1:2014/09/11(木) 19:48:37 ID:
男「うう……」

女「水は?」

男「…いえ、すこしやすめば……と、とと」

女「やれやれ、仕方ないなあ、はい、これ飲んで」

男「……すみません」
2:2014/09/11(木) 20:11:19 ID:
女「ほら、こうして醒ましな」

男「あ……ぅ…」

女「好きだろう? ひざまくら」

男「…う……はい」

女「ふふ。さ、もうすこし水、飲みなよ」


3:2014/09/11(木) 20:15:37 ID:
男「……ふう」

女「ようし、いい子だ」

男「……ん」

女「ゆっくり休みな」

男「……」

女「ん……」


4:2014/09/11(木) 20:28:14 ID:
男「……」

女「……ふう」

男「……まだ、飲むんですね」

女「あ、すまない。こぼれたかい?」

男「…いえ」


5:2014/09/11(木) 20:39:20 ID:
女「君がつぶれるのはめずらしいね」

男「……そうですか?」

女「うん」

男「…そうかもしれませんね」

女「今日はペースも早かったし」

男「……」


6:2014/09/11(木) 20:42:38 ID:
女「…なにかあったのかい?」

男「……いえ、忘れてしまいました」

女「ふうん……」

男「…僕にもください」

女「これ? だめだめ、まだ君はここで寝てなさい」

男「む……」

女「ふふ」


7:2014/09/11(木) 20:53:09 ID:
男「……」

女「……ん、うまい」

男「……」

女「そんなに恨めしそうに見るなよ。もう飲めないだろ」

男「…水、ください」

女「それがいい」


8:2014/09/11(木) 20:55:25 ID:
男「……」

女「雨だね」

男「ずいぶん強い」

女「うん」

男「……」

女「……静かだねえ」

男「ええ」

女「……」


9:2014/09/11(木) 20:58:06 ID:
男「……今日は、月が見えませんね」

女「そうだろうね」

男「一昨日は…」

女「中秋か。うん、ありゃ綺麗だった」

男「まったく」

女「……」


10:2014/09/11(木) 21:00:38 ID:
男「そのときに、なにか考えたことがあったのですけれど」

女「うん」

男「それが、なんだったか…」

女「ふふ、ボケるにははやいぞ」

男「……」

女「ま、ゆっくり口にすればいいさ」

男「…そうします」


11:2014/09/11(木) 21:10:25 ID:
女「見えなければみえないでさ」

男「……」

女「月を待つのもまたいいもんだよ」

男「はあ」

女「立待、居待、寝待ってね」

男「ずいぶんのんびりしたもんですね」

女「ふふ」


12:2014/09/11(木) 21:14:56 ID:
男「……」

女「月が出なけりゃまた明日」

男「どこかで聞きましたね」

女「今日がだめなら明日にしましょ」

男「…どこまでいっても明日がある、ですか」

女「ガバチョもいいことをいう」

男「古いですよ」

女「なつかしいね」


13:2014/09/11(木) 22:00:13 ID:
女「なにかと忙しいご時世だけど、月くらいのんびり待とうよ」

男「また、の時に思い出せればいいんですけどね」

女「なあに、どうせ大したことじゃあないさ」

男「ふふ、ひどいことをいう」

女「雨だからね」

男「じゃあ仕方ない」

女「そうそう、しかたないしかたない」


14:2014/09/11(木) 22:01:50 ID:
男「……」

女「……」

男「んー…月月に月みる月は多けれど…」

女「月みる月はこの月の月、かい?」

男「ええ」

女「なんだい、やけに月にこだわるね」

男「もう少しで思い出せそうなんですよ」

女「ふうん」


15:2014/09/11(木) 22:12:09 ID:
男「うーん……」

女「……そうだ、この月の月はいつの月か。しってるかい?」

男「八月でしょう? 月が八回でてくるから」

女「ちぇ、なあんだ」

男「あなたが、教えたんでしょうに」

女「言ったかな?」

男「ええ、去年の月見に……あっ…」

