1:2014/09/05(金) 21:11:27.77 ID:
P「なー可憐」

可憐「は、はいっ、何ですか?」

P「今休憩中で休憩室には俺らしかいないけどさ」

可憐「そうですね…スー…ハー…」

P「なんで後ろから抱き付いてそんな匂い嗅いでるわけ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1409919077
2:2014/09/05(金) 21:24:41.20 ID:
可憐「そっ、それは…プロデューサーさんの匂いを嗅ぐと落ち着くからですぅ…」

P「そう言ってもらえるのは嬉しいけどさ、アイドルとしてどうなの?」

可憐「うぅ…分かってますけど…もう一回みんなの前でダンスゲームするの緊張してしまって…」

P「そうか。まあメンタル面のケアもプロデューサーの仕事だしな、仕方ないな」


P「よく考えたら仕方なくないな」


9:2014/09/05(金) 22:38:59.62 ID:
可憐「お願いしますぅ…今日…今だけはこのままでいさせてください…スー…ハー…」

P「まあ休憩時間も短いし…今回だけだからな?」

可憐「!! はいっ、ありがとうございます!」

P「それにしても、匂い嗅がれるってなんか恥ずかしいな。本当にいい匂いなのか?」

可憐「いい匂いと言いますか…よく分かりませんが落ち着くんです」


10:2014/09/05(金) 23:18:02.74 ID:
P「そういえば血縁関係ない異性の匂いが不快に思わないと結婚後上手く行くって聞いたことあるな」

可憐「そっ、そうなんですか!?」

P「本当かどうか分からないけど…可憐は高校生でアイドルだし、まだ結婚は考えなくても大丈夫だな」

可憐「でも私地味であまり目立たないし…スーハー…」

P「可憐は大丈夫だろ。料理も上手だしかわいいしで絶対結婚できるよ」

可憐「…でも…私はプロデューサーさんが」ボソッ

P「時に可憐よ」


11:2014/09/05(金) 23:23:19.19 ID:
可憐「は、はい。なんですか?」

P「今のこの状況、不公平だと思わないか?」

可憐「不公平…ですか?スー…」

P「可憐は俺の匂いを落ち着いてるだろ?俺は可憐に抱き付かれてるだろ?」

P「俺にメリットなくね?」

可憐「確かに…私ばかり得してますね」

P「そこで一つ提案があるんだが」


12:2014/09/05(金) 23:28:05.01 ID:
可憐「て、提案ですかぁ…?」

P「まず正面から抱き合います」

可憐「ふぇ!?」

P「そして可憐は俺の匂いを、俺は可憐の匂いを堪能します」

可憐「わ、私の匂いをですか!?」

P「匂いをもらうなら匂いを与える、ギブアンドテイクだ」


13:2014/09/05(金) 23:31:42.02 ID:
可憐「そっ、その、だっだ抱き合いながら匂い嗅ぎ合うなんて…私には恥ずかしすぎて無理ですぅ…。せめてプロデューサーさんだけが嗅ぐなら…」

P「分かってないな、可憐は」

可憐「え?」

P「可憐が嗅ぎながら!可憐を嗅ぎたい!」

P「そうしたい!」

可憐「えっ、えっ、えっ…」


14:2014/09/05(金) 23:38:03.56 ID:
P「そもそも可憐の方からこんな密着してきてるのに今更恥ずかしいもクソもあるか」

可憐「それは…その…」

P「人もいないし…それに部屋に入った時しか可憐の顔見てないからな」

可憐「プロデューサーさん…」

P「可憐、いいか?」

可憐「はいっ。私も、プロデューサーさんの顔を見ながら嗅げばすごく落ち着けそうです!」


15:2014/09/05(金) 23:41:41.60 ID:
P「それじゃあ…」ギュッ

可憐「あぅぅ…」ギュッ

コンコン

P「はいいいいい!!なんでございましょうかぁ!」バッ

可憐「ひゃっ、にゃにもしてないですぅ!」バッ

スタッフ「篠宮可憐さんそろそろお願いしまーす」

P「もっ、もうそんな時間ですかー!いやー時間が経つのって早いなー!」


16:2014/09/05(金) 23:53:38.84 ID:
P「というわけで、頑張ってな可憐。俺も近くで見てるから」

可憐「は、はいっ。プロデューサーさんの匂いをたくさい嗅いだので少しはよくなりました」

P「そっか、ならよかったよ」

可憐「あの…もし私が最高レベルの曲をクリアできてお客さんからも評判が良かったら…」

P「できたら?」

可憐「さっきの続き、してくれませんか…?」

P「…できたら、な。頑張ってこい!」

可憐「はい!…プロデューサーさんにギュッてしてもらえるよう、もっと上手にならなきゃ…」


おわり


17:2014/09/05(金) 23:57:08.49 ID:
オマケ
スタッフ「そういえばさっきお宅の子が来てましたよ。何でも迷ったらしくて」

P「俺のですか?俺に子供なんていませんけど」

スタッフ「それじゃあ親戚の子じゃないですかね。メガネかけてたんですが」

P「メガネ…親戚にメガネかけてる奴なんていたかな…」

スタッフ「確か名字が望月でしたね」

P「ゲームイベント…望月…あ、ウチの子ですね。今どこにいますか?」


おわれ


18:2014/09/05(金) 23:59:34.22 ID:
短めですが読んでいただきありがとうございました

今回の可憐ちゃんは素晴らしいですね。僕のレバースティックがビクンビクンオンステージになりそうでした

因みにオマケで杏奈の名前が出てきたのは今回の覚醒前亜利沙の背景にそれらしいのがいたからです


人気記事