1:2014/12/04(木) 02:41:47.44 ID:


※モバマスSS
 鬱ではない んじゃないかな
 

 ↓宣伝&警告(今まで書いた奴の一部)

安部菜々「コンドっ……ムを事務所で失くしましたっ……!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1396699100/

安部菜々「ピロートーク」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1396537728

安部菜々「下着悶々」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1398342936/

高垣楓「湯の中で噛み合い」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413035258/

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417628497
2:2014/12/04(木) 02:44:02.77 ID:


 ――事務所――

凛「……いきなりなんだけどさ」

奈緒「なんだよ」

加蓮「やけに真剣な感じだけど……重い話?」

凛「んー、まあ、そうでもないかな。私のプライベートな話だから」

奈緒「……悩みか何かか?」

凛「ううん。なんだろ……自慢? いや、違うかな」

凛「しいて言えば――同意を求める感じ?」

加蓮「何それ」

奈緒「まあ、話してみろよ」

凛「……………………」































凛「セックスって気持ちいいよね」

奈緒「」

加蓮「」



3:2014/12/04(木) 02:45:15.80 ID:


奈緒「なっ、なっ、なっ……ななななななっ!?」//////

凛「……奈緒、落ち着いて」

奈緒「これが落ち着いてっ……お、お、落ち着っ……!!」//////

加蓮「そうだよ奈緒、そんなに慌てないでって。はい深呼吸」

奈緒「っ……すぅぅぅ、はぁぁぁ……っ//////」

加蓮「今のうちに、凛に3つ質問」

凛「うん」

加蓮「まず1つ目。なんでいきなりそんなことを言い出したのか」

加蓮「2つ目。その話題をどうして、事務所の中で切り出したか。3人でご飯食べてるときでもいいのに」

奈緒「すぅ、はぁ……っ///」

加蓮「そして3つ目。……今の言葉は、凛の体験に基づいた事実からの発言か」




4:2014/12/04(木) 02:47:35.21 ID:


凛「順番に答えていこうかな。奈緒も、いい?」

奈緒「あ、ああ……ごめん、取り乱した」

加蓮「私だって心情的には奈緒と同じだよ。だから聞いたの」

加蓮「……セックスが、気持ちいい――なんてことを、どうして急に言い出したのかの理由を」

奈緒「っ//////」

加蓮「それにしても奈緒、動揺しすぎじゃない?」

奈緒「う、うるさいなっ//// ってか動揺なんかしてねえよ!」

凛「奈緒は、ほら。ムッツリだから」

奈緒「あたしにそんな属性はねえ!」//////

奈緒「というか、早く説明しろよ凛!」

凛「そうだね」

凛「原因は、1時間前……私が事務所についたときの、プロデューサーの呟きだった――」




5:2014/12/04(木) 02:49:43.24 ID:


 ~1時間前~

P「……………………」マウスカチカチ

P「はー、エロゲのヒロインが処女じゃないだけでディスク叩き割って会社に送り返したかあ……」カチカチ

P「こえーなー処女厨。そういえば奈緒の持ってる漫画でもそういう問題あったなあ」

P「ヒロインに元カレがいたかもしれないって描写があっただけで、単行本破いて作者に送りつけるとか……」

ガチャ…

凛「おはようござい――」

P「なーにがいいんだろうなあ、処女なんて。あんな面倒なの」

凛「……………………」

P「――って、凛? 来てたのか。早いな」ブラウザトジー

凛「う、うん。おはよ」

P「おはよう。ああ、言っておくが俺はネット見ながらサボってたわけじゃないぞ。社長が今日出張から戻ってくるからな。空港まで迎えにこいという電話が来るのを待っていただけだ。仕事をしていなかったのは変なタイミングで電話が来て仕事が中途半端で止まってしまうことを恐れてであってだな」

凛「分かった、分かったから。……それよりプロデューサー、さっきの話――」

 trrrrrrrr

P「お、社長からか。ちょっと待っててくれな凛」

凛「うん……」

P「はいもしもし。お疲れさまです。はい、では今から向かいます」

凛「……………………」



6:2014/12/04(木) 02:50:45.72 ID:


 ピッ

P「あー、凛。すまんが留守番をお願いできるか? 社長が今空港に到着したみたいだ」

凛「ちひろさんは?」

P「今日は午後出勤だってさ。病院に寄ってからくるみたいだ」

凛「そう……」

P「ああ、電話鳴っても出なくていいからな。電話受付時間外だし。その時間までには戻ってくるよ」

凛「分かった。気をつけてね」

P「ありがとう。……そういえば、今日は加蓮も来るんだっけ?」

凛「うん。あと、奈緒も来て3人で打ち合わせ。できればPさんにも参加してほしいな」

P「了解。じゃあ、戻ってきたら入れてもらうよ」

凛「お願いね」

P「おう。じゃ、いってくる」

凛「いってらっしゃい」

 ガチャ バタン

凛「……………………」

凛「処女が、面倒くさい――か」


 ~回想終了~




7:2014/12/04(木) 02:52:44.06 ID:


奈緒「Pさん、そんなこと言ってたのかっ!?」

凛「うん。間違いなく」

加蓮「なるほどね……で、私の質問に対する回答は?」

凛「プロデューサーに処女だと思われたら、面倒くさい女認定される」

凛「それが嫌だから、否定する情報を出した。それだけだよ」

奈緒「おまえ、それは……!」

凛「言いたいことは分かるよ、奈緒。プロデューサーをどう思ってるのか、宣言してるようなものだからね」

加蓮「……………………」



8:2014/12/04(木) 02:53:47.82 ID:


加蓮「じゃあ、どうしてそれを、この場所で話したの?」

凛「もう少ししたら、プロデューサーが社長と一緒に帰ってくる」

凛「そして、そのときに今みたいな話をしていたら――」

加蓮「『凛は非処女』っていうのが、戻ってきたPさんの耳に入る」

加蓮「そうすれば、面倒だと思われることがない、と」

凛「そういうこと」

奈緒「くっだらねえ!」

凛「うん、くだらないかもしれない。だけど少なくとも、この事務所の中の誰よりもプロデューサーに近づくことはできる」

凛「何故なら、この事務所は……処女ばっかりだから!」クワッ!



 ~某ヶ崎家~

某カリスマギャル「へっくちっ!!」

莉嘉「お姉ちゃんだいじょうぶー?」




9:2014/12/04(木) 02:54:49.16 ID:


奈緒「そ、そーゆーことをそんな大声でだなっ///」

奈緒「ってか、そうとも限らないだろ!」

凛「私も見立てでは、みんな処女だよ」

凛「っていうか、そんな過剰反応しなくてもいいんじゃないの奈緒」

奈緒「おまえが変なこと言うからだろぉ!?」

加蓮「……………………」

加蓮「ふーん、なるほどね……で、3つ目の質問の答えは?」

凛「私の発言が実体験に基づいたものであるかどうか――つまり、私がウソをついているのではないか」

凛「これに関しては、イエス・ノー以外の第三の回答をさせてもらおうかな」

加蓮「答えない、ってこと?」

凛「そういうことだね」

加蓮「……いや、処女でしょ凛」

凛「証明はできないでしょ?」

加蓮「確かにそうだけど」

奈緒「な、なあ……この話題続けるのか?」///

凛「私は続けるつもりだよ。プロデューサーが戻ってくるまでは」

加蓮「ふうん……」




10:2014/12/04(木) 02:55:28.93 ID:


加蓮「はーあ……ねえ凛。私も一応言っとくけど」

凛「何?」

加蓮「……………………」


























加蓮「私“は”非処女だよ」

奈緒「なぁっ……!!」//////

凛「へえ……そう来たか」




11:2014/12/04(木) 02:56:17.77 ID:


加蓮「気持ちいいよね、セックス。私好きだよ」

奈緒「わ、わわわわわ悪ノリしてんじゃねえよ加蓮ん!!」//////

加蓮「だって、凛の情報が正しければ、Pさんは非処女が好きなんでしょ?」

奈緒「いや、面倒って言っただけで、好きだとは一言も――」

加蓮「だから、凛は自分が非処女だと嘘をついた」

凛「決めつけてるの?」

加蓮「うん。証拠はいっさいないけどね」

加蓮「だけど、凛は処女。それは言える」

凛「……で、代わりに自分は非処女だって?」

加蓮「今まで言わなかったけどね。そんな必要もなかったし」

加蓮「でも、処女だらけのこの事務所の中で、一歩リードできるっていうのなら話は別」




 ~某ヶ崎家~

カリスマギャル「ん゛っくしゅーい゛!!」

莉嘉「さっきからクシャミすごいよー?」

カリスマ(笑)ギャル「話題が絶えないんだよ、カリスマだから★」




13:2014/12/04(木) 03:00:34.19 ID:


