1:2014/09/29(月) 20:13:44.96 ID:
甘兎庵



リゼ「私はどうしたらいいんだろう……」

千夜「……?」

シャロ「……えっと」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1411989224
2:2014/09/29(月) 20:15:24.78 ID:
シャロ「ど、どうしたんですか? 突然そんなこと……」

リゼ「……確かに二人には唐突な話だったな。すまない」

千夜「それは構わないけど……さっきのはどういう意味なの?」

リゼ「そのままの意味だが」

シャロ「そのままって……」

リゼ「チノの思春期のせいで、ラビットハウスが未曾有の脅威に晒されているんだ」

シャロ「チノちゃんの思春期、はともかく。未曾有の脅威って、ちょっと言いすぎなんじゃ……」

リゼ「いや、これはかなり深刻な問題なんだ……」

シャロ「そ、そうなんですか……?」


3:2014/09/29(月) 20:17:09.23 ID:
千夜「リゼちゃん。私もシャロちゃんも、事情がわからないと相談の乗りようがないわ。もう少し詳しくお願いできるかしら?」

リゼ「あ、ああ……確かに回りくどい言い方をしすぎたな。つまるところ、ココアを意識するあまり、チノが仕事に集中できてないんだ」

シャロ「チノちゃんがココアを意識? 警戒してるってことですか?」

リゼ「いや、その……恋愛的な意味で、意識してるみたいなんだ」

シャロ「…………へっ!?」

千夜「まあ……!」

リゼ「本人は普段通りのつもりなんだろうが……チラチラとココアの様子を伺っては顔を赤らめたり、不審な行動ばっかりするようになってな。それでいてココア本人からの接触には過敏に反応するんだ」

シャロ「あのチノちゃんが……」

リゼ「この前なんか、トレーの受け渡しをするときにちょっと指が触れたくらいで全部バラまいたりして……もう大変だったよ」

千夜「今までもココアちゃんのスキンシップに照れてることはあったけど……そこまでいくと確かに変ね」

リゼ「だろ? まあ、チノ自身、自分が変だって自覚はあるだろうからいつも通りに戻るのをゆっくり待てばいいと思ってたんだ……最初のうちは」

シャロ「最初のうちは?」


4:2014/09/29(月) 20:19:30.31 ID:
リゼ「ああ……今度はココアまでおかしくなったんだ」

千夜「ココアちゃんが!?」

リゼ「正確には私がそうと気づいたのが遅かっただけで、ココアの様子が変になったのもかなり前のことだ」

リゼ「仕事中だろうとチノに抱きつこうとしたり……元々スキンシップは多かったけど、ここ最近はそれがエスカレートしてるんだ」

リゼ「チノが前にも増して自分のスキンシップを避けようとするようになったから、意地になってるのかもな……」

シャロ「ココアはチノちゃんに過剰なスキンシップをしかけ、チノちゃんはそれから逃げようとする。そんな反応を見たココアがさらにチノちゃんに……」

千夜「まさに悪循環ね」

リゼ「一人の不調ならともかく、二人ともおかしいとなったら私一人でカバーするのは難しくなる。それ以前に、私がバイトに入れない日がどうなるかと思うと……」

シャロ「確かに……」


5:2014/09/29(月) 20:20:40.96 ID:
千夜「それで私達に相談しに来たのね?」

リゼ「ああ。できるだけ早急な解決を望む」

シャロ「……」

シャロ(困ってるリゼ先輩の力になれるなら喜んで協力したい。でも……)

千夜「スピード解決なら、やっぱり二人が恋人同士になっちゃうのがいいんじゃないかしら。例えば、私達から少し口添えしてココアちゃんに告白してもらうの。チノちゃんはココアちゃんが好きだって気づいて意識してるんでしょう?」

