1:2014/09/26(金) 18:36:49.54 ID:
ラブライブ板に書いたやつ





絵里「はぁ!?…ま、まぁこっちだって穂乃果には…あ、愛想が尽きたし?いい機会かもね」



穂乃果「ううっ……もう、いいよっ!じゃあね」



絵里「ふんっ。せいせいするわ!」




穂乃果「…」ダッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1411724199
2:2014/09/26(金) 18:37:24.35 ID:
穂乃果「ぐすっ…絵里ちゃんの馬鹿ぁ……」




海未「穂乃果…?一体、どうしたのですか?」




穂乃果「海未ちゃん…。ううぅ…」ギュッ




海未「大丈夫ですか?まずは落ち着いてください」ナデナデ




穂乃果「うん…」


3:2014/09/26(金) 18:39:36.60 ID:
・・・



海未「…落ち着きましたか?」



穂乃果「うん…ありがとう。海未ちゃん」



穂乃果「…何があった、って聞かないの?海未ちゃん」



海未「ええ、これ以上辛そうな穂乃果を見たくありませんからね」



穂乃果「ありがとう…やっぱりやさしいね。海未ちゃんは」



海未「そんな事ないですよ」



穂乃果「話、聞いてくれる?」



海未「ええ」



4:2014/09/26(金) 18:40:32.76 ID:
穂乃果「あのね…絵里ちゃんと喧嘩しちゃったんだ」



海未「…え、またですか?」



穂乃果「またって…そんないつも喧嘩してるみたいな言い方……」



海未「ですが…最近はずっと……」



穂乃果「ううん、穂乃果が悪いの。…穂乃果が、わがままだからいけないんだと思う」



海未「そんな訳ないじゃないですか…」



穂乃果「…違くないよ」



海未「じゃあ、聞きますけどあなた達、最近はどこにデートへ行きました?」



穂乃果「近所のファミレス……ここ最近はずっと」


5:2014/09/26(金) 18:41:56.92 ID:
海未「付き合った当初は、穂乃果が、やれどこに行っただとか楽しそうに報告してきたじゃないですか…」



海未「もう、あなたの辛そうな姿を私は見たくありませんっ……」



穂乃果「ううん、穂乃果は大丈夫だよ…?」



海未「ですが…」



穂乃果「んもう、心配症なんだから。海未ちゃんは」



海未「ふぅ…分かりました…。今回は見なかった事にします」



海未「ですが、次このような事があったらちゃんと私に言ってくださいね?」



穂乃果「うん、ありがとね?海未ちゃん」



海未「ええ、私はいつでもあなたの味方ですよ。穂乃果」


6:2014/09/26(金) 18:43:11.16 ID:
・・・・・

・・・




絵里「ったく…これだから穂乃果ってめんどくさいのよね」ハァ










海未「絵里、今時間ありますか…?」




絵里「…海未?いつの間に……。まぁ、あるけど」




海未「では、喫茶店にでも行きませんか?ほら、最近あそこに出来たじゃないですか」




絵里「あのお店の事ね。じゃあ、行きましょうか」




海未「はい」



7:2014/09/26(金) 18:44:41.45 ID:
――― 
――


「いらっしゃいませー」



絵理「海未。コーヒーでいい?」



海未「ええ」



絵里「コーヒー、二つ下さい」




「はい、かしこまりました」









