1:2014/10/27(月) 20:59:44.58 ID:
P「こう毎日残業が続くと、流石に堪えるなあ……」コキコキ

杏奈「……プロデューサーさん、疲れてる……の?」

P「ん? ああ、すまんな。急にため息なんかついて」

杏奈「目……クマ、出来てる……」

P「はは、こんなの珍しくともなんともないって」

杏奈「……プロデューサーさんは、お休みしないの?」

P「そんな暇があったら、お前達の為に体動かしてた方がよっぽど有意義さ」

杏奈「……お仕事以外に、やりたいこととかは……」

P「そうだなあ。もしそんな時間が出来るんなら、久しぶりに丸一日杏奈とゲームでも没頭してたいかな」ハハッ

杏奈「……杏奈と、ゲーム……」

P「もしの話だから気にするなって。ほら、そろそろ外も暗くなるし、杏奈も早く家に帰りなさい」

杏奈「……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1414411174
2:2014/10/27(月) 21:01:35.08 ID:
チュンチュン

P「うーん……結局徹夜しちゃったか」

ガチャ

P「?」

杏奈「おはよう……ございます……」

P「おお、杏奈か。今日は珍しく早いな……」

杏奈「……」ボロッ

P「って、どうしたんだその格好!? そんなにボロボロになって……!」

杏奈「……これ」スッ

P「こ、これは……俺が発売日当日、5時間並んでも買えなかった幻のゲームソフト……!?」

杏奈「……思ってたより時間、掛かっちゃったけど」

P「ま、まさかお前……わざわざ、このゲームソフトを俺にプレゼントする為に……?」

杏奈「プロデューサーさん……」

P「杏奈……っ!」
























杏奈「……徹夜でクリア、しておいたよ……!」

P「なんでだよ」



3:2014/10/27(月) 21:03:47.47 ID:
P「うーん……」カリカリ

杏奈「プロデューサー……何か考え、中?」

P「ああ、杏奈か。いや、今度の営業の件なんだけどさ」

杏奈「……杏奈が、ドラマ出演するかもしれないって話……?」

P「そうだ。そこで、杏奈の魅力を上手くPRする為の資料を作ってるんだが……今迄以上のモノをと思うと、中々上手くいかなくてな」

杏奈「……杏奈を、PR……」

P「何かないかなあ。それこそビビッ! ってくるような、画期的な営業方法……」カリカリ

杏奈「……」



4:2014/10/27(月) 21:05:31.37 ID:
杏奈「……プロデューサーさん」

P「おお、杏奈か。急にどうした……」

杏奈「……枕営業って言葉、知ってる?」

P「!?」

杏奈「……さっき、ネットで色々検索してる時に見つけちゃったんだ……」

杏奈「……相手の偉いおじさん達と『交渉』して、無理やり契約を取り付ける営業の仕方……」

P「あ、杏奈……? お前、一体何を言って……」

杏奈「今度の仕事……もし取れなかったら、事務所の経営にも大きく関わってきちゃうんだよね……」

P「ま、まさか……!」ガタッ

杏奈「プロデューサーさん……」

P「やめろっ、杏奈ぁぁっ!!」



















杏奈「……頑張って……!」

P「ふざけんな」



6:2014/10/27(月) 21:08:43.83 ID:
杏奈「プロデューサーさーん……」

シーン

杏奈「……誰も居ない、の?」

杏奈「……」キョロキョロ

杏奈「あ……小鳥さんの机に手紙が……」

杏奈「皆へのファンレター、かな……」

杏奈「……」ピラッ

杏奈「……!」



7:2014/10/27(月) 21:11:52.54 ID:
P「ええ!? 杏奈が居なくなった!?」

小鳥「まだ家にも帰ってないらしいんです……!」

P「くそっ! まさかファンレターに混じって、杏奈への悪質な批評が書かれていただなんて……!」

小鳥「すみません……これも私が、忙しいのを理由に手紙の仕分けを先延ばしにしていたから……!」

P「謝らないで下さい小鳥さん! まずは、杏奈の居場所を突き止めるのが先です!」