リゼ「なるほどな……人の恋路に口を出すのは気が引けるけど、まっすぐ告白されればチノも受け入れて……」

シャロ「それは……やめたほうがいいと思います」

リゼ「? どうしてだ?」

千夜「結構いい案だと思ったんだけど……」

シャロ「……チノちゃんはたぶん、ココアが自分を好きなことも、自分がココアを好きなことも気づいてるんだと思います」

シャロ「ただ、自分の気持ちに対する戸惑いや気恥ずかしさが大きすぎて、素直になれないんだと思うんです」

シャロ「ですから、チノちゃんが自分の気持ちに正直に向き合う覚悟を決めない限り、たとえココアが告白してもチノちゃんがそれに応えるのは難しいと思います」

シャロ「むしろ、告白が失敗して二人の関係がさらにこじれる可能性も否定できません」

リゼ「……」

千夜「……」

シャロ「……ふ、二人とも?」


6:2014/09/29(月) 20:22:42.74 ID:
リゼ「シャロ、お前…………すごいな!」

シャロ「へっ?」

リゼ「いや、恥ずかしながら私はこういった話には疎くてな。二人なら私よりは的確な判断ができるかと思って頼ったんだが……まさかシャロがそこまで恋愛に通じているとは思わなかったよ!」

シャロ「い、いえ、そこまで大したことは言ってないと……」

千夜「さすが恋愛マスターのシャロちゃんね!」

シャロ「れ、恋愛マスター?」

千夜「小学生の頃から恋愛に関しては何でもござれのスペシャリスト! どんな恋愛相談もズバッと解決! そんな姿に、ついた二つ名が『恋し乙女の御意見番』!」

シャロ「ち、ちょっと!? 何適当なこと言って……!」

リゼ「か、カッコいい……!」キラキラ

シャロ「!?」

千夜「もう大丈夫よ、リゼちゃん。シャロちゃんが本気を出した以上、この問題は解決したも同然だわ」

リゼ「ああ……! 恋愛マスターに任せれば安心だ!」

シャロ「お、お願いだから私の話を……」

リゼ「シャロ!」ギュッ

シャロ「ひゃいっ!?//////」

リゼ「ココアとチノのためにもよろしく頼む! 私に協力できることがあったら何でも言ってくれよ!」

シャロ「り、りぜしぇんぱ……///」

リゼ「それじゃ、今日のところは失礼するよ。二人とも、ありがとな!」

千夜「またね~」


7:2014/09/29(月) 20:24:09.94 ID:
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



シャロ「……」プクーッ

千夜「もう……謝るから機嫌直して? ね?」

シャロ「……別にあんたにだけ怒ってるわけじゃないわよ。安易に引き受けちゃった自分にも腹が立ってるの」

千夜「でも最終的には引き受けるつもりだったんでしょう?」

シャロ「……どうしてそう思うわけ?」

千夜「シャロちゃんが、リゼちゃんに頼み事されて断れるとは思えないもの」

シャロ「…………否定しきれないのがムカつく!!」

千夜「ふふ。それに……シャロちゃん、優しいから。ココアちゃんとチノちゃんの話聞いて、なんとかしたいって思ったんでしょ?」

シャロ「……別にそんなんじゃないわよ。二人がいつまでもそんな調子だと、私まで調子狂っちゃいそうだから……それだけよ」

千夜「そういうことにしておいてあげるわ」

シャロ「なんか引っかかる言い方ね……」


8:2014/09/29(月) 20:25:25.57 ID:
千夜「気のせい、気のせい。それで、なにか解決策はあるの?」

シャロ「……まあ、一応思い浮かんではいるわ」

千夜「さすが恋愛マスターね♪」

シャロ「今度そのアダ名使ったら本当に怒るわよ。……今考えてるのは、きっかけの解消よ」

千夜「きっかけの解消?」

シャロ「今のココアとチノちゃんの関係が二人の様子の変化の相乗によって生まれているのは確かだけど。そもそも二人の様子が変わったきっかけが何なのかが気になったのよ」

千夜「ココアちゃんのスキンシップが激しくなって、チノちゃんがいろいろ気づいたんじゃないの?」

シャロ「そっちじゃなくて。ココアのスキンシップが過剰になったほうの理由が知りたいのよ」


9:2014/09/29(月) 20:26:27.03 ID:
千夜「ココアちゃんが今まで以上に積極的になった原因ってこと?」

シャロ「その原因を崩せれば、ココアも少しは大人しくなる……はず。少なくとも二人が同時に空回ってお店が大変になることもなくなるし、チノちゃんが自分の気持ちに整理をつける時間も稼げるわ」

千夜「ココアちゃんの行動を抑えたいなら、さっき提案したみたいに私達から口添えしてもいいんじゃないかしら? 告白までさせなくても、チノちゃんがココアちゃんのことを好きだってことだけでも伝えれば……」