絵里「何、悩みごと?それともコーヒーに砂糖でも入れる?」




海未「じゃあ一つお願いします」




絵里「ん。……ここ、いい店ね」




海未「そうですね……」


8:2014/09/26(金) 18:45:14.66 ID:
絵里「…話でもあるんじゃないの?」



海未「はい」



絵里「で、どんな内容よ」



海未「はっきりいいます。穂乃果をこれ以上苦しめないでください」



絵里「…あなた、いきなり何言ってるの?」



海未「あの時約束しましたよね?穂乃果を絶対に幸せにするって」



絵里「その言い方だと穂乃果が今不幸みたいに聞こえてくるんだけど」



海未「…少なくとも、幸せではないですよ」



絵里「そう……」




このっっ…。まるで人事のような態度っ…。


9:2014/09/26(金) 18:45:57.71 ID:
絵里「で、私にどうしろって?」



海未「別れてください」



絵里「…また、いきなりね」



海未「さっきの絵里の独り言。私は聞こえましたよ」



絵里「ああ…聞いてたの」



海未「聞いてたのって…何ですか!?その態度は!!」



絵里「ちょっと…静かにしてよ」



海未「いいえ、黙りません。もう我慢の限界です」



絵里「ふふ、まさか私が幸せにします!とか言うの?ねぇ?」


11:2014/09/26(金) 18:46:57.80 ID:
海未「このっ…」



絵里「落ち着きなさいって」



海未「な、なんで穂乃果は絵里なんかを……」



絵里「ふふ、それは私が賢くて可愛いからでしょ?」



海未「…いい加減してくださいっ」








絵里「…皆、私の外見しか見てないのよ」



海未「何ですか…いきなり」



絵里「金髪で生徒会長。それでいて美人だから、男女問わず私に声を掛けてくるのなんてしょっちゅうよ」



海未「へぇ、いいじゃないですか」



絵里「……でもね、誰も私の心なんて見てくれなかった」



12:2014/09/26(金) 18:48:31.16 ID:
海未「そ、そんな事ないですよ」




絵里「ええ、穂乃果は違ったわ。もちろんミューズの皆もね?」




海未「じゃあ、何で




絵里「穂乃果が裏切ったのよ!?私は信じてたのに!あの子を心から愛していたわよ」




海未「…お、落ち着いてください」




絵里「はぁ…はぁ……。…ふふ、これじゃさっきと立場が逆ね」




海未「ええ……あ、水をどうぞ」




絵里「ん、ありがとう…」ゴクッ




海未「話してください。絵里の知ってる事を、全部」



絵里「まぁ…いいけど」



13:2014/09/26(金) 18:49:55.77 ID:
絵里「あの日は…そう、穂乃果を下校に誘おうとした所だったわ…」



・・・
・・


絵里(あ、穂乃果…声掛けようっかな♪)



絵里『おーい、ほ







穂乃果『にーこちゃん!』




にこ『何よ?』




穂乃果『今日も家に行っていい?』



にこ『ええぇ…。今日もー?』



穂乃果『おねがーい!』



にこ『…だって、あんた下手なんだもん』



穂乃果『絶対、上手にするから!ね?』



にこ『はぁ…その言葉。覚えておきなさいよ?』



穂乃果『もっちろん!じゃあ、しゅっぱーつ!』ギュッ



にこ『ちょ、抱きつかないでっ』





絵里(え…穂乃果?…嘘でしょ?……にこと何処へ行くの?…ねぇ、穂乃果)



