2019年07月17日

スマートシティー、移動は自動運転大型ドローンで

スマートシティー、人口が集中する都市を、快適生活空間にデザインする



7d82b583



都市が快適生活空間であるためには、居住空間だけでなく、交通、物流、さらには余暇を過ごす空間も快適であることが求められます。


時間とは何だろう?絶対的時間と圧縮される時間、空間

bcfb44e7



絶対時間の進捗は太古の昔から変化はありません。

「機械、エネルギーを使って、時間を速める。20世紀は時空短縮の世紀。技術はより速くを目指す。ビジネス、時は金なり。」

産業革命による交通革命、インターネットによる通信革命などにより、時間のスピードは劇的に速くなっている。人間の身体のリズムと社会のリズムを調和させるのは大変です。

時空の短縮、圧縮が最も顕著なのが、通信でしょうか。

10a4d523-s


古代アテネでは、戦争に勝ったことを人が街まで走って帰って伝えました。これがマラソンの起源です。

19世紀中頃に電信が実用化し、瞬時に情報を遠方に送信できるようになりましたが、発信、受信できるのは、設備があるところ、送受信できる情報量も限られました。

17ec4fc9


1905年の日露戦争の時、日本近海を航行するバルチック艦隊を目撃した宮古島の久松五勇士は、通信設備がある石垣島まで15時間、170キロの距離を必死に漕ぎ、さらに30キロの山道を歩き、15時間かけて、八重山郵便局から那覇の郵便局本局、沖縄県庁を経由して東京の大本営へ伝えられました。

1970年代前半までは、家庭の電話がまだ普及しておらず、郵便局から電信を発信してもらい、最寄りの郵便局から配達してもらう、電報が一般に使われていました。

携帯電話普及初期には通話可能域は限られ、通信できる内容も通話、メールくらいでしたが、衛星、光回線など、通信インフラが飛躍的に向上し、今ではスマートフォーンにより、個人が世界中どこにいても、どこへでも通話だけでなく、映像、動画の送受信が可能です

f6c2dbe4


交通でも、東京〜福岡間は、江戸時代は徒歩で数か月、昭和30年代には特急で18時間半、飛行機ができると2時間になりました。

昭和30年代には最低でも1週間の出張だったのが、日帰り圏になっています。


と書きました。

8401d18a


通信に関しては、電話、メールだけでなく、動画、写真、音楽も世界中どことでも、スマフォを使い、いる場所で、瞬間的に送受信できるようになりました。

一方で、交通については、便利にはなっているものの、航空機、電車などは、20年前から、それほどの進歩は感じられません。

b3b1efae


通勤通学時の満員電車、狭い空間に長時間拘束される、エコノミークラス

など、多くの場合、移動は苦痛を伴い、その苦痛を伴う移動を減らすべく、ネットを活用した、リモートワークなどが進められています。

cdbc5828


また、買い物でも、行かなくても、重い荷物を運ばなくても済む、ネット通販が進んでいます。

ただ、移動は苦痛であっても、移動した先での、デート、旅行、友達との会話、会食などは楽しいもので、苦痛であっても、移動は避けられません。

0259b3b4


ドラえもんの「どこでもドア」があり、ドアを開けると、行きたい場所へ着ければいいのですが、当分難しそうです。

せめて、移動に伴う「苦痛」をなくして、移動の間にやりたい作業ができる、楽しい時間が過ごせる、とよさそうです。

thumb_400_10_px400


近未来では自動車の自動運転、その先の未来では、大型ドローンの自動運転、により、

せめて、移動に伴う「苦痛」をなくして、移動の間にやりたい作業ができる、と、大きく生活が変わりそうです。











stake2id at 18:47|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年07月13日

有酸素運動だけでなく筋肉トレーニングも

東大身体運動科学シンポジウム「新時代における骨格筋とトレーニングの科学」
という案内が来ました。

11


「理屈じゃなくて身体で覚えろ、根性で練習」が伝統だったスポーツの世界は、科学的理論、分析の導入による向上のポテンシャルが大きく面白い分野です。

「理屈じゃなくて身体で覚えろ」と言われていたスポーツを科学的に解明していくと、アマチュアでも簡単に楽しめそうです。

13


以前は、長時間継続する有酸素運動(エアロビクス)が大切とされていましたが、それに加えて、筋肉トレーニングが、運動を行うための運動器、体温を保つ熱源、内分泌器官として、大切さが見直されています。

12


筋肉トレーニングが不十分だと、肥満、糖尿病、冷え性につながってしまいます。

ただ、加齢による筋力の低下は否めません。

継続してトレーニングして、加齢への抵抗を試みることが大切そうです。

IMG_20190713_135205


スポーツを科学的に解明する取り組みは、早大、慶大などでもあり、

「理屈じゃなくて、身体で覚えろ」を科学的に分析し、フィードバックする課題

「理屈ではなく、身体で覚える」スポーツに科学的理論、ビッグデータを取り入れる


「TAK」さんが学生の頃のスポーツは、巨人の星、アタック・ナンバー1などのスポーツ根性アニメの影響を受け、「理屈ではなく、身体で覚えろ」「根性で練習だ」というものでした。

8922f33e


この考え方は、今となっては時代遅れですが、当時は合理性がありました。

「TAK」さんはテニスをやりますが、

「テイクバックして、軸足を踏み込んで、軸足の前でインパクト」

などと意識して、考えながら、やっていては、いいショットなど打てません。

それよりも、実際に生のボールを打ってみて、体感しつつ、身体で修得する方がずっと上達しました。

ただし、初心者から初級、中級になると、自己流になり、上達が止まってしまいます。

2b9cc9e3


現在は、スマフォで動画が簡単に撮れて、コンピューター、センサリング技術も発達しています。また、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)も実用化されています。

トップアスリートの動画を見るだけでなく、身体的機能、メカニズム、動きの分析もできます。

すると、トップアスリートのプレーを見て、脳裏に焼き付けるだけでなく、プレーの視覚、聴覚、打感などの触覚を、実際にVR(仮想現実)で体験することもできます。

「理屈でなくて、身体で覚えろ」「根性で練習」だった、スポーツに科学に基づく理論、ビッグデータ、VRによる再現等を取り入れることができそうです。

a29dc792-s


このシンポジウムでは、オリンピックの金メダリストと、6位入賞者の身体的機能、メカニズム、動きの分析結果が示されました。もちろん、両者ともトップアスリートです。単に見ただけでは、素人には違いはわかりません。

ただ、金メダリストと6位入賞者では、厳然とした差があります。差のポイント、例えば、一瞬の脱力などを見ると、納得します。

9ea51125-s


つまり、さらに上を目指すトップアスリートには、科学的理論、ビッグデータの分析が欠かせません。


「理屈じゃなくて身体で覚えろ、根性で練習」のスポーツの世界に科学的理論、分析の導入


選手は科学的データを提供されるよりも、「コツ」をつかんで、競技、演技がうまくいくことが大切だったりします。

この「コツ」をつかむのが、これまでは手探り、試行錯誤で、さらに暗黙知、感覚で伝えられていたのですが、体系化、言語化するとよさそうです。

631b2ce3-s



トップアスリートのプレーをVR、モーションキャプチャー、筋電センサーなどにより再現し、自分とのギャップを埋めていく段階です。

トップアスリートとて、「完璧」ではありません。

流体力学、機械力学などを駆使することにより、さらなる向上が望めます。


bcdd9394-s



「理屈じゃなくて、身体で覚えろ」では、「局所最適」止まり、緊張すると失敗するのはフィードバックが機能しないから?


伺って、興味深かったのは、

・「理屈でなくて、身体で覚えろ」だと、局所最適は達成できても、全体最適は達成できない。小さい頃は、できてしまった天才少年・少女が挫折するのは、そのため。

58ecaea0


・自己流練習では経験できない、上級者、プロの動きを、機械を使って行うと効果がある。

efa26ee9


・練習は効果がある。ワンパターンではなく、リズムを変えた練習を行うとさらに効果がある。

3536bf47


・緊張して、うまくいかなくなるのは、フィードバックが機能しなくなるため。

eeac7d7c


トップアスリートは、トレーニングにより、筋力、瞬発力、動体視力なども優れているので、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)だけでは、アマチュアが再現するのは難しかったりします。

ここでは、伝統工芸の人間国宝の方の紙漉きの技術が対象になりました。

52c4252c


人間国宝の方の動きをモーションキャプチャーで記録し、また、筋電センサーを貼付させていただき、筋肉の動き、力の大きさを記録します。

この記録をアマチュアの方々にヘッドフォーン、振動モーターにより、信号で与えます。

「考えるな、身体で覚えろ」を地で行きます。

bfbfd3d2


すると全員ではありませんが、かなりの方々が人間国宝の方に近い動きができるようになりました。

名人芸の伝承は、言語の記録によるものがほとんどですが、言語で表現されたことを実際に身体で実現しようとしても難しかったりします。

d2212743


であれば、「理屈でなくて、身体で覚えろ」を地で行って、身体で名人芸を再現してしまうのも手です。


550980f7-s


トップアスリートの演技の高速記録、再現は現在の技術で容易にできるようになり、

Youtubeなどにトップアスリートの演技がアップされており、容易に見ることができます。


また、どうすれば速く走れるか、速いサーブが正確に打てるか、などは、

流体力学、機械力学などを駆使すれば、簡単に最適解を求めることができます。

14



つまり、トップアスリート、あるいは科学的理論に基づいた理想の動き、と、現状の自分の動き、そのギャップは定量的、視覚的に抑えることができます。

ところが、では、そのギャップをどうやって埋めるのか、は個々人にゆだねられ、科学的手法がが難しい、という課題が浮かび上がってきました。

15


選手だけでなく、アマチュアでも、既に確立された、安定した動きがあり、それと違う動きをすることは難しいものです。

一度確立した動きを、一度、崩して、再構築するのですが、通常、ここで大きく調子を崩します。

新しい、理想の手法をマスターできる保証もありません。

上に書いたように、筋電センサーで、理想の動きを記録し、にヘッドフォーン、振動モーターにより、信号で与え、再現するのがよさそうですが、まだまだ開発途上です。




stake2id at 22:10|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年07月12日

東京大学制作展 “eanact oneself”に行ってきました

東京大学制作展 “eanact oneself”

という案内が来ました。

6



あなたは見ていますか?それとも観ていますか?