シャロ「それでココアが黙っていられればいいんだけどね」

千夜「…………あ」

シャロ「ココアがそのことを知った上でずっと我慢できるとは、残念だけど思えないわ。もしココアの口から私達が口を出したことがチノちゃんに漏れれば、今度は私達への態度まで硬化しかねないわよ」

千夜「確かにそうね……」

シャロ「まあ私のきっかけの解消にしたって時間稼ぎでしかないけど。でも時間さえあれば、ゆっくりチノちゃんを説得していくことも可能になるし……とにかく、まずは様子見ね」

千夜「わかったわ。……本当に二つ名いらないの?」

シャロ「……しつこいわよ」


19:2014/10/13(月) 20:08:10.39 ID:
翌日、昼



シャロ「リゼ先輩!」

リゼ「ん? ああ、シャロか。シャロも今帰りか?」

シャロ「はい。あの、リゼ先輩はこれからバイト、ですよね?」

リゼ「ああ。シャロもだろ?」

シャロ「はい。……あの昨日の話なんですけど」

リゼ「何か思いついたのか!?」

シャロ「ま、まだ解決すると決まったわけではないです。ただ、リゼ先輩に少し頼みたいことがあって」

リゼ「ああ、私にできることなら」

シャロ「ありがとうございます。リゼ先輩には、ココアとチノちゃんに少し聞いてほしいことがあるんです」

リゼ「聞いてほしいこと?」

シャロ「二人に最近様子が変わったきっかけ、理由を聞いてほしいんです。それぞれ、二人きりの状態で」

リゼ「ココアとチノ、それぞれに変になった理由を聞けばいいのか?」

シャロ「はい、それとなく、世間話の体で」

リゼ「わかった。聞けたらメールするよ」

シャロ「よろしくお願いします。あ、今日はココアが帰るのが少し遅くなるのでチノちゃんに聞くなら丁度いいかもしれません」

リゼ「? ああ、わかった。…………」

シャロ「どうかしました?」

リゼ「い、いや……その、なんだか任務みたいで少しワクワクするな……///」ソワソワ

シャロ(り、リゼ先輩可愛い……///)


20:2014/10/13(月) 20:09:54.51 ID:
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



リゼ「……よし」

ガチャッ

チノ「いらっしゃいま……リゼさんでしたか」

リゼ「ああ。……ココアはまだ帰ってないのか?」

チノ「っ…………は、はい」

リゼ「……そうか。ところで、チノ」

チノ「?」

ティッピー(ん?)

リゼ「ココアと何かあったのか?」

チノ「!?」

リゼ「最近、チノの様子がおかしいように思えてな。気のせいならすまない」

チノ「……そんなに、おかしかったですか?」

リゼ「まあ、な」

チノ「そう、ですか」

リゼ「チノが仕事に集中できないほど何かに悩んでいるというのは、やっぱり気になるからな」

チノ「……すいません。リゼさんにもご迷惑を……」

リゼ「迷惑なんかじゃないさ」ナデナデ

チノ「ぁ……」


21:2014/10/13(月) 20:11:05.02 ID:
リゼ「……チノは一人でなんとかしようとしすぎだ」

リゼ「チノも、もちろんココアも、私にとっては大切な友達であると同時に可愛い後輩でもあるんだからな」

チノ「……」

リゼ「背伸びすることも悪くないかもしれない。でも誰かに助けを借りることも大切だと、私は思う。たとえば、私みたいな人生の先輩に」

チノ「……」

リゼ「……」

リゼ(……ダメか)

ティッピー(ふん。一番身近にいるわしにも話してくれないんじゃ。そんなに簡単にいくものか)

チノ「…………ココアさんが変なんです」ボソッ

リゼ「え?」

ティッピー(えっ)

チノ「もちろん、元々変なところは多かったですけど……それに輪をかけて変になったんです。いつもよりもたくさん抱きつこうとしてきたり……お風呂にも毎日一緒に入ろうとしてきたり……」

リゼ(ココア……すごい行動力だな)

ティッピー(チノ……わしが聞いたときは『何でもない』とはぐらかしていたのに…………)


22:2014/10/13(月) 20:12:21.28 ID:
チノ「でも、そんなココアさんを悪くないと思っている私がいるんです」

リゼ(ん……?)

