2016年08月25日

バイオハザード IV アフターライフ

2010年のアメリカ、ハリウッド映画です。
監督、製作、脚本は、ポール・W・S・アンダーソン。
撮影は、グレン・マクファーソン。
衣装は、デニース・クローネンバーグ。
編集は、ニーヴン・ハウィー。
音楽は、トムアンドアンディ。
主演は、ミラ・ジョヴォヴィッチ。





“ ミラ・ジョヴォヴィッチ主演のヒット映画・シリーズ ”







‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

バイオハザード IV アフターライフ (2010)

監督 ポール・W・S・アンダーソン
製作 ポール・W・S・アンダーソン、ジェレミー・ボルト、ロバート・クルツァー、
   ドン・カーモディ、ベルント・アイヒンガー、サミュエル・ハディダ
製作総指揮
   マルティン・モスコヴィッツ、ヴィクター・ハディダ
脚本 ポール・W・S・アンダーソン
撮影 グレン・マクファーソン
衣装 デニース・クローネンバーグ
編集 ニーヴン・ハウィー
音楽 トムアンドアンディ

出演 ミラ・ジョヴォヴィッチ
   アリ・ラーター
   キム・コーツ
   ショーン・ロバーツ
   セルヒオ・ペリス=メンチェータ
   スペンサー・ロック
   ボリス・コジョー
   ウェントワース・ミラー
   シエンナ・ギロリー
   ケイシー・バーンフィールド
   フルヴィオ・セセラ
   中島美嘉
   デニス・アキヤマ

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

物語

T-ウイルスは世界中に蔓延し、遂に東京でも感染者が出た。
そして、世界滅亡のカウントダウンが始まった。それから4年後の12月、
アンブレラ社は東京・渋谷の地下に巨大要塞を築き、アルバート・ウェスカー議長の
指示の下で、T-ウイルスの研究、実験を繰り返していた。
その地下要塞を、アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)が自身のクローンたちと共に襲撃。
地下要塞は壊滅的なダメージを受け、ウェスカーは地下要塞をあっさり見限り
ヘリで一人逃亡、予め仕掛けていた特殊爆弾を爆破させる。
クローンアリスもろとも、渋谷周辺は地下要塞ごと壊滅した。ウェスカーは
勝利を確信するが、オリジナルのアリスは生き延びてウェスカーと同じヘリの中にいた。
アリスはウェスカーを追い詰めるが、ウェスカーに血清を打たれ、
能力を失ってしまい、さらにヘリが富士山に墜落し、ウェスカーを取り逃がしてしまう。

それから半年後の翌年の5月、アリスは生き残りの人間を探して、世界中を旅していた。
アリスはアラスカにあるという感染が及んでいない安息の地「アルカディア」を訪れた。
しかし、指定された地点には人々の姿はなく、アリスは落胆する。
その時、アリスを一人の女が襲撃。アリスはすかさずその女を倒すが、
なんとその女は先にアルカディアに向かったはずの仲間、クレア・レッドフィールドだった。
クレアの胸には蜘蛛型の奇妙なデバイスが付いており、アリスはそれを除去。
意識を取り戻したクレアは記憶喪失になっており、自分の名前さえ覚えていなかった。

翌日、アリスとクレアは他の生存者を求め、飛行機でロサンゼルスに向かった。
そこでアリスは、街が何千ものアンデッドに埋め尽くされた光景を目の当たりにする。
そしてたどりついた刑務所で、隠れるように暮らしている人間たちを見つける。
感染を逃れるには、唯一の安全地帯とされる巨大艦船“ アルカディア号 ”に乗船するしかない。

刑務所からの脱出方法を知っている男が一人だけいた。その男の名はクリス・レッドフィールド
(ウェントワース・ミラー)。クリスはアンデッドと闘う特殊部隊だったが
僅かに生き残った生存者に囚人と間違われて監禁されてしまっていたのだった。
アリスは脱出の手段を知っているクリスを解放。
クリスは解放されクレアは自分の妹だと言うが記憶の無いクレアは拒絶してしまう。
アリスは彼らを刑務所から脱出させてアルカディア号へ乗船するため、
刑務所からの脱出を図る、そしてアリスたちに大勢のアンデッドたちが襲い掛かる──。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演者:ミラ・ジョヴォヴィッチ、 アリ・ラーター、 ウェントワース・ミラー、 中島美嘉
収録時間:97分
レンタル開始日:2010-12-22

Story
ミラ・ジョヴォヴィッチ主演によるアクションホラーシリーズ第4弾。東京・渋谷からT-ウイルスが増殖を始めて4年後、世界規模でアンデッドが徘徊する中、刑務所に残された生存者を安全地帯「アルカディア号」に導くために、再びアリスが立ち上がる。PG12 (詳細はこちら


stainbeck at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月24日

ハリー・ポッターと謎のプリンス








“ J・K・ローリングによる児童文学ベストセラーの映画化作品第6作 ”







‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

ハリー・ポッターと謎のプリンス (2008)

監督 デヴィッド・イェーツ
製作 デヴィッド・ハイマン、デヴィッド・バロン
製作総指揮
   ライオネル・ウィグラム
原作 J・K・ローリング
脚本 スティーヴ・クローヴス
撮影 ブリュノ・デルボネル
衣装 ジェイニー・ティーマイム
編集 マーク・デイ
音楽 ニコラス・フーパー

出演 ダニエル・ラドクリフ
   ルパート・グリント
   エマ・ワトソン
   ジム・ブロードベント
   ヘレナ・ボナム=カーター
   ロビー・コルトレーン
   ワーウィック・デイヴィス
   マイケル・ガンボン
   アラン・リックマン
   マギー・スミス
   ティモシー・スポール
   デヴィッド・シューリス
   ジュリー・ウォルターズ
   ボニー・ライト
   マーク・ウィリアムズ
   ジェシー・ケイヴ
   フランク・ディレイン
   ヒーロー・ファインズ=ティフィン
   トム・フェルトン
   イヴァナ・リンチ
   ヘレン・マックロリー
   フレディ・ストローマ
   デヴィッド・ブラッドリー
   マシュー・ルイス
   ナタリア・テナ
   ジェマ・ジョーンズ
   ケイティ・ルング
   デイヴ・レジーノ
   ジェームズ・フェルプス
   オリヴァー・フェルプス
   ジョージーナ・レオニダス
   スカーレット・バーン

