1:2015/04/22(水) 20:08:48.25 ID:

のんびりと書いていきます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429700927
2:2015/04/22(水) 20:10:00.05 ID:

ガラガラガラ...


「いらっしゃーい!」


P「チャーシューメンひとつ、拓海はどうする?」

拓海「うーんと...みそラーメンでいいか」

P「あとみそラーメン、それとギョーザひとつ」


「あいよ!チャーシューひとつにみそひとつ、それにギョーザひとつね!」


P「ここのラーメン屋はウマいんだぞ」

拓海「でもあんまり流行ってるようには見えねえな」

P「まあ、隠れ家的な店だからな」

拓海「へッ、物は言いようだな」

P「だまされたと思って食ってみろよ」

拓海「へいへい」


「はい、おまちどう!」


4:2015/04/22(水) 20:10:46.61 ID:

ズルズルズル...


P「んで拓海、初めての写真撮影はどうだった?」

拓海「落ち着かねえよ...なんなんだよアレ...クソっ!」

P「まあ、最初だしそう思うかもな」

拓海「『表情が硬い』とかよ...おかしくもねえのに笑えるかっての!」

P「そのうち慣れるよ、それに時間はかかったけど最終的にはちゃんと笑えてたじゃないか」

拓海「はぁ...なんかすげぇ疲れた...どいつもこいつもジロジロ見やがって...」

P「見られるのも仕事の内だよ、あっ、コショウとってくれ」

拓海「ほらよ、それにしてもアタシやってけんのかな...」

P「大丈夫だって、保証する」

拓海「あーもう、なんでこんなやつの話なんか聞いちまったんだアタシは...」

P「それはきっとそうなるうんめ...」

拓海「うるせえよコノヤロー!」

P「冗談だよ!そんなに怒るなって!」

「おーいっ、店の中でケンカはやめてくれよ?」

P「ああ、すいませんコイツがうるさくして...」

拓海「アンタのせいだろ!まったく...」

P「機嫌直せよ、俺の分のギョーザ食っていいから」


5:2015/04/22(水) 20:16:16.67 ID:

「なんだい?撮影とかなんとか言ってたけど、お嬢ちゃんモデルさんか何か?」

P「ああ、この子アイドルの卵なんですよ、デビューしたばっかりの」

「へぇー、アイドルねぇ、道理で美人さんなわけだ」

P「でしょ?向井拓海っていうんです、今後ともよろしくお願いします!」

「拓海ちゃんね...じゃあ今の内からサインとかもらっておこうかな?」

P「だってさ、どうする拓海?」

拓海「はぁ?アタシのなんかもらってもどうしようもねえだろうが...」

拓海「っていうか書けねえし...」

P「じゃあ練習だな、デザインとかも考えないといけないし」

拓海「はぁ...めんどくせえな...」

P「そう言うな、今に絶対に必要になるからさ」

拓海「へいへい、わかったよ」

「もし有名になったら店に飾らせてもらうよ」

P「ええ、ぜひお願いします」


6:2015/04/22(水) 20:18:38.78 ID:

ガラガラガラ...


「いらっしゃーい!」


P「チャーシューメン」

拓海「うーん...みそラーメン」

P「あとギョーザひとつね」


「あいよー!チャーシューとみそにギョーザね!」


拓海「あっ、ギョーザもういっこ」


「あいよー!」


P「気にいったのか?ギョーザ」

拓海「まあな、結構うまかったし」


7:2015/04/22(水) 20:21:15.91 ID:

ズルズルズル...


P「いやー、今日は本当にお疲れ」

拓海「おう...」

P「すごくよかったぞ、レッスンの成果がバッチリだな」

拓海「まあ、それはそうだと思うけどよ...」

P「どうだった、初ライブの感想は?」

拓海「...なんていうかよ、あっという間だったな」

拓海「ライブっつってもホントに前座だったし、ラクショーとか思ってたけど...」

拓海「ステージに上がる前はすげえ緊張して、足とか震えて...」

拓海「でも、上がった途端に緊張とかどっか行って...夢中で歌って、踊って...」

拓海「気がついたら、終わってた...」

P「そっか...」

拓海「だけど...観客ひとりひとりの顔があんなにハッキリ見えるなんて...知らなかったぜ」


8:2015/04/22(水) 20:25:05.61 ID:

P「喜んでたか?」

拓海「...うん」

P「その喜んでくれた人たちの顔、忘れるなよ?」

拓海「わかってるっての、忘れたりしねえよ」

P「俺も今日の拓海のライブ衣装、しっかりと覚えて...」

拓海「それは忘れろぉ!忘れねえとシメるぞオラァッ!」

「おーっ、拓海ちゃん今日も元気だねぇ」

拓海「聞いてくれよおっさん!こいつイヤだって言ってんのにアタシにヒラッヒラの衣装なんか着せてきやがってよっ!」

P「でも似合ってたし...」

拓海「うるせぇバカっ!」

「俺も見てみたかったな、そんなに似合ってんだったら」

拓海「いーやーだ!絶対に見るなっ!」


10:2015/04/23(木) 11:56:07.79 ID:

ガラガラガラ...


「おっ、いらっしゃいふたりとも!」


P「どうもー、チャーシューメンひとつ」

拓海「みそラーメン、あとギョーザ」


「ギョーザはひとつかい?」


拓海「ふたつ」


「あいよー!チャーシューとみそにギョーザふたつね」


11:2015/04/23(木) 11:58:15.57 ID:

゙ルズルズル...



P「拓海もだいぶ仕事に慣れてきたなぁ」

拓海「ずるずる...まあな」

P「いやー、最初は困ったよ、まさかあそこまで頑固に抵抗するとは、もしかして恥ずかしかったか?」

拓海「恥ずかしくないわけねぇ!」

P「でもどうだ?ちょっとずつ楽しくなってきたりしないか?」

拓海「......」

P「楽しくないか?」

拓海「...少し」

P「おっ、本当か?」

拓海「少しだぞ!?ほんの少しだけだ!それに有香とか法子がやけに乗り気だからだ!」

P「わかったわかった、その通りその通り」

拓海「ちょっ、やめろっ!撫でんなコラ!」


12:2015/04/23(木) 12:00:57.62 ID:

「やあ拓海ちゃん、テレビ見たよ」

拓海「ぐっ...」

P「ありがとうございます、どうでした?」

「可愛かったよ、衣装も似合ってたしね」

P「だってよ拓海、よかったなぁ!」

拓海「う、うん...」

「でもテレビと普段とじゃ全然違ってるねぇ、まさか『ばっちぐー☆』とか言うとは...」

拓海「あ、あれは無理矢理なんだよ!無理矢理言わせられたんだ!台本読むまで知らなかったんだ!」

「あれ、そうなの?でもわりとノリノリだったような...」

拓海「だ、だってよ...仕事だし、イヤそうな顔するわけにはいかねーし...」

拓海「ア、アタシのせいで番組ぶち壊したりとか...できねーだろ」

「へぇー、そのために恥ずかしいの我慢してたってわけか、感心だなぁ」

拓海「別に...」

「よし、今日はタマゴおまけするよ、はいどうぞ」

拓海「ど、どうも...」

P「いやー、拓海はホントマジメだなぁ、プロデューサーとして鼻が高いよ」

拓海「もぐもぐ...うるへーっての、バカ...」


13:2015/04/23(木) 12:15:13.51 ID:

ガラガラガラ...


「おっ、いらっしゃーい!」


P「いつもので」

拓海「アタシも」


「あいよ!いつものね!」


拓海「今日はアタシがおごるぜ」

P「いいのか?」

拓海「ああ、たまにはそれくらいさせろよな」

P「じゃあ、お言葉に甘えて」

拓海「おお、なんなら大盛りにするか?」

P「うーん、じゃあそうするか」

拓海「よしきた!おっさん、今日は大盛りで頼むぜ!」


「あいよー!」


14:2015/04/23(木) 12:36:38.80 ID:

ズルズルズル...