チノ「ココアさんの変化に戸惑っている私と……心地よく思っている私と…………ごちゃ混ぜになって、よくわからなくなったんです」

リゼ「……」

チノ「それで私、モカさんに聞いたんです」

リゼ「モカさん?」

チノ「私、モカさんと時々メールのやり取りをしていて……モカさんは大人の人ですし、とても頼りになりますから」

チノ「そうしたら……『チノちゃんのその気持ちは、きっと恋だよ』、と……モカさんはそれ以上は何も言ってくれなくて」

リゼ(……なるほど、な)

チノ「私、今まで恋なんてしたことなくて……モカさんに言われても全然わからなかったのに……それなのに、それからココアさんとうまく接することができなくなってしまって」

リゼ「……そっか」

チノ「……」

リゼ「話してくれてありがとうな、チノ」

チノ「いえ……」

リゼ「その気持ちはきっと、チノ自身が決着をつけないといけないものだ。……散々偉そうなこと言っておきながら、こんな無責任なことしか言えないのは悪いけど」

チノ「いえ……今まで誰にも話せなかったので……こうして話せただけで少し落ち着きました」

リゼ「……なら良かった」

リゼ(……っと、長話になっちゃったな。いくらお客が少ないとは言ってもそろそろ準備しなきゃな)


23:2014/10/13(月) 20:21:18.82 ID:
リゼ「じゃあ私は着替えに――」

ガチャッ

ココア「ただいまっ」

リゼ「丁度いいところに……ココア、着替えにいくぞ」

ココア「? うん」

リゼ「それじゃ少しの間、よろしくな」

チノ「はい」

ティッピー(チノにとって…………わしとはいったい……………………)





リゼ「今日は随分と遅かったな」

ココア「千夜ちゃんに新作和菓子を味見してほしいって言われて、甘兎に寄ってたんだ~」

リゼ(千夜……時間を稼いでくれてたのか)

ココア「とっても美味しくてね~。前言ってたラビットハウスと甘兎のコラボ、本当にやってみるのもいいと……」

リゼ「なあ、ココア」

ココア「うん?」

リゼ「最近、どうだ?」

ココア「へ?」


24:2014/10/13(月) 20:27:53.28 ID:
リゼ「チノとは、どうだ?」

ココア「ああ、そういうこと。……うーん、いろいろ頑張ってるんだけどねー」

リゼ「そうか。そういえばチノの奴、モカさんと最近よく連絡取り合ってるみたいだけど」

リゼ(私の予想が正しければ……)

ココア「それ本当!?」

リゼ(……やっぱり)

リゼ「あれ、ココアが知らないってことは……ごめん、私の勘違いだったみたいだ」

ココア「え、そうなの?」

リゼ「ああ、早とちりだった」

ココア「……そっか」

リゼ「……」


25:2014/10/13(月) 20:32:07.79 ID:
夜 甘兎庵



リゼ「というわけで、原因がわかったぞ」

シャロ「もうですか!? さすがリゼ先輩……」

リゼ「運が良かっただけさ」

千夜「それで、どうだったの?」

リゼ「チノのほうはココアの様子が変わったことがきっかけだったみたいだ」

シャロ「やっぱり……」

リゼ「それでココアのほうだが、こっちは私の推測だ。けど、間違いなくこれで合ってるはずだ」

千夜「推測?」

リゼ「全ての元凶はモカさんだったんだ」

シャロ「も、モカさん? ココアのお姉さんの?」


26:2014/10/13(月) 20:34:20.65 ID:
リゼ「ああ。一月くらい前、嵐のようにやってきて嵐のように去っていった、あのモカさんだ」

千夜「どういうこと?」

リゼ「つまりだな……ココアはモカさんに嫉妬して積極的になったんだよ」

シャロ「……どうして分かったんですか?」

リゼ「最初にそう思い当たったのはチノの話を聞いたときだ。チノからモカさんの名前が出たときだったんだけど」

リゼ「よくよく思い出してみると、私が見ていたココアの変化がモカさんが来た前後あたりだったんだよ」

リゼ「それでココアに言ってみたんだ。『チノがモカさんと頻繁に連絡を取ってる』って」

シャロ「……そうしたら食いついたわけですか」


27:2014/10/13(月) 20:35:08.78 ID:
リゼ「チノの奴さ、モカさんにかなり懐いてたろ? たぶん、そのときにココアはチノをモカさんに……大きく言えば他の誰かに取られるかもしれないって思ったんだと思う」

