1:2015/01/11(日) 12:27:19.53 ID:

赤羽根P(以下バネP)「…………」グビッ

武内P(以下タケP)「…………」クイッ

バネP「…………」

タケP「…………」









バネP(き、気まずい……!!!)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420946839
2:2015/01/11(日) 12:28:59.54 ID:

バネP(社長に346プロのプロデューサーとの会食をセッティングされ…

--
---

社長『キミィ!346プロは知っているだろう?』

社長『そこのプロデューサー君を見て久しぶりにティンッときたのだよ!』

社長『一度会って話をしてみたらどうかね?きっとお互いにいい刺激になる!』

---
--

来てみたはいいものの……)チラッ

タケP「…………」┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"

バネP(め、目が怖い!!!)

バネP(あまり積極的に話すタイプではなさそうだし…)

バネP(本当にあの346プロのプロデューサーなのか…?)

バネP(どうコミュニケーションを取ればいいんだ…)







タケP「…………あの」

バネP「は、はいっ!」


3:2015/01/11(日) 12:30:33.15 ID:


タケP「…………バネPさんのお話は業界でも有名で」

タケP「…………今日は、いろいろと勉強させていただきたいと思っています」

タケP「……よろしく、お願いします」ペコリ

バネP「あっ、あぁいえいえ!俺なんかで良ければ!と言っても俺から教えられることなんてそんなにありませんよ、あ、あはははは!」











タケP「…………」┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"

バネP(怒らせたーっ!!!)



5:2015/01/11(日) 12:32:05.34 ID:


バネP(まずいまずい!確実に怒ってるぞ!)

バネP(何がいけなかったんだ!?愛想笑いが気に障ったか!?)

バネP(もう少し慎重に答えるべきだったか…)

バネP(しくじった……どう話を繋げようか…)






タケP「…………あの」

バネP「は、はいっ!」



7:2015/01/11(日) 12:33:40.84 ID:


タケP「…………バネPさんは、どうしてこの業界へ?」

バネP(お、怒ってないのか…?)

バネP「あ、あぁ俺は、就職のことを考えてた頃に社長に声をかけられて、それで」

タケP「……それだけ、ですか?」

バネP「え、ええ、最初は、慣れない環境でトラブルばかりでしたけど、今はなんとかやっています」

タケP「……そうですか」



8:2015/01/11(日) 12:35:10.42 ID:


バネP「タケPさんは、どうしてこの業界に?」

タケP「……私も、同じようなものです」

タケP「……最近ではシンデレラプロジェクトが始まって、まだまだ勉強の毎日です」

バネP「あ、あはは、やっぱり大変ですよね」

タケP「……はい」

バネP「…………」

タケP「…………」











タケP「……この間も警察に声をかけられまして」

バネP「警察に!?」



9:2015/01/11(日) 12:36:36.01 ID:


タケP「……スカウトしようとした子に、断られてしまって」

タケP「……通学路に毎日立って、名刺だけでも受け取ってもらおうとしていたのですが」

タケP「……どうやら不審者として通報されていたようで、『署まで来てもらおうか』と」

バネP「そ、それは大変でしたね…」

タケP「……その場はその子が事情を説明してくれて、なんとか切り抜けることができました」

タケP「……誤解を解く自信がなかったので、助かりました」

バネP(自覚はあるのか…)



10:2015/01/11(日) 12:38:07.48 ID:


タケP「……ですが、それがきっかけで、その子は私の話を聞いてくれて、スカウトを受けてくれました」

タケP「……無鉄砲な行動ではありましたが、スカウトを受けてもらえて、良かったと思っています」

バネP「う、うまくいって良かったですね」




バネP(…ちょっと変わってはいるが…)

タケP「…………」
┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"

バネP(…仕事に対してかなり真面目なんだろうな)

バネP(あの346プロを支えるプロデューサーだ、それぐらい気合いが無いと務まらないだろう)

バネP(タケP恐るべし、だな)




タケP「……バネPさんは、スカウトをされたことはあるのですか?」



11:2015/01/11(日) 12:39:22.17 ID:


バネP「あぁいえ、実は俺、スカウトの経験はないんです」

バネP「今の765プロのメンバーは、俺が入った時には全員いましたから」

バネP「だから、タケPさんのようにアイドルの卵を見抜けるプロデューサーのことを尊敬してるんです」

バネP「俺の方こそタケPさんからいろいろと教えていただきたいですよ」ハハハ…

タケP「……いえ、私などまだまだ」

バネP「何か、スカウトの基準ってあるんですか?見た目とか、ファッションとか」



12:2015/01/11(日) 12:40:18.33 ID:


タケP「…………笑顔です」

バネP「…!」



13:2015/01/11(日) 12:41:50.42 ID:


タケP「……この人の笑顔を見た人は、きっと幸せな気持ちになる」

タケP「そういう笑顔ができる人を、私はスカウトします」

タケP「笑顔は、魔法だと思っています、その人の魅力を引き出し、周りを幸せにする、魔法だと」

タケP「…………おかしい、でしょうか」

バネP「……いえ、その考え、とても大切だと思います」

バネP「俺も、あいつらを輝かせてやりたい、輝いている姿をファンの人たちに見てほしい、って思いながら仕事してるんです」

バネP「あいつらが楽しそうに歌って踊っている姿を、ファンの人たちは求めていると思うんです」

バネP「だから、笑顔より大切な基準なんてないと俺は思います」

タケP「…………勉強に、なります」

バネP「あ、す、すいません、偉そうなこと言ってしまって」

タケP「…………」

バネP「……な、何か飲みますか!食べ物も頼みたいですし!」

タケP「……それでは……」

-----
---
--



14:2015/01/11(日) 12:43:05.09 ID:


--
---
-----

バネP「あっ、もうこんな時間か」

タケP「……今日は、本当にありがとうございました、いろいろと、勉強になりました」

バネP「いえ、とんでもない!こちらこそありがとうございます、俺も学ばせていただきました」

バネP(笑顔、か)

バネP(タケPさんに率いられて、346プロのアイドルはもっともっと成長するだろうな)

バネP(…俺も負けてられないな、よしっ!やるぞっ!)



15:2015/01/11(日) 12:44:25.75 ID:


タケP「……では、そろそろ」


ガラガラガラ イラッシャイマセー

小鳥「ううぅぅううぅぅ……寒いピヨ……」

あずさ「芯まで冷えますね〜……あら?」

バネP「音無さんにあずささん!?」

あずさ「偶然ですね〜♪」

小鳥「確か今日は346プロのプロデューサーさんとお食事じゃ…」

バネP「あっ、紹介します、こちら765プロアイドルの三浦あずさと、社員の音無です、こちら346プロのタケPさんです」

小鳥、あずさ「よろしくおねg……」

タケP「……………………」
┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"

小鳥、あずさ(お、怒ってるーっ!!!)



おしまい



16:2015/01/11(日) 12:45:42.72 ID:

ありがとうございました
武内Pもアイドルに対してかなり強い信念持ってそう
HTML化依頼してきます


SSまとめアンテナ
SSまとめ倉庫
人気記事