2007年01月28日

英語 学習 憲法第9条を勉強しよう! その2

憲法の骨格となったマッカーサー草案にはあった「自衛のため(even for preserving its own security)としてさえ、戦争を放棄する」 という部分が、ケーディスの修正を受けての司令部案では削除されていることから、自衛のための措置が執られる可能性を否定していないと解することが可能である。

また、芦田均が、第2項の冒頭に「前項の目的を達するため」と挿入する修正をしたことにより(芦田修正)、自衛権が認められているとする見解もある。(以上、Wikipediaより)

上記、大きな2点の変更があったことも、問題の複雑さを増しています。

では、今日は、英文をきちんととらえておいていただければと思います。

----------

●英語スピーカーの仲間入りをしませんか?


英語を話せるようになるためには
大きなお金は必要ありません。

英語圏に留学をすれば、英語が話せるようになるという人がいます。

英会話学校に通えば英語が話せるようになるという人がいます。

これは、真実でしょうか?

必ずしも真実とはいえません。


私は、留学をして、満足に英語が話せるようになっていない人を

数多く知っています。

英会話学校へ通って、数年たっても十分な会話レベルに達していない人を

数多く知っています。

どちらも大変な費用がかかります。


ずばり言います。

英会話習得と、使うお金とは正比例しません。

使えば使うほど上達するということはありません。


あなたは、

効率的に、リーゾナブルに英会話を身につけたくないですか?

ナチュラルイングリッシュを楽しく自宅で家事でもしながら身につけたくないですか?

実際に結果の出る方法で、学習をしたくないですか?


あなたは、その秘密と方法を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!











(C)アキュワーズ株式会社

--------------

あなたが英語を話せるようにならないのは、「○○○○」をしていないからです。

また、何度やってもうまくいかないのには、失敗する理由があるです。

もし、あなたがその秘密を知りたいのなら、語学学習の先進国アメリカのノウハウを
ぎっしり詰め込んだ貴重な音声ファイル付レポートを無料でプレゼントします。

本来は、有料での販売を考えていたものですが、今回は特別に無料レポートとして
先着100名の方々にこの情報をプレゼントしようと思います。

英語音声付き無料レポート ブログ

姓 ※ (例)日本
名 ※ (例)太郎
メールアドレス ※ (例)nihon@example.co.jp



Permalink


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星