P「あいつは……あいつはっ! あんな紙切れ一枚で潰されていいアイドルなんかじゃないんだ!」

小鳥「プロデューサーさん……!」

P「待ってろよ、杏奈……!」

P「例え何時間……何日掛かろうと、必ず俺が見つけ出してやるからなっ!!」



















奈緒「仮眠室におったでー」

杏奈「……プロデューサーさん、おはよう……」ファーア

P「少しぐらいは気にしろよ」



9:2014/10/27(月) 21:14:50.88 ID:
杏奈「プロデューサーさん……」

P「おお、どうした杏奈?」

杏奈「……今度、学校で文化祭があるんだけど……」

P「へえ……中学でもう文化祭があるのか。杏奈の学校は凄いな」

杏奈「……そこでね。出し物で、杏奈に一曲だけ歌って欲しいって皆が……」

P「歌うって、アイドルの曲をか?」

杏奈「うん……」

P「うーん……俺は別に構わんが、一応社長の許可が降りんことにはなあ」

杏奈「……やっぱり、ダメ?」

P「いや、待てよ。いい宣伝の機会にもなるし、そう難しい話でもないな……」ブツブツ

杏奈「……」

P「わかった、社長には俺から伝えておくよ。好きなように文化祭、楽しんできなさい」

杏奈「……ありがとう。あと、もう一つだけ……」

P「ん、まだ何かあるのか?」

杏奈「プロデューサーさんに……杏奈が歌ってるとこ、見守ってて欲しいの」

P「ぶ……文化祭を見に来いってことか?仕事との兼ね合いもあるし、流石にそれは……」

杏奈「……お願い……」

P「……」



10:2014/10/27(月) 21:19:20.57 ID:
P「はぁ、はぁっ……! まさか、お得意さんとの商談がこんなに長引くとは……!」タタタッ

P「時間は……くっ! ギリギリか!」チラッ

P「杏奈……!」

杏奈『……やっぱり、杏奈はプロデューサーさんが居ないとスイッチ入らないから……』

P「杏奈……っ!」ダダダッ

杏奈『やっぱり……アイドル『望月杏奈』は、プロデューサーさんが居てこそだから……』

P「待ってろよ、杏奈……もうすぐっ、もうすぐだからな!」タタタッ

バタンッ

P「着いた! 杏奈は……!?」
















杏奈「イエーイッ! みんなーっ、盛り上がってるぅー!?」

\ワァァァァッ/

P「絶好調じゃねえか」



11:2014/10/27(月) 21:22:26.50 ID:
P「うーん……」ゴホゴホ

杏奈「……プロデューサーさん、カゼ?」

P「かもなあ。一応、体調管理には気をつけていたつもりなんだが……」

杏奈「……無理はしちゃ、ダメ」

P「大丈夫だって。これから片付けなきゃいけない仕事は山程あるんだ、お前達の為にまだまだ頑張らないとな」

杏奈「……」



12:2014/10/27(月) 21:25:05.65 ID:
P「……」ゴホゴホ

P「うーん……流石に風邪気味の身体に徹夜は堪えたか……」

P「まさか、この俺が熱で寝込むことになるとは……杏奈の言う通り、少し無理をし過ぎたかもしれんな」

コンコン

P「? はーい」

杏奈「……プロデューサーさん、入るよ……」ガチャッ

P「あ、杏奈!? お前、どうしてここに……」

杏奈「……プロデューサーさん、熱で大変そうだったから……」

P「ひょっとして……看病しに来てくれたのか?」

杏奈「……」コクッ

P「そ、そうか……あの引っ込み思案だった子が、こんなにも他人想いの女の子に成長してくれるとはなあ」グスッ

杏奈「……プロデューサーさんは、特別」

P「へ?」

杏奈「……プロデューサーさんには、いつも元気でいて欲しいから……」

P「杏奈……!」ブワッ
















杏奈「……だから、美奈子さん呼んできた……!」

美奈子「プロデューサーさん! とりあえず、この鍋一杯のお粥でカロリーの補給を!」ドスンッ

P「嫌がらせか」



13:2014/10/27(月) 21:27:31.91 ID:
P「いやー、今日の仕事は疲れたなあ」

杏奈「……」

P「腹も減ったことだろうし、軽く飯でも食べて……」

