**********************************************************************************************************
めっきり肌寒くなった最近はもっぱら鍋です。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

お久しぶりです。アンソニーです。
**********************************************************************************************************

先日、若手のホープの一人である、ブログでおなじみの「ハッピー万太郎」君が興奮した顔で、


ハピ万 「アンソニーさん、いやぁ、あの○○のお店の従業員凄いですよ!!!」

僕   「一体どうしたんだい、そんな興奮して」

ハピ万 「今彼のお店の前に外人カップルが居て、道を聞いてたようなんですがその従業員が、流ちょうな英語で説明してたんですよ。凄いカッコよかったです!!!」

僕   「それは凄いね!ここ𠮷原にもグローバルの波が来てるね」

そう言いながら、外に様子を見に行ってみると確かにそのお店の従業員と何やら話をしている。程なくその語学が堪能な従業員と別れスマホと周りを交互に見ながら『コスモス』の方向に歩いて来ました。

一瞬僕と目が合い、外人カップルの男性の方が僕に近づいてきました。持っているスマホを僕に見せ、

「〇×〇▲◇!?」

語学が全く堪能ではない僕でしたが、この外人さんがどこかの場所を探していることだけは分かりました。

その彼のスマホをのぞき込むと、聞いたことの無い名前が・・・。HOTELなのだ、と言う(た、たぶん・・・)

僕はすかさず自分のスマホでその住所を調べると、すぐ近くだという事が分かりました。ただそんなホテルの名前も聞いたことがなかったし、そんな建物も無い、と思っていました。

でもスマホでそのホテルと思しき名前を入力してさらに調べると、外観の分かるH.PにHIT!!!

「Bingo!!!!」

外国風に言えばこんな感じでしょうか。

目と鼻の先にマンションとばっかり思っていた最近完成した建物がそのホテルでした。

その旨を身振り手振りで彼に伝えると、素晴らしい笑顔で、

「Thank you!!! Thank you!!!」

を何度も繰り返し,そして何度もこちらを振り返りながらホテル方向に向かっていきました。

かの店の従業員は、万太郎君が興奮するほどの語学力でしたが、問題は解決できなかった。
僕は語学は堪能ではないけれど、何とか解決できた。

この差は何だったんだろう?
それは情熱だったんだろうと思う。知識は無かったけれど、少ない知恵を使いながらこの人の為に何かを無心でやっていた。そう人の為に何かをする、というのはとても気持ちがいい。

日本人の「おもてなしの心」というのはもしかしたら、「人の為になる」「人の役に立つ」ということなのかもしれない。

今回は我が「情熱コスモス」に軍配が上がったけれど、かの店の従業員も情熱が加われば鬼に金棒だ。
情熱を身に付けることが大変か、知識を身に付けることが大変か分からないけど、これから大挙来日してくるであろう外国の方に少しでも日本のいいところを感じて帰ってほしいものです。



いつも「人の為になりなさい」と言っていた天国の母に今日起きたことを報告しました。


「母さん、やったよ」




って、ずいぶん大袈裟だなッ!!!!(カミナリ風)

アンソニー
  

どうでもいい話なのですが、、、
私ソープの〇ボーイのくせに最近、家計簿をつけております。


なぜ家計簿をつけるようになったのかと云いますと、

昨年コスモスに入店した当初はガッツリ稼いでパッと辞めて、
自分のやりたい事をやるぞッ!!と気合十分だったのですが、

かれこれ1年以上働いておりますが、
正直ほとんどお金が貯まっておりません。

理由は、お給料が少な過ぎるということではなく
単純に出費・浪費が多いからです。

例を挙げますと、、
・寮生活をやめて賃貸住まいへ
・一時期ハマったギャン〇ル
・たまにの風〇
・自炊をせず外食三昧
・最新のiPhone〇購入


そして、毎日の愉しみ★昼のお弁当ですが毎日500円迄
と決めていたのに、いつからか800円・1000円と少し
お高めの弁当もバンバン頼むようになってしまいました。


あの頃は500円のウインナー弁当ですら
至福の喜びを感じていたはずなのに、、、

・800円のスタミナ定食🍖
・800円のポークソテー🐽
・1000円の肉味噌うどん&ライス🍚
・1000円のチキンソテー🍗

だって、めちゃくちゃ美味いんだもん!!

人間って駄目ですね。。一度上がった基準は良くも悪くも下げられない。
甘い蜜を吸ってしまったら、また欲しくなってしまうんですね。。


風俗でも、よく同じ現象が起きます。
・大塚の1500円二回転のピンサロ
・鶯谷の100分一万円のデリヘル

お婆さんだろうと、
モンスターだろうと、
〇ければ一緒だろうと思っていたのが、

少し頑張って2万出せば、
こんな可愛い娘と最後まで出来るのかぁ~と。


お客様からも基準が上がる話はちょくちょく耳にします。
・【ベルちゃん】と遊んで、「とにかく話が弾んで、今までで一番愉しかったです!!」
・【ことりちゃん】と遊んで、「こんな可愛い子には滅多にお目にかかれないよ!!」
・【美月ちゃん】と遊んで、「美月ちゃんと出会えて幸せ。80年生きてて良かったぁ」

今後とも、お客様にベストマッチする・基準の上がるコンパニオンさんとの出逢い
を提供できる様、素敵なコンパニオンさんが沢山入店してくれるお店を目指します♪


万太郎

p.s.どうでもいい話なのですが、本日のお昼は1000円のチキンソテーに決めました。

収穫の秋ですね。秋は美味しいものが多いですね。いつでも恋をしたい、そんな気分の秋ですね。こんにちは、アンソニーです。

 

 

最近マンネリ気味のチャイエスです。

僕はいったい何を求めてチャイエスに行くのか。原点に帰ってみようと思います。


始めてチャイエスに行ったときはドキドキして、健全なマッサージなのになぜか薄着な女の子に触れることができず、と言うか、これは触れと言っているのか触るなと言ってるのかルールがわからず、




どっちやねん。



逆にそれがフラストレーションになりつつも興奮する自分がいました。

何度か通ううちに、アクシデントを装っては軽く嬢の太ももに触れて至福を感じていました。そのうち僕も大胆になり、軽く尻を触るようになり、と言っても嬢の反応をうかがいながら恐る恐るといった状況で寛容な嬢に当たるととても幸せな気持ちになったものでした。

最近は大胆になりすぎて核攻撃を試みるようになり、またそれを受け入れる嬢がいたりすると僕も調子に乗ってグイグイ行ってしまう自分がいます。チャイエスに入門したてのそこまでのプロセスを楽しんだ時に比べると明らかに今は核にこだわりすぎています。北のお方並みに。

お前は結局そこなのか、それだけなのか?行くべきところが違うんじゃないか?いや、違います。僕はこの先、どうなるかわからない、このプロセスが好きなだけなんだ。


核に行くまでは時間がかかる、そう簡単にはいかないんだ、そう、昔の人は言いました。


『もも尻半年、核1年』



僕は原点に帰って核にこだわらず、またドキドキワクワクするチャイエスにハマってみようと思います。

まずはアクシデントを装って手の甲で軽く太ももに…。


アンソニー

↑このページのトップヘ