森の浮き床

軽井沢の森に

車で軽井沢へ。

事務所スタッフ全員で見学に。

R0001135
森側には開いて。
浮いています。




R0001146
道路側には真正面勝負で。





R0001167
角は抜けている。緑しか見えない。





R0001170
テラスは折れ折れで。






スタッフY





 

DSCF6491

若葉の軽井沢


DSCF6495

天井下地


DSCF6510
 これは通路です。

変更を反映したA1広げて各職のみなさんと
個別打合せ。

図面があればできていく。
あたりまえですが。 

今日も現場で気づいたことを反映してもらう。
そうしたほうがいいのは話せばわかるので、
応じてくれる。

協働作業です現場はやはり。


 
 


DSCF6191

板金やさんと屋根納まり打合せ。

からはじまり、木製建具、家具、鋼製建具、薪ストーブ、水道、
電気空調、 最後に棟梁と・・・二日間みっちり打合せを経て、
色々安心したり、不足を実感したり。


DSCF6187

鼻隠しがぐるっと完結して屋根の形があきらかに。


DSCF6223

 これは高いほうから。なにか足りないと思っていたところを
現場で変更。

ものすごく気持ちスッキリ。
棟梁、監督(二人ともほぼ同い年)、よろしくお願いします!


DSCF6203
「木立窓」(今命名) 


 最終図面を仕上げて、次回もイチンチミッチリ・・・!!




 

久しぶりの現場。

火曜日から土台を敷きはじめての三日目。

 

DSCF6045
浮かび始めました。

DSCF6036
棟梁大工ばかりが集まってきてくれてます。お弟子さん二人
とあわせて10名!!

FullSizeRender (1)
径の違う円柱が林とつながる。

DSCF6058
上棟式

DSCF6060
棟梁とその息子さん、今日の下地を作ってくれた草津の鉄骨
屋さん他で四方を清めます。

DSCF6052
刻印されて、材も「よっし浮くぞ!」と。

DSCF6055
「ふわっ」と。浮く。はず。








 

↑このページのトップヘ