1:2014/10/28(火) 15:01:50.24 ID:
   Pの自宅

P「いやぁ、今日も一日疲れたなぁ……」

P「でも、泣き言を言ってはいられない!」

P「何といっても、次のオールスターライブまでは残り一か月!」

P「アイドルのみんなは、俺以上に頑張ってるんだからな!」

P「さてと! 明日も忙しくなりそうだし、今日は早めに寝るか!」

P「それじゃ、お休み……」

P「うーん、むにゃむにゃ……」

??「勇者様……」

P「くぅくぅ……ん?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1414476100
2:2014/10/28(火) 15:04:20.97 ID:
??「どうか私達の、夢の世界をお救いください……」

P「誰だ、この声――」

   ピカッ

P「うわっ!? な、何だこの光は!?」

   ピカアアアア

P「ひ、光が、広がって……!? の、のわああああああっ!?」


  ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※




3:2014/10/28(火) 15:08:33.02 ID:
   夢の世界 神殿

P「う、うーん……はっ!?」

??「お待ちしておりました」

P「誰だ……綺麗な女の人……? それより、ここはどこだ?」

??「ここは夢の世界の神殿。現実世界を生きる方々の夢を司る、神聖な場所……」

P「は?」

??「そして私は、この神殿を守る女神です」

P「……何だって? 夢の世界に……女神……?」

女神「勇者様を召喚したのは、他でもありません」

P「勇者様……俺が?」

女神「魔王ナイトメアを倒し、ドリームオーブを取り返してほしいのです」


6:2014/10/28(火) 15:18:09.65 ID:
P「……あの」

女神「何か?」

P「何が何だか、俺にはさっぱりなんですが」

女神「では、順を追って説明していきましょう。長いとダレるので、三行で」

P「は? 三行?」

女神「こっちの話です。コホン……では」



女神「良い夢、楽しい夢を生み出す神器、ドリームオーブが魔王に奪われました」

女神「あれが魔の力に染まれば、現実世界の人々は毎晩悪夢に苛まれる事となります」

女神「どうか魔王を倒し、ドリームオーブを取り返してください」


7:2014/10/28(火) 15:20:14.41 ID:
女神「以上です」

P「何だか星のカービィのような、ドラクエのような話だな……」

女神「引き受けていただけますね?」

P「一つ、疑問があります」

女神「何でしょう」

P「どうして俺なんですか?」

女神「あなたが、この世界を救ってくれる勇者様に他ならないからです」

P「いや……。俺、違うと思いますよ?」

女神「間違いありません。私にはわかります」

P「その根拠は?」

女神「ティンときましたので」

P「はい?」


8:2014/10/28(火) 15:24:09.96 ID:
女神「ですから、ティンときたのです」

P「…………」

女神「もう一度言いましょうか? ティンと」

P「わかりましたわかりましたわかりましたよ! ティンときたなら仕方ないです!」

女神「詮索はなさらないのですね?」

P「その言葉を言われたら、何を言ってもムダな気がしまして」

女神「賢明な判断です」

P「とは言っても……俺、本当にただのアイドルプロデューサーなんですよ」

女神「現実の世界での勇者様の身分は、もちろん存じております」

P「……ちなみに、身分以外の俺に関する情報、どこまで知ってます?」

女神「あとは何も知りません」

P「あれ、そうなんですか?」

女神「むやみにプライベートを調査するのは、失礼かと思いまして」

P「はあ……」


9:2014/10/28(火) 15:28:39.04 ID:
P「まあ、それはともかくですね」

女神「はい」

P「そんな俺が、魔王なんて大それたヤツを倒せるんでしょうか?」

女神「不安に思われるのは当然です」

P「ええ。心の底から不安です」

女神「では今から、私が編み出した、打倒魔王のプランを紹介しましょう」

P「プラン、ですか?」

女神「ええ。その前に、最初に言っておかねばならないことがあります」

P「何でしょうか?」

女神「勇者様が夢の世界に留まれるのは、一日当たり八時間です」

P「ふむ……。ちょうど俺の睡眠時間と同じですね」

女神「夜、現実世界で勇者様が眠りに就いている時でないと、召喚できませんので」

P「そうなのか……。実生活に影響が出ないのはありがたいですね」


11:2014/10/28(火) 15:32:27.34 ID:
女神「そして八時間のうち、七時間はレベルアップに励んでいただきます」

P「レベルアップですか。具体的にはどうすれば?」

女神「今から私の力で、勇者様をこの世界の南端にある、567平原にワープさせます」

P「567って、何て読むんですか?」

女神「コムナと読みます」

P「予想通りでした。そこで俺は、何をすればいいんでしょう?」

女神「はぐれマイクを倒してもらいます」

P「は? はぐれマイク?」

女神「ええ。567平原には、マイク形の金属製モンスターが大量に生息しています」

P「は、はあ。なんだか、ゲームみたいな話になってきたぞ……?」


12:2014/10/28(火) 15:36:09.98 ID:
女神「固いうえにHPが5もあるので、一人で倒すことは困難ですが」

P「HPって、ヒットポイント……?」

女神「物事をわかりやすく伝えるのは、重要だと思いませんか?」

P「……否定はしませんが」

女神「ともかく。もし倒せた場合は、莫大な経験値が手に入ります」

P「つまりドラクエでいう、はぐれメタル狩りをしろと?」

女神「理解が早くて助かります」

P「ははは……そいつはどーも」

女神「経験を積んでレベルアップすれば、魔王を倒すことも不可能ではないでしょう」

P「そうかなあ……。でも、俺がやるしかないんですよね?」

女神「ええ、ティンと来ましたので」

P「……やれるだけはやってみます」

女神「ありがとうございます」


13:2014/10/28(火) 15:40:07.53 ID:
女神「そうそう、大切な事を言い忘れていました」

P「何をでしょうか?」

女神「タイムリミットまでは、今日を入れて三日です」

P「……はい?」

女神「三日を過ぎれば、ドリームオーブの力は魔王に取り込まれてしまいます」

P「…………」

女神「そうなったが最後、何人たりとも魔王を倒すことはできなくなるでしょう」

P「えっと」


14:2014/10/28(火) 15:44:24.16 ID:
女神「ですので三日のうちにレベルアップを行い、魔王を倒してください」

P「無理じゃん?」

女神「やってみなければわかりません」

P「いや、でも」

女神「それではよろしくお願いします。567平原にワープ!」

    ギュイーンギュイーン

P「うおぉぉぉぉ!? 体が空を飛んでいくぅぅ!?」

女神「七時間が経過したら呼び戻しますので。御武運を」

P「御武運を、じゃないだろおおぉぉぉぉ!?」


15:2014/10/28(火) 15:48:18.44 ID:
   夢の世界 567平原

P「飛ばされてきちゃったよ」

P「やれやれ……えらい事に巻き込まれたな……」

P「意外に順応できてるのは、日頃の生活のたまものかな?」

P「とにかくまずは、そのはぐれマイクとやらを見つけないと……お!」

   はぐれマイクが現れた!

