投稿記事

ちゅら男:ぎふ国体に(2) 審判クオリティが凄い

<読者の方による投稿です>

みなさん 「ちゅら男」 です!


以前に引き続き

2012ぎふ清流国体」に関するレポートです。


前回は前衛の重要性という少しマジメなブログになりましたが

今回は 国体の審判 について書きたいと思います。


国体を観戦していて、私個人として最も印象に残っているのが

岐阜県ソフトテニス連盟による審判の方々です!!


一般の大会を観戦した経験がある人ならばわかるはず。

なんといっても…

ものすごく 丁寧 かつ 印象的 なんです!!


たとえば…


コールは大きな声で、発音はしっかりと!

(ゲームカウント  ワン  トゥゥゥ )


チップの選手には、冷静かつ大胆に「ティップ」のコールと!


ライン際の判定確認には、両腕を小さく構え、小走りで移動

DSC_0059
(Ⓒちゅら男)


判定の訂正等では両監督を審判台まで呼び出した上でポイントの確認


などのように、一般大会として多くの人々の見本になるような

素晴らしい審判をされていました!

私の隣で見ていた補助員と思われる中学生…

審判の動き1つ1つに「こりゃヤバい」の一言のみ…

相当な衝撃を受けたのでしょう!


学生大会では負けたペアが審判をするというシステムが多く採用されている中で

近年、学生による審判に対してルールを把握していないという問題が多く指摘されています。

一般大会に観戦に行った際には、試合だけでなく審判を観察し勉強することも

必要だと深く考えさせられた国体観戦でした!


国体レポートはもう少し書こうと思っていますので

出来上がり次第ご報告します!

(もっとも、編集部の方に採用いただけるかどうかは別ですが・・・笑)
では。


※ソフオンでは読者の方による投稿記事を募集しております。
otegami<アットマーク>st-on.jp

 



ちゅら男:ぎふ国体に行きました(1)勝負を決めるのは 前衛だ!!

<読者さんによる投稿記事です>

ソフオン読者のみなさん、おひさしぶりです。

「ちゅら男」です!(1回目の投稿はこちら

 


レポートがすごく遅れてしまいましたが、

2012ぎふ清流国体」の試合観戦に行ってきました!

 


私がブログで紹介した注目選手である

 石井友梨 選手(早稲田大学 3)

 sDSC03361



代表として出場した広島県成年女子は

残念ながら二日目に残ることはできなかったようです…

 


しかし!!

これからも石井選手が学生テニス界を牽引していくことに間違いはありません。

今後の学生大会、一般大会の結果をこれからも注目していきたいと思います!

 


さて、それでは本題へ

国体では

インターハイ個人優勝の玉置・安藤ペア(岐阜県中京高校)

IMG_4206



インターハイ団体優勝の東北高校
IMG_4222

(工藤選手 前衛 3年生)

などなど次世代の注目選手の試合を多く観戦しました。

 


試合を観戦しながら感じたこと、それは……

勝負を決めるのは 前衛だ!!  ということです。

 


私自身は高校生の試合を観戦するのは実に3年ぶりでしたが

ひさしぶりに観戦した率直な意見は 「こんなに上手いのか!!」 です。

特に後衛のストロークに関する、安定感、スピード感、試合展開は

成年に負けず劣らずという内容でした。

 


だからこそ注目したいのは 前衛の存在感 !!

 


速い展開やラリーの中、ネット際でどれだけ反応できるか

無駄な動きをせず、いかに要所でポイントできるか

 


などなど、年々速くなる試合展開を有利に進めていくための対応が求められます。

このことは少年男子だけでなく少年女子、成年男女に関しても言えることです!

 


ダブル前衛が増えてきている現状ですが…

 


まずはオーソドックスな前衛スタイルをマスターすることで、

よりプレースタイルが幅広くなるのではないか!と感じました。

 


少しマジメな内容になってしまいましたが

次回はもう少しラフな内容で書きたいと思います!

では、失礼します!

ぎふ国体/すごい3兄弟姉妹がいた!(高田商業のあの選手の・・)

ソフオン編集部です。

IMG_0730


9月に開催された「2012ぎふ清流国体」がおわってもう2週間以上が経ちますが、ブロガーさんたちがいろんなカタチでレポートを書いてくれています。プレビュー記事を投稿いただいた「ちゅら男」さんも、岐阜まで観戦にいったそうなので、また投稿してくれる予定とのこと。投稿楽しみにお待ちしております!

さて、その「ぎふ清流国体」ですが、3兄弟姉妹で出場していた選手たちがいたのをご存知でしょうか!?ソフオンではその情報をキャッチ!許可をいただきましたので、このBlogにて写真を紹介させていただきます。

その3兄弟姉妹とは・・・・少年男子で優勝した「奈良チーム(高田商業)」で優勝!決勝では3番勝負で優勝を決める大活躍をした須藤大貴選手のご家族なのです!

IMG_0725

 (Photo:少年男子・奈良県チーム/下段中央が須藤選手)
 
なんと、この須藤大貴選手のご家族、
  • 長女(瑞貴さん) が鳥取県成年女子のメンバー
  • 長男(大貴さん) が奈良県少年男子のメンバー
  • 二女(冴佳さん) が岡山県少年女子のメンバー
という、3人そろって本国体出場!のすごいご家族なのです・・・!!

すすすすす凄すぎッ

(パパさん・ママさんは鼻が高いですね・・・!!)


ちなみに瑞貴さんは1回戦は青森県に勝利。2回戦は千葉県(府藤/田中ペア)に惜しくも敗れましたが県代表としてカツヤクされました!