凛「……ねえ、自称非処女の加蓮」

加蓮「何かな、自称非処女の凛」

凛「加蓮は、いつごろ、どこで、誰としたの?」

加蓮「……覚えてないなあ。数が多すぎて」

凛「1回だけじゃないんだ」

加蓮「入院してたからね」

奈緒「それ関係あんのかよ!!」

加蓮「病院は身体を持て余したヒマな人が多いから」

凛「ふーん。不特定多数と、か」

凛「……非処女は嫌いじゃなくても、ビッチは嫌いかもよ」

加蓮「……!!」




14:2014/12/04(木) 03:01:27.84 ID:


加蓮「……そ、そういう凛は、どうなの?」

凛「私は1人。同級生と。アイドルになる1年前」

奈緒「み、妙に具体的だな……///」

加蓮「どこが? 適当にそれっぽいこと言っただけ、みたいな感じだけどなあ」

加蓮「だから奈緒は処女なんだよ」

奈緒「なっ……か、勝手に決めつけるな!」//////

凛「でも処女でしょ? 私と違って」

加蓮「凛だって違うでしょ」

凛「加蓮こそ違うじゃん。だいたい話の具体性で言ったら、私のよりそっちの話の方がフィクションっぽいよ」

加蓮「可能性のない話ではないでしょ?」

凛「嘘くさいなあ。ねえ奈緒」

奈緒「……………………」

凛「奈緒?」




15:2014/12/04(木) 03:02:18.73 ID:


奈緒「……………………ん、くぅぅ……………………!!」///

加蓮「どしたの奈緒。うなっちゃって」

凛「あんまり過激な話ばっかりだったから、ますます恥ずかしくなっちゃった?」

奈緒「……あ……し、も……」//////

加蓮「え?」

凛「ASIMO?」

奈緒「…………っ!!」//////

奈緒「あたしも……非、処女だよ……!!」//////








































凛「はいはいw」

加蓮「そっかそっかwww」

奈緒「」



16:2014/12/04(木) 03:03:46.84 ID:


奈緒「なんだよ! なんだよその反応!!」

凛「だってさ、奈緒だよ?」

加蓮「私たちの話聞いて、ちょっと見栄張ってみたくなっちゃった?」

奈緒「あたしの方がおまえらより年上だぞ! 人生経験が上なんだぞ!!」

奈緒「セッ……そ、そーゆーことしててもおかしくないだろ!!」

凛「はいはい」ナデナデ

加蓮「そーだねー」ナデナデ

奈緒「頭を撫でるなぁっ!!」ガバッ

加蓮「じゃあ聞くけどさ奈緒。奈緒はどんな体位が好きなの?」

奈緒「たっ……!」///

凛「ちなみに私は……正常位、かな。相手の顔よく見えるし」

加蓮「凛には聞いてないんだけど……まあいいか」

凛「自称非処女な加蓮はどう?」

加蓮「私? そうだなあ、いろいろあるけど……一番は後ろからガンガンされることかな」

奈緒「っ…………!!」/////////

加蓮「で、奈緒はどんな体位が好きなの? 正常位? 後背位?」

凛「騎乗位? 対面座位? 駅弁?」

奈緒「くっ、ぅっ…………うぅぅぅぅ…………//////////」

加蓮「奈緒はかわいいなあ」ナデナデ

凛「本当にね」ナデナデ

奈緒「だー! だから撫でるなー!!」



17:2014/12/04(木) 03:05:27.63 ID:


 ガチャッ

P「はー、ただいまー」

社長「戻ったよ」

凛奈緒加蓮「! おかえりなさい」

社長「ただいま、トライアドの諸君。じゃあ私はちょっと荷物を整理してくるかな」

 ガチャ バタン

P「3人は、もう打ち合わせしてたのか?」

奈緒「ちげえよ……Pさん助けてくれよぉ……」

P「? どうしたんだ? また2人にいじられたのか?」

凛「奈緒がウソつくのが悪いんだよ」

加蓮「ウソついてるのは凛もでしょ」

凛「私はついてないよ。本当のこと言ってる」

奈緒「あー、もー!!」

P「何を揉めてるんだ、いったい」

凛「誰が非処女で誰が処女か」

P「は?」

加蓮「私は非処女だよ、Pさん」

P「」

凛「加蓮は純潔だよ。私が非処女」

P「何言ってるんだおまえら」



18:2014/12/04(木) 03:06:37.66 ID:


加蓮「だってPさん、非処女の方が好きなんでしょ?」

P「なんの話だ?」

凛「朝、パソコン見ながら言ってたじゃん。『処女は面倒くさい』って」

奈緒「……………………」

P「あー、処女厨の記事のことか!」

P「いや、俺は別に、好きにさえなれば処女とか非処女とか関係ないけど……」

凛「え?」

P「むしろ、どっちかっていうと身持ちの固い方が好印象だぞ?」

加蓮「!!」




19:2014/12/04(木) 03:07:35.22 ID:


P「で、誰が非処女だって?」

凛奈緒加蓮「……………………」

凛「……私は、違うよ?」

加蓮「……私も。ごめん2人とも。変な見栄張っちゃって」

凛「ううん。元はといえば、私が最初に嘘ついたんだから」

奈緒「……ほんっと、くっだらねえ話だったな……」

凛「奈緒だって乗って嘘ついてたじゃん」

奈緒「いや、あたしは――」//////

P「はいはい、で、打ち合わせはまだなんだな?」

加蓮「え? うん、全然」

P「じゃあ、今から開始だ。会議室に移動するぞ」

凛加蓮「はーい」

奈緒「…………おう」


……………………

…………

……




20:2014/12/04(木) 03:08:53.95 ID:


――夜 P自宅――


P「はーあ、それにしても朝の独り言が原因で、トライアドが言い争いになるとはなあ」ナデナデ

P「不用意な発言をした俺も悪いけど……変なことで張り合うもんだ」サワサワ

P「そう思わないか?」フニッ ムニュッ





































奈緒「んんっ……♥ 当事者にそれ、聞くか……?」//////



21:2014/12/04(木) 03:09:48.28 ID:


P「それにしても、奈緒が非処女と主張したのに全然信じてもらえないっていうのは面白い話だな」カプッ

奈緒「うっ……ち、乳首、噛むなぁ……んっ♥」

P「まあ、生娘っぽいもんな、奈緒は。結構開発したつもりなんだけど、いつでも反応が初々しい」

P「エロい言葉、未だに言えないもんな。XXX欲しい、とか」レロォ…

奈緒「だ、誰が、言うかぁ……あ、ふぁっ……♥」

P「ところで、凛と加蓮は未経験だよな?」

奈緒「そうに決まってるだろ……知識で、言ってただけで……ん、はぅ……///」

P「そっか、そっか。安心した」チュウウッ…

奈緒「んくぅぅっ////// 吸う、なあ……♥」

P「なんか今日、いつもより感度いいんじゃないか?」

奈緒「P、さんの、攻め方が……いつもより、エロいからぁ……//////」

P「サービスだよ、サービス」カプッ

奈緒「わけ分かんねえ……んぁ……♥」

P「嘘をつかなかった奈緒に、ご褒美だよ」

奈緒「ご褒美って、Pさんがやりたいことしてるだけのくせに……♥」ピクンッ



22:2014/12/04(木) 03:10:57.07 ID:


奈緒「なあ、Pさん……」

P「ちゅぱっ…………なんだ?」

奈緒「Pさんも、その……あたしの初めてのとき、面倒くさいとか思ったのか……?」

P「ああ、アレはよく聞く意見を口に出しただけだ」

P「奈緒のときは……ただただ、愛おしかったな。その気持ちで胸がいっぱいだった」

奈緒「Pさん……//////」

P「で、その気持ちは今も全然変わってない」クチュッ

奈緒「ひんっ……/// い、いい感じのこと言いながら、変なとこ、触っ……あ、あぁぁっ……♥」

P「好きだぞ、奈緒」チュッ

奈緒「んっ……ん、むっ――ぷぁ……♥」

奈緒「あたしも……大好きだよ、Pさん……//////」


END



23:2014/12/04(木) 03:11:23.50 ID:

以上。くぅ疲。
本気で好きなら処女も非処女も関係ないよね。
お粗末様でした。


人気記事