P「早速出たぞ――」

   はぐれマイクは逃げ出した!

P「あ」


16:2014/10/28(火) 15:52:29.62 ID:
P「き、気を取り直して次に」

   はぐれマイクが現れた!

P「よし、今度こそ! てぇりゃあ!」

   Pの攻撃! はぐれマイクに1のダメージ!

   はぐれマイクは逃げ出した!

P「……えっと」

P「確か女神様、HPは5あるって言ってたよな」

P「つまり、逃げられるまでに一人で五回殴れと」

P「…………」

P「ムリゲーじゃん?」


17:2014/10/28(火) 15:56:14.82 ID:
   はぐれマイクが現れた!

   はぐれマイクは逃げ出した!

P「あ、ちょ」

   はぐれマイクが現れた!
  
   はぐれマイクの攻撃! ミス! Pはダメージを受けない!

P「お!」

   Pの攻撃! はぐれマイクに1のダメージ!

   はぐれマイクは逃げ出した!

P「…………」

P「どうしよ、これ……」


18:2014/10/28(火) 16:00:14.93 ID:
   七時間後 夢の世界 神殿

女神「成果はいかがでしたか?」

P「なんとか二匹倒せました」

女神「では、今のレベルは」

P「3です」

女神「…………」

P「…………」

女神「何という事でしょう」

P「だって、すぐ逃げるんですもん! そうそう五回も殴れないですよ!」

女神「弱りましたね。私の計算では、魔王を倒すには最低40レベルは必要なのです」

P「全然足りないじゃん!」


19:2014/10/28(火) 16:04:09.14 ID:
女神「まあ、終わったことを悔いても仕方がありません」

P「そりゃそうですけど……」

女神「では早速、魔王に挑んできてください」

P「……え?」

女神「プランでは七時間を修行に、残り一時間を魔王との決戦に使う事となっています」

P「でも、間違いなく勝てませんよね?」

女神「やってみなくてはわかりません」

P「わかりますよ! だってさっき、最低40レベル必要って言ったじゃないですか!」

女神「もしかすると、私の計算ミスかもしれません」

P「ミスってたとしても、適正レベルが3なわけないでしょーが!」


20:2014/10/28(火) 16:08:14.05 ID:
P「どう考えても無理でしょ! 3レベルで魔王倒すとか!」

女神「魔王はこの世界の北端にある675城で、オーブの力を得るための儀式を行ってます」

P「スルーですか」

女神「675はムナコと読みます」

P「ぶっちゃけ名前はどうでもいいです」

女神「せっかく私が親切心で……ぐすっ」

P「あ、ありがとうございます女神様! だから泣くのはやめて!」

女神「わかっていただければ結構です……ぐすん」

P「マジ泣きだったよ……ビックリした……」

女神「そうそう、また言い忘れる所でした」

P「切り替えがスピーディーですね……」


22:2014/10/28(火) 16:12:51.84 ID:
P「で、今度は何ですか?」

女神「勇者様が命の危険を感じたときは、私を呼んでください」

P「女神様を、呼ぶ?」

女神「ええ。私が魔法で、勇者様をこの神殿に呼び戻しますので」

P「じゃあ俺が判断を誤らなければ、死ぬことはないんですね?」

女神「ええ。ここは結界に守られていますので、ご心配なく」

P「今の一言で、一気に気が楽になりましたよ……。そうだ、疑問なんですが」

女神「何でしょう?」

P「それだけの魔力があるなら、女神様が自分で行けばいいんじゃ?」

女神「残念ながら、私では魔王は倒せません」

P「どうしてです?」


24:2014/10/28(火) 16:16:28.75 ID:
女神「私は、攻撃系の魔法や技を使うことができないのです」

P「あ、そうなんですか」

女神「役立たずで申し訳ありません……ぐすっ」

P「わわわわわ! だから泣かないでくださいって!」

女神「でも……」

P「わかります、わかりますよ! 誰にでも、向き不向きはありますって!」

女神「優しいんですね、勇者様は」

P「と、とりあえず! やるだけやってみますよ! ダメもとで!」

女神「では早速、675城へワープ!」

   ギュイーンギュイーン

P「のわああああああっ!? またいきなりワープですかぁ!?」

女神「御武運を」

P「……ダメっぽいけどな……トホホ……」


25:2014/10/28(火) 16:20:22.98 ID:
   夢の世界 675城

P(玉座に座る、細身で美形の銀髪の青年……)

P(全身から満ち溢れる殺気が、空間を振動させている)

P「お前が、魔王ナイトメアか……」

魔王「何者だ……? さしずめ、女神の差し金と言った所か……?」

P「ああ。ドリームオーブを返してもらう」

魔王「くくく……。できると思っているのか? 貴様一人で」

P「やってみなけりゃわからない!」

魔王「いいだろう、返り討ちにしてくれるわ!」


   魔王ナイトメアが現れた!




26:2014/10/28(火) 16:24:24.86 ID:
P「行くぞ魔王、プロデューサーパーンチ!」

   Pはプロデューサーパンチを放った! 魔王に3のダメージ!

魔王「……ん?」

P「…………」

魔王「お前……もしかして弱いな?」

P「う、うるさいうるさい! うるさーい!」

魔王「……ふ」

P「無理とわかっていても、男にはやらなければいけない時が――」

魔王「消え失せろ!」

   魔王の攻撃! Pは40のダメージ! Pは力尽きた!

P「うおああああっ……!」

魔王「身の程知らずが……」


27:2014/10/28(火) 16:28:16.43 ID:
魔王「お前ごときに、この私を倒すことなどできんわ!」

P「や、やっぱりダメか……。そ、そりゃそうだよな……」

魔王「せいぜい逃げ帰り、ありのままの事実を女神に報告するのだな!」

P「うぐうっ……」

魔王「はーっはっはっは!」

P「く、くそおっ……! 女神様、お願いします……!」

   ギュイーンギュイーン


28:2014/10/28(火) 16:32:28.01 ID:
   夢の世界 神殿

女神「大丈夫ですか、勇者様? リフレッシュ!」

   女神はリフレッシュの魔法を唱えた! Pの体力は全回復した!