「今日も仕事だったのかい?」

拓海「ああ、イベントだったんだ」

P「今日は拓海の写真集の発売日だったんです」

「へぇー、写真集か、拓海ちゃんもそういうの出すようになったんだねぇ」

P「ええ、今日はいっぱいお客さん来てくれたもんな?」

拓海「ああ...ちょっとばっかしビックリした...あんなに集まるなんて」

P「それだけお前のファンが増えてるってことだよ、努力した証拠だ」

拓海「そっか...」

P「実感湧いたか?」

拓海「まあ、ああいうの見ると...なんとなく...な」

P「これからもどんどん増えていくと思うぞ、俺も頑張るからいっしょに頑張ろうな」

拓海「へへっ、わかってるよ!」

「拓海ちゃんからもらったサイン、ちゃんと店に飾らせてもらってるよ」

P「おっ、ありがとうございます」

拓海「よ、よりによってそんな目立つ位置に...」

「結構お客さんから聞かれるよ、『店に来るんですか?』ってね」

P「なるほど、順調にファンが増えていってるな」

拓海「な、なんかよ...気恥かしいな、そういうの...」

「写真集だっけ、俺も買わせてもらうよ、なんなら店に置いても...」

拓海「そ、それはやめろぉ!禁止だ禁止ぃ!」


15:2015/04/23(木) 13:25:58.91 ID:

ガラガラガラ...


「いらっしゃーい!」


拓海「......」


「あれ?今日はひとりなの?珍しいね」


拓海「みそラーメン...」


「あいよー!みそひとつね!」


拓海「......」


16:2015/04/23(木) 13:26:36.81 ID:

「はい、みそおまち!」


拓海「......」パキッ


ズルズル...


「今日も仕事の帰りかい?」

拓海「......」

「あれ?元気ないね、なにかイヤなことでも...」


拓海「うるっせえな!なんでもねえよ!」


「わ、悪かった...どうぞごゆっくり...」


拓海「...クソ」


18:2015/04/23(木) 13:30:18.75 ID:

ガラガラガラ...


P「拓海っ!」

拓海「チッ...」

P「探したぞ...」

拓海「なんか用かよ...」

P「今日のライブの事、気にしてるのか?」

拓海「......」

P「あんまり気にするな、お前だって調子が悪い時くらい...」

拓海「調子が...悪い?違う」

拓海「アタシの実力なんて...あんなもんなんだよ」

P「そんなこと...」

拓海「アンタだって見ただろ、アタシのせいで...アタシがあんなところで転んじまったせいで...!」

拓海「ライブの一番の盛り上がりどころだったのに...みんな死ぬほどレッスンしてきたのに!」

拓海「それをアタシが...台無しにしちまったんだ...」


19:2015/04/23(木) 13:37:20.19 ID:

P「拓海...」

拓海「みんなに...アンタにも恥かかしちまった...」

拓海「もういいよ...今までが上手くいきすぎだったくらいだ...」

拓海「アンタだって本当はイヤだったんじゃないのかよ?こんな可愛げもねえし、生意気なやつ相手すんの...」

P「......」

拓海「アタシ、アイドルやめ...」


P「拓海」


拓海「...んだよ?」

P「足、見せてみろ」

拓海「な、なに言ってんだよ、いきなり...」

P「いいから、靴脱いで見せろ」

拓海「お、おいこら!何すんだヘンタイ!やめ...」


スッ...


P「...っ!!」

拓海「ぐっ...」

P「やっぱり...みんな言ってたぞ、拓海の様子が少し変だったって、だからもしかしてと思ったんだが...」

拓海「......」

P「ケガしてたんだな...」

拓海「......」

P「しかもこんなに腫れて...歩くのも辛かったんじゃないのか?」


20:2015/04/23(木) 13:38:53.74 ID:

拓海「......」

P「いつからだ?」

拓海「......」

P「言いたくないか?」

拓海「...本番の前...ステップの確認してた時...」

P「なんで言わなかった?」

拓海「...ケガしたのはアタシのミスだし」

拓海「あんな直前で変更とかかかったら...みんなの練習、無駄になっちまう...」

拓海「だから...アタシが我慢すれば...それで...」


バシッ!


拓海「っ...!」


21:2015/04/23(木) 13:40:42.37 ID:

P「お前、自分の仲間がそんなに信じられなかったのか?」

拓海「そ、そんなワケねぇ!でも...」

P「負担をかけるのがイヤだったのか?」

拓海「......」コクリッ

P「まったく...お前ってやつは...」

P「いいか拓海?お前がケガしたのはしょうがない、事故だからな」

P「でも、お前がケガして本来のパフォーマンスができなくなったら、誰かがそれをフォローしないといけないんだ、わかるな?」

拓海「うん...」

P「みんなが嫌がると思ったか?」

拓海「それは...そうは思わなかった...けど...」

P「マジメだなぁお前は、みんな心配してたぞ、『拓海は大丈夫か?』って...」

拓海「うっ...うぅぅ...グスッ...」

P「ほら、帰ろう」

拓海「あ、アタシ...みんなにどんな顔して...なんて謝れば...」

P「大丈夫だ、全部話そう、全部な」

拓海「うん...うん...」

P「ゴメンねおやじさん、店で騒いじゃって」

「いいよ、どうせ誰もいなかったし、俺は何も見なかった」

P「ありがとう...」

「落ち着いたらまた食べに来てくれよ、サービスするからさ」

P「ああ、それじゃ」

「またどうぞ」


22:2015/04/23(木) 18:46:26.65 ID:

゙ラガラガラ...