千夜「それで取られないように積極的になった、ってこと?」

リゼ「おそらく」

シャロ「……」

リゼ「どうだ、シャロ。本当は私が解決できればよかったんだろうが……」

シャロ「いえ、リゼ先輩は精一杯頑張ってくれました。ここからは私に任せてください」

リゼ「……わかった。頼んだぞ」

シャロ「はい!」


28:2014/10/13(月) 20:36:30.01 ID:
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



千夜「それで、ここからどうするの?」

シャロ「……チノちゃんを説得するわ」

千夜「そうね。確かに始まりはココアちゃんだけど、突き詰めればココアちゃんは別にチノちゃんにアピールしているだけ」

シャロ「そう。この問題は結局、チノちゃんに気持ちを整理してもらわないと解決しない。だから、ここからは私の番」

千夜「私もいったほうがいいかしら……」

シャロ「ダメよ」

千夜「え、どうして?」

シャロ「余計なこと言って事態を悪化させる未来が見えるからよ」

千夜「ひどいっ!」

シャロ「まあ、それは半分冗談として」

千夜「もう半分は?」

シャロ「まあ、いろいろとチノちゃんと二人きりで話したいことがあるの」

千夜「そう……わかったわ。それより、もう半分は……」

シャロ「それじゃ、私も帰るわね。おやすみ」

千夜「もう半分…………」


30:2014/10/13(月) 22:53:34.54 ID:
翌日、昼 ラビットハウス



シャロ「じゃ、行くわよ」

千夜「ええ」

ガチャッ

ココア「いらっしゃいませ……あ、シャロちゃんと千夜ちゃん!」

チノ「こんにちは」

リゼ「いらっしゃい、二人とも」

シャロ「えっと、私、チノちゃんとちょっと話があるんだけど……大丈夫?」

チノ「私と、ですか?」

リゼ「ああ、別にいいぞ。な、ココア」

ココア「うん、平気だよ~」

チノ「そうですか。それじゃあシャロさん、私の部屋に……あ、リゼさん。ティッピーをお願いします」

リゼ「ああ、任せとけ」

ティッピー「」ポケー

ココア「千夜ちゃんは行かなくていいの?」

千夜「私はただの付き添いだから。それじゃ、しばらくココアちゃんに話し相手になってもらおうかしら」

ココア「いいよ!」

リゼ「いや、お前は仕事をしろよ……」


31:2014/10/13(月) 22:55:32.80 ID:
チノ「……それで、話とはいったい……?」

シャロ「実は、チノちゃんに恋愛相談があるの」

チノ「れ、恋愛相談!? ……そ、その、人選ミスじゃないですか……?」

シャロ「いいえ。私が、チノちゃんに、相談したいの」

チノ「……わかりました。お役に立てるかはわかりませんが……」

シャロ「ありがとう。……私ね、好きな人に告白しようか迷ってるの」

チノ「こ、告白……ですか」ドキドキ

シャロ「その人は年上で……普通の人とはちょっとズレたところもある人だけど、そんなところが可愛くて……」

シャロ「私、その人にとっても助けられてるの」

チノ「そんな人が……」


32:2014/10/13(月) 22:56:37.91 ID:
チノ(年上で……ズレたところがある…………まるで……)

シャロ「そうね……チノちゃんにとってのココアみたいな存在かな?」

チノ「っ//////」

シャロ「どうかしたの?」

チノ「い、いえ……構わず続けてください///」

シャロ「……。ええ」

シャロ「その人と一緒にいるだけで笑顔になれて……とっても幸せになれる。だからね、告白したいの」

チノ「その、相手の方はシャロさんのことを……?」

シャロ「わからないわ。もしかしたら断られるかもしれない」

チノ「……どうしてですか?」

シャロ「ん?」

チノ「今でも……その、幸せなんですよね? それなのに、断られるかもしれないのに……」

シャロ「……そうね。確かに今も十分幸せだけど……でも、それで満足したくはないの」

チノ「……」


33:2014/10/14(火) 00:52:29.11 ID:
シャロ「だって、もし受け入れてもらえたら……好きな人が自分のことを好きになってくれたら、今よりも何倍も幸せだと思わない?」

チノ「あ……」

シャロ「もちろん、断られるかも、なんて考えだしたら怖いわ。でも現状で留まり続けちゃ、絶対にダメだと思うの。だって、今の関係がずっと続くことなんてあり得ないんだから」