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

物語

イギリス首相はコーネリウス・ファッジと5回目の面会をすることになった。
首相に就任した最初の晩、顔合わせに来た魔法省魔法大臣のコーネリウス・ファッジは、
「魔法界で深刻な事態が発生しない限り、二度と会うことはない」と言い、
そして二度と会わない予定だった。しかし、現実には4回もコーネリウス・ファッジと
顔を合わせており、しかも、面会を重ねるたびにコーネリウス・ファッジはやつれ、
魔法界の事態が深刻さを増していることが察せられた。首相は、ここ一週間で起こった
不可解な事故や事件に頭を悩ませていたが、ファッジによると、それらの事件は
全て魔法界を恐怖で支配した「名前を言ってはいけないあの人」の復活が原因と言う。
その失態により魔法大臣職を失ったことをファッジは首相に告げ、
新大臣ルーファス・スクリムジョールを紹介する。同じ頃、ナルシッサ・マルフォイと
その姉であるベラトリックス・レストレンジは、「スピナーズ・エンド」という場所で
ピーター・ペティグリューと一緒に住むセブルス・スネイプを訪れる。ナルシッサは
スネイプに、ヴォルデモート卿から危険な使命を受けた息子ドラコ・マルフォイを
支援するよう頼み、その確約として魔法による決して破る事のできない誓約「破れぬ誓い」を結ぶ。

夏休み、ダーズリー家に帰省していたハリー・ポッターは、彼を迎えに来たアルバス・
ダンブルドアから、シリウス・ブラックの遺産を相続したことを知らされる。
その後、親友ロン・ウィーズリーの実家「隠れ穴」へ向かう途中、ダンブルドアと
ともに彼の同僚であるホラス・スラグホーンに面会したハリーは、引退したスラグホーンに
ホグワーツ魔法魔術学校で再び教鞭を取るよう説得する。説得できたその後、
ダンブルドアはこの一年間、自分の個人授業を受けてほしいとハリーに頼む。

「隠れ穴」ではビル・ウィーズリーと婚約したフラー・デラクールが夏を過ごしに来ていたが、
それを好ましく思わないハーマイオニー・グレンジャーやジニー・ウィーズリーは
彼女を陰で「ヌラー」と呼び侮辱していた。しかし、ロンはフラーが気になるのか、
二人をたしなめていて、ハリー達は「隠れ穴」の中の境界線で楽しい日々を送っていた。
だが、外の世界では続々と恐ろしい事件が起こり始めていた。新学期の準備のため、
ハリー、ハーマイオニー、ウィーズリー一家はダイアゴン横丁に向かうが、
ロンの兄であるフレッドとジョージ・ウィーズリーの悪戯専門店、
「ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ」以外はどこにも活気がなかった。
「マダム・マルキン」の洋装店でハリー、ロン、ハーマイオニーは、ドラコと鉢合わせるが、
マルフォイの挙動を怪しみ、後を追う。追跡に気づかず、「夜の闇横丁」の
「ボージン・アンド・バークス」に入ったマルフォイは、オーナーのボージンを脅し
何かの修理方法を聞き出すが、結局修理方法は不明のまま。ハリーは、マルフォイが
「マダム・マルキン」の店で左腕に触れられるのを嫌がったことを思い出し、
「左肘に「闇の印」が刻印されているのでは?」と考え、彼が父親と同様に
死喰い人ではないかと推測するが、ロンとハーマイオニーは、決定的な証拠もないのに
マルフォイを疑おうとするハリーの言葉に聞く耳をもたない。躍起になったハリーは
ホグワーツ特急でマルフォイの正体を探ろうとするが、気づかれて怒ったマルフォイに、
石化された上、上から透明マントをかけられ、身動きを取れなくされてしまう。
そこをニンファドーラ・トンクスが見つけ、元に戻してもらった事で無事ホグワーツに入ることが出来た。

しかし実際にホグワーツで「闇の魔術に対する防衛術」を担当していたのはスネイプであり、
スラグホーンは「魔法薬学」を教えることになっていた。ハリーが借りた魔法薬学の教科書には
「『半純血のプリンス』の蔵書」と書かれており、魔法薬の事だけでなく彼が発明した
闇の呪文が多く示されていた。蔵書の内容を参考にして行った事で、
トップの成績を叩き出したハリーは、それから夢中になって蔵書の内容を研究し始める。

一方、ハリーはアルバス・ダンブルドアの元でヴォルデモートとの対決に備えるための
「個人授業」を受ける。ヴォルデモート=トム・リドルの出生と生い立ち、
何故彼が闇の魔術に手を染めるようになったかを探っていく。やがてハリーは、過去に
ヴォルデモートが作り出し、その不死の力を支えている「分霊箱」の存在と、
全部で7つあるそれを破壊しなければならないことを知る。

6年も終わりに近づいていたころ、ハリーはダンブルドアに伴われて新たに発見した
分霊箱の捜索に向かった。二人は辛うじて分霊箱を見つけ出すも、闇の罠と戦った
ダンブルドアは著しく衰弱してしまう。ホグワーツ帰還を急ぐ二人が目にしたのは、
天文台の塔に浮かぶ死喰い人の紋章だった。ドラコの手引きで侵入した死喰い人と
騎士団が戦っている。天文台塔に降り立ったハリーとダンブルドアは包囲され、
既に戦う力を失っていたダンブルドアはハリーをかばい、セブルス・スネイプに殺害される。
ハリーは蔵書で覚えた闇の呪文でスネイプを攻撃するが、呪文は通じない所か、
あっけなく倒されてしまう。何故ならば、蔵書を作成した「半純血のプリンス」の正体こそ、
スネイプであったからである。スネイプはハリーを昏倒させ、ドラコ達と共に逃亡した。

満身創痍のハリーはダンブルドアの遺体のそばに戻り、分霊箱の「銀のロケット」の蓋を開ける。
だが、ロケットから出てきた「R・A・B」なる人物の書置きは、本物の分霊箱を壊すために
偽物とすり替えたことを綴っていた。ダンブルドアは偽の分霊箱に命をすり減らしたのだった。

