2007年01月28日

ネイティブに聞きました!「She don't care」 その2

これが何度も繰り返されるのですが、これも「三人称単数現在」

「三単現」になってません。


また、ご参考までに、この曲は、かの「カーペンターズ」によっても、リバイバルで

大ヒットしましたが、その中では、歌詞が女性視点に書き換えられ、

he don't care

と、歌われています。


本当の答えは、作詞の故ジョン・レノンに聞いて見ないとわかりませんが、

音楽的なねらいと、言葉の印象的なねらいがあったのではないか?

というのが結論でした。


また、ネイティブと話していて、次の曲の歌詞も文法的には

間違っているということでした。


それは、故ジョージ・ハリスンの大ヒットナンバーで、

アルバム「Abbey Road(アビーロード)」の中の「Something(サムシング)」です。


♪ Somewhere in her smile she knows,

That I don't need no other lover ♪


訳してみると、

「彼女は、その微笑の中で知っている。

 僕が他の恋人なんて必要ないってことを。」


こんな感じになると思うのですが、

二行目が、don't need noと二重否定になっています。


○誰もいないが必要なない→誰かが必要

という意味になってしまい、忠実に文法どおりに翻訳すると

逆の意味になってしまいます。

ですので、基本的には間違いですよとのことでした。


ですが、こういう表現も使われるというのです。

これは、「二重否定は、否定の強調」ということで、

つまり、否定語を二回繰り返して、強い否定を表している

ということなのです。

また、これも音楽的に「no」があったほうが、より音符合う、

とのことです。


ふーむ、詞の世界も深いですね。



最後にネイティブからのアドバイスです。


「作詞の本当の意図は、作詞者本人に聞かないとわからないですが、


 she don't care も、

 I don't need no other lover も


 普段の英会話で使うのは、危険なので、文法にそってしゃべってください。

 ただし、音楽を楽しむときは、そんな詞のテクニックや味わいを

 感じながら聴いて、歌ってくださいね!」


とのことでした。


歌詞も奥が深いですね。



今日の記事のご感想をお待ちしております。

メイルは、info@talkles.com までどうぞ。


--------------

事実、私は英語が話せませんでした。

英語で話さなければいけない場面で頭が真っ白、なんて

経験が何度もあります。

しかし、今では話せるようになりました。

「○○○さん、英語が話せたの?」

なんて驚かれることも多くなりました。

英語を話して、受話器を置いたとき,
周囲から浴びる驚きの視線は気持ちがいいものです。

→→つづきはこちらをクリック!

--------------

あなたが英語を話せるようにならないのは、「○○○○」をしていないからです。

また、何度やってもうまくいかないのには、失敗する理由があるです。

もし、あなたがその秘密を知りたいのなら、語学学習の先進国アメリカのノウハウを
ぎっしり詰め込んだ貴重な音声ファイル付レポートを無料でプレゼントします。

本来は、有料での販売を考えていたものですが、今回は特別に無料レポートとして
先着100名の方々にこの情報をプレゼントしようと思います。

英語音声付き無料レポート ブログ

姓 ※ (例)日本
名 ※ (例)太郎
メールアドレス ※ (例)nihon@example.co.jp



Permalink


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星