チノ「え……?」

シャロ「……私がどんなに望んだって時は流れていくんだもの。1年後、もしかしたら数日後には『今』なんて変わってしまうかもしれない」

チノ「変わって、しまう…………」

シャロ「その時になって後悔することだけは……私はしたくない。……チノちゃんは、どう思う?」

チノ「私、は………………」


34:2014/10/14(火) 00:56:59.49 ID:
シャロ「……難しい話よね、ごめんなさい。別に今すぐ答えを聞くつもりはないから安心して」

チノ「……すいません。お力になれず……」

シャロ「ううん、私こそ急にごめんね。これは私の問題だもの。けどね……」ギュッ

チノ「しゃ、シャロさん……?」

シャロ「……チノちゃんの問題には、チノちゃんが答えを出さなきゃ」

チノ「!」

シャロ「それじゃ、私は帰るわ。またね、チノちゃん」


35:2014/10/14(火) 00:57:41.26 ID:
シャロ「千夜、帰るわよ」

千夜「あら、もう話は終わったの?」

シャロ「まあ、一応ね」

ココア「あれ? チノちゃんは一緒じゃないの?」

シャロ「あー…………ちょっと疲れが溜まってたみたいで、休んでるわ。リゼ先輩、もう少しして来なかったら様子を見てきてもらえませんか?」

リゼ「ああ、わかった」

ココア「リゼちゃんに頼まなくても私が見てくるよ?」

シャロ「いいからあんたは仕事してなさい。……それじゃ」

千夜「二人とも、またね~」

リゼ「ああ、またな」

ココア「? ばいばーい」


36:2014/10/14(火) 01:00:04.21 ID:
千夜「シャロちゃん、お疲れ様」

シャロ「……」

千夜「シャロちゃん?」

シャロ「……何よ」

千夜「シャロちゃんこそ、何かあったの?」

シャロ「別に……ちょっとだけ自己嫌悪に陥ってるだけよ」

千夜「シャロちゃんのこととチノちゃんのことは別問題なんだから、シャロちゃんが気にすることないんじゃない?」

シャロ「……あんた、話聞いてたの?」

千夜「ずっと友達やってるんだもの、シャロちゃんが言いそうなことくらい分かるわよ」

シャロ「……別問題なことくらい、自分でも分かってるわ。でも……」


37:2014/10/14(火) 01:01:03.92 ID:
シャロ(私が他の人に偉そうに言ってよかったのかなって思っちゃうのは仕方ないこと、なのかしら。本当は告白する勇気も、度胸もないくせに……)

千夜「自分でそう思いつつも、チノちゃんのためを思って話したんでしょう?」

シャロ「……心でも読めるわけ?」

千夜「シャロちゃんはいいことをしたと思うわ。少なくとも、私はそう思う」

シャロ「……あんたにそう思われてもあんまり嬉しくないかも」

千夜「さらっとひどいっ」

シャロ「冗談よ。……ありがとね」

千夜「どういたしまして。……それで?」

シャロ「?」

千夜「シャロちゃんは、いつ告白するの?」

シャロ「っ、うるさいわね!!///」


38:2014/10/14(火) 13:25:56.91 ID:
チノ「……」


『その気持ちはきっと、チノ自身が決着をつけないといけないものだ』

『チノちゃんの問題には、チノちゃんが答えを出さなきゃ』


チノ「私が、どうしたいか……」

チノ「私は…………ココアさんと………………」

チノ「…………お風呂、入らなきゃ」





チノ「あれ、リビングに電気がついて……」

ココア『ティッピー……私ってそんなに頼りないかなぁ』

チノ「ココアさん……?」


39:2014/10/14(火) 13:27:22.78 ID:
ココア『チノちゃんが悩んでることくらい、私にだって分かるのに……私じゃ力になれないのかな』

ティッピー『』ポケー

チノ(ココアさん……私のことでそんなに悩んで……)

