1:2015/01/12(月) 18:06:28.70 ID:

幼「折角の休みなのに朝からずっと……」

幼「お腹も減ったからどいて」

男「行かないでくれ!」

幼「いや、だって昼御飯作らないと」

男「食べ物ならここにある」

幼「わざわざ買ってきてから来たの?」

男「ああ。準備はちゃんとしてきている」

幼「変なところはしっかりしてるね……」

男「すごいだろ。褒めてくれ」

幼「しっかりしててすごいね」ナデナデ

男(あー落ち着く)

幼(まったく、おとこはしかたがないなぁ……)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421053578
2:2015/01/12(月) 18:11:33.89 ID:

幼「でもね私は、ちゃんとしたご飯が食べたいの」

幼「いまから作るから待っててね」

男「行かないでくれ」

幼「また? じゃあ服だけは着替えさせて」

男「わかった」

幼「……いや、手離してよ」

男「いやだ、離れたくない」

幼「どうしろっていうのよ……」

男「繋ぎながらでも片手を離せば、服は着替えられるだろ」

幼「そういうことじゃなくて」

男「よし、着替えていいぞ」

幼(わざと言ってるのかな……)


3:2015/01/12(月) 18:13:24.28 ID:

幼「じゃあパジャマ脱ぐからあっち向いてて」

男「はいよ」

ヌギヌギ

幼(……あれ……これブラ付けられなくない?)

幼(どうしよう)

幼(付けてなんて男に言えるわけないし)

幼(……まぁ、いいか。今日は無しで過ごそう)

男「終わったか?」

幼「う、うん。終わったよ!」


4:2015/01/12(月) 18:17:15.01 ID:

台所

幼「……ねえ……後ろから抱きつくのやめて」

男「じゃあ、どうしろっていうんだ」

幼「だから離れてって言ってんの!」

男「そんな悲しいこと言うなよ」

幼「疲れるし危ないから言ってるんだよ!」プンスカ

男「じゃあ俺も作る」

幼「卵しか割れないでしょ」

男「でも使うだろ?」

幼「それはそうだけど」

男「……」

男「…………」

幼「はぁ、わかったよ。じゃあお願いします」ペコリッ


5:2015/01/12(月) 18:22:40.99 ID:

幼「オムライス作るから卵は4個ね」

幼「私は他のもの作るからお願いね」

男「わかった」


6:2015/01/12(月) 18:30:41.13 ID:

幼「初めて作った割には上手だね」

男「ありがとう。もっと褒めてくれ」

幼「はいはい。よくできたね」ギュ-

幼「とてもおいしいよ」ナデナデ

幼「はじめてなのにすごいね。えらいえらい」

男(相変わらず幼はいい匂いするし柔らかいな……)


9:2015/01/12(月) 18:37:44.23 ID:

男(……? なんかいつもと違うような)

男(!? つ、着けてない?)

幼「どったの? おとこ?」

男「なんでもない、なんでもない」ブンブン

幼馴染「へんなおとこ」


11:2015/01/12(月) 18:48:18.44 ID:

幼「はぁ~お腹いっぱい」

男「よし、部屋もどるか」

幼「え~外行こうよ、外」

男「いや、雪降ってるぞ」

幼「えっ!?」

ドタドタ シャー

幼「ほんとだ……」


PCが重すぎてやばいからまた数時間後に投稿します




15:2015/01/12(月) 21:37:31.98 ID:

再開します

幼「こんなんじゃどこも行けない……」ションボリ

幼「せっかくの休みなのに……」

男「というわけで、部屋行こうか」

幼「何やんの」

男「分かるだろ」

幼「えっ……」


17:2015/01/12(月) 21:43:16.39 ID:

幼馴染の部屋


男「幼~」ギュ-

幼「ですよねー」

男「別にいいだろ。」ギュ-

幼「暖かいからそれに関してはいいけどね」

男「というか食べたら眠くなってきた……」ウトウト

幼「奇遇だね……私もだよ」ウトウト

男「やばい……これは本格的に眠い」

幼「うん……」

男「……」スヤスヤ

幼「……」スヤスヤ


18:2015/01/12(月) 21:45:28.90 ID:

夕方


男「んー……もう朝か」

男「いやちがうな、夕方か」

幼「……」スヤスヤ

男「あー……そうだ幼といっしょに寝たんだっけ」

幼「ムニャムニャ……」

幼「……んー……あっおとこ、なにしてんの」

男「ぼーっとしてただけ」

幼「そう、よしご飯つくろー」


19:2015/01/12(月) 21:48:13.72 ID:

台所

男「で、何つくんの」

幼「ふっふーん、なんと今日は鍋だよ!」

幼「それにFKDで買ってきたイベリコ豚だよ!」

男「いいね」

幼「だから離れてね」

男「いやじゃ」

幼「なんでよ」

男「なんか不安定になる」

幼「……」




20:2015/01/12(月) 21:51:07.49 ID:

幼「わかった、わかりました」

幼「後であーんしてあげるから、今は我慢してね」

男「しょうがないなぁ」

幼「しょうがないのはどっちよ……」


21:2015/01/12(月) 21:57:01.97 ID:

20分後

幼「こんだけ水分が染み出してきたなら大丈夫かな」

幼「もういいよ、食べても」

幼「はい、いただきます」

幼「美味しいね、男!」

幼「冬に食べる鍋は最高だね!」

男「……あーんは?」

幼「はて、なんのことやら



22:2015/01/12(月) 22:01:19.36 ID:

男「とぼけても無駄だ」

幼「覚えてたか」

男「忘れるわけ無いだろ! 男の夢であるあーんを!」

幼「へーへー、わかってますよ男さん」

幼「じゃあ口開けて。はい、あーん」

男「あーん」パクッ

男「……」モグモグ

男「おいしい」

男「こんなにかわいい幼にしてもらうと尚おいしい」

幼「ありがと」

幼「冷めるから早く食べてね」



23:2015/01/12(月) 22:05:19.17 ID:

男「幼はもっと食べたほうがいいんじゃないのか?」

幼「いや、いいよ。最近太り気味だし」

男「全然太ってないだろ」

幼「何いってんの! この2週間で2kgも増えたんだよ!」

幼「歴私的大事件だよ!」

男「普段が痩せすぎなだけじゃ……」

幼「そんなことない、私は太ってる。まるで豚だ」

幼「ぶひいいいいいいいいいいい!!!!!!w!!?w!!?!!?!!???!1」

幼「だからっ、残り全部食べてねっ!」

男「はいはい。だけどこれ全部食べるのはさすがにきつい」

幼「だからあーんっして食べさせてあげるよ」

男「頼む」


24:2015/01/12(月) 22:09:30.91 ID:

20分後


男「……もう……むり……」ゲプッ

幼「まだ1/4くらい残ってるよ」

男「いやマジもう無理」

幼「ほらほらもっと頑張って♪」

男「もうやめてくれ」

幼「男くんがんばる子だよ♪」

男「もうあーんしないでくれ」

幼「そんな悲しいこと言わないで」

幼「ほらっ男の膝に乗って食べさせてあげるから」ドサッ


25:2015/01/12(月) 22:12:40.61 ID:

幼「はい、あーんっ♪」

男「いくらそんなことされても無理なもんは無理だ」

幼「ふぅーん、そんなこと言うんだ」

男「ああ」

幼「じゃあ抱きつくの明日から禁止「それだけはやめてくれ」

幼「即答だね……」


26:2015/01/12(月) 22:18:21.81 ID:

幼「……あっそうだ!」

男「どうかしたか」

幼「いやー、ちょっといいこと思いついたよ!」

幼「というわけで、ちょっと目つぶって」

男「何をするつもりだ」

幼「いいから目閉じてよ」

男「……わかったよ」

男(全く何をするつもりだ……)


27:2015/01/12(月) 22:20:50.88 ID:

幼「……」モグモグ

幼(よし……)

チュッ
男「!?」


28:2015/01/12(月) 22:24:42.74 ID:

幼「……ンッ……」ジュルジュル

男「お、おいっ」

幼「ン……ンンッ」レロッ

男(し、舌を入れてきた!)

幼「レロッ……おとこぉ……」ハムレロレロジュプッジュプッレロッー

幼の口内で咀嚼されたものが俺の口へ送り込まれ
よだれと絡まり合い、限りなく粘度は高くなり甘美な味へと変化する。
唾液の交換なんて食事を一緒に行えば、いくらでもされていることであるが
意識的に蜜、つまり幼の体液というものに触れるのはこれが初めてであり
俺を朦朧とさせるには十分だった。


29:2015/01/12(月) 22:28:40.06 ID:

男「ン、ンプッ……モグッ」ゴクゴクッ

幼「……ンッ……」プハァー

男「な、なんでこんなこと」

幼「だってこうすれば食べられるでしょ」

男「それはそうだが」

幼「でしょでしょ、だからまだまだいくよ~」

男「ひいいいいいいいいい」


32:2015/01/12(月) 22:32:57.67 ID:

2時間後


男「」

幼「いやーごめんね」

幼「つい楽しくなっちゃって」

幼「でも全部食べられたし万事okだよね」

幼「またしてあげるね」ニコッ

男(…………つかれた)


33:2015/01/12(月) 22:35:00.62 ID:

幼「うわっ、もう10時じゃん!」

男「風呂入るか」

幼「確か今回は私が洗う番だよね」


34:2015/01/12(月) 22:39:12.69 ID:

風呂場


幼「あー片手だとやり辛いなぁ……」ゴシゴシ

男「すっげー洗いづらそうだな。手伝うか?」

幼「おねがい」

男「はいよ」ゴシゴシ

幼(……離れてくれるだけでいいんだけどね)


35:2015/01/12(月) 22:45:48.17 ID:

幼「終わったからお風呂入るね」

男「おう」

幼「……手離してよ」

男「なんで?」

幼「まさかお風呂にまでついて来る気!?」

男「えっ……当たり前だろ。何いってんだ」

幼「いくら何でもそれはないでしょ」

男「……?」

幼「だーかーらー、一緒にはいらないってこと」

男「えー」

幼「えーじゃない。だから離して、ねっ」

男「やじゃ」


36:2015/01/12(月) 22:51:53.48 ID:

幼「もーっ、男のばかっ! 何回同じやりとりすれば気が済むの?」

幼「冬休み中ずっとだよ!」

男「じゃあ俺はどうすればいいんだ」

幼「テレビでも見てれば?」

男「一人で見たってつまらんだろ」

幼「そうかもしれないけど」

男「だから」

幼「……そんなの知らないよ!」プイッ

幼「いーから出てって! それか先に入って!」ガシャ

男「わ、わかった。先に入るよ……」


37:2015/01/12(月) 22:57:07.10 ID:

風呂場


男(あんなこと言わなくても……)ウッ

男(も、もしかして愛想つかされた!?……)グスッ

男(幼に嫌われたら生きてる意味ないじゃん……)

男(これがきっかけで疎遠になんかなったら……)

男(あーっ……どうしようどうしよう)ジタバタ バシャバシャ

男(こっちが怒らせたんだ……謝ろう、それしかないよな……)


38:2015/01/12(月) 23:02:45.73 ID:

リビング


男「……あがったよ」

幼「……じゃ入ってくるね」

男「……うん」

幼(……男……落ち込んでたなぁ……)

男(俺の馬鹿馬鹿! 今がチャンスだっただろ、なにやってんだ)ドンドン


40:2015/01/12(月) 23:07:28.96 ID:

風呂場


幼(悪いことしちゃったかな……)

幼(いやいや……冬休み中ずっとだよ!)ブルブル

幼(いくらなんでもべったりしすぎだよ……)

幼(この前なんか女さんに男のにおいがするなんて言われたんだよ……)

幼(それって相当だよ!)

幼(ま……まぁ……甘えられるのは悪い気はしないけどね……)フフン



41:2015/01/12(月) 23:12:22.70 ID:

リビング
ガラッ

幼「おと「俺が悪かった! 幼」ドゲザ

男「すこしやりすぎました!!!!」

男「俺には幼がいないとダメなんだ!!!!!!!!!1」

男「だから嫌わないでください!!!!!!!!」

幼「……ハァッ」


42:2015/01/12(月) 23:18:03.50 ID:

幼「……私も少し言い過ぎたよ。だからこっちもごめんね」ギュー

男「お、幼……」グスッ

男「……うっ……うぅ……グスッ」ポロポロ

幼「はいはい、よしよし」ナデナデ

幼「さびしかった?」

男「……ウン」コクリ グスッ

幼「はい、なきやんで……おとこのこなんだから」ポンポン

幼「わたしがずっとそばにいるからね。だからあんしんしてね」ナデナデ

男「……幼ーっ」ギュッー クンクン

幼「きゃっ……もうおとこったらだめでしょ」コツン

幼「わたしだからいいものを」

男「んー……」ウトウト

幼「あっ、ねむくなってきた? じゃあ、いっしょにねようか」

男(幼のにおいには安眠効果があるんじゃないかな……)


43:2015/01/12(月) 23:22:16.48 ID:

幼部屋
フトンシキー

幼「はい、ふとんしいたよ。おいで」ポンポン

男「……ウン……」ボスッ

幼「どこにもいけなかったけど、きょうはたのしかったね」ナデナデ

幼「あしたもいいひだといいね」

男「…………ン……」スヤスヤ

幼馴染「…………」ナデナデ


44:2015/01/12(月) 23:27:02.08 ID:

幼(あーこれすごい……)

幼(……おとこにあまえられるとやばい……)

幼(もしかして……)

幼(わたしも……おとこがいないとだめなのかな……)

幼(でも男は……私なんかでいいのかな……)

幼(別に付き合ってるわけじゃないのに、只の幼馴染なのに……)

幼(まぁ、恋人なんてだれにでもなれる関係になるのなら
 このままでいたほうがいいよね……)

幼(わたしは男の唯一の幼馴染なんだから……)

幼(だから……ずっといっしょにいようね、おとこ)チュッ


45:2015/01/12(月) 23:31:39.99 ID:


チュンチュン

幼「……ん……あさ……」パチッ

ガバッ トコトコ シャー

幼「あ、晴れてる!」

男「スースー」

幼(……まだ寝てる)

幼「男、見て! 外晴れてるよ!」

男「……んー……」ムニャムニャ

幼「はい、起きて! 今日は外行くんだからね!」

幼「ずっといっしょだよ!」

男「……とりあえず抱きしめていいか?」


おわり


SSまとめアンテナ
SSまとめ倉庫
人気記事