enactとは、哲学における思想「Enactivism(エナクティヴィズム)」に由来します。

Enactivismとは、

人の認知とは、頭の中で処理されて構成されるものではなく、自らの行動によって構成されるものである

という考え方です。

IMG_20190706_131406


情報社会の現代において、

それぞれの自己(one's self)が、受動的・反射的になる(React)のではなく、能動的に行動(Enact)すること

とはどういうことなのか。

東京大学制作展の様子は、

東京大学制作展 “Destlogy”に行ってきました

2f2544ac-s


東京大学制作展 “WYSIWYG?”に行ってきました

253c6320


東京大学制作展「FAKE FUTURE」ありえない未来を考えることで本質を見出す

aa2fc7f8


東京大学制作展「補序線」に行ってきました

1e64eca0


東京大学制作展「わたしエクステンション」に行ってきました

ac9c0b41


に書いたのですが、

インターネット、スマートフォーンなど、今では当たり前の技術も、1990年代前半には思いもつかなかった世界です。

今は、まだ先端技術である人工知能、AR(拡張現実)、VR(仮想現実)が、生活の一部になる時代も、もうそこまで来ている、かもしれません。

4266a75d


住宅を新築する、リフォームする場合、建築業者と図面で協議するのではなく、3Dスクリーンで、完成画像を確認し、VR(仮想現実)で完成した住宅に入ってみる、

練習ではできるのに、試合では緊張してしまう、アスリートはVR(仮想現実)で、試合の環境を再現しつつ、練習する、

これまで旅行したところを、撮っておいた写真、動画を使って、VR(仮想現実)で、もう一度、旅行を再現してみる

などなど、少し考えただけでも、できることがたくさんありそうです。

7d82b583



最先端の技術はものすごいスピードで進んでいる。

「それらの技術や概念が、ものすごい極端に進歩した未来はこう変わる」という「スペキュラティブな世界観」を提示するのが今回の制作展のコンセプトである「FAKE FUTURE」なんですね。

IMG_20190706_134124


一見ありえない未来だけど、そのありえない未来にこそ、本質が見えてくるんじゃないか。

「ありえない未来を考えることで本質を見出す」

「ありえない未来」にこそ、未来の本質のヒントが隠れているのかもしれません。


10



石器からiPhoneにいたるまで、古今東西の技術は、「わたし」を拡張してきました。

時代が進むにつれて、わたしにできることはどんどん広がっていきます。

今や、電話やネットのおかげで遠くの人にもわたしの声や思いは届き、Googleマップによってわたしの土地勘は世界の隅々にまで及びます。

技術に媒介されることで、わたしや社会そのものがますます便利に、自由に、広がっていくのです。

27b08062


一方で、拡大とともにその境界は曖昧になっています。

「ネットの声」と紹介された「わたし」のつぶやき、Amazonに薦められて買った「わたしの欲しいもの」、「わたし」の代わりに会議に「出席」してくれるロボット…。

一体、どこまでを「わたし」と認めればよいのでしょうか。

「自分」という言葉があります。 自らを分けると書いて、自分。

制作展では「わたしエクステンション」というテーマを通じて、「自分」つまり、わたしと社会とそれらを拡張させていくさまざまな技術との境界について問うてみたいと思います。


IMG_20190703_151706


視覚、聴覚、触覚あるいは記憶について、

目で見る、耳で聞く、手、身体で触れる、脳で記憶する、だけでなく、

人間のあらゆる感覚に、コンピューターが深くかかわるようになりました。

c9335c40-s


コンピューターは人間のツール、道具ではなく、

既に、拡張された人間の機能の一部となっています。

そして、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)で体験したこと、と、実際の生活で体験したことの「境界」はあいまいになり、

すでに、その区別はつかなくなりつつ、あります。

210a9717-s


VR(仮想現実)、AR(拡張現実)は現段階ではまだ、特殊なツールですが、

コンピューターでの検索が、脳の検索を補助、代替し、既に人間の機能の一部となっているように、

VR、ARが人間の機能の一部となる日も、もうすぐそこまで来ている感がします。








stake2id at 19:00|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年07月05日

「脳科学と感性科学の融合」で何が起きる?

早稲田地球再生塾シンポジウム2019「脳科学と感性科学の融合」

という案内が来ました。

11



人の内面をインサイド空間とすると、現実/仮想空間はアウトサイド空間として捉えることができ、それらが繋がることで、本来の人を中心とする社会の在り方が見えてくる

人の感性や意識空間をアウトサイド空間と繋げる研究は、人が昔から追い求めている究極的な問いに対する答えを我々に与えてくれる


12


早稲田地球再生塾「人間とロボットが協奏する社会とは?」

にも書いたとおり、

工学の目的が、人々の生活を豊かに、便利に、快適にするものであるならば、脳科学と感性科学は、有効な評価手法です。

実は、人は自分がどう感じ、どう考え、どう思っているのか?よくわかりません。

他人のことは、よく見え、よくわかるのに、自分のことだけ、わからなかったりします。

見栄とか、意地と面子もあり、本当のことを認めたくなかったりします。

IMG_20190703_145338


そうであるならば、自分を計測の対象とみなし、脳科学、感性科学を駆使し、センサーで計測するのがよさそうです。

調査でよく使用するのが、アンケートですが、自分の本当の気持ち、考えもわからない回答者の回答を

そのまま信頼して使うのも、バイアスがありそうです。

144


AI(人工知能)×脳科学でどんな展開が拓かれる?




fMRI、脳波計により、脳がどういう反応をしているのか?が、計測できるようになりました。

fe47c0f0


人と人工物の新たな関係性を目指して、人工物はAR(拡張現実)




ネイマール選手のプレー時の小脳の活動は、他の人々に比べて、はるかに小さい。

新しい道具を使う、新しい使い方をする時には、小脳が活動する。学習するにつれて、小脳の活動は小さくなる。


9b8d198a


と書いたのですが、脳科学、感性科学の研究会に参加して感じることが、

計測がどんどん簡易、容易になり、計測装置も手軽、軽量に、

実験室でなくても、生活しながら、ウェラブルに近い形で、計測できるようになってきている、ということでしょうか?

14


怖いけれど、黒歴史を探っていくと本質が見つかる




どんな輝かしい個人にも黒歴史があります

通常、黒歴史は、あえて見ないように隠しておく、触れない、ことにしていることがほとんどです。

d4d5204b


順調な時は、それで問題ありません

でも、今何か、行き詰っている、壁にぶち当たっている

そうでなくて、絶好調、順調でも、リスクマネジメントとして、

ちょっと怖いけれど、黒歴史を探ってみる

と書きました。

IMG_20190703_151724


もう既に脳科学、感性科学が、本当の自分を計測する社会が来ているようです。







stake2id at 19:39|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年07月01日

建築物、修繕、リフォームからファシリティー・マネジメント

スマートシティー、人口が集中する都市を、快適生活空間にデザインする

スマートな街づくりはIT、ロボットがデジタルで

で書いたスマートシティーには、人々が生活し、居住する建築物があります。

7d82b583


建築物・住宅のIoTは家電から、センサーは内蔵ではなく、人体ウェラブルで

IoT・AI最新テクノロジーで変わる未来の暮らし、暮らしの豊かさとは

ユビキタス社会は既に到来、IoT、IoSの社会へ


すべてのモノがインターネットにつながる、のではなく、インターネットのように、すべてのモノ、サービスがつながる。

550e66b7


建築的思考を演劇、アート、ファッションに展開する


建築は、人が居住する建物、場、の設計、製作であり、工学的な構造計算、人の居住に適した冷暖房、照明、給湯などの設備設計、意匠など、デザインを総合的に行うものです。

理論、原理に従い、精密な計算を行いつつ、それを、人の居住という視点から、設計、建設していきます。

まさに、人間とエンジニアリングが出会う場所です。


67375585


人々が住み、働く場こそ、人工知能、IoTの活用を


人が住み、働くのは、住居、オフィスなどの建築物です。

その建築物は、耐震、耐風、防火などの安全性に加えて、暖冷房、換気、照明、給湯、冷蔵など、様々な機能が働いています。

それらの機能は独立ではなく、複雑に関連しています。

203f8217


IoT、人工知能が注目される今、人が住み、働く、住居、オフィスなどの建築物において、暖冷房、換気、照明、給湯、冷蔵の制御を人間がそれぞれ個別に手動で行うのは、もはや時代遅れ


f0777ca5


建築技術については、藁葺き、茅葺きの家(実はこれは換気、通風性能に優れ、暑さ対策がなされていました)から耐震、防火、断熱機密性能が急激に向上し、木だけでなく、鉄、コンクリートなどの材料も利用されるようになってから、久しいです。

間取りについては、土間、縁側がなくなり、2LDK、3LDKなどになってから久しいでしょうか?

8401d18a


むしろ、人々の生活を変えたのは、エアコン、冷蔵庫、テレビ、洗濯機、などの設備でしょうか。

冷蔵庫の出現により、食糧の買い置きが可能になり、テレビにより、自宅にいながら、世界中のニュース、エンターテイメントが楽しめるようになり、エアコンにより、夏の暑さ、冬の寒さをしのげるようになりました。


cdbc5828


これまで、人々が居住する住宅は、当初は賃貸でも、やがては所有する、という形態がほとんどでした。

しかし、最近では、大きな金額を支払って、固定された場所必ずしも所有するのではなく、

ライフスタイル、家族人数、勤務地などに応じて、フレキシブルなシェアなどの形態をとることが増えてきました。

これは日本だけではなく、世界的な傾向です。

b3b1efae


戸建てでも集合住宅でも、住宅、建築物のメンテナンスは、古くなった個所、部材を修繕して元の状態に、

全体的に古くなった場合、リフォームという手法が主流でした。


ただし、居住者、生活者の要求水準はインターネット回線、防犯カメラ、センサーなどのセキュリティー、

など、時代と共に推移していきます。

上記の暖冷房、換気、照明、給湯、冷蔵の機能、制御あるいは、建築物へのIoT、人工知能の適用なども含まれます。

693ea242


すると、修繕、リフォームといった従来型の建築物のメンテナンスでは対応しきれなくなり、

ファシリティー・マネジメントという、新しい考え方が生まれてきました。


スマートな街づくりはIT、ロボットがデジタルで

で書いた


BIM Building Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)

コンピューター上に作成した3次元の建物のデジタルモデルに、コストや仕上げ、管理情報などの属性データを追加した建築物のデータベースを、

建築の設計、施工から維持管理までのあらゆる工程で情報活用を行うためのソリューション


に新たな機能を加え、居住者の要求に応じた価値を担保していくことが大切になります。








stake2id at 18:46|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年06月30日

テクノロジーが拡張する人間の機能、人間とは何か?

日仏討論会 :「拡張された人間−身体の補完から拡張へ?」

という案内が来ました。

16


新テクノロジー、 特にデジタル技術が可能とする身体の補完と、 アプリケーションによる人間の拡張をめぐり、次のようなより大きな問題について考えたいと思います:

人間とは何なのでしょうか? 身体の補完と拡張の間に境界はあるのでしょうか?

あるとすればその境界線はどこにあるのでしょうか?

17


これについては、これまでも考えてきました。

パラアスリートの物凄さ、身体機能の拡張と脳の再編による回復可能性の示唆

パラアスリートに見る、障害とは何か、障害から日常への帰還とは

障害とはイノベーションの源?


ずっと大昔、まだ眼鏡がなかった時代、近視の人は障害者だった、訳です。

人を襲う肉食動物、あるいは闘いの際の敵、など身近に迫る危険を察知する能力が弱体化しているのですから、大きな障害でした。

視力の障害によるニーズに基づき、眼鏡が発明されました。

眼鏡により、視力の障害は大きく克服されることになりました。

e993de3c



人が眼鏡をかけるように、それぞれの能力や身体機能にあわせた最先端技術の詰まったツールを身にまとい、それぞれの日常でそれぞれが望む動きを可能にする。


これまで、パラリンピックは、

不幸にして、障害を持ってしまった人たちが、その制約される環境下で、頑張っている

という認識だったのですが、そんな薄っぺらな認識をはるかに超える、物凄い可能性を示唆するもの、とのことです。

174a6a50-s


もちろん、グラスファイバー、グラファイト、チタンなど、材料技術の進歩により、軽量高反発の義足などが開発されるようになりました。

ただ、仮に陸上のオリンピック・メダリストが不幸にして、大けがをして、義足になったとして、それまでを上回る記録を出せるでしょうか?