ココア『やっぱりチノちゃんは、私よりお姉ちゃんのほうが……』グスッ

チノ「……っ!」

チノ「ココアさんっ!!」ガチャッ

ココア「……!?」ビクッ

ココア「ち、チノちゃん? どうしたの?」

チノ「こ、ココアさんは……! どうして……!」

ココア「え?」

チノ「どうして、そんなに私のことを気にかけてくれるんですか!?」

ココア「……もしかして聞こえてたの?」

チノ「ココアさんは……私のことを、どう思ってるんですか……?」

ココア「チノ、ちゃん……?」

チノ「……」

ココア「…………チノちゃん」ギュッ

チノ「っ///」


40:2014/10/14(火) 13:28:13.11 ID:
ココア「私は、チノちゃんのことが……大好きだよ」

チノ「ぁ……//////」

ココア「チノちゃんともっと仲良くなりたいし、チノちゃんにもっと頼ってもらいたいの」

チノ「……はい///」

ココア「もうラビットハウスに来てから1年以上経って……チノちゃんも私のこと、少しは慕ってくれてるかな、って……そんなこと考えちゃったりして」

ココア「でもお姉ちゃんが来たとき、チノちゃんすっごく嬉しそうで……そんなチノちゃんを見てたら、私、寂しくなっちゃったんだ」

チノ「ココアさん……」

ココア「チノちゃんともっと仲良く……もっともっと仲良くなろうと思って最近いろいろ頑張ってたんだけど……」

チノ「……それで、最近私にくっついていたんですか……?」

ココア「あはは……やっぱり、迷惑だったよね」


41:2014/10/14(火) 14:18:53.22 ID:
チノ「…………迷惑でした」ボソッ

ココア「うっ……! だ、だよね……」

チノ「でも……嫌では、ありませんでした」ギュッ

ココア「え……」

チノ「ココアさんが私に触れてくるたびにドキドキして……ココアさんのことを思うだけで胸のところが苦しくなって……」

チノ「ココアさんのことで頭の中がいっぱいになって仕事にも集中できなくなって……とっても迷惑だったのに、それなのに…………それ以上に心地よくて」

ココア「チノ、ちゃん……?」

チノ「こんな気持ちになったのは……ココアさんのせいです。だから……」

チノ「……せ、責任を、取ってください///」


42:2014/10/14(火) 14:19:58.73 ID:
ココア「責任……? それって、どういう……」

チノ「……ここまで言っても分からないんですか? 本当にココアさんはココアさんですね」ジトー

ココア「ご、ごめんなさい……」

チノ「ですから……その…………私と、ずっと一緒に………………ずっと、私の側に、いてください!//////」

ココア「!!!!!」

チノ「……ど、どうですか……?///」

ココア「ほ、本当に……私でいいの? お姉ちゃんじゃなくて……?」

チノ「私は、他ならぬココアさんにお願いしてるんです。モカさんは関係ありません」

ココア「……」

チノ「……」

ココア「……」グスッ

チノ「こ、ココアさん!?」


43:2014/10/14(火) 14:21:08.19 ID:
ココア「あ、あはは。ご、ごめんね……嬉しくて、つい……///」グスッ

チノ「そ、それじゃあ……」

ココア「……うん。私も、ずっとチノちゃんと一緒にいたい。一緒にいさせて?」ギュッ

チノ「……はい///」ギュッ

ココア「これからも、よろしくね。……あーあ、チノちゃんにここまで言ってもらわなきゃ分からなかったなんて……」

チノ「こ、今回だけは、特別に許してあげます。それにこれからは……ココアさんと私は…………こ、こいび――」

ココア「うん! 今までもこれからも、チノちゃんは私の大切な妹だよ!」ニコッ

チノ「……………………えっ」

ココア「え?」


44:2014/10/14(火) 14:22:53.52 ID:
翌日 ラビットハウス



リゼ「まあ、つまりだ。私達はココアの気持ちを誤解してたみたいだな」

リゼ「ココアがモカさんに嫉妬していたのは、あくまで『チノの姉』としての立場を奪われることを危惧していたからだったってことらしい」

リゼ「私に事の顛末を電話で伝えてきたときのチノの怒りっぷりはすごかった……まあ、当然の怒りではあるが」

千夜「まあ……」

シャロ「チノちゃんには悪いことしちゃったわ…………でも」チラッ


ココア「ねぇ、チノちゃ~ん。こっちおいでよ~。ギュッてしてナデナデしてあげるから~」

チノ「結構です。ココアさんなんて、どこか遠くに行って妹王国でも作ってればいいんです」ツーン

ココア「うーん…………あ、ちゅーもしてあげるよ!」

チノ「…………そ、そんなことだけじゃ絆されませんよ!///」ダッ


シャロ「結果オーライ、なのかしら」

千夜「ふふ、そうね」


45:2014/10/14(火) 14:24:36.48 ID:
リゼ「ああ。今までより多少騒がしくはなったが、無事ラビットハウスにも平穏が帰ってきた。ありがとな、二人とも」

