1:2015/01/12(月) 21:54:15.38 ID:

卯月「ヒドイ!」ガーン

モバP(※以下P表記)「いやだって、卯月は普通だろ」

卯月「うぅ……プロデューサーさんまで私の事を普通普通って……結構気にしてるんですよ?」

P「そう言われても、普通なもんは普通だし」

卯月「あぅ……そんなに普通ですか?」

P「ああ、普通だな」

卯月「例えば、具体的にどこが普通ですか?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421067254
5:2015/01/12(月) 22:18:19.32 ID:

P「まぁ全部かな」

卯月「そんな……!」ガーン

P「更に具体的に細かく言っていこうか」

卯月「うぅ……はい、お願いします……」

P「まず見た目が普通」

P「顔も、目は普通にパッチリ大きいだけで」

P「髪も、普通に綺麗な茶色で普通に凄いサラサラしてるだけだし」

P「全体的に、普通にとても女の子らしくて普通に滅茶苦茶可愛いってだけ」

卯月「あうぅ……」シュン


9:2015/01/12(月) 22:24:38.47 ID:

P「次に性格だけど、これまた普通」

P「普通にかなりの頑張り屋さんなだけで」

P「普通に周りが良く見えて気が利く程度で」

P「アイドルとしての姿勢も、普通にただただ直向きなだけだし」

P「普通にトップアイドル目指して、普通に無茶苦茶頑張ってるだけだな」

卯月「ふえぇ……」


15:2015/01/12(月) 22:37:28.58 ID:

P「更にアイドルとしての実力、これも普通だ」

P「普通に可愛くって普通に良い子だから、普通に人気もかなりあるだけで」

P「歌も普通に超キュートなだけで」

P「ダンスも普通にスーパープリティーなだけで」

P「演技なんかも、普通にそこらの俳優より上手いだけ」

P「全体的総評としては、普通に文句無しっていう、その程度だ」

卯月「うぅ……本当にただただ普通なんですね……」

P「そうだな、普通だな」


24:2015/01/15(木) 20:33:31.73 ID:

卯月「あぅぅ……」

卯月「……いえ……私、諦めません!」

P「お?どうした?」

卯月「トップアイドルを目指す以上、普通ではダメなんです!私が今までアイドルをやってきて、経験してきた事や誉められた事をプロデューサーさんに見せて」

卯月「良かった物を伸ばしていって、普通脱却を目指します!」

P「なるほど……よし、やってみようか」

卯月「はい!島村卯月、頑張ります!」


25:2015/01/15(木) 21:06:51.89 ID:

P「……で、まずは何をするんだ?」

卯月「やっぱり、女性アイドルに大切なのは笑顔ですよ!笑顔!」

P「ふむ」

卯月「私、笑顔が良いねってよく言われるんです」

卯月「今から、飛びっ切りの笑顔でプロデューサーさんをメロメロにしちゃいます!これでもう、普通だなんて言わせません!」

P「……よし、やってみようか」

卯月「はい!いきますよー、しっかり見てて下さいね!」

卯月「…………」

卯月「えへっ!」ダブルピース

P「…………」


28:2015/01/15(木) 21:17:04.77 ID:

卯月「どうですかっ?」

P「……普通だな」

卯月「えぇっ!?」ガーン

P「普通だ……普通に超絶可愛過ぎて、卯月以外の女の子が可愛く見えなくなる程度だな」

卯月「うぅ……」ショボン

卯月「……いえ、まだまだ諦めません!次こそはやってみせます!」

P「よし……なら、次やってみようか」

卯月「はい!島村卯月、頑張ります!」


29:2015/01/15(木) 21:40:11.42 ID:

P「……で、次は?」

卯月「次はブルマとお尻ですよ!ブルマとお尻!」

P「ふむ」

卯月「運動会の時の、ブルマ姿も評判が良いんですよ」

卯月「それで、その時の写真のお尻はもっと評判が良いんです」

卯月「凛ちゃん達が言うには、触り心地も良いらしいんですよ?」

卯月「……その……プロデューサーさんなら……触られても……うれ、平気なので……ちょっと触ってもらって……///」

卯月「……そ、それで……その、お尻の感触で、プロデューサーさんをメロメロにしちゃいます!これでもう、普通だなんて言わせません!」

P「……よし、確かめさせて貰おうか」

卯月「はい!それじゃあ……どうぞ」プリッ

P「どれどれ?」モミモミ

卯月「あんっ……」

P「…………」モミモミ


32:2015/01/15(木) 21:54:21.08 ID:

卯月「ん……どうですかっ?」

P「……普通だな」モミモミ

卯月「えぇっ!?」ガーン

P「普通だ……普通に理想的でまるで芸術品の様に整った形をしていて且つ、手から程好く溢れる程に大きいのにも拘わらずまったく垂れる事無く、更に押せば押すほど指が沈んでいくぐらい軟らかいのに、それを優しく押し返す確かな張りと弾力を持っていて、今この場で死んでしまっても悔いは無いと思える程度だな」モミモミ

