2007年02月20日

「plu/plus」は「複数」「もっと!」 その2

pluperfect 【名】過去完了、大過去
【形】過去完了の、大過去の、この上なく完璧な

 ※plu(もっと、さらに)+ -perfect(完了)

 ※英文法では、過去完了の意味で、past perfectの方をよく使います。


最後にもう少し、関連語を紹介します。


pluralism 【名】複数性、(哲学)多元論


e pluribus unum 【名】多様性の統一
         (ラテン語で多くから作られた一つという意味)

 
この言葉ですが、1782年にアメリカの国璽(こくじ)の

標語として採用されたものです。

また、アメリカの硬貨のすべてにこの言葉が記されています。

多くの州からなる統一国家を表します。

ちょうどアルファベット13文字なので、

独立当初の13州を表しているとも言われます。

多くの州からなるアメリカ、

そして、多くの民族からなるアメリカを

象徴したような言葉だと思います。


※国璽(こくじ)= 国家の表象として用いる印。
    日本のものは、明治四年(一八七一)に制定された
    約九センチ四方の金印で、「大日本国璽」と刻してある。
    現在は勲記だけに用いる。


今日のボキャブラリ(単語分解編)は、以上です。

語源、そして、英単語の構成を知ることで、効率的に英単語のボキャブラリを増やしていきましょう!

そして、英会話にも役立てましょう!


----------

●1日254円の英会話!

   ※英語を話せるようになるためには大きなお金は必要ありません!

英語圏に留学をすれば、英語が話せるようになるという人がいます。

英会話学校に通えば英語が話せるようになるという人がいます。

これは、真実でしょうか?

必ずしも真実とはいえません。


私は、留学をして、満足に英語が話せるようになっていない人を

数多く知っています。

英会話学校へ通って、数年たっても十分な会話レベルに達していない人を

数多く知っています。

どちらも大変な費用がかかります。

何を隠そう、私自身が数百万円を英語学習や英会話に使って、大きな疑問を持ったのです。

ずばり言います。

英会話習得と、使うお金とは正比例しません。

お金を使えば使うほど上達するということはありません。


これまで英語がどうしても身に付かなかった方にご提案です。


一日254円の英会話で、

効率的に、リーゾナブルに英会話を身につけませんか?

ナチュラルイングリッシュを楽しく自宅で家事でもしながら身につけませんか?

実際に結果の出る方法で、学習をしませんか?


その方法を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!











(C)アキュワーズ株式会社

--------------

あなたが英語を話せるようにならないのは、「○○○○」をしていないからです。

また、何度やってもうまくいかないのには、失敗する理由があるです。

もし、あなたがその秘密を知りたいのなら、語学学習の先進国アメリカのノウハウを
ぎっしり詰め込んだ貴重な音声ファイル付レポートを無料でプレゼントします。

本来は、有料での販売を考えていたものですが、今回は特別に無料レポートとして
先着100名の方々にこの情報をプレゼントしようと思います。

詳しくはこちら >>

Permalink


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星