こんにちは、ライブドアブログ編集部です。

これまで国内外500店舗以上のお店を訪問し、1000種類以上のパンケーキメニューを制覇した「パンケーキ部」管理人のおふたりにインタビューさせていただきました! 

p3

部長・おまるさんの海外移住にあたり、副部長・もんちゃんさんとともに、これまでの活動の振り返りや今後の意気込みを伺いました。
絆がっちり&愛情たっぷりのパンケーキ談義をおたのしみください!

出会いは職場。会社の有休はほぼ“パンケーキ休暇”に


――本日はパンケーキ部さんおすすめのお店でお話を伺います。おふたりと一緒にパンケーキを食べられるなんてぜいたくです。

おまる(以下お):こちらこそありがとうございます! ここは渋谷でおいしいパンケーキを食べられるお店なんですよ。

2017年1月取材_170131_0040
(メニューを選ぶ姿がとても幸せそうです!)

――おふたりはどれくらいの頻度でパンケーキを食べるんですか?

もんちゃん(以下も):週に3〜4回ですね。パンケーキのために海外へ行くこともあるし、会社の有休はほとんどパンケーキに使いました(笑)

お:旦那さんとの予定よりも先に、もんちゃんとのパンケーキの予定が決まるんですよね(笑) 

結成から5年たちますが、ブログ更新のモチベーションは衰えるどころか年々上がっています。去年は200店舗以上をめぐり、1日も欠かさず記事を更新しました。

p2
2016年11月18日のブログより、いちごベリーパンケーキ)

――何がきっかけでパンケーキ好きになったのでしょうか?

も:パンケーキがはやる前に、代官山の有名なパンケーキカフェに行ったことがきっかけです。

お:わたしは2009年の韓国旅行がきっかけです。カフェ文化が発達しているので、日本では食べたことがないようなメニューがあったんです。
それまでパンケーキは家で食べるものだと思っていたのですが、あまりのおいしさに衝撃を受けました。

――おふたりがパンケーキ部を結成した経緯は?

お:もともと会社の同僚でした。たまにグループで遊ぶくらいの関係だったのですが、ある日一緒にカフェに行く機会があって。メニューを開いたとき、お互いパンケーキにものすごく食いついたんですよ。

そこで「今日からパンケーキブログをはじめる!」と宣言しました。自分でも、なぜあのときそんなことを言ったのかよく分からないんですけど……(笑)

も:それが2012年の出来事で、干支(えと)が辰年(たつどし)だったので“たっちゃんず”に決まりました(笑)

508caaa8
(オリジナルキャラクターのあつやんとたっちゃん)

やる気も食欲もシンクロ! “同僚”から“同胞”になったふたり


――パンケーキ部結成前からブログを書いていたのでしょうか?


お:昔から文章を書くことが好きだったので、個人ブログに日常や食べ物のことを書いていました。

も:わたしは未経験でしたが、ずっと人と違うことをやってみたくて。でも、特に目的もなければひとりで何かをはじめる勇気もなかったんです。
そんな時、おまる部長がパンケーキ部というきっかけをくれました。

――ブログをはじめてから何が変わりましたか?

お:生活の基準がパンケーキになりました(笑) 朝5時に起きて、出社前にもんちゃんとパンケーキを食べに行くこともありました。

も:パンケーキのためにダイエットもしましたね! ふたりで目標体重を決めて「この体重にならないとごほうびのパンケーキは食べられないよ!」って決めたり。

お:そして、ブログがいろんなご縁をつないでくれました。パンケーキイベントを開いたり、雑誌の特集に携わったり、TV番組にも出演させていただいたり……パンケーキがなかったら、出会えていない人がたくさんいます。

p1
LINE LIVEの生放送番組にも出演してくださいました!)

――おふたりの関係性にも変化がありましたか?

