



15:2014/07/25(金) 00:26:08.89 ID:

美羽(フフフ……皆は遊ぶのに夢中。アレを使うチャンス……)

莉嘉「いっくよー、それー☆」

裕美「きゃあっ! もう、莉嘉ちゃんたら!」

杏「うあー……日に当たりすぎて水が冷たい……!」

比奈「ふふ、かけ合いなら負けないっスよ」

裕美「あら、じゃあ勝負しちゃおうかな? えいっ!」

比奈「なんのなんのーっ」

杏「杏はひと休みっと……あれ、美羽は?」

莉嘉「あれ? さっきまで隣に……」

杏「また流されてるんじゃ……」

莉嘉「……あ、いた☆」



16:2014/07/25(金) 00:33:44.13 ID:

美羽(水際で戯れる美少女たちに危険な魔の手が……!)

美羽(でーでん……でーでん……)

比奈「……?」

裕美「……?」

美羽(でーでん……でーでん……)

杏(……GO!)

莉嘉(せーのっ☆)

美羽(でっでっでっでっでっでっでっでっ……)

莉嘉「どぉーん!!」

美羽「ほぎゃー!?」

美羽「もーっ! せっかく用意したんだからもっと驚いてよーっ!」

杏「海ならまだしも川だしさ……」

比奈「せめてカッパっスな」



17:2014/07/25(金) 00:43:00.00 ID:

美羽「いいもん、次はカッパでやるからー!」

裕美「あ、次やるんだ?」

莉嘉「にししっ。待ってるよー☆」

杏「まあ、驚くつもりはサラサラないけど……皿だけに」

比奈「……もしかして、意外とダジャレブームだったりするんスかね」

美羽「うわーん! 覚えててくださいよー!」

裕美「美羽ちゃん走ると危ないよー!」

美羽「ど、どうせスベり慣れてますしー!」

裕美「ああ! そういう意味じゃ!」

比奈「転ぶと危ないっス……あっ」

莉嘉「美羽ちゃんあぶなーい!?」



18:2014/07/25(金) 00:50:05.19 ID:

美羽「おっ……お、おお?」

美羽「岩って、こんな感触してましたっけ?」

美羽「っていうか岩がスーツ着てるわけ……Pさん?」

美羽「あはは、ありがとうございます……助かりましたー」

美羽「うええっ? も、もう滑りませんよー!」

美羽「そ、そりゃ、いつもスベってますけど……」

美羽「……支えてくれるんですか? Pさんが?」

美羽「……えへへ。じゃあ、お言葉に甘えてっ☆」

美羽「あ、あれっ? 手を引いてくれるんじゃ……」

美羽「って、わああっ!?」



19:2014/07/25(金) 00:53:02.08 ID:

莉嘉「わー……」

裕美「お姫様抱っこだ……」

比奈「ありゃ、羨ましいっスね」

杏「いいなー。杏もお姫様抱っこで運んでもらいたいー」

裕美「杏ちゃんはいつもしてもらってるような……?」

杏「いやいや。たまにだけ」

莉嘉「いいないいなー! 莉嘉もー☆」

比奈「莉嘉ちゃん落ち着くっス、走るったらダメっスよー!」

裕美「……はう。美羽ちゃんたち見てると、こっちまで熱くなっちゃうね?」

杏「……さーね。杏、あつくてわかんないや」



20:2014/07/25(金) 00:56:52.41 ID:

美羽「あ、あのー。Pさん……ちょっと恥ずかしいような、嬉しいような……」

美羽「みんな見てます……あう」

美羽「……」

美羽「Pさん、えっと……」

美羽「……」

美羽「ううん。やっぱりなんでもないです……」

美羽「あっ、まだ降ろしちゃダメですよ?」

美羽「また降りる駅、ひとつ早いですから!」

美羽「……わたしが降りるのはいつか、ですか?」

美羽「それはもちろん……」


トップアイドルになれたとき、ですよっ





人気記事