おそらく、歩くのすら、ままならず、とても高速で走ったり、長い距離の跳躍など、できないでしょう。

つまり、パラ・アスリートは既に義足を自分の足として認識、機能させています。これはAR(拡張現実)の一種でしょうか。

9286e2eb-s


パラ・アスリートに限らず、ずっと以前から、手が不自由な人が、足を使って、タイプライターを高速、正確に操作する事例が報告されていました。

最近では、こういった方々、パラ・アスリートの方々の、脳の活動している部位を計測できるようになりました。


すると、健常者に比べて、脳が活動している部位が、異なったり、広範囲であったりすることがわかりました。

さらに、この方々は、身体機能だけでなく、そもそも脳の活動を再編していることがわかりました。

18


つまり、パラ・アスリートの方々は、

障害を持ってしまった人たちが、その制約される環境下で、頑張っている

どころか、

身体機能だけでなく、そもそも脳の活動を再編して、頑張っている

のです。


8b967361-s


人間が使う技術、人間を取り巻く社会環境が急速に進化することにより、人間自体の機能も拡張、進化していきます。

パソコン、ネットで拡張する脳の機能、人工知能時代に備えて




パソコン、ネットが普及する前の、「紙」の時代には、頭が記憶していることが、大切でした。

「これ、書いたことがあるな」と思って、引き出しを調べたり、「これ、確か、どこかで読んだことがあるな」と思って、本棚を調べても、多くの場合は、その資料、本を見つけることができず、「どこかで見たんだけれど」と忘却の彼方に忘れ去られました。


adacc15d-s


「自分の身体」という暗黙の周囲、世界を評価する基準が変化すると、どうなる?


ヒューマンオーグメンテーションは、人間とテクノロジーを一体化させて人間の能力拡張を行うことを意味します。

具体的には、知覚の拡張、身体能力の拡張、認知能力の拡張、存在の拡張など幅広い能力拡張を目指し、それぞれに関わるAR・VR、ロボティクス、人工知能やヒューマンインターフェースといった分野を研究していきます。

0c122922


ヒューマンオーグメンテーションの考え方ではこうした学問分野を能力拡張のための技術として捉え直し、IoA(Internet of Abilities・能力のインターネット)を中心に据えた社会構築を目指していきます。

a4924d16-s


自分の身体、例えば、外見、声、大きさ、性別などは、普段は意識していませんが、周囲、世界を測る、暗黙の「基準」となっています。

例えば、小さな食器にしただけで、食べ物が相対的に大きくなり、食べる量が減るといいます。

そうであるならば、自分の身体、外見、声、大きさ、性別など、周囲、世界を測る、暗黙の「基準」を変化させると、

周囲と自分のインタラクションはどう変化し、そのインタラクションの変化をどう感じるでしょうか?

Yutuberのように、自分の声、外見を違う性別、例えば、自分が中高年の男性であれば、若い女性の音声、外見にすると、周囲の反応、自分の認知も変化します。

デジタル技術を駆使して、これを積極的に活用するとものすごい変化が起きそうです。




stake2id at 22:03|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年06月28日

工学、先に進めるタイミングと、幅を広げるタイミング、の見極め

「一刻を争う理学」と「社会情勢を見極める工学」



IMG_20190618_105437 - コピー



一口に理工系と言っても、「真理を探究する」理学、サイエンスと、「科学技術を社会に活用する」工学、エンジニアリングでは、だいぶスタンスが異なります。

39bee3e0


理学、サイエンスでは、探究した真理を、いち早く、インパクトファクターの高い、海外ジャーナルに発表することが大切です。

「共著の調整で、もたついている間に、海外のライバル機関に、先に出されてしまいました。失敗です。」

b3f58195-s


工学、エンジニアリングは、少し様相が異なります。

「研究した成果をまとめて、投稿したのですが、不採択になってしまいました。

もう少し、最新の動向を見極め、それへの活用という形で書けば、採用されたのですが」

いち早く書く、というよりも、研究成果をどう活かす、が大切のようです。


ab1fc896


理学、サイエンスでは、とにかく、いち早く、他の人よりも早く、が大切なのですが、

工学は、早ければよい、というものではありません。早過ぎると、うまくいかないことも少なくありません。

8eaf77c2


ウェラブル・コンピューターに見る、技術開発のタイミング、早ければよい、というものでもない




1998年以降、コンピューターのモバイル化は急速に進みましたが、端末は腕時計ではなく、携帯電話がその座を射止めました。

iモード付きの携帯電話からスマートフォーンへと、コンピューターのモバイル端末化は進みますが、
「ウェラブル」という切り口から、腕時計が注目されることになりました。

腕に付けるパソコン『Ruputer(ラピュータ)』から15年を経ています。

15年前に、モバイル端末として携帯電話に敗れた腕時計が、その装着性から、見直される結果になっています。

4e1ba3fe


1997年に、衛星により、世界中と通信できる携帯電話「イリジウム」

モトローラ、日本からもKDDI(当時のDDI)が参加したのですが、わずか1年で破産しました。

1997年当時は、

・通信衛星を数十個打ち上げ、メンテするのに莫大な費用が掛かる

・災害救助、国際治安部隊などを除けば、世界中どこでも携帯電話が通じなければならないニーズはなく、主要都市間だけで十分

でした。

その後、世界中の携帯電話会社のカバー率が急速に上がり、地上無線基地局がたくさんでき、数十個の通信衛星を打ち上げなくても、世界中携帯電話が通実用になりました。

a493ccac


夢を実現する技術開発ですが、技術的に可能ならば、必ずしも「早ければよい」という訳ではありません。

周辺のインフラ整備、社会状況、消費者のニーズなど、タイミングを見計らう必要があります。


c5d11750


建築物・住宅のIoTは家電から、センサーは内蔵ではなく、人体ウェラブルで


早過ぎる製品化は失敗する。

世界中どこでも通話できる携帯電話「イリジウム」今では当たり前だが、モバイル通信網が未発達で、衛星に頼ったために、コストがかかり過ぎて失敗。

年に1回の検査ではなく、毎回、尿、便が検査できるインテリジェント・トイレもとん挫。簡易検査手法の開発を待てば、普及が期待される。


aec64f26


自分が携わっている工学の研究が、世の中の進展に比べ、調和している、少し遅れている、ならば、先に進めます。

しかし、世の中の進展が追い付いていない時は、先に進める、よりも、幅を広げ、適用分野を広げる、などした方が得策です。

工学の研究は、研究と社会の進展を見比べつつ、先に進めるタイミングと、幅を広げるタイミング、の見極め、が大切です。





stake2id at 23:19|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

論文はウェブへの掲載がターニングポイント

理工系の論文は英語で書く。引用、閲覧数が桁違い



c7a5eb4e



科学技術の進歩は世界規模で進んでいます。

日本語で論文を書いても、引用、閲覧は日本国内しか期待できません。

ところが、英語で書いておくと、世界中から引用、閲覧があります。

と書きました。

aa6c96f4-s


査読付きの論文が採択されても、ウェブにアップされないと、引用、閲覧はされません。

ウェブへのアップはジャーナルの発行元、国際学会の主催者が行います。

これが、曲者で、すぐにアップしてくれて、教えてくれる発行元、主催者もあれば、忘れた頃に、アップされ、教えてくれない発行元、主催者もあります。

論文はウェブへの掲載がターニングポイントとなります。

612f5f69-s



以前は、Google、Google Scholarで検索すると、検索結果に表示されたのですが、最近は、なぜか表示されないことが多くなりました。

そのせいで、最近は自分の論文がウェブにアップされたことを教えてもらうことが増えました。

今日もいくつか連絡を受けました。

gruppenfoto-auftakt-fraunhofer-_c_-up_01


欧州最大の応用研究機関である、

ドイツのフラウンホーファー研究機構のサイト

に私の論文が掲載されています。

タイトルは

”Evaluation of Saving Energy of SOFC and Battery Combined System ”

無料でダウンロードできます。

2015114122944427



Modern Environmental Science and Engineering

にも

Evaluation of Saving Energy of SOFC and Battery Combined System


が掲載されており、無料でダウンロードできます。

J-STAGE-1


J-STAGEのグランド再生可能エネルギー国際会議論文集


にも

Evaluation of saving energy of solar power generation or fuel cell, and storage battery combined system

が掲載されており、無料でダウンロードできます。

f21adea6


自分の論文をウェブ上で探すのも大変な時代になりました。




stake2id at 23:08|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年06月26日

スマートな街づくりはIT、ロボットがデジタルで

スマートシティー、人口が集中する都市を、快適生活空間にデザインする

に書いた、スマートシティーには建設現場が必ずあります。

IMG_20190618_093927 - コピー


建設現場は、3K(きつい、汚い。危険)と言われますが、海外でも同様に3D(dangerous,dirty,dull)と言われています。

そんな建設業務、建設現場にもIT、ロボット、デジタル化の波が押し寄せています。

IMG_20190618_103651 - コピー


「ものづくり」のデジタル化、ネット化は何をもたらす?




デジタル化の潮流は各分野における設計・生産のありかたを大きく変えつつあります。

製造業現場の機械化、自動化は、ずっと以前から行われています。

ただし、その実態は、製造作業の自動化、にとどまっている感があります。

例えば、部品の在庫管理、製造途中の検査作業、製品の発送作業、などは、あいかわらず、紙ベースの手作業だったり

また、製造現場での課題が、設計、開発にフィードバックされなかったり、されたとしても、やはり紙ベースの手作業だったりしています

IMG_20190618_094010 - コピー


かつては航空機、船舶は、主に流体力学をベースに機体、船体の形状を決め、次に構造計算を行い、最後に操縦性、燃費を算定していましたが、

それぞれのプロセスごとに、矛盾点、対立点があるのは明白で、今では、領域をまたいで設計を行う、複合領域設計が主流です。


IMG_20190619_100646 - コピー


建設業務は、紙の設計図がベースで、設計変更は紙に手書きに書き込まれるため、

設計者と施工者で情報共有が大変で、部材、部品の調達などにミスがつきものでした。

また、作業が意匠→設計→耐震など構造→暖冷房設備、音環境など、のような流れで進んでいましたが、

「上の階の音が下に響き過ぎる」「日射で、熱すぎる個所がある」など、下流で問題が指摘されると、再度、上流からやり直し、

と効率がよくない作業でした。

IMG_20190620_094113 - コピー


今では、BIM Building Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)

コンピューター上に作成した3次元の建物のデジタルモデルに、コストや仕上げ、管理情報などの属性データを追加した建築物のデータベースを、

建築の設計、施工から維持管理までのあらゆる工程で情報活用を行うためのソリューション

があり、完成品を可視化しつつ、リアルタイムで情報を共有し、意匠、設計、耐震など構造、暖冷房設備、音環境なども、上流から下流ではなく、領域をまたぎつつ、並行して、進んでいきます。

IMG_20190620_140645


また、建設現場も、あらかじめ部品、部材を工場で加工し、

加工された部品、部材を現場に輸送し、

現場では、加工された部品、部材を組み立てるだけ、という作業に変わりつつあります。

工場では3Dプリンター、ロボット、現場では遠隔操作ロボット、ドローンなどが運用され、人が携わらなくてもよくなっています。

IMG_20190620_095919


スマートな街づくりが、これからどう進展していくのか、楽しみです。



stake2id at 18:50|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年06月25日

国際学会で発表すると、何が起こるか?

