1:2014/10/13(月) 02:22:03.56 ID:

※書き溜めてますがちまちまと


モバP「紗南ー」

紗南「どうしたのPさん」

モバP「事務所の連中にゲームの話したか?」

紗南「え?だってみんなが珍しくゲームに興味を持ってくれたからさ?おすすめするじゃない?」

モバP「まぁ俺がそういう仕事持ってきたからなんだけどな」

紗南「ゲームのお仕事は私に持ってきてよPさん!適正A+だよ!」

モバP「普段ゲームをしなさそうなアイドルがどういうゲームを選ぶのかって考えてなー」

紗南「あー、ゲーム雑誌の端でふんわりと書いてるやつね、的を得てないやつ」

モバP「おいさらっと毒を吐くなよ。まぁそんでわからなければ紗南に聞けって言っておいたのよ」

紗南「なるほど、だからあんなに乗ってきたのかー」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413134513
2:2014/10/13(月) 02:24:31.58 ID:

モバP「確か最初は小梅だったよな?」

紗南「うん、小梅ちゃんがホラーゲーやりたいって言ってたから私が代わりに操作してあげたの」

モバP「操作?」

紗南「だってコントローラも触ったことないみたいだったからさ? ホラーゲーって鬼畜ゲーが多いから下手だとストーリーが楽しめないし」

モバP「なるほど、そんで?」


3:2014/10/13(月) 02:37:46.72 ID:

~小梅とホラーゲーム~

小梅「紗南ちゃん……今日はよろしく……」

紗南「まっかせてよ! 完全クリアしてあげるから!」

小梅「こ、これが怖くて面白いってファンの人に聞いたから……」

紗南「おぉ中々渋いとこ突いてるねぇ…大丈夫やったことあるから平気だよ!」

小梅「平気……?」

紗南「クリアできるってこと!」



4:2014/10/13(月) 02:42:57.98 ID:

小梅「は、始まったね……」

紗南「このゲームチュートリアルから殺しにかかってくるから怖いよー?」

小梅「楽しみ……」

ヴォー……

小梅「ゾ…ゾンビ!」キラキラ

紗南「そこの部屋は無視しても進めるからスルーでいくよー」

ヴォー(フェードアウト

小梅「た、戦わないの?」

紗南「え?だってこの後ゾンビ5体に囲まれるんだよ?弾薬もったいないじゃん!」

小梅「囲まれるんだ……」


5:2014/10/13(月) 02:54:35.68 ID:

小梅「紗南ちゃん……」

紗南「どうしたの小梅ちゃん? そーだここゾンビ出てくるんだった」

小梅「な、何してるの?」

紗南「もうちょい前に進んじゃうとゾンビが湧いてきて囲まれちゃうから先に爆弾を投げておくの」

ウヴァーチュドーン

紗南「よし、ノーダメクリア! 楽勝だね!ね、小梅ちゃん!」

小梅「でも……全然怖くないよ……?」

紗南「あ、そっか……ごめんごめん、さすがにこれでズルいよね」

小梅「うん……ホラーっぽくないし」

紗南「りょーかい、次からはしっかりやるよ!」


6:2014/10/13(月) 03:04:09.17 ID:


小梅「紗南ちゃん……」

紗南「何したの小梅ちゃん、こんな不思議そうな顔で」

小梅「このゲームって……ホラーだよね……?」

紗南「そうだよー?こんなにゾンビとかに襲われてるじゃん!」

小梅「じゃあ……なんで主人公は素手で戦ってるの……?」

紗南「銃があると簡単だからかな? 完全逃げゲーでもいいけど……どうする?」

小梅「いや……いいよ……」

紗南「そっか! んじゃもうすぐラスボスだし小梅ちゃんも見ててねー!」


7:2014/10/13(月) 03:17:09.07 ID:



紗南「そんでラスボスまで倒してEDまで見せてあげたよ!」

モバP「アホか、後半完全に小梅がドン引きしてるじゃんか」

紗南「だって小梅ちゃんもストーリーを楽しみたいっていうから」

モバP「だからってサクサクすぎるプレイは誰も求めてないわ!なんだよ素手って、完全に舐めプじゃねーか」

紗南「だ、だってあのゲーム面白いからやりこんでたんだもん!」

モバP「ならもうちょい苦戦してやれよ……その様子じゃボス全パターンも見れてないんだろ」

紗南「運よくハメ殺しできたからつい……」

モバP「お前ホラー期待してたのに主人公がノーダメで悠々とゾンビ駆逐してたら違和感しか感じないだろうが」

紗南「バイ○かと思ったらデッド○イジングだったみたいな感じかな!」

モバP「わかってるならやめろよ……」



8:2014/10/13(月) 03:26:44.42 ID:

モバP「んで次は凛達だったんだよな?」

紗南「そうそうトライアドプリムス。みんなでワイワイやれるゲームって言われたから」

モバP「マ○オパーティか?」

紗南「ドカ○ン」

モバP「もう落ちが見えるからやめろ」



10:2014/10/13(月) 03:33:38.93 ID:

~トライアドプリムスとドカ○ン~

奈緒「なぁ……本当にこれやるのか?」

凛「え?だってこれボードゲームなんでしょ?」

加蓮「これ相手を妨害とかできるんだー、奈緒得意そうだし狙っちゃおうかなー?」

奈緒「いや、私も噂で聞いたことあるだけでやったことあるわけじゃ……」

凛「『友情破壊ゲーム』だってさ。紗南も変わったもの勧めてくるね」

奈緒「あれは純粋に面白いからってことなんだろうけどさ……」

加蓮「ゲーマーのお墨付きなんだからさ、せっかくだからやろうよ」

紗南「4人プレイの準備できたよー!」

凛「ほら行こう奈緒。肌に合わなかったら別のゲームやればいいしさ」

奈緒「まぁそうか……よし!」


11:2014/10/13(月) 03:37:18.52 ID:

加蓮「喰らえ奈緒!ヨワヨワー!」

奈緒「おいバカ!今ボスと戦ってるのに!」

凛「あ、加蓮そっちは……」

加蓮「赤箱マスだー、よっし運試し!」

9999ダメージ

加蓮「………」

紗南「あ、しかも悪魔だ」

加蓮「………」

奈緒「うわっ敵に1しかダメージでないし!うわ、やられた!」

凛「もう何やってるのさ二人とも……」


12:2014/10/13(月) 03:43:33.25 ID:

凛「………」

奈緒「………なぁ」

加蓮「………何?」

奈緒「もう……やめないか?」

凛「なんで?……奈緒が一位だから?」

奈緒「違うって! というか一位は紗南じゃんか!」

加蓮「紗南ちゃんCPUに変えて仕事に行っちゃったし」

凛「実質今の1位は奈緒だよね」

奈緒「ほ、ほら?4人でやるゲームだしさ?今日はここまでで」

凛「よしちょうどいいや、次のターンに奈緒に勝負しかけるから加蓮は魔法お願い」

加蓮「わかったフニャフニャとヨワヨワかけるね」

奈緒「結託するなよ! わかった!わかったから!」


13:2014/10/13(月) 03:51:44.17 ID:

奈緒「………」グズッ

凛「悪かったよ、ごめん奈緒」

奈緒「………」

加蓮「ほ、ほら奈緒が一位だったし追い付きたかったから……さ?」

凛「逆転狙いの強盗に失敗したのは……奈緒のせいだしさ」

奈緒「……あ」

凛「悪魔の契約……」

加蓮「えっと……奈緒?」

奈緒「………」ポチ

凛「奈緒、無言で契約しないで怖い」


14:2014/10/13(月) 03:59:09.65 ID:

モバP「んで?」

紗南「お仕事終わって戻ってきたらゲームやめた後が残っててね、全員武器なし防具なしで積んでた」

モバP「足引っ張りあって雑魚モンスターにすら勝てなくなったのか……」

紗南「みんなで和気あいあいと妨害しあってたからねー。後半のステージでそれやるとね」

モバP「いや、だからわかってたなら教えてやれよ……なんかあの3人がギスギスしてるかと思ったら…」

紗南「これは反省してる。本当に」


18:2014/10/13(月) 11:51:16.80 ID:


紗南「次は確か……菜々さんだったかな?」

モバP「菜々さんかぁ……何をやらせたんだ?」

紗南「そうそう、はぁとさんも来てたんだった、えっと確か……アイドルゲームだったかな?」

モバP「またえっとまさかお前……」

紗南「大丈夫だよPさん!ばっちりなのをおススメしてきたからさ!」

モバP「アイマスだよな?アイマスなんだよな?」

紗南「えっ?」


19:2014/10/13(月) 12:02:31.30 ID:

~菜々&心のアイドルゲーム~

菜々・心「アイ○ツ?」

紗南「単純に言えば音ゲーなんだけどね! 衣装を自分でコーディネートしたりできるんだよ!」

菜々「ふむふむ、お仕事に合わせた衣装じゃないとダメなんですね?」

心「はぁとにピッタリじゃん♪ コーディネートは任せろ☆」

紗南「まぁ音ゲーの部分がうまくいかないとクリアできないんだけどねー」

???「コーディネートはこぉでねぇと……フフッ」

菜々「あれ? 今なんか知り合いがいたような」

紗南「とりあえず少しだけ私のカード貸してあげる!」

心「結構難しいじゃんか」カチカチ


20:2014/10/13(月) 12:19:48.69 ID:

菜々「佐藤さんポップのカードありますー?」

心「はぁとだって言ってるだろ☆菜々ちゃん先輩、アクセ貸して☆」

菜々「そこのバインダーから持っていって……」

心「菜々ちゃんせんぱー?」

菜々「はぁとちゃん……このカードすごいキラキラしてるんですけど……」

心「げぇっ! それヤ○オフですっごい高いカードじゃん☆ 紗南ちゃーん!」

紗南「すごいじゃん菜々さん! これでしばらくオーディションで無双できるかも!」

菜々「おぉ……ウフフ……ウヒヒ」

心「うわぁキメェ☆」


21:2014/10/13(月) 12:27:36.67 ID:

幼女「………」ジー…

おじさん「……チッ」カチカチ

心「おい☆」ガシッ

おじさん「な、なんですかあんた」

心「後ろで子供が待ってんだろ☆変われよ☆」

おじさん「今始めたばかりですし……」

菜々「ずいぶん前から占領してましたよねー?ねー?」

幼女「う、うん」

心「ゲームは交代でやるもんでしょ?1クレはいいからさ☆……それともゲーセン裏いこっか☆」


22:2014/10/13(月) 12:35:16.31 ID:

おじさん「………すみません」

菜々「わかればいいんですよわかれば!」ドヤァ

心「なんで菜々ちゃん先輩がドヤ顔なんだよ☆」

おじさん「ってアイドルの安部菜々さんと佐藤心さんじゃないですか! サ、サインください!」

菜々「違いますよ、私と彼女は通りすがりの」

心「アイカツおねえさんだよ♪」



幼女「アイカツおねえさんカッコイイ……」キラキラ


23:2014/10/13(月) 12:44:22.31 ID:

モバP「パネェ」

紗南「今あのゲーセンではアイカツおば……おねえさんがゲーセンの治安を守ってるらしいよ」

モバP「おい今なんて言おうとした」

紗南「ゲーセンの店長さんにアイ○ツの大会の司会お願いされてたしね」

モバP「なんか最近ファンが増えたかと思ったら…というか最近事務所に来ないのはそれが理由か」

紗南「いやぁすごい輝いてるよあの二人。幼女の皆さんに囲まれて」

モバP「代わりにいろいろとアイドルとしてアウトだけどな……」


26:2014/10/13(月) 12:52:32.38 ID:



モバP「んで次は……これか」

紗南「仁奈ちゃんと美優さんに若葉さんみりあちゃんかな?」

モバP「動物園の時のか、懐かしいな……ん? なつか……しい?」

紗南「そうだよ、総選挙より前の……ん?」

モバP「これ以上はまずい気がする」

紗南「そ、そうだね!やめとこやめとこ!」

モバP「で? 美優さんたちは何を?」

紗南「仁奈ちゃんの勉強になるものって言われたから……」

モバP「桃鉄だろ?どうせ」

紗南「ビンゴ!日本地図を覚えるのに最高だよねこれ!」

モバP「嫌な予感しかしないんだけど…」

紗南「今回はトライアドプリムスの反省を生かしてアドバイスする側に回ったよ!仁奈ちゃん投資とかわからないし!」

モバP「なるほど」




27:2014/10/13(月) 13:03:56.18 ID:

~動物園組の桃鉄~

仁奈「ふっふっふ、園長のかたがきはもらったでごぜーます!」

みりあ「あー!仁奈ちゃんずるーい!」

美優「なら私は先生にしようかな?」

若葉「私は社長のままで!大人ですから!」

仁奈「サイコロ……4です!」

紗南「仁奈ちゃーん、最初は黄色のマスに止まるといいよー?」

仁奈「はーい!」

デビルカード

紗南「」


28:2014/10/13(月) 13:10:43.38 ID:

仁奈「デビル?仁奈デビルでごぜーますか?」

美優「えっとね、このカードは……」ゴニョゴニョ

若葉「私も4ですね。仁奈ちゃんと同じところにえーい!」

エンジェルカード

若葉「お、お金がもらえました!これっていいカードですよね」

紗南「そ、そうだねラッキーなカード」

若葉「ふふーん、日頃の行いがいいからですねきっと!」

美優「……わ、若葉ちゃん」

若葉「え?」

仁奈「仁奈……悪い子でごぜーますか……?」ジワッ

若葉「そ、そういうことじゃないですよ仁奈ちゃん!仁奈ちゃんはすっごいいい子ですから!」

???「千枝も……悪い子ですか……?」

若葉「えっ!?」


29:2014/10/13(月) 13:16:52.04 ID:


みりあ「えーい急行カード!」

美優「10……矢印の通りに行けば後6マスね」

みりあ「この時のために6進めるカードを残しておいたのだー!ふっふっふ!目的地はいただきだよー!」

仁奈「仁奈も負けねーですよ、とりゃー!って1……」

美優「私は貧乏神にカード捨てられちゃったからゆっくり追い付こうかな」

若葉(私も後13マス…そういえば特急カードが…)

若葉「みりあちゃんに追いつくぞー!とりゃー!」

4 4 5

美優「あ」

紗南「あー」

若葉「えっと……カード売り場に……」

みりあ「ゴールすればいいじゃん」

若葉「えっ」

みりあ「目的地に行けるんだからゴールすればいいじゃん!」

若葉「あぅ……」

テテテテレテテーン!

若葉「ぶ、物件はとっておこうかな」

みりあ「若葉ちゃん独占できるよね」

仁奈「下手なてかげんはむよーでごぜーますよ」


30:2014/10/13(月) 13:24:24.64 ID:

仁奈「いけー!メカボンビー!キングなんてやっつけるでごぜーます!」

みりあ「がんばれメカボンビー!」

チュドーン!

仁奈「おぉ!美優ねーさんのメカボンビーが勝ったです!」

みりあ「美優さんおめでとう!」

美優「あ、ありがとう」

仁奈「若葉おねーさんにすぐおいつくですよ美優おねーさん!」

美優「そ、そうね!がんばろうか仁奈ちゃん、みりあちゃん」

みりあ「おー!」

若葉「な、なんで私が悪者みたいになってるんですかー!?」

紗南(平和だなー……)


31:2014/10/13(月) 13:36:26.85 ID:


若葉「うぅ……また借金ですぅ……社長なのに」

仁奈「ふっふっふ、仁奈のサッカーチームはまた優勝でごぜーますよ!」

みりあ「私の東北の物件も祭りで大当たりー!」

美優「若葉ちゃんはほら、物件を買わないでお金のまま持ってたから……ね?」

若葉「もう少しだったですぅ! 夢の桃太郎ランドまでもう少しだったんです!」

紗南(他の物件買わずに桃太郎ランドに固執するから……もう少しでもないし)

仁奈「銀二のにーさんは金の臭いがわかるでごぜーますよ」

美優「ま、まぁまだまだ逆転できると思うし、若葉ちゃんも頑張ろう?」

若葉「そうですね! 仁奈ちゃんみりあちゃん!負けませんよー!」

仁奈「こいやー!」

みりあ「こいやー!」


32:2014/10/13(月) 13:44:45.44 ID:

モバP「平和だな」

紗南「仁奈ちゃんも日本地図を覚えられたみたいでよかったよ!」

モバP「まぁ……桃太郎ランドはないけどな?」

紗南「海沿いにロボット基地もないしね!」

モバP「だから仁奈は岡山での仕事に歓喜してたのか……」

紗南「あの4人で行くらしいよ、桃太郎ランド」

モバP「えっ」

紗南「どうするんだろうね……美優さんと若葉さんは冷や汗出てたけど」


33:2014/10/13(月) 13:55:02.23 ID:

モバP「まぁいろいろ済まなかったな」

紗南「私はみんなにゲームを布教できたし!万々歳だよ?」

モバP「何人か犠牲になってはいるけどな……」

紗南「まぁ凛さん達と小梅ちゃんには後で謝って……」

小梅「さ、紗南ちゃん……」

紗南「小梅ちゃん!おはよう!どうかしたの?」

小梅「ぞ、続編売ってたから……涼さんに買ってきてもらっちゃった……」

紗南「え、ホント!? やろうやろう!ってPさん」

モバP「いいよ、今日の仕事は昼からだし遊んできな」

紗南「ホント!ありがとうPさん!行こう小梅ちゃん!」


34:2014/10/13(月) 14:13:41.71 ID:

小梅「きょ、今日は私が操作してみるから……紗南ちゃんは操作方法教えて……」

紗南「えっとね、コントローラはこうやって持って……」

小梅「うん……」

奈緒「あー!紗南!今日は来てたな!」

紗南「奈緒さん!? えっと……あの時以来だね」

奈緒「お前がいなくなってから大変だったんだからな!凛は負けず嫌いだし加蓮は煽ってくるし!」

凛「最後まで根に持ってたの奈緒だったよね」

加蓮「凛も大概だったよねー♪奈緒は後半泣いちゃって……」

奈緒「う、嘘つくなよ!泣いてなんかねーし!」

小梅「お、おはようございます……」

凛「おはよう小梅、小梅がゲームなんて珍しいね?」

小梅「さ、紗南ちゃんに教わりながらやるから……もうすぐ幸子ちゃんたちも……来る」

奈緒「へぇ、どんなゲー……ム……?」

加蓮「どれどれー?……これって」

紗南「すっごい面白いゲームだよこれ!続編だけど、これだけでも遊べちゃうんだから!」


35:2014/10/13(月) 14:32:43.89 ID:

凛「プロデューサー、トライアドプリムスの仕事って……」

モバP「1時くらいに出るぞ?俺はちょっと美優さんたちを迎えにいってくるよ」

凛「そっか、じゃあそれまで小梅のゲームを見てていい?」

モバP「いいぞー?」

加蓮「奈緒、どうせ暇だし小梅のゲーム見てようよ」

奈緒「い、嫌だ!こ、これホラーゲームじゃないか!」

小梅「みんなも一緒にやるの……?」キラキラ

奈緒「うっ」

紗南「ホント!? ゲームはやっぱりみんなで見たりやった方が楽しいよね!」キラキラ

凛「だってさ、どうする奈緒」

奈緒「わ、わかったよ!見ればいいんだろ!あーあー楽しみだなぁ! なぁ小梅!」

小梅「う、うん!楽しみ……!」

加蓮「涼さんは? ゲーム買ってきてくれたんでしょ?」

小梅「涼さんは……ツーリングに行くって……残念」


モバP「……なんか忘れてるような……?」


36:2014/10/13(月) 14:44:58.60 ID:

仁奈「ここのタイミングがむずかしーです」ドンドンカッー

みりあ「もうちょっとゆっくり叩こうよー」ドンドンカッー

若葉「二人共上手ですよー!頑張ってー!」

美優「ゲームセンターなんて久しぶりですね……」

若葉「そうですねー。美優さん、二人を応援してるこの感じ!お姉さんっぽいですよね?」

美優「そ、そうね。……桃太郎ランドどうしようね」

若葉「お仕事のご褒美にって話したらまさか二人とも笑顔で「桃太郎ランド」って言うとは……」

仁奈「美優ねーさん、若葉ねーさん!このおにってやつをやってみてくだせー!」

美優「えっ私このゲームやったことないし……」

若葉「最高難易度なんて無理ですよぉ!」

みりあ「えー!」


37:2014/10/13(月) 14:52:49.73 ID:

???「ここは私たちに任せてください!」

美優「な、菜々ちゃん?」

心「おっすおっす美優さん♪はぁともいるよー☆」

若葉「佐藤さんまで、ここには何しに?」

心「しゅがーはぁとだって言ってるだろ☆えっとねーはぁと達は」

菜々「アイドルカツドウをしに来てるんですよ!」



「あ、アイカツおば…おねえさんだ!」

「アイカツおねえさんたちだー!」

「近所のチームを統治したらしいアイカツおねえさんだー!」



心「おい☆今最初に言ったやつ裏こいや☆」

菜々「ま、まぁ子供から見たら20代後半なんて……」ドヨンド

仁奈「菜々さんは十七歳でごぜーますよね?」キョトン

菜々「そ、そうですよ!?菜々は立派なJKですから!へ、平気ですからー?」

心「痛々しいね☆」

若葉「はぁとさんに言われるのはちょっと……」

心「なんか言ったー?」


39:2014/10/13(月) 15:03:00.87 ID:

美優「いつの間にか人が……」

菜々「よーしはぁとちゃん!メルヘンデビューやっちゃいましょう!」

心「本人が叩くのかよ♪まぁお客さんもいるしー」

菜々「みんなー!元気ー!?」

「「「「ゲンキー!」」」」

みりあ「わー、なんだか楽しそう!」

仁奈「お客さんがいっぱいでごぜーます!」

菜々「今日はアイカツおねえさん達がこの太鼓のゲームをやっちゃうよー!」

心「ちゃんとはぁと達のプレイ!見ててねー♪」

菜々「曲合わせて一緒に歌ってくれるとうれしいですっ!」

「「「「ワー!」」」」


40:2014/10/13(月) 15:11:18.45 ID:

菜々「みんなで歌おうね!『メルヘンデ」


ゴチン!


モバP「何やってるんですか菜々さんは!?」

菜々「プ、プロデューサーさん?なんでここに?」

モバP「仁奈達を迎えに来たんです。というか何を勝手にステージを開こうとしてるんですか……?」

菜々「え? あ、いや…これはアイカツおねえさんとしてのステージでしてね?」

モバP「佐藤さんも、ダメなのわかってて止めなかったでしょ?」

心「バレたか☆」

モバP「美優さん達も止めてくださいよ……菜々さん達はアイドルなんですから」

美優「ごめんなさい、なんか場に流されてしまって……」

モバP「普通に営業妨害ですからこれ……すみませんホントに。え?問題ない?」

モバP「いつもお世話になってるって……え?仕事ですか?いいですが……はい、はい」

若葉「なんか名刺の交換始めてるんですけど……」

美優「あの人店長さんなのかしら」


41:2014/10/13(月) 15:25:55.54 ID:

幼女「菜々おねーさん、このカードなんだけどねー?」

菜々「どうしたの?このオーディションかー、このカードとこのカードでコーディネートすればいいと」

心「菜々ちゃん先輩甘いよー♪はぁとならー?これとーこれっ☆」

みりあ「うわー!かわいー服!」

仁奈「ヒラヒラでごぜーます!」

菜々「二人もやってみます? 音に合わせてボタンを押すんですよー?」

みりあ「うわぁ!楽しそう!」


その後、小梅がホラーゲームをみんなとやったことをブログに書き、レーティングがZだったためにいろいろと面倒なことになったり
桃太郎ランドは諦めたけど立派なアイカツ少女になった仁奈とみりあに高いカードをせがまれたり
ゲーセンの経営者の目に留まって菜々さんと心さんの全国ゲーセンめぐりが決まったりしたのはまた別の話。



43:2014/10/13(月) 15:30:25.94 ID:


終わり。



余談ですが、
現役アイカツおじさんから聞いたところ、うちのゲーセンではアイカツおじさんはどうあがいてもアイカツ少女達には勝てないとのこと。

あのゲーム厳密には音ゲーじゃないらしいですね、一定速度で流れてないから音ゲープレイヤーがやると逆にズレてスコアが落ちるとか

反射神経でゴリ押すアイカツ少女の大会はアイカツおじさん達に比べてスコアのアベレージに数万の差が開いたそうです。

多分うちのとこだけだと思いますが。

依頼出しておきます。


SSまとめアンテナ
SSまとめ倉庫
人気記事