P「おお……! 魔王にやられた傷が、一瞬で治ったぞ!」

女神「今のケガを見る限り、戦況は芳しくなかったようですね」

P「すみません、倒せませんでした……」

女神「過ぎたことを言っても始まりません。明日に向かって歩いていきましょう」

P「でも、やっぱり無理です! 断言しますが、俺一人じゃ絶対に無理です!」

女神「気合で何とか」

P「なりません!」


29:2014/10/28(火) 16:36:25.31 ID:
P「そもそもはぐれマイクを倒せる可能性、メッチャ低いですし!」

女神「確かにその点はネックですね」

P「それに! 運よくレベルアップできたとしても、一人であんな魔王倒せませんよ!」

女神「別に二人でも構いませんが」

P「へ? 二人でも?」

女神「ええ。勇者様は、仲間を連れて夢の世界を訪れることが可能なのです」

P「……そーなんですか?」

女神「そーなんです」

P「仲間……。ちなみに、どうすればこの世界に連れてこれるんです?」

女神「気になるようですね? では、条件をお教えしましょう」


30:2014/10/28(火) 16:40:27.03 ID:
女神「現実世界で親しい方と、夜に同じ空間で眠ること。それだけです」

P「地味に難易度が高いぞ……それ」

女神「さあ、そろそろ夜明けですね」

P「え?」

女神「目覚めの時です、勇者様」

   ピカッ

P「うわ、まぶしっ!?」

女神「それではまた明日の夜、お会いしましょう」

   ピカアアアア


  ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※




31:2014/10/28(火) 16:44:27.14 ID:
   現実世界 Pの自宅

P「はっ!?」

P「ここは……俺の部屋だ」

P「夢か……」

P「いや、本当にただの夢なのか?」

P「夢にしては、ずいぶんリアリティがあった気がするぞ……」

P「もしさっきのが、ただの夢じゃなかったら」

P「そして俺が、明日までに魔王を倒せなかったとしたら」

P「世界中の人が、毎晩悪夢にうなされることになるのか……?」

P「…………」

P「二人でも構わない、か……」


32:2014/10/28(火) 16:48:42.33 ID:
   現実世界 765プロ 事務所

P「うーむ……誰に頼もうか……」

P「常識では受け入れられない事態を、すんなり受け止めてくれそうな人……」

P「うん、やっぱりあの人で決まりだな!」

   ガチャ

小鳥「あ、プロデューサーさん。おはようございます!」

P「すみません、音無さん!」

小鳥「はい?」

P「いきなりですが、今夜俺と寝てください」

小鳥「え?」

P「お願いです! 一生のお願いですから、俺と寝てください!」

小鳥「え、え、ええええええええええっ!?」


33:2014/10/28(火) 16:52:54.74 ID:
  ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※


   その夜 夢の世界 神殿

女神「よく戻られました、勇者様」

P「ここは、昨日の……」

女神「ええ。夢の世界を救うため、本日も召喚させていただきました」

P「やっぱり、ただの夢じゃなかったのか……」

小鳥「プロデューサーさんの話、ウソじゃなかったんですね……」

P「ははは……。俺もたった今、確信したんですけどね」

小鳥「もう! 私、本当にビックリしたんですよ!」

P「す、すみません……」


34:2014/10/28(火) 16:56:28.30 ID:
P「でも、いかんせん非常事態で――」

小鳥「プロデューサーさんの部屋に入るなり、いきなりベッドに放り込まれて!」

P「で、ですからそれは――」

小鳥「一刻も早く寝ましょうとか、これから俺について来てくださいとか言って!」

P「た、確かに誤解を招くような言い方をした気もしますが――」

小鳥「本当ですよ、全く! 乙女心をもてあそぶのは、今回限りにしてください!」

P「……はい。大変申し訳ありませんでした……」

女神「コホン。勇者様、隣にいる方がお仲間ですか?」

P「え、ええ。その通りです」

小鳥「はじめまして、音無小鳥と申します!」


35:2014/10/28(火) 17:00:16.93 ID:
小鳥「よろしくお願いしますね!」

女神「こちらこそ。勇者様と力を合わせ、魔王ナイトメアを倒してください」

小鳥「はい! どこまでやれるかわかりませんが、精一杯頑張っちゃいます!」

女神「それでは時間が惜しいので、567平原にワープ!」

小鳥「え、ワープって」

   ギュイーンギュイーン

小鳥「きゃあああああ!?」

P「すぐに慣れますよ、きっと……」


37:2014/10/28(火) 17:08:18.46 ID:
   夢の世界 567平原

小鳥「ふぅ、ビックリしたぁ……」

P「ここに出現するはぐれマイクを倒せば、レベルアップできるんですが……」

小鳥「本当に妄想の……じゃない! ゲームの中の世界みたいですね――」

   はぐれマイクが現れた!

小鳥「わわわ、出たぁ!?」

P「大丈夫です音無さん! こいつ、攻撃力は全然ありませんから!」

小鳥「そ、そうなんですか?」

P「ええ! 五回叩けば倒せますんで、早く攻撃を!」

小鳥「わ、わかりました!」


38:2014/10/28(火) 17:12:22.64 ID:
小鳥「えいっ!」

   小鳥の攻撃! はぐれマイクに1のダメージ!

P「でやっ!」

   Pの攻撃! はぐれマイクに1のダメージ!

   はぐれマイクの攻撃! ミス! 小鳥はダメージを受けない!

小鳥「……本当、全然痛くないわ! それなら!」

   小鳥の攻撃! はぐれマイクに1のダメージ!

P「お、いけるか!? とあっ!」

   Pの攻撃! はぐれマイクに1のダメージ!

   はぐれマイクの攻撃! ミス! Pはダメージを受けない!

P「よし、もらった!」


39:2014/10/28(火) 17:16:35.65 ID:
P「でやああっ!」

   Pの攻撃! はぐれマイクをやっつけた!

   パーティーのレベルが4に上がった!

小鳥「やったぁ! 勝ちましたね、プロデューサーさん!」

P「ええ、やりました!」

小鳥「私、お役に立ててますか?」

P「間違いなく! 一人と二人じゃ全然違いますよ! 手数が倍ですもん!」

小鳥「あ、プロデューサーさん! 来ますよ!」

   はぐれマイクが現れた!

P「よし、これならいける――」

   はぐれマイクは逃げ出した!

P「……あら」


40:2014/10/28(火) 17:20:45.22 ID:
小鳥「逃げられちゃいましたね――」

   はぐれマイクが現れた!

P「お、また! 今度こそ――」

   はぐれマイクは逃げ出した!

P「……前言撤回します。やっぱり二人でもキビしそうです」

小鳥「プロデューサーさん。あきらめたら、そこで終了じゃないんですか?」

P「でも、現実的に考えて――」

小鳥「プロデューサーさんはこの世界を救う、勇者様なんでしょ?」

P「……そうですね。そうでした! 一匹でも多く倒して、レベルを上げないと!」

小鳥「その意気です! 一緒に頑張りましょう!」


41:2014/10/28(火) 17:24:11.48 ID:
   はぐれマイクが現れた!

P「また来たな!」

   はぐれマイクは逃げ出した!

P「ぬぅ……」

   はぐれマイクが現れた!

小鳥「プロデューサーさん、こっちです!」

   はぐれマイクは逃げ出した!