ダンブルドアの校葬が執り行われる中、ハリーは一つの決意を固めていた。来年は
学校に戻らず、ただ一人で残りの分霊箱を探し出して破壊することを。
親密となっていたジニー・ウィーズリーに別れを告げ、歩き出そうとするハリー。
だがロンとハーマイオニーはハリーを捕まえ、旅に同行する覚悟を伝えるのだった。
長く苦しい旅が、始まろうとしていた。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

監督:デイビッド・イェーツ
出演者:ダニエル・ラドクリフ、 ルパート・グリント、 エマ・ワトソン、 ジム・ブロードベント
収録時間:154分
レンタル開始日:2009-12-02

Story
J.K.ローリング原作による人気ファンタジーシリーズ第6章。人間界にまで広がり始めた闇の帝王・ヴォルデモートの脅威に対し、ダンブルドア校長はハリーを最終決戦に送り出す決意を固める。ふたりはヴォルデモートを倒すため過去の記憶を追うが…。 (詳細はこちら


stainbeck at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月23日

300 <スリーハンドレッド>

2007年のアメリカ、ハリウッド映画です。
監督は、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」のザック・スナイダー。
原作は、フランク・ミラー、リン・ヴァーリー。
脚本は、ザック・スナイダー、マイケル・B・ゴードン、カート・ジョンスタッド。
撮影は、「SUPER 8 スーパーエイト」「グランド・イリュージョン 」のラリー・フォン。
編集は、ウィリアム・ホイ。
音楽は、タイラー・ベイツ。
主演は、「オペラ座の怪人」のジェラルド・バトラー。
共演は、レナ・ヘディ。





ザック・スナイダーは、2004年、“ ゾンビ ”という言葉、概念を
創りあげたジョージ・A・ロメロ監督作品「ゾンビ」のリメイク作品
「ドーン・オブ・ザ・デッド」を手掛け、ヒットさせた気鋭の映画監督です。

「300 <スリーハンドレッド>」は、紀元前の時代、
スパルタ兵を中心としたギリシア軍対ペルシア軍の、
兵力5000と兵力200000の、テルモピュライの戦いを描いた映画です。


戦争を描く映画は、黒澤明「乱」、ダリル・F・ザナック「史上最大の作戦」、
ウィリアム・ワイラー「ベン・ハー」、メル・ギブソン「ブレイブハート」、
S・スピルバーグ「プライベート・ライアン」。最近の作品でも、
シェカール・カプール「サハラに舞う羽」、エドワード・ズウィック「ラストサムライ」など名作は多いです。
そして、戦争を描く映画では、大軍、軍列、人海を描くことが多く、個を描くことを抑えます。

が、ザック・スナイダーは、スパルタ軍、300人対、ペルシア軍、100万人という、
絶対にありえない事例を物語に設定し、太古のギリシアの自然や海、古代の美を完全に無視し、
コンピューター・グラフィックで創りあげたアノパイア間道にて、
300人対100万人という非現実的戦争を個をもって描き出します。

先陣の兵士が、槍を刺し、槍を抜き、楯で防ぎ、剣を抜き、剣で刺す。
切り返し、次の相手を刺し、また切り返し、更なる相手を切り裂く。

これをザック・スナイダーは、スローモションとコンピューター・グラフィックにて、表現します。
あえてコンピューター・グラフィックを大量に使用し、
現実的思考と手法では描けないリアリズムを表現するのが300 <スリーハンドレッド>。







‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

300 <スリーハンドレッド> (2007)

監督 ザック・スナイダー
製作 ジャンニ・ヌナリ、マーク・キャントン、バーニー・ゴールドマン、ジェフリー・シルヴァー
製作総指揮
   フランク・ミラー、デボラ・スナイダー、クレイグ・J・フローレス、
   トーマス・タル、ウィリアム・フェイ、スコット・メドニック、ベンジャミン・ウェイスブレン
原作 フランク・ミラー、リン・ヴァーリー
脚本 ザック・スナイダー、マイケル・B・ゴードン、カート・ジョンスタッド
撮影 ラリー・フォン
編集 ウィリアム・ホイ
音楽 タイラー・ベイツ

出演 ジェラルド・バトラー
   レナ・ヘディ
   デヴィッド・ウェンハム
   ドミニク・ウェスト
   マイケル・ファスベンダー
   ヴィンセント・リーガン
   トム・ウィズダム   
   アンドリュー・プレヴィン
   アンドリュー・ティアナン
   ロドリゴ・サントロ
   マリー=ジュリー・リヴェス
   スティーヴン・マクハティ
   タイロン・ベンスキン
   ピーター・メンサー

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

物語

紀元前480年。スパルタ王レオニダス(ジェラルド・バトラー)の元に
ペルシャ帝国からの遣いがやってきた。国を滅ぼされたくなければ
ペルシャ大王クセルクセスに土地と水を差し出し服従をしろという使者。
レオニダスはその場で使者を殺し、スパルタは100万の大軍を敵に回すことになった。

開戦の許しを乞うためにレオニダスは司祭の元を訪れたが、託宣者は神のお告げである
として出兵を禁じた。煩悶する王に王妃ゴルゴ(レナ・ヘディー)は毅然として言う。
「自分の心に従いなさい」と。評議会の反対を押し切って戦う決心をした
レオニダスの前にスパルタの精鋭300名の兵士たちが集まった。
レオニダスには戦略があった。海岸線の狭い山道に敵を誘い込めば大軍の利点を封じられる。
そこをスパルタの盾で食い止めるのだった。

作戦の地に到達した彼らの前に海岸線を埋め尽くすペルシャの大軍が現れる。
しかし、スパルタの男たちに退却の文字は無い。考え抜かれた作戦の元、
次々にペルシャ軍を倒していくスパルタ兵たち。対するペルシャ軍は
モンスター級の怪人や、隠密部隊の不死軍団、巨大動物の投入と、様々な手段を使って
スパルタ軍を撃退しようとする。だが防御線をどうしても突破出来ない。
その圧倒的な数の差にも関わらずスパルタ軍はペルシャ軍を撃退できるのではないかと、
希望を抱くようになるレオニダス。しかし裏切りの影は前からも後ろからも忍び寄っていた。

