2010年06月08日

イングリッシュ・ペイシェント

1996年のアカデミー賞、作品賞、監督賞を含む8部門受賞の作品です。
監督、脚本は、アンソニー・ミンゲラ。
主演は、レイフ・ファインズ、ジュリエット・ビノシュ。
共演は、クリスティン・スコット・トーマス、ウィレム・デフォー、コリン・ファース。





「イングリッシュ・ペイシェント」は、アカデミー賞作品賞受賞作品です。
しかし、わたしはこの映画苦手です。とにかく退屈です。
たまたまテレビで放送していた時など観たりもしますが、いつもおもしろく感じません。
わたし自身に問題があるのかな?、など思ったりもします。
   
しかし、ある映画評ですべて理解できました。


「イングリッシュ・ペイシェント」は文芸大作。そして壮大なメロドラマ。
現在と過去が折り重なりながら物語は進んで行く。第69回アカデミー賞で作品賞、
監督賞、助演女優賞(ジュリエット・ビノシュ)など9部門を受賞したのは、
アカデミー賞が“アカデミー”賞であろうとする意志の表れだろう。

現在の様子として描かれるエピソードには、それほど意味を持たせていない。
基本的には過去の回想に挟み込むための道具として使われる。
そういった扱いにすることで、アルマシーが回想する過去のシーンの大切さを、
観客に強く意識させようとしているのだろう。

ハナは死んだ恋人のことで悲しんだり新しい恋愛に心を躍らせたりするが、
それほど深い人物描写はされていないし、アルマシーとの関係も薄い。
そういった設定にすることで、観客の彼女への感情移入を防ぎ、
アルマシーの物語に集中させようとしているのだろう。

アルマシーとキャサリンの恋愛劇は、かなり長い時間を掛けて描かれる。
全体の上映時間も長い。
あえて編集で短くせずに無駄に思えるシーンも使うことで、観客に退屈や眠気を与え、
不倫というものが愚かなのだということを示そうとしているのだろう──。




ということらしいです。







‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

イングリッシュ・ペイシェント (1996)

監督 アンソニー・ミンゲラ
製作 ソウル・ゼインツ
原作 マイケル・オンダーチェ
脚本 アンソニー・ミンゲラ
撮影 ジョン・シール
衣裳 アン・ロス
編集 ウォルター・マーチ
音楽 ガブリエル・ヤーレ

出演 レイフ・ファインズ
    ジュリエット・ビノシュ
    クリスティン・スコット・トーマス
    ウィレム・デフォー
    コリン・ファース
    ナヴィーン・アンドリュース
    ユルゲン・プロフノウ
    ケヴィン・ウェイトリー
    ニーノ・カステルヌオーヴォ
    ジュリアン・ワダム

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

物語

1954年、イタリア。
砂漠の飛行機事故で全身に火傷を負い、記憶の大半を失って生死をさまよう男が
野戦病院に運び込まれた。戦争で恋人も親友も亡くして絶望にかられていた
看護婦のハナ(ジュリエット・ビノシュ)は移動する部隊を離れて、
爆撃で廃墟と化した修道院に患者を運び込み、献身的な看護を続ける。
男は断片的に甦る思い出をハナに聞かせる。彼の名はアルマシー(レイフ・ファインズ)。

ハンガリーの伯爵の家柄に生まれた冒険家の彼は、英国地理学協会に加わり、
アフリカはサハラ砂漠で地図作りに没頭していた。38年、協会のスポンサーとして夫ジェフリー(コリン・ファース)と共に参加していたキャサリン(クリスティン・スコット・トーマス)は、
夫が英国情報部のカイロに戻った後も砂漠に残った。アルマシーはたちまち彼女に心奪われる。
猛烈な砂嵐に見舞われた一夜、2人きりで過ごしたジープの中で互いの心を知った彼らは、
カイロに戻ってアルマシーの宿舎で結ばれた。人目を忍び密会を重ねる日々に、
キャサリンは愛し愛される喜びと、夫に対する罪悪感の狭間で揺れる。
おりしも戦争の機運が高まり、彼女はアルマシーと別れて帰国しようとするが、
彼には彼女のいない人生は考えられなかった。2人の関係はやがてジェフリーに知れ、
彼は嫉妬に狂った復讐の決意を胸に、小型機の助手席にキャサリンを乗せ、ジルフ・ケビールの
“ 泳ぐ人の洞窟 ”近くでキャンプの引き上げ作業にあたるアルマシーの元へ向かった──。

ハナと患者の前にカナダ人のカラヴァッジョ(ウィレム・デフォー)が現れ、納屋に居候する。
戦前のカイロで英国情報部に出入りしていた彼は、スパイ容疑でドイツ軍将校に親指を切り取られ、
その原因がアルマシーと思い込み、報復を果たそうと行方を探していたのだった。
さらに、爆弾処理専門のインド人兵士キップが修道院の中庭にテントを張って住み始め、
ハナとキップの間に愛が芽生える。

やがて迎えた終戦の日。人々が祝うさなか、キップの部下が事故で爆死し、
ハナは悲しみを分かち合おうとする。一方、カラヴァッジョが敵意を剥き出しにして言った。
「アルマシーがスパイだと知って、おまえの親友マドックスは拳銃自殺したんだぞ」
という言葉に、アルマシーの記憶が一気に甦った──。

あの日、キャサリンとアルマシーもろとも自殺をもくろんだだジェフリーは、
地上のアルマシーに向かって飛行機を突進させるが失敗。ジェフリーは絶命し、
アルマシーは瀕死の重傷を負ったキャサリンを洞窟に運ぶと「必ず戻ってくる」と約束し、
三日三晩、砂漠を歩き続ける。だが、ようやくたどり着いた町で彼はスパイと疑われ、
護送列車から脱走したアルマシーは愛する人の命を救いたい一心で地図をドイツ軍に売り渡し、
飛行機でキャサリンの元へ急いだ。だが、時すでに遅く、彼女は息絶えていた。
アルマシーは彼女の亡骸を乗せ、飛行機で彼女の故国イギリスを目指して砂漠を飛び立つ。
やがて、彼の機は撃墜され、彼は英国人の患者として収容されたのだった──。

話を聞き終えたカラヴァッジョの胸からは、報復の決意は消えていた。
やがて、アルマシーの最後を看取ったハナの心にも、死を乗り越えて存在する
愛の奇跡が深く刻み込まれた。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

監督:アンソニー・ミンゲラ
出演者:レイフ・ファインズ、 ジュリエット・ビノシュ、 ウィレム・デフォー、 クリスティン・スコット・トーマス、 コリン・ファース、 ナヴィーン・アンドリュース 、 ジュリアン・ワドハム、 ユルゲン・プロホノフ、 ケヴィン・ホエイトリー
収録時間:168分
レンタル開始日:2002-03-22

Story
第二次世界大戦のさなか、撃墜された複葉機から大火傷を負って記憶を失った男が救出された。廃墟と化した修道院で従軍看護婦の手当てを受けた彼は、徐々に悲しい記憶を取り戻していく。第69回アカデミー賞で作品賞ほか9部門を制覇したロマンス大作。 (詳細はこちら


stainbeck at 10:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字