小鳥「ああん! もう!」

   はぐれマイクが現れた!

   はぐれマイクは逃げ出した!

   はぐれマイクが現れた!

   はぐれマイクは逃げ出した!

   はぐれ――


42:2014/10/28(火) 17:28:38.54 ID:
   七時間後 夢の世界 神殿

女神「本日の成果はいかがですか?」

P「十匹、でしょうか……」

小鳥「あ! そういえば私、回復魔法が使えるようになりました!」

女神「さすがは、勇者様が見込んだ方ですね」

P「と、言いますと?」

女神「この世界では、『資質』のある者は新たな技や魔法を取得できるのです」

小鳥「じゃあ私には、その『資質』とやらがあったんですね!」

P「あれ? でも俺、今まで何も覚えてませんよ?」

女神「それは『資質』がないからでしょう」

P「え」


43:2014/10/28(火) 17:32:11.50 ID:
P「何でですか!? 俺、勇者なんですよね!?」

女神「勇者であることと『資質』があることに、因果関係は一切ありません」

P「えー……」

小鳥「プ、プロデューサーさん! そんなに気を落とさないで!」

P「い、いや、だって、不公平な気が……」

女神「話を戻しましょうか。勇者様、今のレベルは?」

P「あ、ああ……。えーっと、13です」

女神「13ですか。やはり厳しいですね」

小鳥「ごめんなさい……。もっとたくさん倒せればよかったんですが……」

女神「いえ、謝る必要はありませんよ?」


44:2014/10/28(火) 17:37:00.33 ID:
女神「無理をさせてしまっているのは、こちらの方ですから」

P「すみません、ちょっといいですか」

女神「何でしょう?」

P「俺と音無さんとで、ずいぶん対応が違いませんか?」

女神「TPOはわきまえておりますので。お客人には礼を尽くすよう、心掛けております」

P「俺には?」

女神「勇者様に対して、TPOは必要ないかと」

P「どうして!?」

女神「気心知れた仲ではありませんか」

P「まだ出会ってから、二日しか経ってないんですけど」

女神「今は細かい事で、言い争いをしている場合ではありません」

P「細かいって……。そりゃ、細かいかもしれないけど……ぶつぶつ」

女神「それでは決戦タイムに参りましょう」


45:2014/10/28(火) 17:40:19.58 ID:
小鳥「勝てるんでしょうか……今の私達で」

P「いや……正直、今回も無理っぽい気がしますが……」

女神「勝負は時の運、という言葉もあります」

P「絶対的な力量差は、運だけではどうにもならないと思いませんか?」

女神「あ、そうそう。一応、ご参考までに伝えておきますが」

P「サラッとスルーですか」

女神「勇者様達のHPはレベルの4倍、MPはレベルの2倍となっております」

小鳥「つまり、現時点でのHPは52、MPは26ってことですね?」

女神「ええ。煩雑さ防止のため、勇者様もお仲間の方も同じ数値です」

P「はあ……。魔王に挑むとか、そんなレベルの数字じゃない気が――」

女神「行ってみましょう。675城へワープ!」

   ギュイーンギュイーン

小鳥「やるしかないんですね……」

P「やるしかないんです……」


46:2014/10/28(火) 17:44:28.37 ID:
   夢の世界 675城

P「魔王ナイトメア……」

魔王「ふん……。昨日の今日でまたやって来るとは、馬鹿な男よ!」

小鳥「プロデューサーさん……。この人が、魔王……なんですか?」

P「ええ……」

魔王「む? そこの女は、お前の仲間か?」

P「ああ! 俺の大切な人だ!」

小鳥「プ、プロデューサーさん!? 大切だなんて、またそんなことを――」

魔王「はっはっはっはっは!」

P「何だ! 何がおかしい!」


47:2014/10/28(火) 17:48:13.04 ID:
魔王「そんなか弱い女が一人増えただけで、この私を倒せると思っているのか?」

小鳥「やってみないとわかりませんよ!」

P「行くぞ、魔王!」


   魔王ナイトメアが現れた!


P「音無さん、回復役をお願いします!」

小鳥「わかりました、お任せを!」

P「だありゃあ! プロデューサーパーンチ!」

   Pはプロデューサーパンチを放った! 魔王に13のダメージ!

P「よし、昨日より効いてるぞ! レベルアップの成果だな!」

魔王「だが、所詮はスズメの涙よ!」


48:2014/10/28(火) 17:52:14.01 ID:
魔王「くらえぃ!」

   魔王の攻撃! プロデューサーに40のダメージ!

P「くはっ!?」

小鳥「危ない! どうか負けないで……回復魔法『光』!」

   小鳥は光を唱えた! Pの体力は全回復した!

P「おお、体の痛みが消えていくぞ!」

小鳥「プロデューサーさん、大丈夫ですか?」

P「すごい! 助かりましたよ音無さん!」

魔王「ほう、回復魔法を使うとはな。少々侮っていたか……」

P「よし! これなら、持久戦に持ち込めばあるいは――」

小鳥「いえ、無理です……」

P「え?」


49:2014/10/28(火) 17:56:34.11 ID:
P「どうしてです?」

小鳥「今の魔法、MPを15使うんです」

P「ということは……もしかして」

小鳥「はい。今ので打ち止めです」

P「……マジですか」

小鳥「ご、ごめんなさい……」

魔王「ふははははは! こいつは笑わせる! たった一度きりの手品とはな!」

小鳥「く……」

魔王「ふんっ!」

   魔王の攻撃! Pは40のダメージ!

P「ぐはあっ!?」

小鳥「プ、プロデューサーさん!?」


50:2014/10/28(火) 18:00:46.35 ID:
P「ぐ、ぐぐっ……」

小鳥「……お願い! 『光』よ!」

   小鳥は光を唱えた! しかしMPが足りない!

P「あ、あうあうあう……」

小鳥「すみません、やっぱりダメでした……」

P「ちくしょう、あきらめてたまるか! うおおおっ! プロデューサーパーンチ!」

   Pはプロデューサーパンチを放った! 魔王に13のダメージ!

魔王「それがどうした?」

P「く、くそうっ……」


51:2014/10/28(火) 18:04:22.30 ID:
魔王「さて、終わりにするとしようか! せあっ!」

   魔王の攻撃! Pに40のダメージ! Pは力尽きた!

P「気合だけじゃ、どうにも……ならないか……きゅう」

小鳥「プ、プロデューサーさぁん!」

魔王「お前達ごときが何度来ようが、相手にならんわ! とっとと逃げ帰るのだな!」

小鳥「プロデューサーさん、退却しましょう!」

P「ですね……お願い、女神様」

   ギュイーンギュイーン


52:2014/10/28(火) 18:08:32.24 ID:
   夢の世界 神殿

女神「今回もダメでしたか。リフレッシュ!」

   女神はリフレッシュの魔法を唱えた! Pの体力は全回復した!