ペルシャ軍にスパルタを包囲できる裏道を教えた密告者。そして評議会にも王妃を騙して
援軍を断とうとした者がいた。かくして援護も無いまま包囲され危機に陥るスパルタ軍。
しかし彼らは屈することが無かった。死を覚悟し、ペルシャ王クセルクセスに槍を
投げつけるレオニダス。一人でも多くの敵を倒そうと奮闘する兵士たち。

結局、圧倒的な数の前にスパルタ軍は全滅したが、
決して屈服することの無いその精神は、後に残された者たちへと受け継がれていくのだった。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


stainbeck at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アメリカ ハリウッド映画 | 2000年〜

2016年08月22日

ソウ4

2007年のアメリカ、ハリウッド映画です。
監督は、ダーレン・リン・バウズマン。
製作は、マーク・バーグ、オーレン・クールズ。
製作総指揮は、ダン・ヘフナー。
原案は、トーマス・フェントン、パトリック・メルトン、マーカス・ダンスタン。
脚本は、パトリック・メルトン、マーカス・ダンスタン。





“ サイコスリラー映画のヒット・シリーズ、第4作 ”







‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

ソウ4 (2007)

監督 ダーレン・リン・バウズマン
製作 マーク・バーグ、オーレン・クールズ
製作総指揮
   ダン・ヘフナー
原案 トーマス・フェントン、パトリック・メルトン、マーカス・ダンスタン
脚本 パトリック・メルトン、マーカス・ダンスタン
撮影 デヴィッド・アームストロング
衣装 アレックス・カヴァナー
編集 ブレット・サリヴァン、ダイアン・ブランジェス

出演 トビン・ベル
   スコット・パターソン
   ベッツィ・ラッセル
   コスタス・マンディロア
   リリク・ベント
   アシーナ・カーカニス
   ジャスティン・ルイス
   サイモン・レイノルズ
   マイク・リアルバ
   マーティ・アダムズ

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

物語

連続殺人鬼・ジグソウの遺体を解剖していた検視官が、ジグソウの胃の中から
一本のカセットテープを発見する。慌てた検視官は、すぐさま事件を担当している
ホフマン刑事に連絡。再生されたテープには、
「自分の死で、すべてが終わったと思わないことだ」というメッセージが録音されていた。

一方、Drゴードンの事件でジグソウと関わってしまい、その後仲間を次々と失った
SWATの隊長・リグスは、自宅にいるところを何者かに昏倒させられ、
気がつくとジグソウの新たなる被験者として異常なゲームに巻き込まれていた。

部屋のテレビモニタに映像が映る。画面の中の奇妙な人形が、リグスにゲームの開始を告げる。
映像が切り替わると、失踪していたエリック刑事がなにかに吊るされ、
先ほどまで一緒にいたホフマンがなにかに座らされているのが見える。
壁のデジタル時計が90分をカウント・ダウンし始める。リグスがリビングに進むと、
フードをかぶせられた人が椅子に縛りつけられている。その後ろの壁には、
少女売春を斡旋しているブレンダ、3度無罪になった連続レイプ犯アイヴァン、
娘を虐待しているレックスとその妻モーガン、そしてジルの写真。
リグスが椅子に座っている人物のフードを取ると、それは、奇怪な装置をセットされた
ブレンダだった。今回、ジグソウに裁かれるのは売春斡旋業者や強姦魔などの悪党。
しかも、どこかで必ず刑事時代のリグスと関わっていたのだった。

ゲームが進行する中、FBIのストラム捜査官は、事件解決の糸口としてジグソウの元妻・
ジルの尋問を開始する。そして、その証言から、ジグソウの意外な過去が明らかになってくる。
いったい誰がゲームを支配しているのだろうか──。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

監督:ダーレン・リン・バウズマン
出演者:トビン・ベル、 コスタス・マンディラー、 スコット・パターソン、 ベッツィ・ラッセル
収録時間:95分
レンタル開始日:2008-03-19

Story
人気ソリッドシチュエーションスリラー第4弾。ゲームの仕掛け手であるジグソウと弟子・アマンダが死んだ。ジグソウの遺体の胃袋から発見されたテープには、新たなゲームの始まりが予言されていた。第2、第3作に続きダーレン・リン・バウズマンが監督。 (詳細はこちら


stainbeck at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月21日

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

2007年のアメリカ、ハリウッド映画です。
監督は、「卒業」のマイク・ニコルズ
脚本は、「ソーシャル・ネットワーク」のアーロン・ソーキン。
撮影は、スティーヴン・ゴールドブラット。
音楽は、「プリティ・ウーマン」「オーシャン・オブ・ファイヤー」のジェームズ・ニュートン・ハワード。
主演は、ハリウッドのトップスター、トム・ハンクス。
共演は、ハリウッド・癸噂優、ジュリア・ロバーツ、アカデミー賞俳優、フィリップ・シーモア・ホフマン、
エイミー・アダムス、エミリー・ブラント。





1960年代の代表的作品「卒業」のマイク・ニコルズ、
「ソーシャル・ネットワーク」の脚本でアカデミー賞受賞、アーロン・ソーキン、
「プリティ・ウーマン」の音楽を担当したジェームズ・ニュートン・ハワード、
ハリウッドのトップスター、トム・ハンクス、ハリウッド・癸噂優、ジュリア・ロバーツ、
アカデミー賞俳優、フィリップ・シーモア・ホフマン、ヒット作「魔法にかけられて」に
出演後のエイミー・アダムス、名作「プラダを着た悪魔」に出演後のエミリー・ブラント。
スタッフ、キャスト共にアメリカ、ハリウッドの総力を挙げて完成されたプロパガンダ映画、
“ チャーリー・ウィルソンズ・ウォー ”

   9.11以前、ビン・ラディンも在籍したアフガン・ゲリラ、ムジャーヒディーンに
   武器を供給していたのは、なにをかくそうアメリカ自身だった──。
   
   そして、その事実に対し、“ 重油にまみれた海鳥 ”の如く、
   その中和に作られたような映画が「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」。