杏奈「……」ジー

P「……?」ピタッ

杏奈「……」ジー

P「さっきから、杏奈は一体何を見てるんだ?」

杏奈「……新作の、ゲーム……」ジー

P「へえ。杏奈は、こういうジャンルのゲームも好きなんだな」

杏奈「……」ジー

P「……欲しいのなら、買ってやろうか?」

杏奈「……ううん、大丈夫……」

P「今更遠慮なんてしなくてもいいんだぞ? 今日のお前頑張ってたんだし、飯だって良いモノ食わせて……」

杏奈「遠慮なんてしてない……だって……」

P「?」

杏奈「杏奈……プロデューサーさんからはもっと、大事なモノいっぱい貰ってきたから……」

P「……」

杏奈「……それこそ今更、プロデューサーさんの少ないお給料でゲーム買ってもらわなくても、平気」

P「一言多いんだよ」

杏奈「ふふ……」



14:2014/10/27(月) 21:30:34.41 ID:
ガチャ

杏奈「……プロデューサーさん、おはよう……」

P「ああ、杏奈。おはよう」カタカタ

杏奈「……?」カサッ

P「……」カタカタ

杏奈「プロデューサーさん、これ……」

P「そのゲーム、欲しかったんだろ?」カタカタ

杏奈「……けど杏奈、昨日は大丈夫だって……」

P「バカ、子供が一丁前に気を使うんじゃない。それに……」

杏奈「……」

P「大事なモノ、両手じゃ数え切れないくらい貰ってきたのは俺も同じだからさ」

杏奈「……!」

P「安っぽくてスマンが、これぐらいの礼はさせてくれよ」

杏奈「……プロデューサーさん……」















杏奈「……杏奈が欲しかったの、これのリメイク版なんだけど……」

P「そういうところで気を使えよ」



16:2014/10/27(月) 21:33:13.82 ID:
恵美「プロデューサーってさ、好きな人とか居るの?」

P「なんだ、藪から棒に?」

恵美「いやー……プロデューサーって、結構皆からアタック受けること多いじゃん?」

P「美希と翼が大半だけどな」

恵美「クラッ、ときたりしないの?」

P「しないな」

恵美「少しぐらいなら手出してもいいかなー、とか思ったりは……」

P「社会的に殺されるだろ」

恵美「……やっぱり、プロデューサーって好きな人居るでしょ」

P「そんなに気になることか、それ?」

恵美「だってそうでもないと、事務所の皆と何の音沙汰もないのはおかしいもん」

P「な、何怒ってるんだ?」

恵美「別に! 何でもないよっ!」プイッ

杏奈「……」



17:2014/10/27(月) 21:36:15.90 ID:
杏奈「……プロデューサー、さん……」

P「ああ、杏奈か。……って、そんな神妙な顔してどうかしたか?」

杏奈「……杏奈ね。プロデューサーさんに、大事な話があるの……」

P「大事な話……?」

杏奈「その……」

P「はは、なんだよ。そんなにかしこまって」

杏奈「……っ」

P「ああ、分かった。また一緒にモンハンやって欲しいとか、そういう……」

杏奈「……あ、あの……! プロデューサーさん……!」

P「……? お、おう」


















杏奈「……やっぱり、ホモなの……?」

P「やっぱりってなんだ」




18:2014/10/27(月) 21:38:48.20 ID:
杏奈「……」ポチポチ

杏奈「ダメ……今、去年から好評配信中の、ミリオンライブのイベント走ってるんだけど……」

杏奈「どうしてもアイテムが足りない……」

杏奈「……あと、ほんの少しポイント稼げれば1200位以内に入れるのに……」

杏奈「……」

杏奈「」チラッ

『今だけ! 数量限定、お得価格で課金アイテム配信中!』

杏奈「……」



19:2014/10/27(月) 21:41:08.31 ID:
P「ダメだ」

杏奈「え……?」

P「杏奈はまだ中学生だろ? そう簡単に課金なんて言葉を口にするんじゃない」

杏奈「で、でも……! せっかく、ここまで頑張ってきたのに……!」

P「それだ」

杏奈「?」

P「今迄費やしてきた時間と労力……それを全部、お金で解決しようだなんて絶対に間違ってる」

杏奈「……!」