卯月「うぅ……」ショボン

卯月「……いえ、まだまだ諦めません!次こそはやってみせます!」

P「よし……なら、次やってみようか」モミモミ

卯月「はい!島村卯月、頑張ります!」


40:2015/01/16(金) 21:30:12.25 ID:

P「……で、次は?」 モミモミ

卯月「次はスクール水着ですよ!スクール水着!」

P「ふむ」モミモミ

卯月「凛ちゃん未央ちゃんと海に行った時の、
私のスクール水着姿が凄く評判が良いらしいんですよ」

卯月「水着を買いに行く時間が無かったからこれを着ただけなんですけどね……」

卯月「……あと……男の人って……スクール水着が好きな人が多いって聞いて……その……プロデューサーさんも好きかなって……思って……///」

卯月「このスクール水着姿で、プロデューサーさんをメロメロにしちゃいます!これでもう、普通だなんて言わせません!」

P「…………」モミモミ


41:2015/01/16(金) 21:35:00.95 ID:

卯月「どうですかっ?」

P「……普通だな」モミモミ

卯月「えぇっ!?」ガーン

P「普通だ……普通にエロ可愛くて普通にフル勃起して普通に見ただけで絶頂してしまいそうになる程度だ」モミモミドピュドピュ

卯月「うぅ……」ショボン

卯月「……いえ、まだまだ諦めません!次こそはやってみせます!」

P「よし……なら、次やってみようか」モミモミドピュドピュ

卯月「はい!島村卯月、頑張ります!」


42:2015/01/16(金) 21:56:47.52 ID:

P「……で、次は?」 モミモミ

卯月「次はお料理ですよ!お料理!」

P「ふむ」モミモミ

卯月「今はアイドルですけど、やっぱり女の子ですから将来は結婚してお嫁さんになりたいです」

卯月「それで、結婚した時に家事は出来ないといけないと思うんです」

卯月「……あと……男の人って……お料理が出来る女の子が好きな人が多いって聞いて……その……プロデューサーさんも好きかなって……思って……///」

卯月「この愛情のたっぷり詰まったお料理で、プロデューサーさんをメロメロにしちゃいます!これでもう、普通だなんて言わせません!」

P「よし、早速頂こうかな」モミモミ

卯月「はい!どうぞ、食べてみて下さい!」コトッ

P「どれどれ?頂きます」モミモミ

卯月「…………」ドキドキ

P「…………」モグモグ


46:2015/01/16(金) 22:16:43.06 ID:

卯月「どうですかっ?」

P「……普通だな」モグモグ

卯月「えぇっ!?」ガーン

P「普通だ……普通に美味しくて、それ以上に卯月の愛情が溢れんばかりに詰まっていて、毎日この料理を俺に作ってくれとお願いしたい程度だ」モグモグ

卯月「うぅ……」ショボン


47:2015/01/16(金) 22:34:54.00 ID:

卯月「はぁ……やっぱり私って、どこまでも普通なんですね……」

P「んー……ちょっと俺の言い方が悪かったな」

卯月「え?」

P「普通っていうのは、悪い事じゃない……寧ろ、普通なのは素晴らしい事だと俺は思ってる」

卯月「なんでですか?」

P「普通では無いって事は、何かしら癖があるって事だ」

P「その癖っていうのは好まれ易い場合もあれば、反面、嫌われ易くもある」

P「その癖がピタリと嵌まれば、とても良い方に傾くが、それが出来なければ悪くなっていく一方だ」

P「だが普通っていうのは好まれる事はあっても、嫌われる事はそうは無いと思う」

P「言ってしまえば、万人に好まれ易いって事だ」

P「だから、普通である事は悲観しなくて良い……寧ろ誇って良いと思うぞ」

卯月「プロデューサーさん……」

卯月「……プロデューサーさんは……優しいですね……」

P「いやいや、普通だよ」

卯月「……いえ、そんな事ありません……そんなプロデューサーさんだから……私は、プロデューサーさんの事を……」


48:2015/01/16(金) 22:42:14.69 ID:

卯月「……プロデューサーさん」

P「どうした?」

卯月「プロデューサーさんは、こんな何をやっても普通な女の子を……どう思ってますか?」

卯月「……アイドルとしてじゃなくて……女の子として……」

P「そんなの……普通に大好きで普通に愛してるし普通に結婚したいと思ってるよ」

卯月「……じゃあ、私がプロデューサーさんの事が好きで……付き合って欲しいって言ったら……どうしますか?」

P「そんなの……普通に良いに決まってるだろ」

卯月「プロデューサーさん!」















HAPPY END


SSまとめアンテナ
SSまとめ倉庫
人気記事