が、映画自体が退屈でどうしようもなく、結果として「カサブランカ」や
「トップガン」のように、映画としてもプロパガンダとしても成功しなかった作品です。







‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (2007)

監督 マイク・ニコルズ
製作 トム・ハンクス、ゲイリー・ゴーツマン
製作総指揮
   セリア・コスタス、ジェフ・スコール、ライアン・カヴァナー
原作 ジョージ・クライル
脚本 アーロン・ソーキン
撮影 スティーヴン・ゴールドブラット
衣装 アルバート・ウォルスキー
編集 ジョン・ブルーム、アントニア・ヴァン・ドリムレン
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード

出演 トム・ハンクス
   ジュリア・ロバーツ
   フィリップ・シーモア・ホフマン
   エイミー・アダムス
   ネッド・ビーティ
   オム・プリ
   エミリー・ブラント
   ケン・ストット
   ジョン・スラッテリー
   デニス・オヘア
   ジャド・タイラー
   ピーター・ゲレッティ
   ブライアン・マーキンソン
   クリストファー・デナム
   トレイシー・フィリップス
   ウィン・エヴァレット
   メアリー・ボナー・ベイカー
   レイチェル・ニコルズ
   シリ・アップルビー
   リズワン・マンジ
   ダニエル・エリック・ゴールド
   ヒラリー・アンジェロ

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

物語

アメリカとソ連の冷戦状態が続き、ソ連は隣国であるアフガニスタンへ侵攻した
翌年の1980年。チャーリー・ウィルソン(トム・ハンクス)は、酒と女とドラッグに
溺れるテキサス州選出の下院議員に過ぎなかった。その日も、「チャーリーズ・エンジェル」と
呼ばれるストリッパーたちと、ジョグジーでのお楽しみを満喫していた。が、そんな彼ですら、
アフガニスタンの悲惨な姿をニュース映像を目にして義憤にかられ、立ちあがることを決意する。

アフガニスタン支援に充てている国防委員会の義援金がわずか500万ドルと知った
チャーリーは、それを倍額にするよう指示する。そんなチャーリーに、
反共産主義でテキサスの富豪であるジョアン(ジュリア・ロバーツ)が目をつける。
彼女は、アフガニスタン救済するためソ連を撤退させるようチャーリーをそそのかす。

ジョアンの指示で、パキスタンの大統領と面会したチャーリーは、ソ連と対抗するためには
アメリカ政府からの支援が不可欠なことをあらためて認識した。CIAのはみだし局員である
ガスト(フィリップ・シーモア・ホフマン)と接触したチャーリーは、アフガニスタンへの
武器弾薬を調達、ソ連を撃退するための計画を実行していった。パキスタン、イスラエル、
エジプトといった近隣諸国も巻き込んでのチャーリーの破天荒な闘いは成功し、
ソ連はアフガニスタンから撤退する。やがて、国際社会からも孤立したソ連は、
共和国としての崩壊へと至り、構成国は独立した。チャーリーは、その戦闘に勝利した。

──しかし、ソ連の撤退によってアメリカからの支援が止まったアフガニスタンで
  タリバンの勢力が拡大して、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件が発生。
  テロの首謀者を駆逐するため今度はアメリカがアフガニスタンを侵略することになるとは、
  その時の彼は夢にも思っていなかったに違いない。わけがない。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

監督:マイク・ニコルズ
出演者:トム・ハンクス、 ジュリア・ロバーツ、 フィリップ・シーモア・ホフマン、 エイミー・アダムス、 ウィン・エベレット
収録時間:102分
レンタル開始日:2008-10-24

Story
『ダ・ヴィンチ・コード』のトム・ハンクス製作・主演、実話に基づき描いた社会派ドラマ。ソ連に攻め入られ悲惨な戦場と化したアフガニスタンの映像を目にしたチャーリー・ウィルソン議員は、たったひとりで小国を守るための一大プランを計画する。 (詳細はこちら


stainbeck at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月20日

X-MEN:ファイナル ディシジョン

2006年のアメリカ、ハリウッド映画です。
監督は、ブレット・ラトナー。
脚本は、ザック・ペン、サイモン・キンバーグ。
撮影は、フィリップ・ルースロ、ダンテ・スピノッティ。
衣装は、ジュディアナ・マコフスキー。
編集は、マーク・ゴールドブラット、マーク・ヘルフリッチ、ジュリア・ウォン。
音楽は、ジョン・パウエル。
出演は、ヒュー・ジャックマン、ハル・ベリー、パトリック・スチュワート、
ジェームズ・マースデン、ファムケ・ヤンセン、イアン・マッケラン、アンナ・パキン。





“ マーベル・コミックの『X-メン』の実写映画化作品、21世紀のヒット映画シリーズ完結編 ”







‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

X-MEN:ファイナル ディシジョン (2006)

監督 ブレット・ラトナー
製作 アヴィ・アラッド、ローレン・シュラー・ドナー、ラルフ・ウィンター
製作総指揮
   スタン・リー、ジョン・パレルモ
脚本 ザック・ペン、サイモン・キンバーグ
撮影 フィリップ・ルースロ、ダンテ・スピノッティ
衣装 ジュディアナ・マコフスキー
編集 マーク・ゴールドブラット、マーク・ヘルフリッチ、ジュリア・ウォン
音楽 ジョン・パウエル

出演 ヒュー・ジャックマン
   ハル・ベリー
   パトリック・スチュワート
   ジェームズ・マースデン
   ベン・フォスター
   ファムケ・ヤンセン
   イアン・マッケラン
   レベッカ・ローミン
   アンナ・パキン
   ショーン・アシュモア
   アーロン・スタンフォード
   ダニエル・クドモア
   ケルシー・グラマー
   ヴィニー・ジョーンズ
   マイケル・マーフィ
   ダニア・ラミレス
   エリック・デイン
   キャメロン・ブライト
   エレン・ペイジ
   ショーレ・アグダシュルー
   ケン・レオン
   オマイラ アークライト
   ジョセフ・ソマー
   ビル・デューク
   エイドリアン・ハフ
   アンソニー・ヒールド
   オリヴィア・ウィリアムズ
   コナー・ウィドウズ