香港理工大学で開催された、国際学会

CIB World Building Congress 2019 (CIB WBC 2019)

に参加します。

IMG_20190618_083206


理工系の論文は英語で書く。引用、閲覧数が桁違い




科学技術の進歩は世界規模で進んでいます。

日本語で論文を書いても、引用、閲覧は日本国内しか期待できません。

ところが、英語で書いておくと、世界中から引用、閲覧があります。


IMG_20190617_173442


研究もビジネスも、幅を広げ、継続させ、キャリアを切り拓くのは、人のネットワーク




研究の幅を広げ、継続させ、キャリアを切り拓くには、研究、勉強と並行的に人のネットワークを構築していくことが大切。

ひとりで研究するよりも、プロジェクトに参加して研究すると、テーマも広がり、人のネットワークも構築でき、キャリアの可能性も広がる。

IMG_20190617_184515


国際シンポジウム、ワークショップ、できる限り参加する。「聞き」に行くよりも、発表する。発表すると、覚えてもらえる。プレゼンは「読む」のでなく、「話す」。自分の魅力をアピールする。自然なリズムで話す。自信を持つこと。アイコンタクトが大切。

学会、シンポジウムで、ネットワークをつくるには、興味のある発表に質問する、懇親会にも参加する。

IMG_20190618_175448


学会は最先端の研究を知るためだけでなく、人のネットワークをアップグレード、再確認するため

他の人々に話すと、自分の考えが整理でき、理解が進み、思いがけない切り口から、進展することがある。

自分の国以外の人の考え方に触れると、自分も変わっていく。人は交流し、シェアすることが大切。


IMG_20190618_193911


ネットにより、学術情報を含め、情報はデスク上で得ることができます。

ただ、そのテーマが、どういった状況で、熱意で、検討されているのか、は、実際に行ってみないとわかりません。

また、人のネットワークは、ネット上だけでの形成は難しく、リアルでお話しすることがポイントとなります。

IMG_20190618_132817



発表後の質疑応答、ティーブレーク、懇親会の時の対話などで、

いろいろな国の人からコメント、感想、フィードバックをいただくことができます。

すると、国内とは全く違う切り口からのものがあり、大きく研究が展開することがあります。

何しろ、世界中から、そのテーマに関心がある、最先端の研究者が集まっているのですから、宝の山の中にいるようなものです。

IMG_20190618_112112


あるいは、研究成果を社会実装するにあたり、国内に比べ、海外にずっと適したところがあることがわかったりします。

ということで、国際学会での発表は、本当にお勧めです。




stake2id at 22:40|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年06月12日

社会を動かす工学は文理融合というよりも文理混在

東大社研セミナー「地域安全システム学」の射程と文理融合

という案内が来ました。

9


生産研では専門分野名を「地域安全システム学」と称してきた.

都市計画,まちづくり技術を基盤としつつ,自然災害リスクに対してより安全な都市・地域のあり方を総合的に考え,実践する分野である.

古典的には「都市防災」と称される分野であったが,時代の変化に対応し,根本から再構築し,新しい地平を拓くことを意図している.

本セミナーでは,これまでの研究範囲を概観することを通して,社研において文理融合の新たな研究活動のきっかけを創りたい.

6


工学の研究の目的は、研究開発だけでなく、社会実装、定着までと考えます。

社会の課題にアプローチするのは、文理が融合というよりも混在しています。

つまり、工学を研究するには、その原理となる理学に加えて、社会課題を見据える社会学、経済学、あるいは、技術をどう開発して、社会をどう変えるのか、という哲学も大切です。

工学とは、実験装置を動かして、コンピューターでシミュレーションするだけではありません。

上記のように、幅広い分野の知識、考え、経験が必要です。

7


さて、社会制度には「慣性の法則」が働き、簡単には変わりません。

縦割り社会では、俯瞰・構想し、横方向につなげ、展開することが大切です。

8


災害は毎年必ずやって来る、防災技術とは、生きる、を支える科学技術




「天災は忘れた頃にやって来る」とは、寺田寅彦の言葉ですが、この頃は、都市が少なく、小規模で、被害自体も少なかったのでしょう。

2cfdafd9-s


都市化に伴い、建築物、インフラが整備されると、「天災」と言うよりも、地震、津波、台風、豪雨など自然現象と人、人が作った建築物、インフラとの対応になります。

忘れた頃、どころか、地震、津波、台風、豪雨など災害毎年必ず起こります。

これは、都市開発が進んだ結果、以前は、人が住まなかったため、台風、豪雨があっても、人が住んでいなかったため、人、人が作った建築物、インフラの被害がなかったものが、顕在化した結果と考えられます。

5f76a575-s


あるいは、地震、台風で、人、建築物には、被害がなくても、その後の停電による2次被害、あるいは、交通機関の乱れによる、帰宅難民などの被害が甚大です。

「忘れた頃にやって来る」災害だと、「いつ来るか、わからない災害のために無駄なお金を使って」と揶揄されることもありますが、毎年来るので、その重要性の理解も進んでいます。



db81fcd4-s


防災は、防災だけ単独で行うのではなく、防災も含めた、総合的な地域づくり、合わせ技一本、が大切です。

「みんなの防災会議」に参加しました


なるべく日常使うもので、防災対策を行う

いつ来るか?わからない(自分には来ないかもしれない?)災害のためにそんなにお金をかけられるか?

という主張が常にあって、防災対策予算は減額されます。

a332f01a


また、

防災設備を使おうとしたのだが、いざという時、使い方がわからなかった、壊れていて使えなかった

防災グッズを持ち出したが、懐中電灯が切れていた、食料は腐っていた

なんてことがよくあります。

できる限り、日常使うものを災害時にも使う、ことが大切です。


882b1062


複業時代、職業だけでなく、専攻も複数を経験・転換する時代


強靭で、耐性のある、いわゆるレジエンスに優れた社会基盤を構築するためには、大切な学問です。

ただ、一方で、新たな時代、社会を切り拓いていく、変革していくのは、IT、バイオ、人工知能など、だったりします。

あるいは、技術をビジネスにつなげる技術経営が大切だったりします。

つまり、耐震工学とは、「守り」の学問で、「攻め」ではありません。

8be8c4e2


今回の熊本地震関連のニュースで地震学、耐震工学の専門家を見ていたのですが、

地震学の専門家は、ずっと以前からの研究者なのですが、

耐震工学の専門家の中には、ゼネコンの研究者、技術者の中から、大学、研究機関に移った方をお見受けしました。

d9b9cc33



阪神大震災(1995)当時は、耐震工学者は優遇され、ゼネコンの研究者、技術者は高給で、やりたい研究ができました。

その後、バブルがはじけ、阪神大震災の教訓を受けて、社会の耐震対策が進むのと、裏返しに、耐震研究の位置づけは低下していきました。

その結果、給料は下がるけれども、ゼネコンから大学、研究機関に移る方が、相当数いました。


防災は、防災だけ単独で行うのではなく、防災も含めた、総合的な地域づくり、合わせ技一本、そういった考えが普及すると、キャリアとしても拓けると考えます。

f9db5917


リスク対策は、まず自助、自分の身は自分で守るのが原則です。

次に公助。公的制度で、どこまで、どれだけ守られるか確認します。

そして、共助。これは、日頃から信頼関係を構築しておくことが大切です。


とりとめがありませんが、いろいろ学んだ社研セミナーでした。




stake2id at 19:19|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年06月10日

人文知は社会に還元されるのが原則だが

知的財産マネジメント研究会(Smips)「京大オリジナルが取り組むナレッジトランスファー」

というお話がありました。

13


人文科学はエリートの必修科目





文系学科、特に人文科学系が軽んじられる風潮の中で、あえて人文科学の研究拠点が設置されるところが、東大らしいところでしょうか。

「いつまでに、何を研究して、どういう成果を出し、社会に貢献する」という具体的な目標なしに、

「とりあえず、各部署にまたがる、人文科学研究者の研究プラットフォームをつくる」というゆるさ

さらには、この研究拠点が科研費などではなく、LIXIL潮田会長からの寄付によるもの、というもの興味深いところです。

「メディチ家の財産はなくなったけれど、ルネッサンスの文化は今も世界中に根付いている。」

5f1a34a7


「層が厚く、豊富な人材」の東大、「知の巨人たち」の東工大、トップ大学は教養教育を重視

に書いたように


日本全体では人文社会系学部、教養課程の削減、廃止し、理工系学部、実学の重視という流れの中、東大、京大、東工大などのトップ大学は、あえて、この流れに反するかのように、教養教育を重視を打ち出しています。

それも、1、2年次の教養課程だけでなく、3年以降の専門課程、大学院進学後の教養教育の大切さも指摘しています。



fcda277c


文系学科、特に人文科学系が軽んじられる風潮の中で、研究予算も厳しい状況です。

理工系、医学系では、国、文科省、大学から配分される予算だけでなく、企業との共同研究、委託研究などによる研究予算があります。

08c327bc


大学で得られた知は社会へ還元、というのが大原則です。

企業との共同研究、委託研究などにより得られた知は、特許、ライセンスにより、企業に独占的な使用権を確保した上で、論文として発表など、社会へ還元するのが原則です。

8e8c8c65


社会系でも、企業との共同研究、委託研究は普及してきました。

市場、マーケティング、社会の推移については、大学の研究手法が有効です。

人文系で、すぐに思いつく事例はありませんが。

76c5b5a1


理工系、医学系で、企業との共同研究、委託研究などにより得られた知を、特許、ライセンスにより確保する、のは、わかりやすいものです。

一方で、人文社会系で、企業との共同研究、委託研究などにより得られた知の独占的確保をどのように行うのか、妙案はありません。

f085920e


得られた知は、次第に陳腐化していきます。それゆえ、早い時期に公開することが大切です。

「メディチ家の財産はなくなったけれど、ルネッサンスの文化は今も世界中に根付いている。」

の言葉のように、古くから、あるいは今でも、欧米では人文系の研究には、寄付によるものが多かったりします。

それらは、すぐに社会一般へ還元されます。

人文社会系の企業との共同研究、委託研究、課題が山積のようです。





stake2id at 16:40|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年06月02日

新しい動きは中心よりも周辺から始まる、「もしかする未来」と「ぞわぞわ」

東大の中心の本郷キャンパスから離れた、東大駒場リサーチキャンパスのさらに外れにS棟があります。

最近この外れのS棟から、新たな面白い動きが起きています。

f0e3e3ca-s


これについては、

新しい動きは中心よりも周辺から始まる、工学とデザイン視点の融合による価値創造

新しい動きは中心よりも周辺から始まる、動きをうごかす

にも書いてあります。

IMG_20190531_150423


「もしかする未来 in 駒場」東京大学生産技術研究所70周年記念展示

日本初の実験用ロケット「ペンシルロケット」から、工 学にデザイン視点を取り入れた価値創造デザイン推進 基盤の新作まで、生産技術研究所が70年にわたって 研究開発してきた新旧のプロトタイプを展示します。

