1:2014/10/22(水) 13:43:32.51 ID:


P「――って夢を見たんだよ」

智絵里「は、はい……?」


P「ツインテールの髪がさ……こう、くるくるくるくる……って」

智絵里「はぁ……」

P「あぁ、なんというか……空を飛んでる智絵里もかわいいなぁって感じたんだ」

智絵里「えと……ありがとう、ございます……?」

P「俺も智絵里と一緒に空を散歩したいなぁ……はぁぁあ……」

智絵里「……あの……」


P「空を自由に飛びたいなぁ……」ボケーッ

智絵里(はい、タケコプター……じゃなくて。ど、どうしよう……Pさん疲れてるのかな……?)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413953012
2:2014/10/22(水) 13:47:22.56 ID:
P「はぁぁぁああああ……」


智絵里「……あ、あのっ……!」

P「ん……? どした、智絵里……」

智絵里「わ、私、空は飛べませんけど……」

智絵里「Pさんと一緒に、普通にお散歩したいです……。行きませんか?」

P「……智絵里と?」

智絵里「はい。……その、迷惑じゃなければ、ですけど」

P「……はは。ありがとな、智絵里。気遣ってくれて」

智絵里「あ……。えへへ……」


3:2014/10/22(水) 13:49:11.94 ID:
P「うん、行こうか。あとちょっとで今の仕事も一段落つくからさ」

智絵里「はい……! 待ってますねっ」

P「おうっ」


がちゃっ


卯月「おはようございまーすっ♪」

卯月「島村卯月、今日も元気に頑張りますっ!」


智絵里「あ、卯月ちゃん。おはようございます……♪」

卯月「智絵里ちゃん! えっへへ、おはよう♪」


4:2014/10/22(水) 13:51:42.96 ID:
P「…………」

P「……卯月、か……」


智絵里「え……!?」

卯月「おはようございますっ、プロデューサーさん♪ 今日も私、頑張りますよー!」ニコー

P「あぁ……頑張ろうな……」

卯月「……? プロデューサーさん、どうかしましたか? なんだか元気がないような」

P「いや、ただ……」

卯月「ただ?」


P「卯月にペペロンチーノをまぶされて食べられる……」


P「――って夢を見たのを思い出したんだよ」

智絵里「」

卯月「なるほどー。私がプロデューサーさんをペペロンと一緒に……って、ええー!?」


5:2014/10/22(水) 13:56:18.83 ID:
P「あぁ、でも……卯月に食べられるのなら本望かもな……なんて」

智絵里「Pさん、ど、どうか落ち着いて……!」オロオロ…

卯月「うーん、確かに私、ペペロンもプロデューサーさんも大好きですけど……」


卯月「それなら、行きつけのパスタ屋さんにプロデューサーさんと行って、一緒にペペロン食べたいですっ。えへへ♪」


P「俺と、一緒に……?」

卯月「はい♪ あ、でもこれってデートになっちゃいますよね……あはは、恥ずかしいです」テレテレ

P「そっか……俺と……。はは、そうか……」

卯月「ね、だから元気出してください。ふふっ♪」

P「ああ……!」

智絵里(よ、良かった……。やっぱりすごいなぁ、卯月ちゃん……)


6:2014/10/22(水) 13:59:37.16 ID:
P「よし、俺も頑張ろう……!」カタカタ


智絵里「卯月ちゃん、卯月ちゃん……」

卯月「智絵里ちゃん? どうしたの?」

智絵里「えっと、Pさんのことで少し……」

卯月「プロデューサーさん? うん、元気になってくれたみたい♪」

智絵里「ふふ、うん……。それで、かくかくしかじか――」

卯月「ふんふん、まるまるうまうま――え、プロデューサーさん、そんなに疲れて……?」

智絵里「はい……。今は持ち直したけれど、また――」


がちゃ


李衣菜「おはよーございまーす」


智絵里・卯月「あ」


7:2014/10/22(水) 14:04:13.93 ID:
P「…………」ピタッ


李衣菜「あ、智絵里ちゃんに卯月ちゃんだ。おはよー!」

智絵里「お、お、おはよう李衣菜ちゃん……!」

卯月「きき、今日もいいお天気ですねっ!」

李衣菜「? どうしたのそんなに慌てて」

智絵里「え、えっと――!」


P「……李衣菜。来たのか……」ヌッ

李衣菜「わっ。びっくりした……プロデューサー、急に後ろから話しかけないでくださいよぉ」

智絵里・卯月(あああああ)