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

物語

念動力によってX-MENのメンバーを救い、洪水に飲み込まれていったジーン・グレイ
(ファムケ・ヤンセン)の死からしばらく後のこと。幾人かのミュータントが、
人類からの差別と迫害、ミュータント同士の愛憎関係のもつれなどが原因で、
チャールズ・エグゼビア(パトリック・スチュワート)が主催するエグゼビア・スクール
から去っていった。パイロを中心とした去って行った者たちは、人類のミュータント差別
に対して武力で対抗し、人類打倒を目指すミュータントのテロリスト組織
『ブラザーフッド』に加わっていた。リーダーは、旧友のプロフェッサーXと
袂を分かったマグニートーこと、エリック・レーンシャー(イアン・マッケラン)。

一方で、組織が弱体化したX-MENはウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)を筆頭に、
ストーム(ハル・ベリー)、スクールの生徒からX-MENに昇格したローグ(アンナ・パキン)
らがメンバーになっていた。強力な戦力だったサイクロップス(ジェームズ・マーズデン)は、
恋人だったジーン・グレイを失ったショックから闘いに参加できないほどの心の傷を抱えていた。

かくしてX-MENと『ブラザーフッド』は人類を巻き込んで、三つ巴の大戦争状態へと突入する。
その頃、大企業ワージントン社の社長は、ミュータントの息子ウォーレンを救いたい一心で、
ミュータントを人間に変える新薬、キュアを開発する。キュアを使えばミュータントは
超能力を失うが、普通の人間になれるという。ミュータントたちは、
「人間になるか、ミュータントのままでいるか」という葛藤の中、究極の選択を突きつけられる。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

監督:ブレット・ラトナー
出演者:ヒュー・ジャックマン、 ハル・ベリー、 イアン・マッケラン、 ファムケ・ヤンセン
収録時間:104分
レンタル開始日:2007-01-05

Story
ミュータントたちの戦いを描いたSFアクションの最終章。天才科学者がミュータントを人間にする新薬“キュア”を開発。X-MENは、キュアを根絶しようとするブラザーフッドと人類との全面戦争を回避しようと奔走する。 (詳細はこちら


stainbeck at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月19日

GOAL!2

2007年のイギリス映画です。
監督は、ジャウマ・コレット=セラ。
製作は、マット・バーレル、マーク・ハッファム、マイク・ジェフリーズ。
原案は、マイク・ジェフリーズ。
脚本は、エイドリアン・ブッチャート、マイク・ジェフリーズ、テリー・ローン。
撮影は、フラビオ・マルティネス・ラビアーノ。
音楽は、スティーヴン・ウォーベック。
主演は、クノ・ベッカー。





“ 国際サッカー連盟(FIFA)公認による三部作映画の第二作 ”







‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

GOAL!2 (2007)

監督 ジャウマ・コレット=セラ
製作 マット・バーレル、マーク・ハッファム、マイク・ジェフリーズ
製作総指揮
   スチュアート・フォード
原案 マイク・ジェフリーズ
脚本 エイドリアン・ブッチャート、マイク・ジェフリーズ、テリー・ローン
撮影 フラビオ・マルティネス・ラビアーノ
音楽 スティーヴン・ウォーベック

出演 クノ・ベッカー
   アレッサンドロ・ニヴォラ
   スティーヴン・ディレイン
   アンナ・フリエル
   レオノア・バレラ
   ルトガー・ハウアー
   エリザベス・ペーニャ
   ニック・キャノン
   カルメロ・ゴメス
   フランシス・バーバー
   ミリアム・コロン
   キーラン・オブライエン
   ショーン・パートウィー
   デヴィッド・ベッカム
   ロナウド
   ジネディーヌ・ジダン
   ラウール・ゴンサレス
   イケル・カシージャス
   イバン・エルゲラ
   ミチェル・サルガド

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

物語

プレミアリーグ最終節のリヴァプール戦で劇的なFKを決め、
UEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献したサンティアゴ。
オフには婚約者のロズとの結婚も順調に進んでいた。
そこへサンティアゴを見出した代理人のグレンが現れ、スペインの名門
レアル・マドリードがサンティアゴの獲得に乗り出した事を伝えた。
サンティアゴは、このオファーを受け移籍を決断。
開幕早々からトップ・チームの座を掴むと一躍スター選手となった。

そんな中、弟だと名乗る少年エンリケがサンティアゴの前に現れた。メキシコでの
少年時代に家を出ていった母親ロサが、スペインで家庭を持っていたのだった。

不注意でケガをしたサンティアゴは休暇中もイギリスに帰れず、すれ違い続きの
ロズとは溝が広がるばかり。サンティアゴは大人として自力での解決を心に決め、
ロズや母親との関係を修復して、シーズン最後の試合に臨むのだった。

そしてヨーロッパ・チャンピオンズ・リーグ最終戦、レアル・マドリードは、
ティエリ・アンリ率いるアーセナルと対決する。2点差につけられた試合展開の後半、
ニュー・カッスル時代の同僚、ガバン・ハリスと共に出場するサンティアゴ。
レアル・マドリードは、同点とし、ハリスが相手の反則を誘い込む。
そして、試合終了直前の最後のチャンス。これをデヴィッド・ベッカムが、
華麗なフリーキックを決め、レアル・マドリードは勝利するのだった。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

監督:ジャウム・コレット=セラ
出演者:クノ・ベッカー、 スティーヴン・ディレン、 アンナ・フリエル、 デヴィッド・ベッカム
収録時間:114分
レンタル開始日:2007-10-26

Story
FIFA公認によるサッカー映画全3部作の第2弾。ニューキャッスルで活躍中のサンティアゴに、レアル・マドリードから移籍の話が舞い込む。意を決してスペインへと渡った彼に、“UEFAチャンピオンズ・リーグ”という新たな試練が待ち受けていた。 (詳細はこちら


stainbeck at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月18日

レジェンド・オブ・メキシコ デスペラード

2003年のアメリカ、メキシコの映画です。
監督、製作、脚本、撮影、編集、音楽は、ロバート・ロドリゲス。
主演は、アントニオ・バンデラス。
共演は、サルマ・ハエック、ジョニー・デップ、ミッキー・ローク、ウィレム・デフォー。