東京大学生産技術研究所(IIS)は、「工学とデザイン視点の融合による価値創造」をコンセプトとする取り組み『価値創造デザイン(Design-Led X)』を推進しています。

英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)と共同でデザインラボ(RCA-IIS Tokyo Design Lab)を発足させ、これまでにマイクロラボ、展示会、ワークショップなどの活動を行って参りました。

eab22016


豊かさを提供するためには、優れた技術だけでなく、デザイン視点を取り込み、新たな価値を創造することが大切です。

高度な技術を駆使しても、ニーズに合わなければ、ユーザーには受け入れてもらえません。

ニーズに合っていても、ありふれた技術では、新たな価値は提供できません。

技術が世界中に拡散するスピードが速くなった今日、イノベーションを起こすための重要なカギは、「人に豊かさをもたらすデザイン」

93da9173-s


価値創造デザインフォーラム「もしかする未来」

「もしかする未来」は、人間中心に現在の技術で、やれることをした結果、やって来る


「もしかして」ではなく、「もしかする」がポイントのようです。

未来は、技術、社会の進歩により、やってくるもの、というのが、大方の考えです。

17


ただ、「未来」の中には、現在の技術でも、やればできるのに、やっていないもの、もありそうです。

これは、現状の規制、モラル、経済性、暗黙の考え、によるものもあります。

ここで「もしかする未来」です。

IMG_20190531_152544


山中研究室プロトタイプ展2019 「ぞわぞわ」


新しい技術との出会いは、時として、私たちの心に不安を生じさせます。

未知のものが目の前に現れた時の、あるいは私たちの振る舞いに反応した時に生じる、

おどろき、とまどい、少しの恐怖とワクワクが入り混じった感覚。

IMG_20190531_152625


山中研究室の作品は、そうした違和感を恐れず、まだ知らない未知の感覚や感触、

あるいは心のより深くに刺さる感覚を具現化しようと試みてきました。

それは私たちにとっても人の感覚のちょうど良いところから心地良さや安心を作り出す、

日用のデザインとは大きく異なる創作態度であり、挑戦です。





stake2id at 23:13|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年05月28日

社会人大学院、とにかく説明会へ行きましょう

東京大学大学院工学系研究科の各専攻入試説明会のご案内

f48e0d87


のように、大学院研究科の入試説明会がたけなわです。

大学院に進学を検討している学生は、大学側、先輩、友人より、情報を入手し、進学候補の説明会を回っています。

問題なのは、情報、状況が少ない、社会人で大学院への進学を検討している人です。

この時期は、候補の大学、学部、学科の説明会を巡る時期なのですが、

「仕事と研究、学業の両立はできるでしょうか?」

「会社に承諾してもらうには、どうすればよいでしょうか?」

など、「そんな事悩んでる時じゃないだろ」という感じです。

14


大学院進学を検討している社会人に、お願いしたいことは、

進学を検討している、あるいは気になる大学、学部、学科の、

・願書をダウンロードするなどして、取り寄せ

・候補の大学、学部、学科の説明会に参加する

ことです。

03765628


願書には出願、受験資格が書かれていますが、そもそも要件と満たしていないと、出願、受験できません。

具体的には、英語についてTOEFLなど外部試験のスコアの提出を求める場合があります。

手許に直近で受験したスコアがあればよいですが、ない場合、これから受験が可能か、重要なポイントになります。

また、出願に際して、所属部署の許諾書を要求されることがあります。許諾書が得られそうか、これもポイントになります。

928aa666


東大TMI(技術戦略学)と東工大MOT(技術経営)の入試問題




MOT(技術経営)の大学院を目指している学生さんから、

「東大TMIと東工大MOTのどちらがよいでしょうか?」

という質問を多く受けます。


5


MOT(技術経営)に行って、何が、どうよかったか?




MOT(技術経営)修了生に

「MOT(技術経営)に行って、よかったですか?」

と聞くと、ほぼ全員から「よかったです」という返事が返ってきます。

ただ、何が、どうよかったか、は、人により、千差万別です。


と書きました。

cd599994


進学候補の説明会を回るうちに、当初候補と考えていたところよりも、自分が研究したいテーマ、環境に適した別のところが見つかる、ことはよくあります。

また、当初候補と考えていた先生、院生が、感じがよくなく、別のところが、ずっと対応がよくて、自分が研究、学業をするにはよさそう、ということもあります。


とにかく、悩んでいるよりも、説明会へ行きましょう。候補として考えているところへは、いくつか行きましょう。

現状よりも、ずっと進んだ具体策が見えてくるはずです。

その時点で、また相談に乗ります。




stake2id at 22:12|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年05月26日

自分が行った操作、活動と結果の整合について

早稲田地球再生塾「人間とロボットが協奏する社会とは?」



a4448744-s



ロボットが人間をアシストしてくれるのはよいのですが、その際に、人間が苦痛を感じる、退屈、不愉快、では困ります。

それゆえ、人間とロボットが協奏することが大切です。


と書きました。

a385a40a-s


VR(バーチャル・リアリティー)、ロボットの研究者の方から、お話を伺うと、

「自動だから、人はなにもしなくてもいい、というものではないんです。それでは、人は退屈してしまいます。

人が何らかの操作を行い、それに対応する結果がディスプレーなど、見えるものに反映されるようにする、のが、基本です。

人が操作を行ったのに、それがディスプレーに反映されない、あるいは、逆の結果が出る、

では、人にフラストレーションがたまってしまいます。」

83833247



これは、VR、ロボットだけでなく、人間の活動全てに当てはまります。

自分が行った操作、活動に対応する結果が、見えるものに反映されるように。

操作、活動したのに結果が出ない、あるいは、逆の結果が出る、ようだとフラストレーションがたまります。

f0f2edb5



あるいは、VR、ロボットを活用して、自分が行った操作、活動に対応する、適切な結果が出るようにする、のも、新たなVR、ロボットの開発の方向かもしれません。











stake2id at 22:58|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

教養教育、現状の社会分析ではなく、文化、哲学の立場からメタに考える

東工大ホームカミングデー2019に行ってきました

1


で、リベラルアーツ講演会に参加して、


理工系大学である東工大が、本格的なリベラルアーツ教育を行うべく、中島岳志氏、西田亮介氏、池上彰氏ら文系教員を結集しています。

9ff07aa8-s


このことは素晴らしいのですが、

招集された文系教員たちが「点」の寄せ集めではなく、「幅広く、奥行きが深い、厚い層」になる」ためには、

cda0d7f8


現状の政治談議をするのではなく、

昨年の「国民女優としての原節子と戦後日本の風景」

6acd1353


のような、政治、経済よりも、それらを少し離れた場所から、文化の立場からお話してもらいたかった、と感じます。


と書きました。

d4e11345


専門性が豊富で、幅広い教養があるのだが、奥行き、懐の深さが今ひとつ




最近、大学、研究機関など、アカデミアの人々と話していて感じることがあります。

「専門性が豊富で、幅広い教養があるのだが、奥行き、懐の深さが今ひとつ」

どういうことか、と言うと、自身の専門分野には、深い知識、洞察があり、加えて、幅広い教養もお持ちの方がほとんどです。

ただ、氷山の水面下の巨大な塊のような、奥行き、懐の深さ、オーラを感じることが少なくなったかな、という感じがしています。

e20b0135


「層が厚く、豊富な人材」の東大(村上陽一郎氏、船曳建夫氏、小林康夫氏)、「知の巨人たち」の東工大の先生方(江藤淳氏、宮城音弥氏、鶴見俊輔氏、橋爪大三郎氏)とお話をしていると、

その奥行き、懐の深さが、氷山の水面下の巨大な塊、あるいは、火山の地下のマグマ、のように伝わってきたものです。

1de3e452


なぜ、それを感じることが少なくなったのか?

1.時代の変化が急激で、ネット主流の時代で、情報が氾濫、時間が全く不足

2.「わかりやすさ」が求められ過ぎ、難解なことを考えることが少なくなった

などが原因では、と考えています。

e70f15b6


アカデミア、知識人と呼ばれる人たちは、専門外であっても、人工知能、IoT、ブロックチェーン、などについては、最新の情報をアップデートしています。

こういった作業に時間がとられ、原書をゆっくり、ひもとく、ような、ことには時間を割けなくなっています。

自身の分野の専門的な研究、その周辺分野について、わかりやすく説明できることは大切です。

ところが、「わかりやすさ」が求められ過ぎた結果、難解なテーマについて、深く構造的に考察、分析する機会が少なくなってしまったかもしれません。


と書きました。

e1edd761-s


東工大リベラル教育に招聘された、中島岳志氏、西田亮介氏、池上彰氏ら文系教員は、現在の政治、経済、国際問題について、独自の視点から、分析、解説されます。

一方、知の巨人たちは、現状を社会を、そのまま分析する、というよりも、一度、文化、哲学のメタの立場から、ある意味、難解なテーマを設定し、参加者に考えさせ、深く構造的に考察、分析していました。

参加者にすんなりと入ってくるのではなく、参加者が自らテーマについて、考察し、自らの中に構築していった、というところでしょうか。

efc9d994


「わかりやすい」だけでなく



東大の社会学研究所の玄田有史先生から、伺ったお話を思い出しました。

「ぼくの授業は、学生から「とてもわかりやすい」と言われます。」

本当にその通りで、とってもわかりやすい、です。

「先生、この調子なら、予備校の講師だってできますよ!」

「いや、予備校の講師なら、それでいいんです。

でも、大学院って、高度な能力を持っている人たちに対して、とっつきにくい、難しい最新の課題を紹介して、それぞれの人たちに自分なりに考えてもらう、という場所でもあるんです」

「もし、それをさらっとわかりやすく紹介して、「わかったつもり」になってしまうのであれば、大学院生の考える機会を奪っているんことにならないでしょうか?」


a8564f8b


教養教育の奥の深さについて、考えてみました。



stake2id at 21:02|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年05月25日

MOT(技術経営)に行って、何が、どうよかったか?