小鳥「私にもっと、MPがあれば……」

P「いえ、音無さんのせいじゃないです。俺も、技や魔法が使えれば……」

女神「勇者様、無いものねだりは無意味です」

P「つ、冷たいですね……」

女神「ともかくこれで、残された時間はあと一日となってしまいました」

P「むうぅ……」

女神「何としても明日に魔王を倒し、オーブを取り戻さなければなりません」


53:2014/10/28(火) 18:12:40.06 ID:
P「音無さん。一緒に、冷静に考えてみましょう」

小鳥「はい」

P「俺達の今のレベルはいくつでしょう?」

小鳥「13レベルです」

P「今日俺達、何レベル上がりましたっけ?」

小鳥「10レベルでした」

P「このまま行くと、明日の決戦前には何レベルになりますか?」

小鳥「おそらく23、4レベルではないかと」

P「魔王を倒すのに必要なレベル、40レベルなんですよ」

小鳥「ええっと……」


54:2014/10/28(火) 18:16:39.49 ID:
P「…………」

小鳥「どうしましょう……」

P「女神様やっぱり不可能! どう考えても俺達二人じゃ不可能という結論に!」

女神「別に、二人でなくとも構いませんよ?」

小鳥「えっ?」

P「……は?」

女神「昨日も言いましたが、仲間を連れて夢の世界を訪れることは可能です」

P「ええ、それは知ってますが」

女神「ですので六名ぐらいのパーティを結成できれば、勝率は格段にアップ――」

P「なぬ!? 待った待った! ちょい待った!」


55:2014/10/28(火) 18:20:38.01 ID:
P「仲間って、何人も連れてこれるんですか!?」

女神「そうですが」

P「昨日と言ってることが違うじゃないですか!」

女神「そんなはずはありません」

P「だって昨日、二人『でも』構わないって――」

女神「確かに言いました。ですが二人『まで』などと、伝えた覚えは一度もありません」

P「……え?」

女神「疑うのならば、もう一度上のレスを読み返してみるとよいでしょう」

女神「具体的には、>>29あたりを」

小鳥「どれどれ……」

P「あ、本当だ……」

女神「ね?」


56:2014/10/28(火) 18:24:24.17 ID:
P「だ、だったら! だったら!」

女神「勇者様、そんなに興奮なさらずに」

P「昨日の段階で、二人『以上』でも大丈夫って言ってくれれば!」

女神「今さらそんな事を申されましても」

P「くそっ、何てこった! 完全に勘違いしてた! ちくしょうちくしょう俺のバカ!」

小鳥「ま、まあまあプロデューサーさん……。少し落ち着きましょう?」

P「は、はい……。取り乱してすみませんでした……」

小鳥「でも……」

P「……ええ」

小鳥「打開策、見つかったんじゃないですか?」

P「ですね。そうとわかったなら……」


57:2014/10/28(火) 18:28:21.75 ID:
女神「さて、勇者様。そろそろ夜明けが近づいてきたようです」

  ピカッ

小鳥「きゃっ!?」

P「時間切れか……」

女神「運命の時は、刻一刻と近づいております」

  ピカアアアア

女神「また明日の夜、お会いしましょう。それでは……」


  ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※




58:2014/10/28(火) 18:32:34.63 ID:
   運命の日 現実世界 765プロ 社長室

P「おはようございます、社長」

社長「おお、おはよう! 今日も元気そうで何よりだ!」

P「早速ですが、お願いがあります。聞いていただけますか?」

社長「うむ、言ってみたまえ」

P「今、夢の世界が危機に瀕しています」

社長「夢の……世界?」

P「…………」

社長「……その眼、冗談を言ってるわけではないようだね」

P「はい。俺は本気です」

社長「私はキミのために、何をすればいいのかね?」

P「今晩アイドル達を、事務所に泊めたいんです。許可をいただけませんか?」

社長「うむ。ご家族への連絡は、私が行おう。どの子の外泊許可が必要かね?」

P「では、できれば――」


59:2014/10/28(火) 18:36:13.60 ID:


  ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※


   夢の世界 神殿

女神「よく戻られました、勇者様」

P「まあ、戻らないわけにはいきませんよ」

小鳥「プロデューサーさん、勇者様ですもんね!」

P「ははは……」

女神「さて。わかっているとは思いますが、本日がタイムリミットです」


60:2014/10/28(火) 18:40:22.78 ID:
女神「今日ドリームオーブを取り戻せなければ、夢の世界は悪夢に包まれ――」

P「大丈夫ですよ、女神様!」

女神「……?」

小鳥「ええ! 私達は勝ちます!」

P「今日は、最強の助っ人軍団がいますから! さあ、出てこいみんな!」

??「はいっ、プロデューサーさん!」


      ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ


女神「……え?」 


61:2014/10/28(火) 18:45:02.54 ID:
春香「天海春香、夢の世界に参上です!」

千早「夢の世界……本当に、こんな世界が存在するなんて……」

雪歩「はわわ……信じられないですぅ……」

やよい「でもこれ、ただの夢じゃないんですよね?」

律子「そうみたいね。……認めたくはないけど」

あずさ「プロデューサーさん、この世界では勇者様なんですよね~?」

伊織「全く、ふざけた話よね。しょうがないから、手伝ってあげるけど!」

真「夢の世界を支配する魔王か……。へへっ、腕がなるな!」

亜美「お、まこちん! やる気マンマンだねぇ!」

真美「真美だって、まこちんに負けないぐらい活躍しちゃうかんねー!」

美希「楽しい夢が見られなくなっちゃうなんて、絶対にヤ! なの!」

貴音「わたくし達の力で、皆の夢を守りましょう」

響「よぉし、やってやるぞー! 自分達に任せればなんくるないさー!」

女神「え、ちょ、多い」


62:2014/10/28(火) 18:48:23.97 ID:
小鳥「うふふ! 驚きましたか、女神様!?」

女神「こ、この方々は……?」

P「俺の大切な仲間、765プロのアイドル達です!」

小鳥「今日はみーんな、事務所でプロデューサーさんと一緒にお泊りなんですよ!」

P「まさか、全員から許可がもらえるとは思いませんでしたけどね。さすが社長です!」

小鳥「それじゃあプロデューサーさん、まずはレベルアップですね!」

P「女神様、567平原にお願いします!」

女神「ま、待って! ちょっと待ってください!」

P「どうしてですか!? 何を慌ててるんです、時間がないんでしょう!?」

女神「こ、この場にいる全員で、戦いに挑むと?」

P「もちろんですよ!」


63:2014/10/28(火) 18:52:27.60 ID:
小鳥「何か問題があるんですか?」

女神「あ、RPGのパーティは、四名から六名が普通です!」

P「は!?」

女神「じゅ、15人同時戦闘のRPGなど、私は聞いたことがありません!」

小鳥「あら。私、13人までなら同時戦闘できるRPG知ってますけど?」

女神「で、ですが私は、ここまでの大人数は想定していません! よって無理です!」

P「無理!? 無理って、何がですか!?」

女神「こ、これだけの人数を一度にワープさせるには、少々魔力の消費量が厳しく――」

P「女神様、覚えていますか?」

女神「え?」


64:2014/10/28(火) 18:56:32.13 ID:
P「俺が召喚された、最初の日のことです」

女神「な、何を……」

P「女神様は俺にこう告げました。三日のうちにレベルアップして、魔王を倒せと」

女神「た、確かに言いましたが――」

P「俺は無理だと返しました。そしたら女神様は、こう答えました」

女神「う……」

P「やってみなければわかりません、と!」

女神「そ、それはそうですが――」

P「さあ、女神様もやってみましょう! ハリー! ハリーハリー! ハリー!」

女神「わ、わかりましたわかりました! わかりましたよぅ!」

P「では申し訳ありませんが、よろしくお願いします!」

女神「うう……」


65:2014/10/28(火) 19:00:19.57 ID:
女神「コ、567平原へワープ!」

   ギュイーンギュイーン

女神「ご、御武運を……」

小鳥「……プロデューサーさん。女神様、大丈夫でしょうか?」

P「きっと大丈夫です! 何だかんだでメンタル強そうだし! それに……」

小鳥「それに?」

P「真面目な話、時間がありません。人数は多ければ多いほど、有利になるはずです」

小鳥「それは……確かに。七時間で、最低40レベルまで上げないと……」

P「力を合わせて、何とかしましょう! さあ、行くぞみんな!」

春香「はいっ! 765プロー……」

全員「ファイトー!」


66:2014/10/28(火) 19:04:21.13 ID:
   夢の世界 567平原

P「よしみんな、準備はいいな?」

小鳥「出現したはぐれマイクを、片っ端からやっつけましょう!」

   はぐれマイクが現れた!

真「おっ、コイツですね! たあぁ!」

響「行くぞぉ! とりゃあ!」

美希「やあっ、なの!」

亜美「チェストォ!」

真美「ちぇいやー!」

   真の攻撃! はぐれマイクに1のダメージ!

   響の攻撃! はぐれマイクに1のダメージ!

   美希の攻撃! はぐれマイクに1のダメージ!

   亜美の攻撃! はぐれマイクに1のダメージ!

   真美の攻撃! はぐれマイクをやっつけた!

   パーティーのレベルが14に上がった!


67:2014/10/28(火) 19:08:17.41 ID:
春香「やったぁ! 一匹倒せましたね!」

伊織「何よ、思ったより簡単にやっつけられるじゃない!」

小鳥「……プロデューサーさん、これはいけます!」

P「ええ! 俺達の団結力にかかれば、ざっとこんなもんですよ!」

   はぐれマイクが現れた!

小鳥「みんな、また来たわよ!」

やよい「はいっ!」

貴音「お任せを!」


69:2014/10/28(火) 19:12:25.65 ID:
貴音「はあっ!」

千早「ふっ!」

雪歩「えいやあっ!」

律子「せえいっ!」

やよい「えええいっ!」

   貴音の攻撃! はぐれマイクに1のダメージ!

   千早の攻撃! はぐれマイクに1のダメージ!

   雪歩の攻撃! はぐれマイクに1のダメージ!

   律子の攻撃! はぐれマイクに1のダメージ!

   やよいの攻撃! はぐれマイクをやっつけた!

   パーティーのレベルが15に上がった!

