ブログ「きょうの横山家」著者で漫画家の横山了一さんと、同じく漫画家である妻・加藤マユミさん。
2人が結婚するまでの道のりを描いた、“漫画家夫婦”共作のコミックエッセーが登場しました。




横山了一「会った当時はまさか付き合うとは思わなかったなあ。」
加藤マユミ「私は出会った瞬間ビビビときた(笑)。」
同じ時間を共有しても、見えている景色はこんなに違う…!?
嫁から夫へ漫画のバトンをつなげる共作恋愛回想エッセイ!
(内容紹介より)


本書は、これまで発売された横山さんの著書、『北のダンナと西のヨメ』『息子の俺への態度が基本的にヒドイので漫画にしてみました。』などで描かれている、家族エピソードの原点となる作品です。
“横山家”の作品に触れた人も、これから読もうと思っている人にも楽しめる内容になっています。

見どころは、夫婦が経験した同じ出来事を、それぞれの目線で描いているということ。

初対面からビビビッときていた加藤さんとは反対に、横山さんは「特に何も思ってなかった」と振り返っていたりと、2人の違いがコミカルに描かれています。


ブログで公開していた本書の中身から、結婚式シーンの1コマ目をそれぞれご紹介します。


画像1

画像2


上のコマが加藤さんで、下のコマが横山さんのページです。
加藤さんが描くおごそかな雰囲気とは対照的に、横山さんは結婚式でのハプニングを中心に描いています。

歩んだ道は一緒でも、印象に残っていることが全然違うのが面白いところです。
こうやってお互いの違いを見られるのも、漫画家夫婦ならではですね。


本編の間には、「出会いから付き合うまで」「付き合ってから結婚まで」「結婚から出産まで」の3パートにわたって対談も掲載されています。
描ききれなかったエピソードから、当時の率直な思いまで語ってくださっていますよ。

本でもネットでも大人気な「横山家」の始まりを、ぜひのぞいてみてください!

ブログ「きょうの横山家」を見る
LINEで「きょうの横山家」の更新通知を受け取る


ブロガーのみなさまへ


本を出版される際には、ぜひご連絡ください。PRに協力させていただきます。

ブログで人気が出て書籍化されました 

お問い合わせフォーム 


今後ともライブドアブログをよろしくお願いいたします。