P「少なくとも学生の間から、俺はそういう遊びをお前達に学んで欲しくないんだ」

杏奈「プロデューサーさん……」

P「報酬が得られずに悔しいお前の気持ちも分かるが、立場上どうしてもそれを勧めるわけには……」

杏奈「うん……大丈夫。杏奈、もう少しで大事なモノまで失う所だったよ……」

P「杏奈……」

















杏奈「……この間経費でラブ◯イブの課金してた、小鳥さんみたいな大人になるなってことだよね……!」

P「ちょっとその話詳しく聞かせてくれないか」



20:2014/10/27(月) 21:45:16.33 ID:
可奈「最近寒いねー、志保ちゃん」

志保「……そうね」パラパラ

可奈「衣替えの季節だねー」

志保「……そうね」パラパラ

可奈「私、実は今日薄着で来ちゃって……」

志保「……」

可奈「さっきまで身体冷え冷えでさ、事務所に辿り着くまでは本当にジゴクだったよ」アハハ

志保「……」スッ

可奈「?」

志保「……」ポスッ

可奈「へ? し、志保ちゃん、身体近い……」

志保「……寒いのは、私も苦手なの」

可奈「志保ちゃん……!」パアッ


















百合子「ちょっと! 昴さん、近いですよ!」ギュムッ

昴「いいだろ別に。寒いんだから」ギュムッ

百合子「良くないっ! これじゃあ、せっかく今日買ってきた小説が読めないじゃないですか!」

昴「最初にくっ付いてきたのは百合子だろ?」

百合子「あ、あれはその……! 手頃な人間カイロが手元に欲しかっただけです!」

昴「百合子も言うようになってきたよなあ」ムニュ

百合子「ひゃ……っ!? こ、今度はどこ触ってるんですか!」

昴「お胸」

百合子「ちょっとお上品に言っても駄目です!」

昴「おっぱい」

百合子「普通に言ってもダメッ!」

杏奈「……」




21:2014/10/27(月) 21:49:29.17 ID:
杏奈「……最近」

P「?」

杏奈「……事務所の皆、仲良いよね」

P「……急に、どうかしたか?」

杏奈「……ううん、なんでもない……」

P「そっか……」カタカタッ

杏奈「……」

P「……」カタカタッ

杏奈「……」スススッ

P「?」

杏奈「……」ピトッ

P「……」

杏奈「……」

P「……」カタカタッ

杏奈「……プロデューサーさんは、杏奈のことキライ?」

P「……なんだよ、また唐突に?」カタカタ

杏奈「だって……」






















杏奈「……普通はここでクールにデレたり、杏奈の胸揉んだりするものなのに……」

P「何言ってんだお前」



22:2014/10/27(月) 21:51:23.47 ID:
未来「プロデューサーさーん!」タタタッ

P「未来か。そんなに慌てて、どうかしたか?」

未来「この間のライブ映像、見てくれましたかっ!?」

P「ああ……ついさっき見てきたよ。頑張ったな、未来」ナデナデ

未来「え、えへへ……」デレデレ

翼「あっ、未来ばっかりずるーい! プロデューサーさん、私もー!」ダキッ

P「分かった分かった。お前も今日のレッスン、真面目にこなしたら頭撫でてやるから」

翼「本当!?」パアッ

静香「……」

P「ああ。それとな……」チラッ

静香「……?」

P「静香も、本番は最高の出来だったぞ」ナデナデ

静香「……へ!? あ、えと……」

P「」ナデナデ

静香「と……当然、です……」カァァッ

翼「あー!? プロデューサーさん、二人ばっかりエコひいきしてズルいー!」

P「こうでもしないとお前、練習本気出さないだろ」

翼「むうぅぅ……っ! こうなったら、レッスンの先生が驚いて腰抜かしちゃうぐらい、凄い奴見せちゃいますから!」

P「おう。期待してるぞ」

杏奈「……」



23:2014/10/27(月) 21:53:37.92 ID:
杏奈「……プロデューサー、さん……」

P「ん?」

杏奈「……この間のライブ映像、見た……?」

P「おう、見たぞ」

杏奈「……」

P「……」

杏奈「……それだけ?」

P「ああ」

杏奈「……感想、とかは……」