“ 監督、製作、脚本、撮影、編集、音楽、ロバート・ロドリゲス、主演、アントニオ・バンデラス作品 ”







‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

レジェンド・オブ・メキシコ デスペラード (2003)

監督 ロバート・ロドリゲス
製作 ロバート・ロドリゲス、エリザベス・アヴェラン、カルロス・ガラルドー
脚本 ロバート・ロドリゲス
撮影 ロバート・ロドリゲス
編集 ロバート・ロドリゲス
音楽 ロバート・ロドリゲス

出演 アントニオ・バンデラス
   サルマ・ハエック
   ジョニー・デップ
   ミッキー・ローク
   エヴァ・メンデス
   ダニー・トレホ
   エンリケ・イグレシアス
   マルコ・レオナルディ
   チーチ・マリン
   ルーベン・ブラデス
   ウィレム・デフォー
   ティト・ラリヴァ

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

物語

「いつもギターを抱えていた、だからマリアッチ」
「ギターを?」
「奴は伝説のガンマン、生きていたら奴を雇え」

クーデターに揺れるメキシコ。情勢を鎮圧するためにやってきたCIA捜査官のサンズ
(ジョニー・デップ)は、この任務を利用し、私腹を肥やそうと企んでいた。
腕利きの殺し屋を捜していた彼は、情報屋ベリーニ(チーチ・マリン)の紹介で、
伝説の男、エル・マリアッチ(アントニオ・バンデラス)に会う。
サンズは、クーデターを裏で操っている麻薬王バリーリョ(ウィレム・デフォー)とマルケス将軍
の間に動いている巨額の金を手に入れる目的で、マリアッチにマルケス将軍の暗殺を依頼。

かつて、恋人だったカロリーナ(サルマ・ハエック)を将軍に殺されたマリアッチは、
復讐のためにその仕事を引き受ける。さらにサンズは、バリーリョの動きを探るため、
元FBI捜査官のラミレス(ルーベン・ブラデス)に調査を依頼。ラミレスはバリーリョ
の側近ビリー(ミッキー・ローク)に近づく。実はバリーリョに嫌気が差していたビリーは、
ラミレスへの協力を約束する。そしてクーデター勃発目前の時。サンズはバリーリョら
に捕えられ、目をくりぬかれてしまう。一方、マリアッチは祖国と復讐のために立ち上がり、
将軍に狙われていた大統領を保護して、バリーリョたちを倒すのだった。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

監督:ロバート・ロドリゲス
出演者:アントニオ・バンデラス、 ジョニー・デップ、 サルマ・ハエック、 ウィレム・デフォー、 ミッキー・ローク、 エヴァ・メンデス
収録時間:102分
レンタル開始日:2004-07-28

Story
ロバート・ロドリゲス監督による『デスペラード』の続編。愛する女性を失い、失意の中に身を置いていたマリアッチは、街の片隅でひっそりと暮らしていた。そんな彼の下に、CIAの悪徳捜査官・サンズから、メキシコ大統領暗殺阻止の依頼が舞い込む。 (詳細はこちら


stainbeck at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月17日

D-TOX

2002年のアメリカ、ハリウッド映画です。
監督は、ジム・ギレスピー。
製作は、ブライアン・グレイザー、ロン・ハワード、カレン・ケーラ、リック・キドニー、ケヴィン・キング。
原作は、ハワード・スウィンドル。
脚本は、ロン・L・ブリンカーホフ。
撮影は、「マッドマックス2」「カクテル」「ダンス・ウィズ・ウルブズ 」のディーン・セムラー。
音楽は、ジョン・パウエル。
主演は、シルヴェスター・スタローン。
共演は、チャールズ・ダットン、トム・ベレンジャー、ショーン・パトリック・フラナリー、
クリス・クリストファーソン、ディナ・メイヤー、ロバート・パトリック。





“ ハリウッドの伝説、シルヴェスター・スタローン主演映画 ”







‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

D-TOX (2002)

監督 ジム・ギレスピー
製作 ブライアン・グレイザー、ロン・ハワード、カレン・ケーラ、リック・キドニー、
   ケヴィン・キング
製作総指揮
   モーリーン・ペイロット
原作 ハワード・スウィンドル
脚本 ロン・L・ブリンカーホフ
撮影 ディーン・セムラー
音楽 ジョン・パウエル

出演 シルヴェスター・スタローン
   チャールズ・ダットン
   ポリー・ウォーカー
   トム・ベレンジャー
   ショーン・パトリック・フラナリー
   クリストファー・フルフォード
   クリス・クリストファーソン
   ディナ・メイヤー
   ロバート・パトリック
   スティーヴン・ラング
   ロバート・プロスキー
   コートニー・B・ヴァンス
   ジェフリー・ライト
   フランク・ペレグリノ

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

物語

警官ばかりを標的にする連続猟奇殺人が発生。事件を担当するFBI捜査官、
ジェイク・マロイ(シルベルター・スタローン)は、手かがりをまったく掴めず、
同僚、そして恋人をも犯人に殺される。愛する者を失った痛手から酒に溺れ、
廃人一歩手前となったジェイクは、警察官専用の療養施設“ D-TOX ”に収容される。
そこには、優秀であるがゆえに精神のバランスを失った警察官9名が患者として収容されていた。

吹雪の夜、そのうちのひとりが自殺する。そしてひとり、またひとりと不審死が続き、
ジェイクはあの事件の犯人がD-TOX内に潜入していると直感する。そして、犯人が自分の
命を狙っていることも。だれが犯人なのかも分からないまま疑惑は膨らみ、
D-TOX内に疑心暗鬼の空気が流れる中、女医ジェニーの助けを借り一歩一歩核心に近づくジェイク。

そして犯人は、ロンドン市警から来たスレイター(クリストファー・フルフォード)だった。
犯人は、本物のスレイターを殺害し、彼に成り代わって“ D-TOX ”に収容されていたのだった。
襲い来る犯人と死闘を繰り広げ、遂に倒し、ジェイクは恋人の仇を討つのだった。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

