1:2014/10/07(火) 20:54:03.51 ID:

津田家

津田 「はぁ」

ウオミ「ちゃんと聞いてた? タカくん」

津田 「いや、ま、一応……」

ウオミ「タカくんっ」

津田 「は、はい」

ウオミ「イラ マ チオだなんて、なにを考えてるんです」

津田 「なにを聞いてるんです」

ウオミ「イマラチオと間違えやすいので気を付けなければいけないとは思いますが」

ウオミ「いまはそういう話をしているのではありませんよ」

津田 「もとよりそんな話をした覚えありませんよ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1412682833
2:2014/10/07(火) 21:03:26.54 ID:

津田 「えーと、つまりオレの呼び方を変えてみたいということですか?」

ウオミ「はい」

津田 「でも、いまの『タカくん』だって、お姉ちゃんが呼び始めたわけですし」

津田 (勝手に……)

ウオミ「確かに親戚になって、距離を縮めるための手早い手段として、愛称を付けました」

津田 「意外と計算してたんですね……」

ウオミ「でもそれだけではいまの関係以上には発展しづらいと思い、また新たな風を入れるために、呼び方を変えてみようかと」

津田 「はぁ。……これ以上発展する必要あるんですか」

ウオミ「ハッテン?」

津田 「意味変わっちゃうでしょ」



3:2014/10/07(火) 21:19:11.61 ID:

津田 「まあ、別に変な呼び方じゃなければ、オレは気にしませんよ」

ウオミ「そうですか。なら、これからいろいろ挙げていきますので、いろいろと感想を出してください」

津田 「構いませんが……今回はオレの意志を汲んでくれるんですか?」

ウオミ「それと これとは 別」

津田 「そんなに強調して言わなくても……」

ウオミ「弟は姉の理不尽を受けるものだと聞きました」

津田 「はぁ。まあ、実際はそんな感じだって聞きますね」

ウオミ「そして姉は弟の性欲を受け止めるものだと」

津田 「どこで聞いた!?」



4:2014/10/07(火) 21:23:56.49 ID:

ウオミ「では始めますね」

津田 「どうぞ」

ウオミ「んー…… タカトシくん」

津田 「クラスメイトを思い出します」

ウオミ「あら。もう呼ばれていましたか」

津田 「ええ。柔道部の主将で」

ウオミ「2年生で主将とは。お強いんですね」

津田 「確かに強いですね。IH出場に、高総体で個人優勝。創部も彼女が中心になってました」

ウオミ「なんと、それは素晴らしい…… 寝技とか一度かけられてみたいのでは?」

津田 「オレ、そこまでMじゃないと思うんだけどなぁ」



5:2014/10/07(火) 21:44:10.42 ID:

ウオミ「名字はどうでしょうか」

津田 「だいたい名字で呼ばれていますね。いまさら他人行儀な気もしますが」

ウオミ「それはそれで新鮮さが生まれて、興奮するかも」

津田 「新鮮なのはともかく、興奮するのはどうだろう」

ウオミ「行きますよ。津田くん」

津田 「七条先輩のイメージになりました」

ウオミ「なるほど。ああ、いけない。七条さんに借りていた本を思い出しました」

津田 「そうなんですか」

ウオミ「タカくん、悪いのですが」ゴソゴソ

津田 「いいですよ、渡しておき……」

ウオミ「こちらを」つ【SMシューティング増刊号】

津田 「受け取り拒否だ!」



6:2014/10/07(火) 21:52:59.31 ID:

ウオミ「まあ、次の交流会の時にお渡しするとして」

津田 「なんで最初に気づかなかったかな、オレ……」

ウオミ「やはり名字で呼ぶとなれば…… 津田」

津田 「呼び捨てですか。まあ、会長とか萩村で呼ばれ慣れてますよ」

ウオミ「む。あの二人ですか……」

津田 「はぁ、はい」

ウオミ「あの二人と同じ呼び方は、複雑ですね」

津田 「?」

ウオミ「それに、呼び捨てしてしまうと…… 津田、お舐め!」

津田 「(ビクッ)」

ウオミ「……と、S心に火が付きそうで困りものです」

津田 「いまはお姉ちゃんが困りものです」



8:2014/10/07(火) 22:16:03.39 ID:

ウオミ「ドMなタカくんにはむしろ?」

津田 「ドまでつけなくていいです。いや、さすがにそういうのは……」

ウオミ「ならどういうのがいいんでしょうね」

津田 「えっ」

ウオミ「……ふふ、冗談です」

津田 「……はぁ」

ウオミ「さて。では次は、さん付けはどうでしょう」

津田 「名字にですか」

ウオミ「はい。津田さん」

津田 「……最初はお姉ちゃんに、そんな呼び方されてましたね」

ウオミ「初めて会ってから親戚になるまで、でしたね」

津田 「はい」

ウオミ「これはこれで出会ったころの感覚が蘇り、燃え上がるかも」

津田 「倦怠期か」



9:2014/10/07(火) 22:21:46.74 ID:

ウオミ「名前にさん付けはどうでしょう」

津田 「あー、そう呼ぶ人はいないですね」

ウオミ「タカトシさん」

津田 「は、はい」

津田 「……な、なんていうか」

ウオミ「なんていうか?」

津田 「あー、えー……ちょっとドキッとすると言いますか……」

ウオミ「ほほう。ではもう一度」

ズイッ

津田 「え、ちょっとお姉ちゃ……」

ウオミ「タカトシさん」フゥッ

ゾワゾワ

津田 (み、耳に息が……!)



11:2014/10/07(火) 22:33:21.21 ID:

ウオミ「んー、これはアリかもしれませんが」

津田 「……うう……な、なにか」

ウオミ「年上感が無いのと、なんか生々しいですね」

津田 「その表現やり直しませんか」

ウオミ「年下がむしろ甘えてくるのであれば、タカくんもイチコロかもしれません」

津田 「イチコロて。最近聞きませんよ」

ウオミ「年上としてはやはり。タカトシ」

津田 「ああ、名前で呼び捨てですか」

ウオミ「家族感は高いですよ」

津田 「……お姉ちゃんっていうより、お母さんって感じになるような」

ウオミ「えっ、タカくん、もしかして母子相姦の方がいいの……?」

津田 「怖いこと言わないでくれませんか!」



24:2014/10/10(金) 20:49:09.29 ID:

ウオミ「思えば」

津田 「はい?」

ウオミ「私だけ考えるのも何ですね」

津田 「オレに、オレの呼び方を考えろということですか」

ウオミ「ううん、そっちじゃなくて」

津田 「はぁ」

ウオミ「私の呼び方を」

津田 「それもお姉ちゃんが指定したんですが」

ウオミ「もー、タカくんもちゃんと自己主張しないと」

津田 「……確かに流されやすいのはありますね」

ウオミ「あっちの自己主張だけビンビンじゃダメですよ」

津田 「してないよ! いまは!」



25:2014/10/10(金) 21:01:34.73 ID:

津田 「それじゃあ、とりあえず挙げてみますね……」

ウオミ「うん」

津田 「ええと…… 魚見さん」

ウオミ「私たちが出会ったときの呼び方ですね」

津田 「そうなります、かね」

ウオミ「ちょっとした距離感から、徐々に近づいていくふたり。いいと思いませんか」

津田 「同意ができると言えば同意できるのですが」

ウオミ「んー?」

グイグイ

津田 「徐々にっていうほど……あの、近いです」

ウオミ「近づいていますので。膝の上座らせてね」

津田 「え、ちょ、ちょっと……」

津田 (うわ……柔らか……)



26:2014/10/10(金) 21:15:58.04 ID:

津田 「あの、膝の上に座ったままやるんですか?」

ウオミ「もちろんですよ。続けてください」

津田 「は、はい……」

津田 「う、ウオミーはどうですか」

ウオミ「愛称もいいですね。タカくんから呼ばれるのは新鮮です」

ウオミ「試しに呼んでみてください」

津田 「は、はい…… ウオミー」

ウオミ「もっと、耳元にささやくように」

津田 「ウオミー……」

ウオミ「んっ……」ピクッ

津田 「なにさせるんですかっ!」

ウオミ「どきっ、どきっ」ピシッ



27:2014/10/10(金) 21:28:19.46 ID:

