じゅんへのメッセージ☆

2007年02月19日

神経性麻痺の治療 No.2

淳からその後の経過報告が届きました。




MRI検査の結果では頭部には問題ありませんでした。

正直、内心では少しビビっていたので、異常がなくホッとひと安心です。



麻痺の原因はやはり末梢神経の炎症のようです。

治療は、午前中のステロイド点滴と薬の服用なので、ゆっくりした入院生活を送っています。
顔の動きは「少しずつ良くなっているかな?」という印象です。



今回の病棟は、無菌管理の血液科よりも制約が緩いので、院内ぶらり散歩をしたり、地下売店をフラフラしたりしています。

散歩は身体にも精神的にもいいものだと実感しています。



売店でのマイブームは、

「毎日骨太プルーン味・鉄分」。
美味しい上にアイアン(鉄分)摂取です。
d9b0ed0c.jpg
「いりこコンビ」
〜海の幸いりこと山の幸ピーナッツが病院の地下売店で出会ったぁ〜
カルシウムとタンパク質が豊富なおやつです。カリカリとサクサクで健康的ですね。
ed7e2d79.jpg

みなさんも食と心のバランスを考えた健康生活をしてくださいね。





nmby9728 at 23:54|PermalinkComments(6)

2007年02月16日

神経性麻痺の治療

5f6f6496.jpg淳より病状報告が届きました。





今回は神経性麻痺ということで耳鼻咽喉科への入院です。


口や目が閉じにくいなど、顔の左側半面に麻痺症状がでています。
朝食時は油断しているのでみそ汁がこぼれて大変…。



麻痺の原因としては末梢神経の炎症が一般的ですが、脳腫瘍の可能性も考えられるので造影剤を使ったMRIの精密検査も行われます。


幸い、CTスキャンや耳鼻への内視鏡カメラ検査では頭部に異常がなかったので、おそらく末梢神経の炎症が原因でしょう。



朝30分の点滴とたまにある検査だけで、比較ゆるめな入院です。

同時に暇も多いのでここのところ滞り気味だった読書に精を出します。

元気が出そうな本を中心に精鋭たちを選抜してきました。
期待に応えてくれるか楽しみです。

nmby9728 at 10:35|PermalinkComments(3)

2007年02月15日

淳の病状について

80f8e853.jpg2月14日、淳から入院したという連絡がありました。


病状は顔面神経麻痺。顔の左側がよく動かない、皮膚が引きつる・・・といった症状があるとのことで、原因としては末梢神経の炎症が考えられ、ウィルスの可能性もあるのでステロイドの点滴治療をおこなっていくそうです。

予定では約8日間の入院だということです。


淳からの報告を待ちたいと思います。
引き続き、応援していきましょう!!

淳の力になる会


nmby9728 at 23:55|PermalinkComments(1)

2007年01月05日

現在の淳の病状について

新年明けましておめでとうございます。

今年も引き続き、淳を応援していきましょう。

コメントにも書き込みましたが、現在淳は再入院中です。

12月からの風邪の影響で、ウィルス性の感染症が原因ということです。

下痢と嘔吐が10日間くらい続いて脱水症状となり、
腎臓の数値が悪くなってしまい、入院治療をしているようです。

GVHDの発疹も出てしまっているようなので、
今は安静にして、回復してもらいたいと思います。


淳が元気になって、体も安定してくれることを願います。

稲垣洋子


st_cecilia1012 at 00:28|PermalinkComments(5)

2006年09月07日

☆速報!!☆5

昨日、無事に退院したそうです!!
淳、おめでとう!!

nmby9728 at 11:31|PermalinkComments(11)

2006年08月17日

近況報告

綾子さんより、ここ数日の近況報告をいただきました。


本当に毎日うっとうしい天気が続いていますが、
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

淳の方はといいますと、体調はかなりよく急性GVHDも治まってきており、
やっと痒みから開放されたという感じです。

最近は少しずつステロイドの量を減らし、
休止していたエクササイズもまた開始し始めました。
しかし体重がみるみると落ち、今では56,6KGしかありません。

面会の件ですが、中に入れるのは家族3人だけとなります。(結構厳しくて・・・

廊下面会なので皆様方には本当に申し訳ないのですが、
どうぞ宜しくお願い致します。

お体には気をつけて、皆様がんばって下さいませ。

綾子


nmby9728 at 13:28|PermalinkComments(10)

2006年07月29日

近況報告Day-29-Day-35

7abe06f7.jpgあやこさんより、近況報告です。

梅雨明けも近くなりました。皆様いかがおすごしでしょうか。

Day-29-Day-35
最近の淳は、誰も居ない早朝の院内散歩から一日がはじまります。
先生に散歩許可をしていただいてからというもの、毎日のエクササイズは欠かし
ません。少し筋肉痛の様子ですが。。

Day-34 突然のドクターからの指示!!今日、中心静脈カテーテル(通常の点滴
より太い管を太い静脈内に挿入・留置)を抜くことになり、今までの点滴薬から全て
内服薬に変わるとのこと。
淳、一先ずお疲れさまでした。。これからは薬の管理を自分でしないといけない
そうなので、忘れずにしっかり飲んで下さい。