監督:ジム・ギレスピー
出演者:シルベスター・スタローン、 チャールズ・S・ダットン、 トム・ベレンジャー、 クリス・クリストファーソン
収録時間:96分
レンタル開始日:2002-08-09

Story
最愛の恋人を惨殺され心を病んだFBI捜査官が、入院した施設で患者を狙った連続殺人事件に遭遇。院内という閉塞空間の心理的恐怖を描くアクションスリラー。『ドリヴン』のシルベスター・スタローン主演、監督は『ラストサマー』のジム・ギレスピー。 (詳細はこちら


stainbeck at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月16日

007 ダイ・アナザー・デイ

2002年のイギリス、アメリカの映画です。
監督は、リー・タマホリ。
原作は、イアン・フレミング。
脚本は、ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド。
撮影は、デヴィッド・タッターサル。
音楽は、デヴィッド・アーノルド、モンティ・ノーマン、マドンナ。
主演は、ピアース・ブロスナン。





ジェームズ・ボンド(ピアース・ブロスナン)は北朝鮮側の非武装地帯にある基地で、
アフリカから不正輸出されたダイヤモンドと引き換えに武器の密輸を行っていた
ムーン大佐(ウィル・ユン・リー)抹殺の任務を遂行した直後、
彼の父であるムーン将軍に捕らわれ、長きに渡る監禁・拷問を受ける。

14カ月後、中華人民共和国の諜報員3名を殺害したのち、逮捕されたムーン大佐の側近の
ザオとの捕虜交換が行われ、ようやくMのもとに戻れたボンドは思いがけない処遇を受ける。
それは(ダブルオー)ナンバーの剥奪だった。1週間前に北朝鮮内部に潜り込んでいた
アメリカの工作員が処刑され、ボンドがいた収容所から情報が発信されたことから、
北朝鮮での拷問でボンドが機密事項を洩らしたのが原因だと疑うアメリカはこれ以上の
情報漏れを恐れ、ザオとの交換でボンドを連れ戻したのだという。ボンドを疑うMは、
ボンドの00ナンバー剥奪という決断に至ったのだった。

結果に納得のいかないボンドは、自らのプライドと00ナンバーを取り戻すべく単身で
Mたちのもとから脱出。香港を拠点に活動する中国の諜報員ミスター・チャンの協力のもと、
ザオがキューバに潜伏中との情報をつかみ、キューバに飛ぶ──。







‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

007 ダイ・アナザー・デイ (2002)

監督 リー・タマホリ
製作 バーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン
原作 イアン・フレミング
脚本 ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド
撮影 デヴィッド・タッターサル
音楽 デヴィッド・アーノルド、モンティ・ノーマン、マドンナ

出演 ピアース・ブロスナン
   ハリー・ベリー
   トビー・スティーヴンス
   ロザムンド・パイク
   リック・ユーン
   ジュディ・デンチ
   ジョン・クリーズ
   マイケル・マドセン
   ウィル・ユン・リー
   ケネス・ツァン
   エミリオ・エチェバリア
   コリン・サーモン
   サマンサ・ボンド
   ミハイル・ゴアヴォイ
   イアン・ピリー
   マドンナ

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

物語

ジェームズ・ボンド(ピアース・ブロスナン)は北朝鮮側の非武装地帯にある基地で、
アフリカから不正輸出されたダイヤモンドと引き換えに武器の密輸を行っていた
ムーン大佐(ウィル・ユン・リー)抹殺の任務を遂行した直後、
彼の父であるムーン将軍に捕らわれ、長きに渡る監禁・拷問を受ける。

14カ月後、中華人民共和国の諜報員3名を殺害したのち、逮捕されたムーン大佐の側近の
ザオとの捕虜交換が行われ、ようやくMのもとに戻れたボンドは思いがけない処遇を受ける。
それは(ダブルオー)ナンバーの剥奪だった。1週間前に北朝鮮内部に潜り込んでいた
アメリカの工作員が処刑され、ボンドがいた収容所から情報が発信されたことから、
北朝鮮での拷問でボンドが機密事項を洩らしたのが原因だと疑うアメリカはこれ以上の
情報漏れを恐れ、ザオとの交換でボンドを連れ戻したのだという。ボンドを疑うMは、
ボンドの00ナンバー剥奪という決断に至ったのだった。

結果に納得のいかないボンドは、自らのプライドと00ナンバーを取り戻すべく単身で
Mたちのもとから脱出。香港を拠点に活動する中国の諜報員ミスター・チャンの協力のもと、
ザオがキューバに潜伏中との情報をつかみ、キューバに飛ぶ。
そこでアメリカ国家安全保障局(NSA)の諜報員ジンクスと遭遇する。

地元の情報屋ラウルの情報で、ザオがロス・オルガノス島の人種を変えるDNA変換療法を
行っている病院にいることを知り、再び遭遇したジンクスと共に追い詰めるがザオは
ダイヤモンドを残し逃亡する。ボンドは、ザオの残したダイヤモンドを調べると
ダイヤモンド王のグスタフ・グレーブスのものだと判明する。

グスタフ・グレーブスが黒幕だと感じたボンドは、イギリス、アイスランドと
グレーブスを追っていくうちに、グレーブスの隠された驚くべき正体と
グレーブスの計画する恐るべき征服計画を知ることとなる──。

「どうです、お父さん!、日本は慌てふためくだけだ!」
「やめろ!、アメリカが核で応戦する!」
「自分の息子を殺す気ですか!?」
「息子は遠い昔に死んだ!」

衛星イカロスによるレーザー照射が、朝鮮半島38度線から日本へと迫る。
既になにも行わないことを決めたアメリカをよそに、ジェームズ・ボンドはこの危機に立ち向かう──。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

監督:リー・タマホリ
出演者:ピアース・ブロスナン、 ハル・ベリー、 トビー・スティーヴンス、 ロザムンド・パイク
収録時間:133分
レンタル開始日:2003-08-01

Story
ピアース・ブロスナン主演の「007」シリーズ第20作。破壊兵器として人工衛星を操る黒幕を相手に、ジェームズ・ボンドが壮絶なバトルを展開する。氷河の大波に乗るサーフィン、氷原の高速カーチェイスなど、エキサイティングなアクションシーンが見所。 (詳細はこちら


stainbeck at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)