1:2015/01/08(木) 20:15:29.13 ID:

モバP(※以下P表記)「ちょっと意味は違うけど、完全に名前負けな感じだよなぁ」

美嘉「むっ、何それどーゆー事?アタシがカリスマギャルじゃないって言いたいの?」

P「いやだってさ……うーんと、ちょっと偏見だとは思うけど」

P「ギャルってお洒落とかに敏感で軽い感じがあって、遊び慣れてるイメージがあるだろ?」

P「火遊び的なものとか、男遊び的なのも含めて」

美嘉「あー、まぁ確かにね……そーゆーイメージがあるのは認めるよ」

P「だろ?で、美嘉はそんなギャルの一歩先を行くカリスマギャルなんだろ?」

美嘉「そーだよっ!」

P「でも美嘉って、彼氏いた事無いんだろ?」

美嘉「うっ……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420715728
6:2015/01/08(木) 20:36:34.38 ID:

P「彼氏の一人も出来た事無いのに、お洒落で遊び慣れてるギャル達より一歩先のカリスマギャルです、って言われてもなぁ」

P「なんだかなぁ……とか、思われても仕方なくないか?」

美嘉「……う……うそ、だし……」

P「ん?」

美嘉「……そんなのウソだし」

P「嘘なのか?」

美嘉「あ、あったり前でしょ!?アタシを誰だと思ってんの?カリスマギャルだよ?」

美嘉「か……か、かか彼氏できた事ないとかっ……う、う嘘に決まってんじゃん!」

P「なんで、そんな嘘ついたんだ?」

美嘉「え……そ、それは……あっ、アイドルだから、そう言った方が良いかなーと思って……」

P「ああ、そういう事か」

美嘉「そ……そうっ、そーゆー事」


7:2015/01/08(木) 20:48:39.86 ID:

P「じゃあ、本当は今も彼氏いるのか?」

美嘉「ぅ……今はいないけど……あっ、アイドルやるって決めた時に別れたから、いないだけだからねっ?」

P「おお、そうか……因みに、今まで何人ぐらいと付き合ったんだ?」

美嘉「ぅえっ!?えっとー……それは……あー……ええっとぉー……」

P「おいおい、まさか思い出せないぐらい多かったのか?」

美嘉「……!……そ、そう!そうなんだ!もう、多すぎて覚えてなんかいらんないんだよね!ひゃ……百人はヨユーで越してるかなーっ!」


9:2015/01/08(木) 20:56:04.35 ID:

P「じゃあついでに聞きたいんだけど、今までの彼氏とどんな事やったんだ?」

美嘉「えっ!?ど、どんな事?えーっと、それは……うーんと……」

P「おいおい、まさか口に出すのも躊躇うぐらい凄い事やってきたのか?」

美嘉「……!……そう、それ!それだよ!ちょっと過激過ぎて、いくらプロデューサーでも、これだけは言えないかなー!」


11:2015/01/08(木) 21:04:16.38 ID:

P「でもそれ本当なのか?」

美嘉「ほ、ホントだし!何?信じられないの?」

P「いやー、だってさ……」

美嘉「だって……何?」

P「美嘉って、手を繋いだだけで顔真っ赤にしそうじゃん」


13:2015/01/08(木) 21:08:24.93 ID:

美嘉「はぁ!?そんな訳ないでしょ!」

P「そうか?」

美嘉「そーだよ!」

P「本当か?」

美嘉「ホントだし!それぐらい、ちょーヨユーだよ!誰とだってできるよ!」

P「ふーん……」


14:2015/01/08(木) 21:17:55.28 ID:

P「どれどれ?」ギュッ

美嘉「ふぇ!?ぷ、ぷぷぷぷプロデューサー!?ななななななな、何やって……手、手が……プロデューサーと手……ぅぁ////」カァァッ

P「どうしたんだ美嘉?顔真っ赤だぞ?」

美嘉「えっ!?えっと、これはそのあの……て、手を繋ぐなんて子ども過ぎて、逆に恥ずかしくなってきただけだからっ!」

P「ふーん、そっかぁ」


15:2015/01/08(木) 21:28:15.62 ID:

美嘉「……そ、それよりプロデューサーは良かったの?」

P「ん?何が?」

美嘉「ほ……ほらっ、アタシは手を繋ぐなんて散々やってきたけど……プロデューサーは彼女いたことなさそうだし、始めてがアタシで良かったのかなーって……」

P「いや、この歳で手を繋ぐのが始めてとか……そんな訳ないだろ」

美嘉「え……?あっ……そうなんだ……やっぱり始めてじゃないんだ……」シュン

P「……まぁ、小学校のフォークダンス以来だけどな……」

美嘉「……ん?今、何か言った……?」

P「いや?なんにも?」

美嘉「……そう……」シュン


16:2015/01/08(木) 21:31:45.17 ID:

P「んー……やっぱりまだ、美嘉が彼氏いた事あるって信じられないなぁ」

美嘉「なっ、まだ信じられないの?」

P「いやー、だってさ……」

美嘉「だって……何?」

P「さっきの反応からして、美嘉って抱きつかれたりしたら、卒倒しそうじゃん」


17:2015/01/08(木) 21:32:34.47 ID:

美嘉「はぁ!?そんな訳ないでしょ!」

P「そうか?」

美嘉「そーだよ!」

P「本当か?」

美嘉「ホントだし!それぐらい、ちょーヨユーだよ!誰とだってできるよ!」

P「ふーん……」


18:2015/01/08(木) 21:40:42.68 ID:

P「どれどれ?」ダキッ

美嘉「ふぇ!?ぷ、ぷぷぷぷプロデューサー!?ななななななな、何やって……ふあ……プロデューサーが抱き……ぅぁ////」カァァッ

P「どうしたんだ美嘉?顔真っ赤だぞ?」

美嘉「えっ!?えっと、これはそのあの……だ、暖房の効いた室内で抱きつかれて、暑くなってきただけだからっ!」

P「ふーん、そっかぁ」


19:2015/01/08(木) 21:45:20.93 ID:

美嘉「……そ、それよりプロデューサーは良かったの?」

P「ん?何が?」

美嘉「ほ……ほらっ、アタシは抱き締め合ったりなんて散々やってきたけど……プロデューサーは彼女いたことなさそうだし、始めてがアタシで良かったのかなーって……」

P「いや、この歳で抱き締めるのが始めてとか……そんな訳ないだろ」

美嘉「え……?あっ……そうなんだ……やっぱり始めてじゃないんだ……」シュン

P「……まぁ、小さい頃に親戚お姉ちゃんとか、今も年少組だけだけどな……」

美嘉「……ん?今、何か言った……?」

P「いや?なんにも?」

美嘉「……そう……」シュン


32:2015/01/09(金) 20:20:39.38 ID:

P「んー……やっぱりまだ、美嘉が彼氏いた事あるって信じられないなぁ」

美嘉「なっ、まだ信じられないの?」

P「いやー、だってさ……」

美嘉「だって……何?」

P「さっきの反応からして、美嘉ってキスなんてしたら、もう死にそうじゃん」


33:2015/01/09(金) 20:22:32.22 ID:

美嘉「はぁ!?そんな訳ないでしょ!」

P「そうか?」

美嘉「そーだよ!」

P「本当か?」

美嘉「ホントだし!それぐらい、ちょーヨユーだよ!誰とだってできるよ!」

P「ふーん……」


34:2015/01/09(金) 20:27:40.05 ID:

P「どれどれ?」チュッ

美嘉「ふぇ!?ぷ、ぷぷぷぷプロデューサー!?ななななななな、何やって……ふあ……お、お、おで……おでこだけど……キ、キキキキ……ぅぁ////」カァァッ

P「どうしたんだ美嘉?顔真っ赤だぞ?」

美嘉「えっ!?えっと、これはそのあの……い、いつももっとすんごい大人のやつしかした事なかったし、おでこにチュッとか新鮮過ぎて驚いただけだからっ!」

P「ふーん、そっかぁ」


35:2015/01/09(金) 20:32:05.97 ID:

美嘉「……そ、それよりプロデューサーは良かったの?」

P「ん?何が?」

美嘉「ほ……ほらっ、アタシはもっとスゴいのを散々やってきたけど……プロデューサーは彼女いたことなさそうだし、おでこに軽くとはいっても始めてがアタシで良かったのかなーって……」

P「いや、この歳でキスが始めてとか……そんな訳ないだろ」

美嘉「え……?あっ……そうなんだ……やっぱり始めてじゃないんだ……」シュン

P「……まぁ、赤ん坊の頃に親戚のお姉ちゃんとかにされただけだけどな……」

美嘉「……ん?今、何か言った……?」

P「いや?なんにも?」

美嘉「……そう……」シュン


36:2015/01/09(金) 20:35:03.92 ID:

P「んー……やっぱりまだ、美嘉が彼氏いた事あるって信じられないなぁ」

美嘉「なっ、まだ信じられないの?」

P「いやー、だってさ……」

美嘉「だって……何?」

P「さっきの反応からして、美嘉って男と付き合うなんて、出来そうにないじゃん」


37:2015/01/09(金) 20:35:53.45 ID:

美嘉「はぁ!?そんな訳ないでしょ!」

P「そうか?」

美嘉「そーだよ!」

P「本当か?」

美嘉「ホントだし!それぐらい、ちょーヨユーだよ!誰とだってできるよ!」

P「ふーん……」


38:2015/01/09(金) 20:40:22.78 ID:

P「じゃあ、俺と付き合おうか」

美嘉「ふぇ!?ぷ、ぷぷぷぷプロデューサー!?ななななななな、何言って……ふあ……プロデューサーが……アタシと……ぅぁ////」カァァッ

P「どうしたんだ美嘉?顔真っ赤だぞ?」

美嘉「えっ!?えっと、これはそのあの……つ、付き合ってなんて言わなくても、いつもその場の流れでなんとなく付き合ったりしてて、改めて言われて驚いただからっ!」

P「ふーん、そっかぁ」


39:2015/01/09(金) 20:43:21.42 ID:

美嘉「……そ、それよりプロデューサーは良いの?」

P「ん?何が?」

美嘉「ほ……ほらっ、アタシはもう何10人と付き合ってきたけど……プロデューサーは彼女いたことなさそうだし、始めてがアタシで良かったのかなーって……」

P「うん」

美嘉「……え?……今なんて……?」


40:2015/01/09(金) 21:02:25.84 ID:

P「俺は女の子と付き合うなんて始めてだし、好きな女の子と付き合いたいから、俺は美嘉と付き合いたいな」

美嘉「……え……好き?……プロデューサーが……アタシを……!?」

P「うん」

美嘉「……で、でもっ……アタシなんてギャルでチャラチャラしてて、何十人とも遊びで付き合っちゃうみたいな軽い子だし、それに――」

P「俺は、例えギャルでチャラチャラしてて、今まで何十人と付き合った事あるような軽い女の子でも……」

P「実は真面目で奥手で純情で、からかわれて少し見栄を張っちゃうような女の子でも……」

P「俺はどっちの美嘉も好きだよ」

美嘉「ぁ……ぅ……」

P「それで、出来れば返事を聞かせて欲しいな」


41:2015/01/09(金) 21:11:21.92 ID:

美嘉「……ア……アタシも……プロデューサーの事が……す、好きだよっ!」

P「うん、ありがとう」

美嘉「それで、今プロデューサーに好きって言われて……付き合って欲しいって言われて……スゴい嬉しくて……だから……」

P「うん」

美嘉「ア……アタシとっ……つ、付き合って下さい!」

P「うん」
















HAPPY END


SSまとめアンテナ
SSまとめ倉庫
人気記事