東工大ホームカミングデイ2019

4


に参加しながら、

「MOT(技術経営)に行って、何が、どうよかったか?」

考えます。

MOT(技術経営)修了生に

「MOT(技術経営)に行って、よかったですか?」

と聞くと、ほぼ全員から「よかったです」という返事が返ってきます。

ただ、何が、どうよかったか、は、人により、千差万別です。

5


MOT(技術経営)を学ぼうとする人は、

「会社、官庁などでも、キャリアアップをしたい」

「ベンチャーを起業したいが、そのコアを学びたい。同じ志を持つ人を見つけたい」

「業界内、会社内に狭まっているネットワークを広げたい」

などなど。

おそらく、意図していた目的を首尾よく果たした、というよりも、

意図していた目的とは、違うけれど、結果として、多くの予期せぬものが得られた、という事例が多そうです。

770103bc-s


「TAK」さんの場合、MOT(技術経営)に参加したことにより、

アカデミアに軸を置いた産学官プロデューサー活動

査読付き国際会議の論文が何報か採択され、国際会議に参加

分野、業界、世代を超えた人的ネットワーク

が得られました。MOT(技術経営)に参加しなければ、現在、走り続けていられたか、学び続けていられたか、考えてしまいます。

8


研究テーマ、研究室選びについて2018

を書いてから、何人かの社会人の方から、相談がありました。

「私は、あるテーマについて研究したい、というよりも、学び直したいんです。

大学を卒業し、大学院修士課程を修了したのですが、急速に進んでいく社会、技術には、とても対応できるものではありません。

できれば、大学院修士レベルの勉強を、あらためてしたいのですが」

3898b67f


これについては、

MOT(技術経営)大学院は大学への再入場チケット

社会人、学び直すなら、MOT(技術経営)

に書きましたので、一部抜粋し、再掲します。

http://blog.livedoor.jp/stakeid/archives/51923579.html技術経営(MOT)は専門性と統合性が不可欠




MOT(技術経営)に来るのは、研究がしたいからではなく、

・技術をベースとした企業戦略、マーケティング、ファイナンス、知的財産などがコンパクトに学ぶ、

・どうやって、イノベーションを起こすか、技術をビジネスに結びつけるか、を身に着ける

そうすることによって、キャリアアップを図るために来ます。

技術をベースとした企業戦略、マーケティング、ファイナンス、知的財産のコア・プログラム、

のような高度なプログラムを提供し、修了生をキャリアアップさせることが主目的


2ea14c67



ビジネススクール、どんなクラスメートと一緒に学ぶのか?が大切


ビジネススクール修了生の方からお話を伺うと、

「MBAコースではマーケティング、ファイナンスなど、ビジネス、経営の基本をコンパクトに学ぶことができます。

学んだことに加えて、大切なのが、グループワークなどを通じて、

自分以外の他の人々の考え方を知ることができます。

この多様な人々との学ぶプロセスが大切です。

ただ、最も役に立っているのは、一緒に学んだ人々との人的ネットワークです。

これは何物にも代えがたいものです。」

というお話が返ってきます。


b3f58195-s



「MBA、MOTは、今ではビジネスには使えない。」のような言葉をよく聞きます。

これは正確ではありません。

社会、時代、技術が急激に変化しています。

それなのに、以前のMBA、MOTのテキスト、カリキュラムを持ってきて、適用しようとしても、ムリがあるのは当然です。

それゆえ、各大学等教育機関のMBA、MOTのカリキュラムも大きく変化したり、あるいは新たなプログラムが加わっています。

784c7bd4


MOT教育コア・カリキュラムの開発

MOT 教育ガイドライン

があり、それに沿う形で、

技術をビジネスにするのに必要な、技術経営、知財、品質、マーケティング、ファイナンスなどの科目で構成されていました。

これらがMOT(技術経営)のエッセンスであることに変わりはありません。

c4f0b582


ただ、エッセンスを学んだだけでは、変化が急激な時代での対応には不十分です。

今回の改革では、バイオ、技術政策、データ・アナリシス、ゲームの理論などの科目が加わり、エッセンスに加えて、いろいろな展開が広がる選択肢が増えました。

欲を言えば、デザイン思考に関する科目がほしい、というところでしょうか?


928aa666


社会人でMBA、MOT大学院に入学される方は、その前に、社会人コースなどに参加していて、それでは物足りなくて、

本格的に学ぼうと大学院に入学される、と考えます。

大学院へ「外」から参加から、「中」に入る、ことになります。

「中」に入ると、MBA、MOTだけでなく、人文、社会、理工の幅広いカリキュラム、ゼミ、研究会が開かれ、参加できることになります。

専門分野の大学院では、専門領域の研究が主体ですから、幅広い領域への参加よりも、専門を深く追及することが主です。

e70f15b6


研究生活、狭まる世界と広げる工夫




大学院生になり、研究生活を始めると、生活が研究室だけに限定されてしまい、毎日会う人も、ほとんどが研究室の先生、スタッフ、大学院生、とタコツボのような生活で、知らぬ間に、行動範囲、交際範囲、思考領域が狭くなって


と書いたとおりです。

882b1062


MBA、MOT大学院では、専門性の追求より、全体の俯瞰が求められますので、幅広い領域への参加も有効です。

いくつかの興味があるゼミ、研究会に参加してみるのも良かったりします。

また、理工系分野は進歩が急速ですが、これを「外」からではなく、「中」から、直接研究するのではないですが、

第一線最先端の研究者の研究発表会などに参加すると、メディアを通してではない、生の情報に触れることができます。

そんなわけで、在学中だけでなく、修了後もゼミ、研究会に参加を続ける方も少なくありません。

こう考えると、MOT(技術経営)大学院は大学への再入場チケットなのではないか

7c599c5a


働きながら学ぶ社会人への便宜を図り、慶應は丸の内、早稲田は日本橋、東工大は田町、一橋は神保町にサテライトキャンパスを開いてますが、

サテライトキャンパスだけではなく、できれば、本キャンパスまで足を運んで、ゼミ、研究会に参加すると新たな展開が図れそうです。





stake2id at 21:35|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年05月20日

東大ウィンブルドンテニスクラブのブースにて2019

東大五月祭で、模擬店の「東大ウィンブルドンテニスクラブ」に行ってみます。

このテニスサークルは「TAK」さんが学生の頃、ちょっとしたきっかけで始めたのですが、その後、後輩の方々が引き継いでくれて、なんと39年になります。ちょっと待ってください、「TAK」さんは18歳では?

16


さて、ここ最近毎年、訪問し、昨年の訪問記は、

東大ウィンブルドンテニスクラブのブースにて2018

に書いてあります。

今年感じたことを書きます。

931d3ca4


さて、東大五月祭には、毎年参加し、学園祭の雰囲気、パフォーマンス、理工学、人文・社会学の最先端の発表を見てきました。

これだけでも十分に有意義なのですが、ちょっと立ち寄る場があるとずっと有意義になります。

そこで、しばし懐かしい感情に浸って、さらに、懐かしい友人との再会、新しい出会いがあると、ぐっと味わいが深まります。

19


まず、感じることは、

・サークルを続けてくれてありがとう

自分たちが始めたサークルが消滅していては、寂しいでしょう。とにかく、続けてくれてありがとう。

17


なんで39年も続いているかと言うと、いつも、サークルにいる人にとって、楽しいサークルだからでしょう。

楽しくない場からは、人が去っていき、寂れてしまいます。

やっていて、楽しいサークルだから、みんな続ける。

18


・五月祭にブースを出してくれてありがとう

焼きそばブースという「場」があるから、世代を超えた仲間が集まります。祭という非日常的イベントに「場」を設けることは大切です。

なぜ、サークルのOBOGが集まるかと言うと、懐かしい思い出があるから。

過ごした時間は、それぞれで異なります。でも、それぞれにとって、懐かしい思い出がある、だから、卒業してからも訪れたい。

そして、そこに行けば、懐かしい友人との再会、新しい出会いがあるから。

時がたつと、自分たちが過ごした懐かしい時期とは、雰囲気が違っていきます。いい意味でも、そうでなくても。

でも、そこに行けば、きっと何かいいことがある。

20


大学サークルの同窓会は、ひりひりした原体験の再現ドラマ





単に、昔のことを思い出し、懐かしがり、しみじみと語り合い、共有するだけではなく、

学生当時の、お互いに食い込み合った、原体験を、お互いに引きづり出しながら、

まるで30年前を熱く再現しあう、場になっていきました。

「確か、こうだったな」

「違いますよ、それはですね」

0d8cf42e



今の状態から、昔の学生時代を振り返って、思い出す、状態から、学生時代に戻って、当時の状況で熱く語り合う場になりました。

大学時代のサークル活動とは、長い人生の中の、ほんの1,2年のことです。

でも、その1,2年の活動は、お互いに「食い込む」、時には「ひりひり」する、強烈な原体験で、末永く人生に影響するものだったりします。

「ゆるやかなつながり」だけでなく、学生時代の、お互いに「食い込む」、時には「ひりひり」する、強烈な原体験にもとづく、つながりの大切さを気づかせてくれる同窓会でした。


と書いた、ひりひりした原体験を共に過ごした仲間へ、時空を超えた旅行の様子を伝えるのも、ミッションの一つです。

14608a31


テニスサークルとは、一緒にテニスをするためのコミュニティーですが、結果として、もっと大切なのが、テニスを通じて得られる、「人と人のつながり」だったりします。

生涯のパートナーをそこで得て、家庭を築く、に加えて、そこでの友達とは、社会に出てから得られる業界内の友人とは異なり、多方面に広がる末長く続く、かけがえのない友人となります

ということで、テニスは楽しい学生生活を送るための手段、だけではなく、有意義な人生を送るためのもの、にもなります

ee97fa12-s


ただ、「場」に参加しづらい、空間的、時間的アウェイ感があるのも事実です。

東京勤務ではない、空間的アウェイ感に加え、時間の流れによる時間的アウェイ感は既に学生の頃から起きています。

五月祭の前日の金曜午後は、五月祭の準備のため、授業は休み、ただし、研究会などはあります。

「TAK」さんは研究会で、大学院生の参加者に、

「五月祭の準備がある人は適宜抜けていいですよ」

と言ったところ、みな、顔を見合わせて苦笑いしています。

44


「2,3年前の学部生の頃は、私たちが中心になって準備していたのですが、今は後輩たちがやってます。

行っても、「何しに来たんですか」なんてことになります。あそこに居場所はないんです。アウェイ感、疎外感半端ないんです」

c70e7b15-s


ブースで焼きそばをつくり、お客さんに売っているのは、主に入部したての1年生の女子だったりします。

学年が上の女子学生が行っていました。

「さすがに、もう、あのブースには、いれませんね」

20


時間的、空間的距離により、参加できなくても、今ではネットで情報共有できます。そのために、今、このブログを書いているのですが。

とにかく、年に一度は、時空を超えてくるのがよさそうです。

世代を超えた仲間が集まると、懐かしい仲間との再会だけでなく、新しい出会いもあると、これからの展開が開けそうです。









stake2id at 19:16|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

東大五月祭2019は近未来のデモンストレーション

東大五月祭2018は近未来のデモンストレーション?