8:2014/10/22(水) 14:06:56.51 ID:
李衣菜「ってあれ、なんか顔色悪くないですか? 熱でもあるんじゃ……失礼します」ペタッ

P「ん」

李衣菜「……んー、特に熱はないですね。あはは、拾い食いでもしました? なーんて」

P「…………」ジッ

李衣菜「……? 私の顔に何か?」


P「李衣菜の……」

李衣菜「はい? 私の、なんですか?」


P「李衣菜の家でハムスターのように飼われる……」


P「――そんな夢を見たかもしれないんだ」

李衣菜「は?」

智絵里・卯月「あああああ」


9:2014/10/22(水) 14:09:22.46 ID:
李衣菜「……ここで混乱したらダメな気がする。うん、びーくーるびーくーる……」

李衣菜「……こほん。で、なんでしたっけ?」


P「飼ってくれ、李衣菜」

李衣菜「」


李衣菜「やっぱり無理だよー!? 助けて二人ともーっ!」

智絵里「り、李衣菜ちゃん、ちょっとこっちへ……!」

卯月「さ、作戦会議! 作戦会議しましょう!」


10:2014/10/22(水) 14:11:57.80 ID:
P「ははは……俺が滑車を回してるビジョンが視える……へへへ」


李衣菜「なんなの? プロデューサーに何が起きちゃったの!?」

智絵里「そ、それが……」

卯月「実はぶるぶるつりつりで――!」

李衣菜「えええ、あずーるちゃいるどだって――!?」


P「ああっ、アレックスさんかじらないで……!」


11:2014/10/22(水) 14:15:40.05 ID:
李衣菜「とにかくなんとかしないと……! えーとんーと……あっ、そうだ!」ティン

李衣菜「プロデューサー、一緒に音楽聴きませんか?」

P「そんな、毎日ツイッターに写真載せられるなんて――え、なんだって李衣菜?」

李衣菜「ですから、音楽聴きましょう! きっとストレス解消にもなりますって」

P「音楽……」

李衣菜「はい! 私のお気に入りの曲とか、プロデューサーが好きな歌とか、色々!」

P「俺の好きな……。李衣菜の、お気に入り……」

李衣菜「へへ、最近はロックだけじゃなくて、クラシックとか色んなジャンル聴いてるんですよ!」


12:2014/10/22(水) 14:19:06.03 ID:
P「そうなのか、クラシック……。確かに心が落ち着きそうだな」

李衣菜「でしょー? 変な夢も見なくなりますよ、絶対!」

P「はは……ありがとう、李衣菜。ハムスターになるよりよっぽどマシだよな」

李衣菜「そうですよ。よく分かんないことは忘れて、私と音の世界を楽しみましょう!」

P「……ああ、そうだな!」


智絵里「わぁ……! 李衣菜ちゃんすごいです……!」

卯月「えへへ、プロデューサーさんも笑顔になりましたねっ!」

李衣菜「へへへー♪」bグッ


13:2014/10/22(水) 14:22:07.92 ID:
P「智絵里と散歩に、卯月と食事、李衣菜と音楽鑑賞……へへ、楽しみだなぁ!」カタカタ…


卯月「これで一件落着、ですね♪」

智絵里「えへへ……Pさん、だんだん元に戻ってきたみたいです」

李衣菜「これくらい元気になれば、もう大丈夫だよ!」

智絵里「ふふ、良かったぁ……♪」


がちゃり


ちひろ「お疲れさまでーす♪ 千川ちひろ、ただいま戻りましたー!」


P「…………あ」

P「あ、ああ……ああああ……!!?」ガクガク


三人「!?」


14:2014/10/22(水) 14:25:44.05 ID:
P「ち、ちひ……ちっ、ちひひ……!」ガタガタ…

ちひろ「あら、プロデューサーさん♪ お疲れさまですっ」

P「ちひろ、さん……!!」

ちひろ「? はい、あなたのアシスタント、ちひろですよ♪」ニコー

P「あああ……ああああ……!」ブルブルブル

ちひろ「んん? どうしましたー、プロデューサーさーん?」


15:2014/10/22(水) 14:29:38.26 ID:
李衣菜「わああああちひろさん! ちょっとこっちへきてください!」

卯月「あ、あのっ、ぷ、プロデューサーさんのことについてお話がありまして!」

智絵里「す、少しだけお時間をくれませんか……!?」

ちひろ「あら、みんな? プロデューサーさんがどうか――」


P「……ちひろさん」

ちひろ「は、はい?」


P「あなたの素敵な三つ編み……」

P「――その中に、俺も編み込まれた夢を見たんです」

P「ぜひ、編み込んでください!」

ちひろ「……へっ!?」


三人「あああああああああ――!!!」


ああああああああ――!!

ああああああ――!

ああああ――

―――

――





おわり


17:2014/10/22(水) 14:30:37.23 ID:
というお話だったのさ
なにこれ


人気記事