14:2014/09/26(金) 18:50:37.63 ID:
絵里「っていう事があって……ね」






海未「それで、その一件以来、穂乃果との衝突などが増え、デートやスキンシップも取らなくなったという事ですね?」



絵里「ええ…穂乃果も私の体だけが目当てとかのなの?って思っちゃってね…つい」



海未「絵里の言い分は分かりました…」



絵里「うん、話せて楽になったわ。ありがとう、海未」



海未「いえ…別に私は大した事はしてませんよ」



海未「…すいません。用事を思い出したので、これで失礼します」



絵里「え…急にどうしたのよ?」



海未「お金はここに置いておきます…。では、また」







絵里「あっ…行っちゃった……何なの、一体……」



15:2014/09/26(金) 18:51:23.72 ID:
―にこハウスー




海未「私の勘では、多分ここに二人はいますね」



海未「…おや、何か聞こえますね」











「あーっ!あんた何やってんのよ!?」



「はえ?だってここに塩を適量って…」



「馬鹿!適量でスプーンを6杯も入れる馬鹿がどこにいるのよ!?」



「あ!じゃあ、水で薄める?」



「お馬鹿!それじゃ、味が薄まるでしょうが!!!」



ギャー、ギャー







海未「ふふ、声が外まで漏れてますね」



海未「では、中に入れさせてもらいましょうか」




ピンポーン


16:2014/09/26(金) 18:52:19.85 ID:
・・・・・

・・・






海未「…やっぱり。絵里の早とちりでしたか」




にこ「そうよ。いきなり穂乃果が、絵里ちゃんにビーフシチューとグラタンを食べさせたい!とか言い出してね」




穂乃果「いやぁ…絵里ちゃんに穂乃果のお手製料理を食べさせてあげたくてね?」




海未「まったく…あなたは嘘が下手なんですからっ」




穂乃果「ごめんね?…でも、絵里ちゃんのはやとちりって?」




海未「ああ…絵里は穂乃果がにこと…その…肉体関係を持っているんじゃないかと疑っていて」




18:2014/09/26(金) 18:54:28.12 ID:
にこ「はあああ!?ありえないんですけど!」




穂乃果「そんなに否定する!?」




にこ「あんたは黙ってて!!」




海未「ええ、それで絵里の穂乃果に対する態度が変わったという訳です」




にこ「簡便してよねぇ…あいつの嫉妬深さって半端じゃないんだから」




穂乃果「そっかぁ…やっぱり穂乃果のせいだったんだ」




海未「まぁ、結果論ですけどね」フフフ




穂乃果「絵里ちゃんに謝らなきゃ…」




海未「ええ、明日にでも」




穂乃果「うん!」





19:2014/09/26(金) 18:56:39.09 ID:

穂乃果「…海未ちゃん」




海未「はい、何ですか?」




穂乃果「本当にありがとう。穂乃果は海未ちゃんがお友達で本当に良かった…」




海未「友達……ええ、私も穂乃果がお友達でよかったと思いますよ」




穂乃果「えへへ。あ、じゃあ、また明日ね?」



海未「ええ」


23:2014/09/26(金) 19:07:38.82 ID:
・・・
・・



海未「はあ……」



にこ「何よ、ため息なんてついて」



海未「にこ…いたんですね」



にこ「当たり前でしょ!ここはにこの家なんだから」



海未「ふふ……ですね」



にこ「良かったの?あれで」



海未「はい。結局、最初から穂乃果の中には私なんていなかったんですから」



にこ「そんな言い方…」


24:2014/09/26(金) 19:14:46.35 ID:
海未「いっ…いいんですよっ……。穂乃果さえ幸せならっ」



にこ「はぁ…あんたもつくづく不器用ねぇ」



海未「…仕方ないじゃないですか」









にこ「海未」ギュッ




海未「な、何ですか…急にっ」



にこ「特別に、にこの胸を貸してあげるわ。…今日だけは好きなだけ、泣きなさい」




海未「うう……にこぉ…何で私じゃないんですかぁ……。ずっと穂乃果を好きだったのにぃ……」




にこ「うんうん」ポンポン


25:2014/09/26(金) 19:21:14.58 ID:
・・・・
・・



海未「うう……」




にこ「どう?少しは楽になった」




海未「はい、ありがとうございました。にこ」




にこ「ふふ、いいのいいの。好きでやってるんだから」








海未「…また、胸を借りてもいいですか?」



にこ「う、うん。いいけど、別に」



海未「ありがとうございます」



にこ「今日は泊まってく?」



海未「は、はい、にこさえよければ」



にこ「じゃあ決まりー!よーし、お夕飯はごちそう作るわね!」



海未「ふふ、はい!」










26:2014/09/26(金) 19:22:09.40 ID:
―後日―




海未「…という訳です」



絵里「ハラショー…そんな事が」



穂乃果「えへへ、ごめんね?絵里ちゃん」



絵里「いいえ!悪いのは全部私よ!?本当にごめんなさいっ……」



絵里「…何でもするから許して。穂乃果ぁ……」



穂乃果「ん?今何でもって言ったね?」



絵里「ええ…この罪が償えるなら何でもするわ」



穂乃果「ふふ、じゃあキスしてもらおっかな♪」



絵里「穂乃果…ハラショー」


27:2014/09/26(金) 19:25:29.96 ID:

海未「部室で堂々とイチャついてますね…」



にこ「じゃあ、いっそのこと私たちもイチャイチャする?」



海未「ひ、人前でそんな…。ハレンチです!」



にこ「あ、なら人前じゃなかったらいいの?」



海未「もう!にこは意地悪です!」



にこ「あはは。ごめんごめん」














終わり


人気記事