2007年01月05日

モメサン ボジョレ・ヌーヴォ”ヴァンダンジュ”

1941bd77.jpg いまさらボジョレかよ、とお思いの方もいるでしょうが、解禁されたばかりのボジョレが酸味が強いのと比べ、この時期のものは少し味が落ち着き、新しいワイン本来の味が出るといわれています。まあこの時期に買うと安いというのもあります・・・。最近いささか高いと思いませんか?いくらなんでも4000円弱は高すぎでしょう。まあ初物に対する費用だと思えばいいのかもしれませんが、それでも高すぎです。日本酒の新酒なんか普段と変わらないか、下手したら蔵開きなんかで普段より安く変えるのに・・・。
 まあそれはともかくとして、ホテルとかでよく飲まれるボジョレだというので買って見ました。安くなっていたといってもそこそこの値段だったので、まあちょっと期待したのですが、私にはいささかフレッシュすぎでした。渋みが少ないのはいいのですが、酸味が強すぎました。みんなで一杯だけ飲む分にはいいのかもしれませんが、チーズをつまみに何杯も呑むという感じではなかったですね。まあ元々ボジョレ自体そういう目的のお酒ではありませんが。あくまでもボジョレはイベント用であって味を楽しむものじゃないな、と認識しました。

にほんブログ村・よかったら応援クリックをお願いします
ssylvania at 21:31│Comments(0)TrackBack(0)酒と料理 | 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 



観光スポット( 太宰府市・筑紫野市
旅日記・オススメ品( コミックDVD音楽ゲーム雑貨 )・酒と料理コラム

Copyright:(C) ANABA SPOT.All Rights Reserved.