1:2014/10/30(木) 17:08:42.05 ID:

ピピピピピピピピンピピピ


P「んっ……朝か」ガバッ


ピッ……


P「んん~……!」ググッ…


P「ふぅ……伸びた伸びた」


貴音「………すぅ……すぅ」Zzz


P「おーい、貴音、朝だぞ」チョンチョン


貴音「んっ………」パチッ


P「起きたか」


貴音「……………」ボーッ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1414656522
2:2014/10/30(木) 17:12:45.06 ID:

P「さっ、朝ごはんを作るから早く仕度して……」


貴音「あなた様ぁ……///」


P「ん?」


貴音「あなた様ぁ!///」ギュッ


P「え?え?どうした?急に抱きついて?」


貴音「夢の中でも会えるとは……私は果報者です///」スリスリ


P「おーい、もう現実だぞ?」なでなで


貴音「このまま、目が覚めないで欲しいです……///」ギュウウ…


P「覚めてるぞ、起きろー」なでなで




3:2014/10/30(木) 17:17:07.00 ID:

15分後


貴音「先程は、失礼いたしました…」もぐもぐ


P「いや、構わないけど……どうしたんだ?」


P「あんな貴音見るなんて、かなりレアだったよ」


貴音「私……朝は弱くて、よく寝ぼけてしまうのです」もぐもぐ


P「あぁ、そうなのか」


P(貧血か何かかな……)


4:2014/10/30(木) 17:22:14.41 ID:

貴音「次は、しゃきっと目覚めてみせますので……!」もぐもぐ


P「お、おぉ」


P「あ、貴音」


貴音「はい?」


P「はい、あーん」スッ


貴音「………あぁん」パクッ


P「うまいか?」


貴音「真、美味です」もぐもぐ



6:2014/10/30(木) 17:27:35.37 ID:

次の日の朝



ピピピピピピピピンピピピピ


P「うぅん……朝か……」ガバッ


ピッ


P「目覚ましより早く起きてみたいな……」


P「さて、今日は晴れかな……カーテンオープン」シャー


P「おっ、お日様が眩しい、いい朝だ」


P「おーい、貴音、朝だぞ」ちょんちょん


貴音「んっ…………」むにゃむにゃ



7:2014/10/30(木) 17:32:23.98 ID:

貴音「……………」ガバッ


P「起きたか、じゃあ朝飯の用意を……」


貴音「あなた様が……私の王子様……///」


P「え?」


貴音「私の国にて、共に使命を果たす伴侶にやっと出会えました……///」


P「な、謎の設定すぎるぞ……貴音」



8:2014/10/30(木) 17:39:26.91 ID:

貴音「どうか……私だけの王子様で居て下さいまし……///」ギュッ


P「おーい、貴音、朝だぞー」なでなで


貴音「共に余生を過ごしましょう……ずっと、ずぅっと///」ギュウウ


P「それはもちろんだけど、朝飯食べる時間なくなるぞー?」なでなで


貴音「あなた様にも、ぎゅっと抱擁していただきたいです……///」


P「甘えん坊なやつだな」ギュッ


貴音「ふあぁ……とても、安心致します///」スリスリ



9:2014/10/30(木) 17:44:02.15 ID:

15分後


貴音「お恥ずかしい所を見せてしまい……申し訳ありません」


P「なに、朝が弱いなら仕方ないさ」スッスッ


貴音「昨日は早く寝たはずなのですが……」


貴音「どうやら、睡眠時間は関係ないようです」


P「そうなのか……」スッスッ


P(やっぱり、貧血なんだろうか……)


10:2014/10/30(木) 17:49:14.30 ID:

貴音「次こそは、頭をスッキリさせてみせます!」


P「そうか……体調管理、がんばれよ」スッスッ


P「はい、綺麗に髪を梳かせたぞ」


貴音「ありがとうございます、あなた様」


P「だけど、貴音の髪型ってなかなか崩れないし」


P「ここまで念入りに髪を梳かさなくてもいいんじゃないか?」



11:2014/10/30(木) 17:53:46.55 ID:

貴音「いえ、これは必要な事のです」


貴音「周りからもっと容姿を綺麗に見られ、羨望の的となる存在になりたいのです」


P「へぇ、アイドルとして立派な向上心だな」


貴音「………確かに、その気持ちもありますが」


貴音「一番の理由は……」


貴音「あなた様に、しっかりと見合う女性になる為……です///」



12:2014/10/30(木) 18:01:48.55 ID:

次の日の朝


P「ん……」ガバッ


P「……………」ボーッ


P「……………」チラッ


貴音「すぅ……すぅ……」Zzz


P「……目覚ましより早く起きてしまったか」


P「まぁ、いいや」スクッ


P「トイレでも行くか……」スタスタ


13:2014/10/30(木) 18:06:59.22 ID:







P「………………」キュッキュッ


P「洗剤があと少しだな……買わないとな」キュッキュッ


P「ふぅ……ついでに風呂掃除しちゃったな……」


P「さてと……手洗って」ジャー…


P「そろそろ朝飯作らないとな……」ジャー…






グスッ……ヒック……



14:2014/10/30(木) 18:14:29.87 ID:

P「……ん?泣き声?」


P「なんだ……?お化けでもいるのか?」


P「貴音が怖がっちゃうだろ……」






ふぇ……あなた様ぁ……グスッ……


P「あっ……この声は」タタタ








15:2014/10/30(木) 18:19:38.89 ID:

貴音「あの方が……おられない……」ポロポロ


貴音「うぅ……嫌です……あなた様ぁ……」ヒック


貴音「寂しいです……今すぐ会って、ぎゅっと抱きしめて欲しいです……」グスッ


P「貴音!」タタタ


貴音「!!」ぴくっ


貴音「あなた様ぁ!」ギュッ


P「おぉ……反応早いな」



17:2014/10/30(木) 18:27:30.76 ID:

貴音「会いたかったです……心細かったです……あなた様ぁ///」ギュウウ


P「ごめんな、もう1人にしないよ」なでなで


P(こりゃ、また寝ボケちゃってるな)なでなで


貴音「もっと、顔をお近づけください……///」


P「そんなに不安だったのか?」スッ


貴音「はい……とても」


18:2014/10/30(木) 18:34:57.61 ID:

貴音「しかし、こうして肌を密着し合えば」スリスリ


貴音「身も心も、あなた様の温もりに包み込まれます……///」スリスリ


P「そうだな、あったかいな」スリスリ


P(唇と唇が、あと少しでくっつきそうだな……)スリスリ


貴音「あなた様……あなた様……///」スリスリ



19:2014/10/30(木) 18:39:41.35 ID:

20分後


貴音「むぅ……やはり、朝は苦手です」


P「まぁ、仕方ないさ」


P「貴音の個性として、受け入れたらいいさ」


貴音「………あなた様は」


貴音「寝ぼけてしまう女性なんて、嫌ではありませんか?」



20:2014/10/30(木) 18:44:04.74 ID:

P「いいや、そんなわけない」


P「寝ボケてしまう女性も嫌ではないし…」


P「何より、貴音を嫌になるなんて事は絶対にない」


貴音「あなた様……」


P「……なんてな、臭いこと言っちゃったな」


P「さて、これからどうする?」


P「せっかくの休日だ、どこかに出掛けるか?」


貴音「……いいえ」


貴音「今日は…このままずっとあなた様に後ろからぎゅぅっ…と抱きしめられていたいです」



21:2014/10/30(木) 18:49:01.86 ID:

P「そうか、ならそうするか」ギュウウ


貴音「………あなた様」


P「なんだ?」


貴音「ずっと一緒……ですよ?」


P「あぁ」なでなで


貴音「……ふふふ///」












人気記事