「おっ、いらっしゃい!」


拓海「ういっす、どうも」


「今日は何にする?」


P「いつものチャーシューメン」

拓海「みそラーメンで」


「あいよ!いつものやつだね!」


23:2015/04/23(木) 18:53:45.65 ID:

ズルズルズル...


「拓海ちゃん、やっと足治ったんだね」

拓海「ああ、まあな」

P「今日は足が治って最初のライブだったんです」

「へぇー、それでどうだった?」

拓海「へへっ、今回はバッチリだ!」

「ほほう、そりゃよかったねぇ」

拓海「まっ、いろいろあったけどな」

「いろいろ?」

P「実はライブに出る子が直前でダウンしちゃったんです、どうも気を張りすぎてたみたいで...」

拓海「少し前から体調が悪かったみたいなんだ、でも周りに心配掛けたくなくて黙ってて...」

P「それで、ついに本番前に高熱を出して、ダウンしたというわけで...」

「なるほどね」


24:2015/04/23(木) 19:26:33.51 ID:

拓海「ライブはいいから休んでろって言ったんだけど、聞かなくてよ」

P「責任感の強い子だからなぁ」

拓海「だからアタシ言ってやったんだ、『そんなにアタシたちのこと信用できないのか!』って」

P「『今回出れないところはきちんとフォローしてやる、だから今の悔しさは次のライブにとっとけ!』だっけ?」

拓海「うっ...」

P「なかなか言うよなーお前も、というか拓海が俺に言われたセリフそのまんま」

拓海「そ、それはまあ...その通りだけどよ...」

拓海「でも...セリフは借りものでも、気持ちはウソじゃねーよ!」

拓海「アタシが同じような経験したからこそ、わかることもあるっつーか...」

拓海「とにかく!迷惑だなんて思わずに遠慮せず頼れって事を言いたかったんだ!」

拓海「ダチとか仲間ってのは...そういうもんだしな」


25:2015/04/23(木) 19:27:08.37 ID:

「へぇー、なかなかえらいねぇ拓海ちゃんは...」

拓海「そ、そんなことねえよ...」

P「......」

拓海「あんっ、なんだよP?」

P「...あの拓海がよくぞここまで成長したなぁ、と感慨深くてなぁ...」

拓海「な、なんだよそれっ!?」

P「だってちゃんと他の子のフォローとかもできるようになったんだなぁって...最初は無茶苦茶ツンツンしてたのに...」

拓海「わ、悪かったな!ツンツンしててよ!」

P「いや、でも今は変わったと思うぞ?雰囲気とかだいぶ柔らかくなったし...」

P「その...女らしくなったな」

拓海「なっ...///」

「おっ、なんか赤いよ拓海ちゃん?」

拓海「う、うるせぇー!うるせぇうるせぇー!何変なこと抜かしてんだ!シメるぞオラァ!」

P「うわー!店の中で暴れるな拓海ぃっ!」


26:2015/04/23(木) 19:28:09.68 ID:

------



「もうこんな時間か...」

「そろそろ店じまい...」



ガラガラガラ...




「いらっしゃーい!」


P「どうもぉ!」

拓海「よう、おっさん」

「おぉ、珍しいねこんな夜に...」

拓海「ああ、パーティーの帰りなんだ」

「パーティー?」

P「拓海のお祝いパーティーですよぉ...」

拓海「あーもう、酔っぱらいやがって...ほら、ちゃんと立て!」

「まっ、とりあえずいつものでいいかい?」

拓海「おう、頼むぜ」


27:2015/04/23(木) 19:30:23.87 ID:

ズルズルズル...