2



本当はひとつひとつじっくり見学したいイベントが凝縮されています。

中でも、最近顕著なのが、理工系のイベントです。


と書きました。

15


今年もより一層同じことを感じました。

理学部、工学部の展示は、パネルが展示されていて、説明員がいる、というスタイルがほとんどでした。

このスタイルだと、パネルに魅力が感じられない、説明員の愛想がよくなさそう、だとスルーされてしまい、学園祭ではマイナーな存在でした。

14


研究活動、研究成果を文字が主体のパネルで展示するのではなく、実際にモノがあって、しかも、来場者が、自分で体験できる展示が増えています。

あるいは、モノはなくても、発表がパネルからスライドに替わり、スライドで動画を示すことができるようになり、

無味乾燥が多かった理工系の展示が、ぐっと生き生きとして、身近に感じられるようになりました。

13


Techno Factory

11



工学博覧会

IMG_20190518_134948


など、文字が主体のパネル展示ではなく、実際にモノがあって、しかも、来場者が、自分で体験できる展示で、子供から高齢者まで多くの来場者でにぎわっていました。


東京大学医学部五月祭企画・医へのいざない

5


の手術、検査、診断の実演も長い行列ができていました。

中でも圧巻なのが、

10分で伝えます!東大研究最前線

でしょうか。

11


理工系だけでなく、人文科学、社会科学の研究者が集まって60人以上集まって、パネル展示ではなく、スクリーンを使って、自分の研究を10分間に凝縮して、発表します。

10分とは、研究発表には短い感じもしますが、国際学会でも15分が主流なので、専門外の人に聞いてもらうには、ちょうどよいかもしれません。

IMG_20190518_134033


最初の1分の背景、目的で、関心を持ってもらい、6分で説明、結論、今後の展開が2分、質疑1分、という時間配分でしょうか。

情報があふれ、待てない社会では、このペースでなければ、人はついてきてくれません。

テーマタイトルを見ていると、他に魅力的なイベントがなければ、2日かけてじっくり聞きたいものばかりです。

IMG_20190518_141742


これまではスルーされていた研究発表だったのが、会場が満員になってます。

学園祭と言うと、コンサート、ダンスなどのパフォーマンス、著名人による講演、アイドル企画、模擬店などが主流でしたが、

14


近未来のデモンストレーションによる、

理工系、あるいは研究系の逆襲を感じた東大五月祭でした。







stake2id at 19:02|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年05月14日

テレビの役割と寿命についての考察

テレビのない生活からわかった、現代のテレビの役割

で購入した32型液晶テレビが3年半で、音声は出るけれど、映像が見えない状態になりました。

通常メーカー保証は1年ですが、販売店の5年延長保証に入っていたので、無償保証の対象です。

fbd8a08a-s


家電製品に限らず、すべてのものには、寿命があります。

スマフォだと2,3年、パソコンだと5年、エアコンは10年以上、テレビにも10年くらいの寿命を期待していたのですが。

液晶パネルの耐用時間(15000〜20000時間)に近づいていた、ということで交換です。

メーカー引き取りではなく、自宅出張修理で、液晶パネルの交換で、10分程の作業で完了です。

IMG_20190514_102002


ここで、家電製品の修理、と、スマフォ時代のテレビの役割、について考えてみます。

スマートフォーン、修理後2か月半で故障、有償で再修理、を考える




テレビ、エアコン、冷蔵庫などの家電製品は、品質、性能が向上し、さらに価格が低下しています。

通常、8〜10年くらいは正常に機能し、故障が起きる頃には「寿命かな」ということになります。

上に書いたように、買った時に比べ、今の製品は、性能が向上し、価格が低下していて、

「修理するよりも買った方がずっと安い」

ことになります。

15


加えて、省エネに関するトップランナー制度により、省エネ性能も向上していますので、

修理して大事に使うよりも、買い替えた方が、電気代がずっと安くなったりします。

ユーザー視点でモノ・サービスを再構築するユーザー・イノベーションとは

産業の新たなイノベーションの方法・成長力の構造は何か





・もともとメーカーは製品をユーザーに売った後は、アフターサービスは手がかかるので、やりたくなかった。壊れたらば、新しい製品を買ってもらいたかった。

・メーカーは製品をユーザーに売った後は、アフターサービスは手がかかるので、やりたくない、壊れたらば、新しい製品を買ってもらう、方式が、楽で、慣れていて、この方式からなかなか抜け出せない。


と書きましたが、近年の家電製品の品質、性能の向上、価格の低下により、「壊れたならば、修理ではなく、新しい製品を買う」

を消費者が合理的に選択してきました。

d6ef2e29


ところが、ひとつだけ例外が出てきました。

ガラケーからスマートフォーンへの変化です。

ガラケーはせいぜい1〜2万円くらい、壊れることも、それほどなく、2〜3年に1回程度の割合で、機種変更というのが、一般的な対応だったでしょうか

ところが、スマートフォーンになって、状況が一変しました。

価格は一挙に急上昇し、8〜10万円もするようになりました。

7d34932d



新機種が出るのを心待ちにして、予約購入する人たちもいますが、

多くの人にとっては、2,3年前の機能、性能でも十分で、10万円近い金額を支払って、買い替えるよりも、壊れたならば修理、になりました。

さらにスマートフォーンは小さなスペースに多くの機能を詰め込むので、テレビ、エアコン、冷蔵庫などの家電製品に比べ、

耐用年数が短く、2〜3年で故障が起きるようになりました。

そのため、au、NTTドコモ、ソフトバンク、などの携帯電話会社は、製品の売り切り、だけでなく、本来、苦手な、壊れた製品の修理、をせざるを得なくなりました。


984af021


テレビも、20年くらい前に、ブラウン管から液晶パネルに、さらには4k、8K対応の高解像度になり、10年前後の長寿命は期待できなくなり、1年のメーカー保証では、初期欠陥以外は対応が難しいので、5年の延長保証をつけて、5年以内の故障には修理で対応、高解像度テレビに切り替えたければ、買い替え、というフェーズに移行したようです。

上記のように液晶パネル、電源基盤など、パーツの交換なので、メーカーに引き取ることなく、その場ですぐに対応可能です。

50799cdb-s


テレビのない生活からわかった、現代のテレビの役割





ネットが普及してから、テレビの存在感は確実に減りました。

ネットがない生活は、数時間でも困りますが、テレビのない生活は、さほど困りません。

そもそも、スマートフォーンのアプリ、ワンセグにより、テレビを見ることができます。

テレビがない生活をしてわかったことは、今のテレビの役割は、

映像がある、時刻表示機能がある、BGMで、生活ペースメーカー、かな、

というところでしょうか?

PCにも時刻表示はあるのですが、作業をしていると時間を忘れてしまうことがあります。

テレビをつけていると、ニュース、天気予報など、定時に放送される番組があるので、時間の認識ができます。

PCでは、自分が興味あるニュースしかクリックしませんが、テレビのニュースでは、それ以外のニュースも流れます。

大きな役割が、家族との会話のトリガーでしょうか。

f1bc3c0d-s


イヤフォーンをつけて、スマートフォーンでテレビニュースを聞いて、PCで作業をしていると、

各自が「個」に閉じこもり、家族との会話を遮断し、作業することになってしまいます。

ところが、それぞれが別の作業をしていたとしても、BGMとしてのテレビ放送が流れていると、

それが会話のトリガーになったりします。

茶の間で家族団らんでテレビを見る、という時代ではないのですが、別々の作業をしつつも、共通の情報BGMとしてのテレビ、

という役割は健在のようです。


と書きました。

53b8cda3


映像が出ないので、音声だけ聞き、PC作業をします。

もともと、PC作業をしている時は、音声だけ聞き、映像は見ていなかったので、変化はないはずです。

でも、なぜか違うのです。

音声を聞き、見たいときには映像を見ることができるのと、全く見えないのでは。

BGMではなく、BG moving picturesというところでしょうか。

修理に来たメーカーの人によると、テレビを見ている(?)、つけている時間(液晶パネルに記録されている)自体は増えているそうです。

PCのように、意図的に見ていない時は、自動的に切れる機能があるといいのですが。

ということで、スマフォ、PC時代のテレビの役割も再認識しました。

94566ef6-s


さて、液晶パネルの寿命は、利用時間と相関、ということなので、明らかに見ていない時間は、こまめに切ることにします。




stake2id at 16:14|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年05月04日

工学、研究をしばらく「寝せる」意味

「一刻を争う理学」と「社会情勢を見極める工学」

770103bc-s





世の中的には10連休ということですが、アカデミアの世界は、そうもいかないようです。

日本は連休でも、海外の研究機関、研究者、学会は通常通りに活動しており、連休明けにメールボックスを開けたのでは、「〆切を過ぎており」学会投稿に間に合わない、研究会に間に合わない、なんてことになります。

そうは言いつつ、所属する大学、研究機関は10連休ではなくても、いくらかの連休はあり、まとまった時間が取りやすく、普段はできない、論文の執筆を行い、2,3報の論文の概略を書くぞ、と意気込んでいる方を見受けます。


と書きました。

8


長かった10連休も、そろそろ終わり、さて、皆さん、どんな状況だったのでしょうか?

文字通り10連休だった人は、あまりいません。

連休明けは、ただでさえ、忙しかったりします。そこに、連休期間中の観測データ分析、連休中に何らかのトラブルがあった場合の対応、があると、5月中が機能不全に落ちります。

そんな訳で、連休中でも何日か、出勤して作業しています。

それでも、何日かの、完全な休日があります。

984af021


通常の土日、ウィークエンドは、アカデミアの世界では、完全な休日ではありません。

むしろ、土曜日は、

・地方の研究者も参加できるので、朝から夕刻まで、研究会が盛りだくさん

・社会人が参加しやすいので、朝から夕刻まで、授業、ゼミ

その影響で、日曜日は、私的な勉強会

となり、土日、ウィークエンドは、平日とは異なるペースの作業日です。

ところが、ゴールデン・ウィークは、何日かの、完全な休日があります。

51c0b10f


夏休みの、長期休暇とは異なり、「何日かの、完全な休日」です。

そのため、研究について、毎日、常時、動かし、作業しているのではなく、

しばらく「寝かせる」ことになります。

2225c75a


すると、通常では、気づかなかった、見落としていた、「視点」が得られることがあります。

その「視点」から研究を見直すと、新たな展開があったりします。

長かった10連休も、そろそろ終わり、今後、どんな展開があるのか、楽しみです。






stake2id at 18:38|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年04月30日

当事者の情熱と、研究対象としての俯瞰のバランス

東京大学・共生のための国際哲学研究センター(UTCP)2019年度キックオフシンポジウム「Ties of Reciprocity 共生の軌跡」

という案内が来ました。

11


「障害と共生プロジェクト・こまば当事者カレッジ」「日本近世の思想世界」という一見カオスなセッションが楽しかったりします。

シンポジウムの内容ではなく、研究と「当事者」ということについて考えてみます。

309cd4e7


研究とは、困ったこと、解明したいことなど、に対する、強い「情熱」が発端であることが多かったりします。

一方で、情熱のもととなる、体験が強烈過ぎると、その体験に引きずられ、冷静な判断、分析ができなかったりします。

自分を研究対象とするには、自分を離れた場所から見る、もうひとりの自分が必要だったりします。

51c0b10f


コミュニティーにおける個人の人格の形成、エスノグラフィーによる観察

エスノグラフィーはイノベーションを起こす手法としても有効


「エスノグラフィー」は、参加観察を主とするフィールドワークを通じて、研究者(自己)が研究対象となる人々や集団(他者)と出会い、自己を模索する作業を繰り返すことによって構築されます。

