• 9

「元女性」でイケメンのパートナーと結婚! “ストレート”な妻による、出会いから入籍までを描いたコミックエッセー

“元女性”のイケメンと、“ストレート”な女性が結婚して、「ダンナちゃん」「ヨメちゃん」な関係に!
ラブラブなふたりの日常を、4コマ形式でつづったコミックエッセー『うちのダンナがかわいすぎるっ!』が発売されました。

ブログを書籍化した本書では、ブログに掲載されているエピソードに加え、新婚旅行の描き下ろしマンガや写真も収録されています。




「なんとかなる」精神のヨメちゃん(ノンケ)と、しっかりものなダンナちゃん(元♀のイケメン)夫婦の、出会いから入籍までの道のり♥
ダンナ◆自分が若い頃に、こんなブログあったら救われたわ。
ヨメ◇ダンナちゃんにそう言ってもらえるの、一番うれしいかも(笑)。
(内容紹介より)


ダンナさんは、GID(性同一性障がい)でFtM(体は女性、心は男性)。
対して、本書の著者である「ヨメちゃん」こと安藤たむさんは異性愛者。いわゆる「ストレート」と呼ばれるセクシュアリティーです。

「うちのダンナがかわいすぎるっ!」というタイトルからも分かりますが、とにかくラブラブなふたり。
ムキムキで濃い目のイケメン、力仕事から家事までこなすしっかりもののダンナさんが、安藤さんの前だからこそ見せる“かわいい一面”がたまりません。

安藤さんが「ブログをはじめてみようと思う」と告げたときのダンナさんも、ギャップが満載でした。

画像1

見た目に持っている物に、ネタが山盛りですね!


本作では、ふたりの愛あふれるエピソードはもちろんのこと、安藤さんがダンナさんと出会い、ともに過ごしていく中で見てきた「LGBTの世界」についてつづられています。

手術やホルモン治療という体のことや、戸籍や名前変更などの手続き、職場や身内へのカミングアウトにまつわるエピソードなど。
「性」に関して同じように悩んでいる方はもちろん、そうでない方にとってもためになる内容になっています。


そもそも、ダンナさんと安藤さんがどうやって出会ったのか、気になりませんか?
本書では、ドラマのように濃いふたりの出会いから結婚までのエピソードが赤裸々につづられています。

画像2

「散々迷惑かけてこられた」というダンナさんの言葉の意味は?
ラブラブな2人の過去に一体なにがあったのか――!?

Amazonの商品ページから、「なか見!検索」でふたりが出会う冒頭まで試し読みできるので、ぜひご一読ください。読めば続きが気になること間違いなしです。


GIDの方たちの恋愛も生活も、一般的な夫婦と大きく変わりません。本書を読めば、そのことをより深く実感できるはずです。

ノロケ120%、幸せいっぱいの2人の生活をのぞいてみてください!


ブログ「うちのダンナがかわいすぎるっ!」を見る
LINEで「うちのダンナがかわいすぎるっ!」の更新通知を受け取る


ブロガーのみなさまへ


本を出版される際には、ぜひご連絡ください。PRに協力させていただきます。

ブログで人気が出て書籍化されました 

お問い合わせフォーム 


今後ともライブドアブログをよろしくお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
  
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新記事
記事検索