Day-35、少し朝から嫌な予感。体にポツポツと皮疹がみられる。

Day-36、ポツポツがボツボツに変わり、全身に出てしまう。これがあの恐れてい
た急性GVHDの一つです。
幸いに下痢、肝障害などは今の所現れていないので、少し安心しています。
このGVHDの治療としましては免疫抑制剤であるセルセプト(細胞の増殖を抑える
作用を持ち、拒絶反応に関係するリンパ球の増殖を抑えて、拒絶反応を予防する薬)
を朝・晩と内服して様子を見ていく予定です。
白血球(WBC)は4100、血小板(PLT)40000と少しずつ数値を上げていっています


これから数日間は急性GVHD(ボツボツの恐ろしいかゆみ)との戦いになっていきますが、一つ一つクリアにして、次のステップに進んでいきたいと思っておりますので、引き続き皆様の応援を宜しくお願い致します。

綾子


ありがとう、綾子さん。GVHDのかゆみが早くおさまりますように。。。
みゆき


nmby9728 at 01:58|PermalinkComments(4)

2006年07月05日

淳の近況(Day9-Day13)

28d86a0b.jpg綾子さんよりご報告です。


皆様へ

日ごとに暑気がましてまいりましたが、如何お過ごしでしょうか?
報告の方が遅くなりまして、大変申し訳ございません。

Day-9
訂正:血球のカウントを上げるために成分輸血(CSF/グラン)を使用中と申し
ましたが、淳の場合は(CSF/ノイアップ)を使用しております。今日で3日目で
す。
顔色は良好だが、微熱あり、口内炎は相変わらず酷い状態なので、モルヒネを入
れてもらう。手のひらの皮がべろっとむけ始め、脱毛も続いています。喉の痛みから
錠剤の薬がストップされ、今は血圧を下げる薬(アムロジン)のみを服用しています
。血小板輸血5回目。

Day-10
この日は一日中ぐったりでした。熱が38.5℃もあり、解熱剤を使用。血圧は少し
落ち着いています。

Day-11
夜中から39度の高熱が続く。。解熱剤を使用。最近は血小板の輸血の際にアレル
ギー(かゆみ・赤いボツボツ)がでてしまうので、アレルギー剤をてんこ盛りいれて
もらいながら、輸血を行なう。夕方のにはいくらか熱も下がり、ベットから起き上が
ってギャグを披露してくれる。相変わらずです。しんどいながらも回りに気を使う淳
の姿が少し心痛し・・・。

Day-12
この日も夜中から39.5℃の高熱が続き、解熱剤・ステロイドを使用してもらうが
なかなか熱が下がらず。。ドクターの意見としましては、このような高熱、淳の現在
の症状を見ると白血球の生着が見られるまえの兆候だと仰っていただきました。生着
秒読みです。血小板輸血6回目。

Day-13
熱は37度、血圧は136-77、WBC(白血球)200、口内炎が落ち着き、喉の痛みも和ら
ぐ。
午前中から夕方5時ごろまでは体調はかなりよかったです。がしかし、GVHD(
移植片対宿主病:体の免疫反応を停止させる)が始まり、体、顔等に赤み・発疹が
出てくる。これはTリンパ球の攻撃によって怒る逆拒絶反応である。このような反応
もマイルドに出てくるのがベストで全くなければ再発の可能性が高くなるので注意し
てクターに見てもらいたいところです。

報告が大変遅くなりましたが、このような状態で淳は毎日必死に頑張っています
。引き続き皆様のパワーをお送り下さいませ。

昨日の淳の様子をお送りいたしますので、
ご覧下さいませ。

それでは。。。お疲れ様でした。
綾子

生着まであと少し。
引き続きみんなでパワーを送りつづけましょう!

みゆき




nmby9728 at 10:41|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2006年06月27日

淳の近況について

綾子さんより、移植後3日目〜5日目までの淳の病状についてメールをいただきました。


Day-3
この日は嘘みたいに体調がよかったです。副作用なんかはありますが。。少しだ
け気になるのが、血中の濃度が濃いのと、血圧がやや高め(免疫抑制剤のせい)、膀
胱炎の疑い?このような感じです。

Day-4
喉の痛み、口内炎の痛み、熱が38度と今日は一日ぐったりでした。

Day-5
喉に激痛があり、熱もやや高め、口内炎も爆発していて、つばを飲み込むのもや
っとの状態です。結構きつそうです。(膀胱炎については何も仰っていなかったです
。という事は大丈夫なのでしょう。)

この様な状態で、毎日本当によく頑張っています。
頑張らないと始まらないというのも事実ですが。。。
まだ当分の間はこの辛い日々が続いていきますが、
精神力を高めて頑張っていますので、みなさんの暖かいパワー・エールを宜しくお願い致します。


まもなく移植をしてから1週間が経とうとしていますが、がんばっているようです。
この調子で山場と言われている2週間を乗り切ってほしいと思います。

美雪


nmby9728 at 12:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年05月25日

麗澤会報

麗澤大学が所属する‘麗澤会’の会報「れいだい」5月発行分に、募金協力を呼びかける記事が掲載されました。

この会報は系列校の在校生やOB・OGへ送付されるものですので、より多くの方々に淳のことやこのブログを知ってもらうことができます。

中野先生、広報の方々、ご協力ありがとうございました。 長内







nmby9728 at 01:51|PermalinkComments(1)TrackBack(0)