P「おっしゃあ! レベルアップ!」

小鳥「この調子でガンガンやっつけましょう、プロデューサーさん!」

P「ええ! みんなも頼むぞ!」

全員「オーッ!」


70:2014/10/28(火) 19:16:38.64 ID:
   七時間後 夢の世界 神殿

女神「せ、成果はいかがですか……?」

小鳥「あの……。女神様、平気ですか?」

P「すみません、無理をさせてしまって」

女神「し、心配には及びません。それより、お仲間の姿が見えませんが……?」

P「ああ、みんなは神殿の外で待たせています」

小鳥「決戦前の、最後の調整ってヤツですね」

女神「そうですか……。ところで、レベルはいくつに――」

P「83です」

女神「な」


71:2014/10/28(火) 19:20:21.29 ID:
P「レベル83まで成長しました」

小鳥「みんな、魔法と技をたくさん覚えたんですよ!」

P「俺以外は、ですけどね……トホホ」

小鳥「プ、プロデューサーさんは、司令塔として頑張ってたじゃありませんか?」

P「勇者が司令塔って、何だかなあ……」

女神「勇者様」

P「何でしょう?」

女神「この勝負、勝ちましたね」

P「……おそらく。油断さえしなければ、ですけど」


72:2014/10/28(火) 20:08:24.78 ID:
女神「ところで勇者様。そのレベルならば、もはや全員で挑む必要はないでしょう」

P「ん? どういう意味です?」

女神「私の魔力消費を抑えるためにも、ここは少数精鋭で――」

P「いえ、全員で戦います」

女神「えー!?」

P「えー!? じゃないですよ! 俺は、確実に勝ちたいんです!」

女神「だって……」

P「だって?」

女神「15人も同時にワープさせるの、正直ツラいんです! キツいのです!」

P「女神様ぁ! この世界の平和がかかってるんでしょーが!」

女神「ですが、ですがぁ!」


74:2014/10/28(火) 20:12:50.64 ID:
P「あーもう! お願いしますよ! これ、あげますから!」

女神「……これは? 何かの紙片のようですが」

P「765プロの、次のオールスターライブのチケットです! タダですよタダ!」

小鳥「ちょーっと待ったあ! プロデューサーさん、何でそれ持ってるんですか!?」

P「色々お世話になったんで、せっかくだから渡しておこうと思いまして」

女神「は、はあ……」

P「あ、サイリウムもあげます! コレ振って応援すると、盛り上がるんですよ!」

女神「で、では……ありがたくいただいておきましょう」

小鳥「……プロデューサーさん。女神様って、私達の世界に来られるんですか?」

P「文字通り、運命の女神様が悪戯してくれるかもしれません!」

小鳥「うーん……。うまい事を言ってるような、そうでもないような……?」


75:2014/10/28(火) 20:16:15.24 ID:
P「ともかく! 俺達765プロは、全員で一つなんです! だから!」

女神「はぅ……。わかりました、何とかします……」

P「お! 本当ですか!」

小鳥「ありがとうございます!」

女神「ただし! もう一度皆さん全員をワープさせるとなると……」

P「なると?」

女神「私は、今残った魔力のほとんどを使い果たすことになります」

小鳥「…………」

女神「もう、勇者様達をここに呼び戻すのは不可能でしょう」

P「……なるほど」

女神「ですから今、この時が、今生の別れとなります」

小鳥「そう、なんですね……」


76:2014/10/28(火) 20:20:20.06 ID:
P「では、今のうちに聞かなければならない事があります」

女神「ドリームオーブの処置について、ですか?」

P「はい。魔王を倒した後、オーブはどうすれば?」

女神「ご安心を。魔王の闇の波動を解き放てば、自然と元ある場所……すなわち」

小鳥「女神様の手に、戻ってくると?」

女神「そういう事です。ですから勇者様は、魔王を倒す事だけに集中してください」

P「了解しました。後の事は、よろしくお願いします」

女神「……失礼ですが、勇者様」

P「はい、何でしょうか?」


77:2014/10/28(火) 20:24:19.98 ID:
女神「昨日までとは、雰囲気が違いますね。まるで、別人のようです」

P「ははは……。そりゃまあ、70レベルも上がりましたからね」

女神「いえ、レベルの問題ではありません」

P「え、違うんですか?」

女神「はい。絶対的な自信が、体中に満ち溢れているように感じます」

P「それはきっと、アイドル達みんなのおかげですよ」

女神「お仲間の……?」

P「ええ。あの子達はいつでも、俺に無限の力を与えてくれるんです」

小鳥「プロデューサーさん……」

P「俺の、誇りですから」

女神「…………」


78:2014/10/28(火) 20:28:15.36 ID:
女神「……私がティンと来た理由、今ならわかる気がします」

P「…………」

女神「勇者様……いえ、プロデューサー様!」

P「……はい」

女神「どうか、どうかこの夢の世界をお救いください!」

P「お任せを!」


79:2014/10/28(火) 20:32:09.48 ID:
女神「さようなら! 675城へワープ!」

   ギュイーンギュイーン

P「ありがとうございました……女神様」

小鳥「いよいよ、最後の決戦ですね……」

P「ええ。無理をして送り出してくれた女神様のためにも、負けるわけにはいかない!」

小鳥「大丈夫ですよ、プロデューサーさん。今の私達なら!」

P「勝ちますよ、音無さん!」

小鳥「はい! 絶対に、絶対に勝ちましょう!」


80:2014/10/28(火) 20:36:26.97 ID:
   夢の世界 675城

魔王「ふふふふ……。もうすぐ、このドリームオーブは闇に染まる……」

魔王「全ての夢が黒く塗りつぶされるまで、あとわずか……」

魔王「もはや誰にも、止めることなどできん」

魔王「くくくく……はーっははははは!」

P「それはどうかな!」

魔王「む、誰だ!?」

P「俺だ!」

魔王「またお前か!?」

P「ああ、三度目の正直ってヤツだ!」


81:2014/10/28(火) 20:40:28.68 ID:
P「倒させてもらうぞ、魔王!」

小鳥「ドリームオーブ、女神様に返してもらいます!」

魔王「懲りないやつらだ! いいだろう、相手になってやる!」


   魔王ナイトメアが現れた!


魔王「何度やっても同じ事よ! お前達二人で何ができるというのだ?」

小鳥「二人じゃないわ!」

P「ああ! 今の俺には、頼もしい仲間がいる!」

魔王「ふん、仲間だと? 今さら一人や二人増えた所で――」


   ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ


魔王「……ん?」


82:2014/10/28(火) 20:45:03.96 ID:
律子「あら? 一人や二人だなんて、誰が言ったのかしら?」

伊織「勝手に人数を決めないでほしいわね!」

やよい「765プロオールスターズ、ただ今参上です!」

貴音「この世界を救いに、現世から推参いたしました。……お覚悟を」

あずさ「この人が、魔王……。邪悪なオーラが、ビリビリ溢れてますね……」

響「でも! 自分達の力を合わせれば、勝てない相手じゃないはずだ!」

真「相手にとって不足無し、だね!」

真美「んっふっふー! ネングの納め時だよ、マオー君!」

亜美「おとなしく、亜美達にセーバイされるのだ!」

雪歩「夢はみんなの宝物……。絶対に、守ってみせますぅ!」

美希「ミキ、わかるの! ミキ達なら、必ずそこの人に勝てるって!」

千早「美希、甘くみてはダメよ! やりましょう、春香!」

春香「うん! アイツを倒して、私達の夢を守るんだ!」

魔王「な、な、何だと……!?」


83:2014/10/28(火) 20:48:26.21 ID:
魔王「な、何なのだ、この数は――」

P「みんな、全力でいくぞ! 一斉攻撃だ!」

真美「オッケイ兄ちゃん! アーユーレディー! スタートスター!」

   空からの星つぶてが敵を撃ち抜く! 魔王に156のダメージ!

亜美「花となり散りる! スモーキースリルでどうだー!」

   具現化した剣が敵を切り刻む! 魔王に156のダメージ! 

響「スタンダップ、ドレスアップ、ライタップ、トライアルダンス!」

   響の目にも止まらぬ足技! 魔王に166のダメージ!

雪歩「全て燃えて灰になれぇ! インフェルノオォォォ!」

   地獄の業火が敵を焼き尽くす! 魔王に162のダメージ!

貴音「光の外へ想いは向かう……風花!」

   溢れる光が敵を射抜く! 魔王に180のダメージ!

千早「ヒュルラリラ……アルカディアぁ!」

   吹きすさぶ風が敵を切り裂く! 魔王に144のダメージ!

あずさ「どんな出来事も超えてゆける強さを、私に! 七彩ボタン!」

   七色の光弾が敵を貫く! 魔王に184のダメージ!

美希「グッバイメモリー! デイオブザフューチャー!」

   未来をつかむ輝く拳が敵の顔面にヒット! 魔王に172のダメージ!

真「届かないメッセージ、不可視なラビリンス……迷走マインド!」

   真の言霊が敵の精神を蝕む! 魔王に150のダメージ!

やよい「ホップステップジャーンプ! キラメキラリィ!」

   オーラを纏ったやよいの飛び蹴り! 魔王に148のダメージ!

律子「生きていたい、願いが叶うまで! ライヴ!」

   永遠の果てから作られた闇が敵を襲う! 魔王に170のダメージ!

春香「そこに跪いて! アイウォント!」

   春香のカカト落とし! 魔王に166のダメージ!

伊織「終わらない……終わらせないわ、この夢の世界を! マイソング!」

   聖なる波動が敵を包む! 魔王に154のダメージ!   

魔王「うお、うおおおおおおおおおっ!?」


84:2014/10/28(火) 20:52:22.89 ID:
P「よし、効いている! あと一息だぞ!」

魔王「ば、馬鹿な……!? こ、こんな、こんなはずでは……!?」

小鳥「一気に決めましょう、プロデューサーさん!」

P「ええ! トドメだ、魔王ナイトメア!」

魔王「おのれ……! おのれおのれおのれおのれおのれぇ……!」

小鳥「繋ぐレインボー! 『空』!」

   虹色のカクテル光線が敵に降り注ぐ! 魔王に200のダメージ!