IMG_0730

少年女子の冴佳さん(岡山県)は準々決勝で福岡に敗れましたが、5〜8位決定戦で三重に見事勝利。その後和歌山には敗れましたが見事6位入賞となりました。

IMG_0610


そして・・・・ご存知、長男の大貴くんは決勝の岡山県戦で奈良(高田商業単独)のしんがりとして、見事3番勝負に4−0で勝利!!奈良少年男子に3年ぶり12度目の優勝をもたらしました。
1回戦は3番までやりますが、2回戦以降は2番までで勝負がついてしまっていたため、大貴さんは1回戦以来の登場。登場した試合はすべて4−0で勝利・・。つまり、国体で1ゲームも取られていないという。凄いぜ。



◆少年男子   【瑞浪市民テニスコート】
決勝    10月03日
  
奈良21岡山
 村田,星野34石井,藤田
塩田,三木40今田,難波 
須藤,山本40淺原,西江 




bb2084a0.jpg

Photo:ぉまみBlogより


以上、須藤3兄弟姉妹のご紹介でした!これからのお3方それぞれの進路・ご活躍が楽しみですね。ソフオンとして、要チェックしていきたいと思います!

ではでは(^^

Thanks For Papa

<投稿>いよいよ「ぎふ国体」:注目!広島[成年女子]の石井選手(早稲田)

<外部ライターさんによる投稿記事です>


ソフオン読者のみなさん、「初めまして!」

わたくし「ちゅら男」ともうします!


なぜ「ちゅら男」かともうしますと・・・・

わたくし、沖縄県出身なのでゴザイマス!

なので「ちゅら男」。
 

沖縄の美しい(=ちゅら)海を愛してやまない20代男子後衛でゴザイマスよ。

けっして、「チャラ男」ではないのでご注意を!(笑)

台風警報ならぬ、ヨミマツガイ注意報発令ちゅう。


さて、今週末(9/30)からいよいよ「ぎふ清流国体」が行われます。

いわゆる「国民体育大会」です。

ソフトテニスにとっても、ビッグイベントに違いはありません。

  • 国体組み合わせ発表!(あまじゅんさんBlog)
 http://blog.livedoor.jp/junko19840215/archives/4179038.html

「ちゅら男」も・・・いてもたってもいられず、岐阜に行って、ソフトテニスの国体競技を観戦してくることにしました!今年は選抜もインターハイも、全日本実業団も、全日本社会人も、一切大きな大会は観戦に行っていないのです。なので、国体だけは絶対に見てやる!と思って超多忙(うそ)なスケジュールを調整しまくって遠征にこぎつけたのですよ。


なんせブログに何かを書くこと自体がはじめてなので、右も左も、ラケットのオモテも裏も、アカエムとナガセもわからない(笑)わたくしちゅら男ですが、一生懸命見てきて何かを感じて来ようと思っています!


さて自己紹介だけでおわってもアレ、ですので、今回は国体で個人的に注目している出場選手についてご紹介したいと思います。

その選手は・・・


早稲田大学の「小さな大エース」こと 石井友梨 選手(3年:前衛)です!!!


sDSC03352

(写真提供:関東学生ソフトテニス連盟)



小柄な前衛さんながらネット際での反応スピード、ダイナミックなネットプレーなどが魅力の彼女。


経歴をご存知ですか!?


高校時代は・・・・


広島県 名門!鈴峯女子高等学校出身で、


3年生の時には、インターハイ(個人) 準優勝

        新潟国体(団体) 優勝


などすばらしい結果を残しています。


大学に入学してからも1年生時から多くのタイトルを取っている彼女。


昨年度は先輩である安川選手とペアを組み、

皇后賜杯(全日本ソフトテニス選手権)で準優勝!



NHKのテレビ放送にも出演し、一躍有名人になった石井選手は、3年生になった今年も多くの活躍をしています。


そこで今年の学生大会での主な成績をまとめてみよう!

  • 関東学生ソフトテニス春季リーグ戦(団体) 優勝
  • 東日本学生ソフトテニス大学対抗戦(団体)、選手権(個人) 優勝
  • 全日本学生ソフトテニス王座決定戦(団体) 優勝
  • インカレ: 団体、ダブルス、シングルス 優勝(つまりインカレ3冠!

さらに、今年から期待の新人 小林奈央 選手とペアを組んでいます。

以上の結果を見ても、非常に調子を上げてきていることがわかります。すごいカツヤクです。

早稲田に石井アリ!ですね。

sDSC03361
(写真提供:関東学生ソフトテニス連盟)


相手との駆け引きの上手さ、勝敗のかかる重要な場面でポイントできる勝負強さなどが試合に勝てる要因のように感じます。



国体でのカツヤクも非常に気になる注目選手に違いありません。

今回も広島県の代表として出場する予定です。


学生同士でペアを組む可能性が高いのでは!?と勝手に想像しています。
スピード感あふれる試合が期待できます!


国体での結果やレポートはまた後日ご報告したいと思います。

楽しみにしていてください!


では、「ぎふ清流国体」楽しんできます!行ってきまーす。

  • 石井選手プロフィール(早稲田大学軟式庭球部Webサイトより)
http://www.waseda-nantei.com/modules/myalbum2/photo.php?lid=308&cid=3

(以下、あまじゅんさんBlogからコピペさせていただきました)

◆ぎふ清流国体◆ 

9月30日(日)、10月1日(月)少年女子・成年女子

10月2日(火)、10月3日(水)少年男子・成年男子

会場:瑞浪市民テニスコート、

土岐市民総合公園テニスコート(少年女子の1日目のみ)


By ちゅら男
 --------

この記事は一般の方からの投稿記事です。
ソフオンではソフトテニスに関する投稿記事を募集しています。
写真や原稿(Wordファイル等)をそえて
otegami<アットマーク>st-on.jp
までお問い合わせ&送付ください。
(記事の掲載は編集部にて判断させていただきます。)

記事検索