ウオミ「タカくんだけ考えるのでは不公平ですね。んー、お姉ちゃんにバリエーションを持たせてみましょうか」

津田 「例えば?」

ウオミ「お姉さま」

津田 「お、お姉さまって……ずいぶんとお嬢様的な呼び方ですね……」

ウオミ「聞くところによると、桜才でもそう呼ぶ下級生の女生徒がいるとかいないとか」

津田 「出所聞きたくないなぁ……」

ウオミ「さあタカくん、目くるめく花園の世界へ」

津田 「オレがその世界に行って何をしろと」

ウオミ「ひとまず、ロザリオの授受でもしましょうか?」

津田 「作品違ぇよ!」

ウオミ「男の娘計画はまだあきらめていませんよ」

津田 「マリア様があきらめる!」



29:2014/10/10(金) 21:42:20.71 ID:

ウオミ「なかなか押し切れないですね」

津田 「そもそも、押し切れると思ってるんですか」

ウオミ「押し倒すならいけると思ってるんですが」

津田 「……勘弁してください」

ウオミ「仕方がありません。別の呼び方にしましょう」

津田 「まだ候補あるんですか」

ウオミ「えーと、この呼び方だから、姉にすると…… お姉ちゃま」

津田 「ん、ん? なに、何か参考にしてるんですか?」

ウオミ「このゲームを参考に。12個ほど」つ【シス○ープリ○セス】

津田 「何なんですこれ……」

ウオミ「一世を風靡したそうですよ?」

津田 「はぁ……」



32:2014/10/10(金) 21:53:28.51 ID:

ウオミ「でもこれ、妹萌えですからね。タカくんには不要?」

津田 「まあ、コトミいますからね。そういうのはあまり……」

ウオミ「やっぱり姉萌えじゃないとね」

津田 「なんで禁断系ばっかり勧めるんです」

ウオミ「燃えるから?」

津田 「はあ…………」

ウオミ「燃えたでしょ?」

津田 「…………」

ウオミ「ほら、タ・カ・くん」

津田 「…………まあ」



33:2014/10/10(金) 22:32:24.90 ID:

津田 「あの、そろそろ膝の上からおりて頂けませんか」

ウオミ「そうですね。このままでは挿入っちゃいそうですし」

津田 「…………」

ウオミ「ツッコミが無いですね」

津田 「オレたち裸でいるんだから当り前でしょうっ」

ピクン

ウオミ「あら? 元気になってきましたね」ニヤ

津田 「う……」

ウオミ「あんなに性欲を受け止めてあげたのに、まだ足りないんだね」

津田 「うう……」

ウオミ「さっきまでは裸の私が、膝の上に乗っても反応しなかったのに」

津田 「30分くらい充填時間要るんですよ……」

ウオミ「じゃあもう、押し倒してもいいよね?」クルリ

津田 「い、いや、今日はもうこれ以上は勘弁してください……」

ウオミ「こんなに自己主張してるのに」サワサワ

津田 「んっ……主張するのはオレの意志だけじゃないんです……」



35:2014/10/10(金) 22:34:16.62 ID:

ウオミ「そういえば」

津田 「は、はい」

ウオミ「これ以上発展する必要あるのか、って言ったよね?」

津田 「ええ……その、恋人関係だから、それでいいじゃないですか」

ウオミ「……呼び方、いつか『おまえ』って呼んでもいいんですよ」

津田 「え」

ウオミ「『あなた』」

津田 「あ…… ……う、魚見お姉ちゃんっ」ガバッ

ウオミ「あんっ」

ドサッ

ウオミ「ふふっ。仕方ないですねぇ、タカくんは」

津田 「……ん……」

チュッ

ウオミ「…………ぷは……」

津田 「…………」

ウオミ「……いいですよ」ニコッ

ウオミ「存分に……」

津田 「……お姉ちゃん」

ギシッ

---

津田 「……はぁっ、はぁっ……」

ウオミ(今度シノっちの前で、『あなた』って呼んでみましょうかね♪)

ギシギシギシ

ウオミ「ふふっ……タカくん、もっと……」






めでたし?



人気記事