千夜「私は何もしてないわ。お礼ならシャロちゃんに」

シャロ「私だって何もしてないわよ。今回のは……」


ココア「う~……彼女の態度が冷たいよぉ……」シクシク

チノ「………………か、彼女//////」


シャロ「チノちゃんが頑張ったおかげでしょ」

リゼ「……まったくだな」

ココア「シャロちゃん、千夜ちゃん! チノちゃんがつれないよう!」

チノ「ココアさん、しつこいです。…………あの、シャロさん、今回はありがとうございました」

シャロ「お礼言われるようなことはしてないわよ。私はチノちゃんに相談に乗ってもらっただけだし」

チノ「それでも、ありがとうございました」ペコリ



46:2014/10/14(火) 14:27:06.75 ID:
ココア「相談? 何の?」

シャロ「……ほんと、あんたが羨ましいわ」

ココア「?」

チノ(羨ましい? …………あっ)

チノ「こ、ココアさん! シャロさんに失礼ですから! 離れてください!」

ココア「え?」

チノ「す、すいません、シャロさん……」

シャロ「?」

チノ「そ、その…………シャロさんの気持ちも考えず……私達ばっかり騒いでしまって……」ボソボソ

シャロ「私の気持ち?」

シャロ(チノちゃんは何のことを……………………え!?)

シャロ「ち、ちがっ、違うわよ、チノちゃん!?」

チノ「え……でも、シャロさんの前で恋人がどうとか無神経なことを……」

シャロ「あのときのことは気にしないで! だいたい、私、まだ告白したわけでも振られたわけでも…………あっ」

ココア・リゼ「「告白?」」


47:2014/10/14(火) 14:29:05.26 ID:
シャロ「え、あ……いや、その…………」

千夜「あらあら」

ココア「シャロちゃん、好きな人いたの!? どうして言ってくれなかったの!?」

シャロ(あ、あんたに言えるわけないでしょ!?)

千夜「水くさいじゃない、シャロちゃん! 言ってくれれば私達、協力するのに!」

シャロ「あ、あんた、面白がって……!」

リゼ「二人とも、落ち着け。シャロだって、私達に言いづらいこともあるだろう」

シャロ「り、リゼ先輩……!」

リゼ「それで? 相手は学校の奴か? それともバイト先とかか?」ワクワク

シャロ(リゼ先輩が一番食いついてるー!? と、とにかく話題を変えないと!)

シャロ「そ、そういえばー! 最近ティッピーを見てない気がするけど、どうかしたの、チノちゃん!?」

チノ「え? あ……そ、そうですね、なんだか最近元気がないみたいで……」

シャロ「そ、それは心配だわー! 様子を見に行ったほうがいいかしらー!?」

シャロ(さあ、食いついて……!!)

ココア「確かに最近ティッピーのこと見てないかも?」

リゼ「というかシャロ、ウサギが苦手なのは克服したのか?」

シャロ「あー! そういえばそうでしたー! あははははー!」

シャロ(よ、よし! これで完全に話題は流れて――)


49:2014/10/14(火) 14:33:01.10 ID:


千夜「いいえ! 今はティッピーよりもシャロちゃんの恋路よ! さあ、シャロちゃん、私達に詳しく話して!」

シャロ(ち、千夜ああああああああ!?)

ココア「あ、そうだよ! 大丈夫だよ、シャロちゃん! 私達がついてるからね!」

チノ「ど、どうすれば……」アワアワ

リゼ「シャロが惚れた相手かあ……どんな奴だろうなぁ」

シャロ「ど……ど……………」





シャロ「どうしてこうなるのよぉー!!!!!」










ティッピー「チノが……わしに隠し事なんてしたことなかったチノが…………」ポケー

チノ父(親父……最近そればっか言ってるな)

ティッピー「チノ……チノぉ…………」



おしまい


50:2014/10/14(火) 14:35:30.98 ID:
シャロちゃんはリゼと幸せになってほしいと思いつつも
千夜とのツーカーな関係も素晴らしくて困りものですね


読んでくださった方、ありがとうございました


人気記事