女「ん?」

男「思い出しました」


16:2014/09/11(木) 22:14:53 ID:
女「お、なんだい?」

男「いや、大したことじゃありませんでした」

女「なんだよ、気になるなあ」

男「いいんですよ」

女「む」

男「ん?」

女「言わないと、こうだ」


17:2014/09/11(木) 22:19:35 ID:
男「いひゃっ、ひゃ、ひゃめへくらはい」

女「言うか?」

男「いいまひぇん」

女「……くく、変な顔…」

男「…ちょっとっ」

女「あっ……あーあ、せっかく面白い顔だったのに」

男「人の顔で遊ばないでください」


18:2014/09/11(木) 22:21:43 ID:
女「君が言わないのが悪いんだよ」

男「言うほどのことじゃあありませんから」

女「ふうん」

男「……」

女「それじゃ、当ててみようか」

男「へえ」


19:2014/09/11(木) 22:22:47 ID:
女「こうみえて、明智小五郎のファンだからね」

男「それは初耳でした」

女「実はろくに読んだことがない」

男「そりゃますます期待できますね」

女「ふうむ……」

男「……」


20:2014/09/11(木) 22:23:23 ID:
女「まず、君が今日飲み過ぎたのはそのせいだな」

男「む」

女「あたりか」

男「さて、どうでしょうか」

女「まばたきが多い、図星だろう」

男「…かもしれません」


21:2014/09/11(木) 22:24:51 ID:
女「わたしが言うのもなんだけどね」

男「はあ」

女「酒の力をかりて何かをいうのは下策だよ」

男「そうですかね」

女「酔っぱらいの言葉ほど当てにならないものはないもの」

男「あなたがいいますか」

女「わたしが言うんだ、まちがいない、うーいひっく」

男「くくっ」


22:2014/09/11(木) 22:33:24 ID:
女「……ふぅ、だいたい、酒の上の言葉なんて言わないほうがいいんだよ」

男「どういうことです?」

女「言ったら空言になるし、言わなくてもわかるんだよ」

男「はあ」

女「大丈夫だよ、来年もきっとこうして飲んでるさ」

男「……参りました」

女「ふふっ」


23:2014/09/11(木) 22:35:29 ID:
男「しかし、言えといったり言うなといったり…」

女「それは君が思わせぶりにするのが悪い」

男「……」

女「くくっ、まあわたしも大体おんなじようなことを考えていたよ」

男「そうですか」

女「うれしいねえ、くくっ」

男「ええ」


24:2014/09/11(木) 22:43:42 ID:
男「…そろそろ」

女「起きるかい?」

男「はい」

女「もうちょっと寝ててもよかったのに」

男「よっ…と」

女「まだふらけているね」

男「もう、平気です。ありがとうございました」

女「酔っぱらいはみんなそういうのさ」

男「あなたもよく言ってますね」

女「くくっ、ちがいない」


25:2014/09/11(木) 22:46:15 ID:
男「はい」

女「ん? なんだい」

男「ひざまくらですよ。脚、しびれてるでしょう」

女「……やれやれ、お見通しかい」

男「そう、そうして伸ばしてください」

女「痛っ…つつつ…」

男「……突きたくなりますね」

女「かんにんしてくれよ…」


26:2014/09/11(木) 22:47:43 ID:
男「……」

女「…ああ、いい心持ちだね」

男「ええ」

女「……」

男「これ、もらいますよ」

女「あっ」

男「もう十分飲んだでしょう」

女「ま、いいけどさ」

男「……ん、うまい」


27:2014/09/11(木) 22:51:04 ID:
女「……」

男「……」

女「虫の音がするね」

男「雨、やみましたか」

女「うん」

男「……」

女「……」


28:2014/09/11(木) 22:52:37 ID:
男「……」

女「……」

男「……」

女「……静かだねえ」

男「……ええ」

女「……」

男「……」


29:2014/09/11(木) 22:53:21 ID:
めでたしめでたし



人気記事