お:会社の「同僚」という関係から、今では「同胞」と呼びあう仲になりました(笑) 同じ細胞でできているんじゃない? と思うくらい一緒にいます。
サバサバした性格も、ご飯をいっぱい食べるところも、味の好みもすごくよく似ているんです。

も:パンケーキに対する熱量はもちろんですけど、パンケーキをファッションではなくグルメとして愛しているところが同じですね。

――パンケーキの食べ方に対するこだわりも同じなのでしょうか。

も:わたしは口いっぱいにパンケーキを感じたいので、たくさん重ねて一口で頬張ります!

f486c90a-s
2016年9月12日のブログより、クリームの山パンケーキ)

お:もんちゃんと同じく、パンケーキの厚みを感じられることがマストです。

昔はシロップやソースをかければかけるほどおいしいと思っていたのですが、いまはシンプルなほうが好きですね。
生地そのものを味わうと、作った人のこだわりが見えるんです。この小麦粉の産地はどこだろうとか、いい卵使ってるなとか(笑)

撮影は1皿300カット! パンケーキは“生き物”“全部違う顔” 


――ブログの写真を拝見していると、本当においしそうで食べに行きたくなります。

お:ありがとうございます。わたしたちは臨場感や迫力を伝えることを大切にしているので、「自分も食べている気持ちになります」とコメントをもらうと本当にうれしいです。

も:シロップをかけているところ、生地の重なり、ひとくちサイズのショットなど……とにかくあらゆるシーンで、写真を撮らずにはいられません!(笑)

CyMvP8WUoAAwPiv
(もんちゃんさんの特技はメープル流し!)

お:パンケーキは生き物なので、焼きたてから時間がたつにつれて形が変わっていくんですよ。
ひとつひとつ顔が違っていて、全く同じパンケーキはないんです!

――パンケーキを食べるとき、何枚くらい写真を撮るんですか?

も:わたしが100カット、おまる部長が200カットです。全部をつなげると、パラパラ漫画のようになります(笑)

お:300枚から厳選したショットを載せるので、写真の選定に1時間くらいかかりますね。本当は全部載せてあげたいくらいです。

いままで撮った写真をハードディスクに保存しているのですが、もう1テラバイト(※容量の単位)では足りなくなってしまって、さらにハードディスクを増やしました!

――子どもの成長記録のようですね(笑) おっと、注文したパンケーキがきたみたいです!

も:わあーー!!

20170131_170131_0072

 20170131_170131_0061
(すかさずカメラを向けるおふたり。切り分けと撮影は共同作業です!)

お:どんな瞬間も逃したくない……! いやあもう、本当に幸せです。

も:おいしそうー! 最高にうれしいです、ありがとうございます! 

心機一転、海外と東京からパンケーキ愛を発信


――固い絆で結ばれたおふたりですが、部長のおまるさんはシンガポールにお引っ越しされるんですよね。


お:そうなんです。今後は海外支部長として、東京支部のもんちゃんと一緒にがんばるつもりです。

――海外移住のお話を聞いたとき、もんちゃんさんはどんな心境でしたか?


も:以前ちらっと「海外に行くかも」という話を聞いていたので、心の準備はしていましたが……「やだやだ!」というのが正直な気持ちでした(笑)

お:でも、やめるという選択肢はふたりともなかったので、いまはすごく前向きですね。
もんちゃん、日本は任せたぞ! 本当に信頼できる相方なので、特に不安はないです。

も:いつもふたりでパンケーキをはんぶんつにして食べていたので、ひとりでお店をめぐるのはちょっとさみしいですね……おまるロスが激しくなりそう(笑) 
いまは悲しみよりも、いってらっしゃいという気持ちです。心機一転がんばります!

20170127パンケーキ部さん壮行会_170202_0029
(感謝の気持ちをこめて、編集部よりトロフィーと花束を贈らせていただきました!)

――今後の活動についてはどうですか?

お:週に1回くらい、シンガポールのお店の情報を発信できたらいいなと思います。
もしくは英語でパンケーキブログを書いて、シンガポールに旋風を起こせたらいいですね(笑)

も:いつかパンケーキの写真集を出したいです。わたしたちにとって、パンケーキはグラビアアイドルなので!(笑)

――最後に、読者の皆さんへ一言お願いします。

お:パンケーキ情報だけではなく、人柄を好きになってくださったり、日常の内容をたのしみにしてくださってありがとうございます。
年々モチベーションが上がっているのは、皆さんのあたたかい感想のおかげです。海外へ行ってもよろしくお願いします! 

も:いまでも「初期の頃からブログを読んでいます」と言ってもらえることがうれしいです。
そして、イベントやSNSで出会った方と一緒にパンケーキを食べに行ったり、たくさんのすてきなつながりにも感謝しています!

――おまる部長、もんちゃんさん、ありがとうございました! パンケーキ部の新たな展開をたのしみにしています!


みなさんもぜひ、おふたりのブログをチェックしてみてください。 

パンケーキ部
キャプチャ