P「りゃああああああっ! プロデューサーパーンチ!」

   Pはプロデューサーパンチを放った! 魔王に83のダメージ!

魔王「ぬぐおおおおおおあああああああっ!」


85:2014/10/28(火) 20:56:36.72 ID:
小鳥「ど、どうですかっ!」

P「これが俺達みんなの、絆の力だ!」

魔王「み、認めん……このような、結末……は……」

小鳥「あ……」

P「魔王の体が、崩れていくぞ……!」

魔王「私は認めんぞ……ぐ、ぐあああああああああああああああ!」


   魔王ナイトメアをやっつけた!




86:2014/10/28(火) 21:00:42.64 ID:
小鳥「ほ、本当に、倒せたのかしら……?」

あずさ「さっきまで感じた邪悪なオーラは、完全に消えたみたいです……」

伊織「ってことは……私達、勝ったのよね?」

貴音「ええ、間違いなく勝ちましたよ。わたくし達の、完全勝利です!」

雪歩「やったぁ……! やったああああ!」

やよい「うっうー! 夢の世界を守れましたー!」

真「やーりぃ! でも、思ったより手ごたえがなかったなぁ……」

真美「何か、全然大したことなかったよねー!」

美希「まあミキ達にかかれば、楽勝ってカンジ?」

亜美「そーそー! はっきり言って、敵じゃなかったNE!」

律子「こらこらあんた達、あんまり調子に乗らないの!」

千早「そうね。もし、最後のプロデューサーの攻撃で倒せてなかったら……」

響「だな。反撃されて、ピンチになってたかもしれないぞ!」

春香「みんなと一緒だから勝てたんだよ! そうですよね、プロデューサーさん?」

P「ああ、その通りだとも!」


87:2014/10/28(火) 21:04:24.46 ID:
P「みんな! 力を貸してくれて、本当にありがとう!」

   ピカッ

小鳥「あ、光が……」

P「おそらく、夜が明けるんでしょう」

小鳥「……そっか。私達、間に合ったんですね」

P「ええ。ドリームオーブのことは、女神様に任せましょう」

小鳥「……そうですね。あの女神様がいれば、きっと大丈夫ですよね!」

P「間違いないですよ! さあみんな! 俺達は、俺達の世界に帰ろう!」

全員「オーッ!」


   『ありがとうございました……プロデューサー様』


P「……どういたしまして」

小鳥「ん? プロデューサーさん、何か言いましたか?」

P「ただの独り言ですよ、ただの――」

   ピカアアアア


  ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※




88:2014/10/28(火) 21:07:18.72 ID:
   一か月後 765プロオールスターライブ会場

   ワーワー ガヤガヤ ワイワイ ハヤクハジマンナイカナー

P「うひゃあ、にぎわってるなー! ええと、俺の席は……っと」

小鳥「あ、プロデューサーさん! こっちですよ! こっち!」

P「おっと、そっちでしたか! すみません、音無さん」

小鳥「いえいえ! 観客席で観戦なんて、珍しいですね?」

P「いやあ。たまには俺も、ファンの気持ちを味わってみたくなりまして!」

小鳥「うふふ! きっと楽しめると思いますよ!」

P「それにしても俺達、定期的に大規模なライブが開けるようになったんだなあ……」

小鳥「感慨深いですねぇ……」


89:2014/10/28(火) 21:09:22.70 ID:
P「俺がプロデューサーに成り立ての頃からは、考えられません。夢みたいですよ!」

小鳥「うふふ、そうですね! 本当、夢みたい……」

P「あ、そうだ! 音無さん」

小鳥「はい?」

P「夢といえば。『あの時』から悪夢を見た覚えって、あります?」

小鳥「いえ、ないです。楽しい夢なら、毎晩のように見てますけど!」

P「これってやっぱり、『あの人』のおかげなんでしょうか?」

小鳥「ええ! ドリームオーブの力で、私達の幸せな時間を守ってくれてるんですよ!」

P「夢の世界に勇者として召喚され、みんなと力を合わせて魔王を倒した、か……」

小鳥「まるで、おとぎ話みたいですね……」


90:2014/10/28(火) 21:12:26.13 ID:
P「ま、こんなことを他人に話しても、誰も信じちゃくれないでしょうけど」

小鳥「でも社長、信じてくれましたよね?」

P「い、いや……。あの人は、色々と特別なんじゃないかと――」

   メールダヨー メールダヨー

P「うおっ、ビックリした!」

小鳥「すみません、私の携帯ですね。あら、噂をすれば社長だわ」

P「あ。そういえば今日のライブ、社長も観客席で見るんでしたね」

小鳥「ええと、会場が広すぎて迷子になってしまった、とのことです」

P「な、なるほど。まあ確かに、この会場広いからなあ……」

小鳥「プロデューサーさん。私、社長を迎えに行ってきます!」

P「了解しました。よろしくお願いします」

小鳥「はい!」


91:2014/10/28(火) 21:15:13.68 ID:
小鳥「それじゃ、一旦失礼しますね! また後で!」

   スタスタスタスタスタ

P(ま、始まるまでは三十分ぐらいはあるし、十分間に合うはずだな)

P(さて……と。一人でどうやって時間を潰したもんか――)

女性「あの」

P「え?」

女性「隣の席、よろしいですか?」

P「あ、ああ。どうぞどうぞ」

女性「それでは失礼します」

P(綺麗な女の人だな……ん?)


92:2014/10/28(火) 21:18:11.61 ID:
P「すみません、ちょっとお尋ねしたいんですが」

女性「何か?」

P「いや……どこかでお会いしたこと、ありません?」

女性「……いいえ」

P「でも俺、何か見覚えが――」

女性「気のせいだと思います」

P「そ、そうですか。し、失礼しました」

女性「いえ、お気になさらず」


93:2014/10/28(火) 21:21:24.71 ID:
P(本当に、気のせいなのか……?)

P「……うーん……」

女性「あの」

P「は、はいっ!? 何でしょう!?」

女性「これは、どうやって使うのでしょうか?」

P「ああ、サイリウムですね?」

女性「事前に教わってなかったもので。ごめんなさい」

P「い、いえいえ! そんなに謝らないでくださいよ!」


95:2014/10/28(火) 21:24:25.64 ID:
P「俺でよければ、喜んで教えますから!」

女性「ありがとうございます……」

P「それじゃ、これの使い方ですけど――」

女性「あの時も」

P「え?」

女性「何でもありません。よろしくお願いします」

P「は、はぁ……わかりました。えーっと、まず最初にですね――」


   ワーワー ギャーギャー ワイワイ ガヤガヤ


   おしまい


96:2014/10/28(火) 21:25:23.34 ID:
以上になります。

アイマスキャラのRPG、やってみたいと思うのは自分だけでしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


人気記事