「ところでパーティーってのは...」

拓海「ああそれな、この前アイドルのナンバーワンを決める総選挙ってのがあったんだ」

「なるほど、今アイドルって多いからねぇ」

P「その通りです!拓海がその総選挙で、なんとパッション部門の3位に入ったんですよぉ!全体でも15位です!」

「ほう、それってやっぱりすごいんだろうねぇ」

P「ええ、すごいですよ!これだけのアイドルが日夜、鎬を削ってる中でのこの成績は...本当に...」

拓海「おい、大丈夫か?だいぶパーティーで飲んでたしな、気持ち悪いんじゃ...」

P「いやぁ...大丈夫だ...それよりねおじさん、拓海は本当に今回頑張って...ついにユニット組んで...CDデビュー...」

「うんうん」

拓海「まったく...」


28:2015/04/23(木) 19:31:06.16 ID:

P「Zzz...」

「寝ちゃったね」

拓海「ったく、いい気なもんだ...」

「よっぽど嬉しかったんだろうね、拓海ちゃんのことばっかり話してたし...」

拓海「へっ、まったくよ...」

「タクシー呼ぼうか?」

拓海「いやいい、今日はアタシのバイクで来たんだ、ケツに乗ってけてくから」

「...それ、本当に大丈夫かい?」

拓海「平気だよ、ちゃんと起こしてから乗せるから」

「そ、そうか...」

拓海「ありがとなおっさん、今勘定を...」

「いい、今日は俺の奢りだ」

拓海「いいのか?」

「もちろんだ、拓海ちゃんずいぶん頑張ったみたいだからね」

拓海「へへっ、おだてんなよ」

「それより、お祝いがこんなラーメン屋でいいのかい?もっと高級なレストランとかで...」

拓海「いや、ここがいいんだ、ここが...」

拓海「変に高級な店行くと、肩凝っちまうしな」

拓海「いろんな人に囲まれるより、落ち着いて、Pと肩並べて食えるここが...いいんだ」


29:2015/04/23(木) 19:32:29.36 ID:

P「むにゃ...今後とも...ウチの拓海を...よろしく...」

拓海「コイツ、夢の中まで仕事してやがるぜ...」

「本当に拓海ちゃんの事考えてるんだねぇ」

拓海「P、おら起きろ、帰るぞ」

P「うぅ~ん...」

拓海「んじゃ、ありがとなおっさん」

「ああ、また気が向いたときに来てくれよ」

拓海「へへっ!もちろんだぜ、それじゃ!」



「まいどありー」

「ここがいい...か...」

「明日も頑張るか...」


30:2015/04/23(木) 19:38:31.20 ID:

拓海「ほらP、いい加減に起きろ、マンションまで乗っけてってやるから」

P「うん...」

拓海「おい、大丈夫か?」

P「......」

拓海「もしもし?」

P「拓海...」

拓海「んっ?」

P「本当に...よくがんばったなぁ...」

拓海「バーカ...アタシは、なんもしてねえよ」

拓海「頑張ったのは...Pと...」


拓海「それから...アタシを好きになってくれたファンの人たちだ」


31:2015/04/23(木) 19:38:58.51 ID:

P「...うん、そうだな」

拓海「御礼ならアタシを選んだ人達に全員に、だろ?」

P「ああ...じゃあ今度のCDは今まで以上に頑張らないとな...」

拓海「当ったり前だ!限界までぶっちぎってやんぜ!」

P「...本当に、拓海はいい子だなぁ...」

拓海「へいへい、それより出発すんぞ、しっかりアタシにつかまっとけ」

P「おう...」ムニュッ

拓海「おわぁっ!ドコにつかまってんだテメェ!」

P「だってつかまれって...」

拓海「そこじゃねえだろバカァ!」

P「ゴメン...」

拓海「ったく、しっかりしろよ...アンタ、アタシのプロデューサーだろ?」

拓海「そんな風にしてっと置いてっちまうぞ?」

P「それは困るな...いや、マジで...」

拓海「へへっ、冗談だよ♪今更置いてったりしねーよ」

拓海「まっ、あれだ、これからも...」



拓海「末長くよろしくな、P!」



おわり


32:2015/04/23(木) 19:41:25.26 ID:

駄文失礼しました~
拓海Pのみなさんおめでとうございます
それから上位アイドルPの皆さんもおめでとうございます
誰に投票してもアイドルは皆さんの1票を喜んでくれたと思います
どうぞ大事にしてあげてください
ではまた~





SSまとめアンテナ
SSまとめ倉庫
人気記事