P「そうだなあ。皆、凄く可愛らしかったというか……」

杏奈「……っ」

P「杏奈こそ、他に用事はないのか?」

杏奈「……ない、けど……」

P「そうか」

杏奈「……っ、ゴメン、杏奈もう帰るね……」

P「……杏奈」

杏奈「何、プロデューサーさん……」


























P「本当に、良く頑張ったな」ナデナデ

杏奈「……!」



24:2014/10/27(月) 21:55:27.64 ID:
杏奈「……」

P「……杏奈?」

杏奈「……遅い……」

P「?」

























杏奈「……褒べるの、おぞい……っ!」ポロポロ

P「はは。……意地悪して、悪かったな」ナデナデ

杏奈「……っ!」ギュウゥゥゥッ



26:2014/10/27(月) 21:59:38.00 ID:
杏奈「……」ポー

P「どうした杏奈。そんなところでポケっと突っ立って」

杏奈「……プロデューサーさん……」

P「何か考え事か?」

杏奈「考え事……というより、ただの妄想かも……」

P「……妄想?」

杏奈「……プロデューサーさんが、いつも杏奈に優しいのはね。自分がただ、中学生好きのロリコンなだけであって……ていう、妄想」

P「なんだその悪意のある設定」

杏奈「……もしそうなら数年後、成長した杏奈のことは見限って、若いアイドルに手を出しに行くのかなとか考えてた……」

P「お前の妄想の中の俺、最低じゃねえか」

杏奈「……男の人は皆、こういうものだってお母さんに聞いたよ?」

P「まあ、確かに若い子に目移りしやすい男は多いだろうが……」

杏奈「……プロデューサーさんは?」

P「少なくとも俺は、杏奈を途中で見捨てたりはしないさ」

杏奈「……なんか、嘘っぽい……」

P「手厳しいな」

杏奈「……もっと具体性かつ、胸にビビッと来るような言葉じゃないと杏奈は倒せない……」

P「プロデューサーが自分の担当アイドル倒してどうすんだ」

杏奈「……杏奈と勝負するの、怖いの……?」

P「分かったよ。胸にビビッと来る言葉、ねえ……」

杏奈「……」



27:2014/10/27(月) 22:01:57.81 ID:
P「ずっと一緒に居たい、とか?」

杏奈「……イマイチ」

P「杏奈を一生かけてプロデュースしたい、とかは?」

杏奈「……重い」

P「今まで仕事頑張ってたのは、実は全部杏奈の為でしたとか」

杏奈「……微妙」

P「プロデュースし始めた時から好きでした」

杏奈「……変」

P「他のアイドルの告白も杏奈の為に断ってました」

杏奈「……勿体無さ過ぎ」

P「杏奈がトップアイドルになれたら、プロポーズしようと思ってました」

杏奈「……まだ14歳だったらどうするの」

P「結婚しよう」

杏奈「……プロデューサーさん……」

P「なんだ?」


























杏奈「……そのロリコン、杏奈が大人になる頃には治しててね……」チュッ

P「おう」




おしまい



28:2014/10/27(月) 22:04:38.07 ID:
おまけ


小鳥「え? プロデューサーさん、今日お休みなんですか?」

高木「ああ……なんでも、記念に約束だった望月君とのゲームを1日中楽しみたいとか」

小鳥(記念ってなんだろ……)

高木「そこでだ。今日1日きりだが、プロデューサーとしての業務は音無くんに任せようと思う」

小鳥「へ?」

高木「流石に、アイドル達だけでは手が回らないだろうからね……」

小鳥「ちょ……ちょっと待って下さい! 私、プロデューサーの仕事なんて……!」

高木「ああ、そうそう。望月君から一言、音無くん宛に伝言を預かっていてね」

小鳥「杏奈ちゃんから……?」

高木「ええと、なんだったかな……そうだ!」























高木「ラブ◯イブ」

小鳥「外回り行ってきます」





本当におしまい



29:2014/10/27(月) 22:06:43.72 ID:
コメントくれた人、最後まで読んでくれた人ありがとうございました!


人気記事