つまり、研究者と研究の対象の関係性とそれに関わるコンテクストを常に意識しながら、研究のテーマとなる事象や問題にアプローチする手法です。

a1c35951


観察者は宣教者になってはいけません。ただ、コミュニティーを外から観察するのでもありません。

コミュニティーの中に入り、ただ、中心ではなく、周辺に立ち、あくまで観察します。なるべく観察者が影響を与えないように。


d02ba8c3


「プロジェクト・当事者カレッジ」の方々のお話では、

「これまで、私は〇〇の仕事をしていました。そこでは、これが当たり前でした。

でも、今のポジションに移ってみると、違う見方があることがわかりました。」

というものがありました。

fe84fd16


文化人類学は、専門ではないので、工学に移ります。

実は、工学でも、同じことがあります。

「自分たちは負けていない」という間違った現状認識によって、日本の電機産業は衰退した


変革を拒むのは、かつての王者、あの栄光をもう一度、は絶対にない

に書いたように、

最近、衰退産業、斜陽産業と言われる業界に伺うことがあります。

f2924025


世界的なシェアの減少、売上、利益の低下は明白なのですが、

なぜか、示されるのが、局地戦では勝利した事例です。

都合の悪い情報は棄却して、都合のよい情報のみ取り入れ、明らかに間違った判断をしています。

そして、「まだまだ、頑張れる」ということになり、精神論が幅を利かせ、「いつか必ずよみがえる」と言わなければ非国民とされるような、恐ろしい雰囲気があります。

748281f9


企業研究者が考える社会実装学




自明なことでも、研究開発者、技術者には、自分が携わる技術へのこだわりが強く、簡単には棄却したり、他の利用法を考える、ことができないようです。


「あの栄光をもう一度」が、新規分野への進出をかたくなに拒んでいます。これが衰退産業の特徴かもしれません。


2225c75a


技術開発者の熱い情熱が、ユーザーにとっては、不要であったり、実用化を阻んでいることもあります。

それゆえ、時には、技術開発者の立場を離れ、俯瞰し、時には立場を変えてみると、新たな展開が生まれたりします。





stake2id at 17:16|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年04月24日

「一刻を争う理学」と「社会情勢を見極める工学」

世の中的には10連休ということですが、アカデミアの世界は、そうもいかないようです。

日本は連休でも、海外の研究機関、研究者、学会は通常通りに活動しており、連休明けにメールボックスを開けたのでは、「〆切を過ぎており」学会投稿に間に合わない、研究会に間に合わない、なんてことになります。

8eaf77c2


そうは言いつつ、所属する大学、研究機関は10連休ではなくても、いくらかの連休はあり、まとまった時間が取りやすく、普段はできない、論文の執筆を行い、2,3報の論文の概略を書くぞ、と意気込んでいる方を見受けます。

ba4b29be


一口に理工系と言っても、「真理を探究する」理学、サイエンスと、「科学技術を社会に活用する」工学、エンジニアリングでは、だいぶスタンスが異なります。

0f48b294-s


理学、サイエンスでは、探究した真理を、いち早く、インパクトファクターの高い、海外ジャーナルに発表することが大切です。

「共著の調整で、もたついている間に、海外のライバル機関に、先に出されてしまいました。失敗です。」

2436b7b5


工学、エンジニアリングは、少し様相が異なります。

「研究した成果をまとめて、投稿したのですが、不採択になってしまいました。

もう少し、最新の動向を見極め、それへの活用という形で書けば、採用されたのですが」

いち早く書く、というよりも、研究成果をどう活かす、が大切のようです。

309cd4e7


ということで、アカデミアにとっても、勝負の10連休になりそうです。







stake2id at 18:41|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年04月19日

情報の調査、収集、構成、記録、再構築について

「TAK」さんの関心範囲は、技術経営(MOT)だけにとどまらず、AI(人工知能)、ロボット、脳科学、再生可能エネルギー、理論物理、あるいはジェンダー論、場の論理、身体表現など、多岐に及びます。

04e4d4b8-s


よく、「このテーマについてコンパクトにまとまった資料ありませんか」

と聞かれます。

答えは「ありません」とつれないものになります。

12


情報を探し求めるのは、ある目的がある時で、それに合致するものを探しています。

さらに、その探す目的は、時間、状況と共に変わっていきます。

つまり、あなたが求める情報は、他の専門家などのアドバイスを聞きつつ、自分で、いろいろなところを調査し、その中から関連あるものを収集し、自分のコンテキストに合ったものを構成していくことになります。

cb14753d


情報提供、情報交換で寄せられる「情報」は、あなたの目的を、必ずしも考慮したものではなく、役に立たないものがほとんどです。

27c853ca


自分のコンテキストに照らして、調査、収集、構成した情報は、必ず記録しておきましょう。

違ったコンテキストでも、再構築すると、かなりの部分が使えます。







stake2id at 19:25|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

文学世界と現実世界、タイタニック号の音楽

東大文学部渡辺裕先生最終講義「文学世界と現実世界 タイタニック号の音楽」

東大文化資源学研究室 木下直之先生、渡辺裕先生の最終対談を

21


文化資源とは何だろう?「ふたりのなんだか気になる風景」

に書きましたが、渡辺裕先生については、最終対談だけでなく、最終講義もあります。

22


人々に定着して、引き継がれている歴史と、歴史的な事実を実証されている事項があります。

両者は、往々にして同じではなかったりします。

23


タイタニック号が沈んでいく時、バンドのメンバーが、最後まで音楽を演奏し、人々を勇気づけた。そして最後に讃美歌

Nearer My God To Thee


を演奏した、とされており、1996年のレオナルド・ディカプリオ主演のキャメロン監督の「タイタニック」でも、この曲「Nearer My God To Thee」が重要な役割を果たしています。

24


しかし、実際に最後に演奏された曲は、Autumnという讃美歌だった、というのが歴史的事実のようです。

では、映画「タイタニック」の讃美歌「Nearer My God To Thee」はAutumnという讃美歌に直さなければならないか、というと、決してそうではありません。

25


事実と検証されている歴史と、人々に定着して、引き継がれている歴史があり、それぞれに違いがあっても、融合し、両立していくこともできそうです。






stake2id at 18:41|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年04月15日

AI(人工知能)×脳科学でどんな展開が拓かれる?

知的財産マネジメント研究会(Smips)産学連携で未来を切り拓く〜AI x 脳科学によるマーケティングイノベーション

という案内が来ました。

15


ヒューマンセンシングやデジタル技術が急発展する中、ニューロサイエンスもその要素の一つになってきています。

脳科学とAIを組合せた最先端技術を活用した成果と活用事例を紹介します。

13


fMRI、脳波計により、脳がどういう反応をしているのか?が、計測できるようになりました。

人と人工物の新たな関係性を目指して、人工物はAR(拡張現実)




12d9dc15-s


ネイマール選手のプレー時の小脳の活動は、他の人々に比べて、はるかに小さい。

8fadcd64-s


新しい道具を使う、新しい使い方をする時には、小脳が活動する。学習するにつれて、小脳の活動は小さくなる。


と書いたような研究も進んでいます。

12


その脳の計測と、AI(人工知能)が機械学習、強化学習を行えば、極めて強力なツールとなりそうです。

実は、AI(人工知能)自体の発達が、脳科学によるものが大きかったりします。

人工知能とロボットの目、手、足とセンサリング技術による知覚センサーが融合すると


3681f611


人工知能は、

・脳科学をベースに人間の脳を人工的に実現することと、

人工知能と脳科学、この密接な関係



従来の人工知能で採用されていたパターン認識では、人間の精度に勝てなかったのが、人間の脳についての知識を利用して階層的に認識を行うシステムである、ディープラーニングを採用したところ、人間の精度を超えました。

人工知能の開発には、脳科学の研究が欠かせません。


62c77bbf


・大量高速計算、検索、照合機能を活用して、人間はできないことを瞬時に行う

人の仕事が人工知能に置き換わる、よりは、人と人工知能のコラボにより、できることが急激に拡大する



コンピューターはデータをもとに、高速大量演算を行い、その結果を示します。


の2つの手法が主に行われていたが、これが統合されてきました。


2f0caaa0


ディープラーニングの先のAI(人工知能)


現在深層学習(Deep Learning)がAIに革命をもたらしています.

深層学習は機械学習のための大変強力な道具ですが,それだけでAIシステムの全てが実現できるわけではありません.

ボトムアップの機械学習とトップダウンの推論システムの融合により強力なAIシステムが構築できると考えていますが,その具体的手段はまだ確立されていません.

0b7836de


深層学習(Deep Learning)に加えて、機械学習、強化学習などを組み合わせたものが主流ですが、

ディープラーニングが、人間の脳の機能をベースに導入されたように、他にも人間の脳の機能を活用すると、新たな展開が期待できます。

5beff50c


人間の脳の機能としては、

・人間の脳は、視覚、聴覚など外界から入力した情報と、脳自身が想起した情報を区別できない。

・脳は意識して考える場合と、無意識に考える場合があり、後者の方が圧倒的に多い。

・機械学習がボトムアップで認識するのに対し、人間はトップダウンで推論し、後付けで、その推論を裏付けるデータを探していく。


脳科学の計測システム、装置の進歩自体にAI(人工知能)が深くかかわるのですが、

計測された結果を、機械学習、強化学習により、取り入れることによる、さらなる展開が楽しみです。






stake2id at 19:14|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年04月12日

ブラックホール、 史上初の撮影に成功 

ブラックホール、 史上初の撮影に成功 

20190410-00000133-kyodonews-000-8-view


ブラックホールの存在が予測されてから、約100年を経てその存在が視覚的に証明されました。

アインシュタインが一般相対性理論により、巨大な質量の周辺では、時空がゆがむことを予言したのが1916年のことです。

38b9f37c


アインシュタインの夢と超弦理論



1905年はアインシュタイン奇跡の年、と言われ、特殊相対性理論、光電効果、ブラウン運動の3つの後世に大きな影響を与える発表をしています。

アインシュタインと言えば、相対性理論というイメージがありますが、

・光電効果は、「光が粒子としての性質を持ち、光が物質に当って、電子が飛び出す現象」で後の量子力学へと発展します。

アインシュタインはこの研究でノーベル物理学賞を受賞しています。

・ブラウン運動は気体、液体中に浮遊する微粒子の不規則な運動ですが、アインシュタインがこれを理論的に説明し、後の統計力学へと発展します。

アインシュタインはその後1916年に一般相対性理論で、重力の源があると、周りの時空にゆがみが生じることを発表しました。

例えば、巨大な質量をもつ太陽のそばを通る光は屈折する訳です。これをアインシュタインは予言しました。

e8731064


実際に、1919年の日食において、実際に、星から来る光は、太陽のそばを通る時に屈折することが確認されました。

科学者は、起きた現象について、後から理屈をつけるのは得意ですが、これから起きる現象を予言することはあまりありません。

これで一般相対性理論がにわかに注目されることになりました。

64cc3be1



一般相対性理論により重力の起源が説明されましたが、残念ながら、一般相対性理論は、素粒子などミクロな世界では不整合が出てきます。

また、アインシュタインは晩年に重力と電磁力の統一を試みましたが、うまくいきませんでした。

3次元の空間に時間を加えた4次元ではなく、10次元時空での「超弦理論」による理論、衛星からの宇宙観測などの飛躍的発達による検証、により、未解明だったものがわかってきました。

21世紀中にアインシュタインの夢が実現できるか?楽しみです。


eb1a7694


アインシュタインの「最後の宿題」「重力波」観測が、ノーベル物理学賞



2017年10月3日、ノーベル物理学賞の受賞者が発表されました。受賞したのは、LIGO/VIRGO Collaborationのレイナー・ワイスさん、バリー・バリッシュさん、キップ・ソーンさんの3人で、2016年に発表された重力波を直接検出したという業績がたたえられたものです。

業績からノーベル賞受賞までこれほど短期間なのは例外的なことです。

bd859d93


アインシュタインが100年前に予言した「重力波」を初めて直接観測することに、アメリカMITなどのチームが成功したことが話題になっています。

「重力波」とは、質量を持った物体が動いたとき、周囲の時空(時間と空間)にゆがみが生じ、そのゆがみが光速でさざ波のように宇宙空間に伝わる現象。

b26cf9d0


重力波は、時間や空間がわずかに伸び縮みする「時空のひずみ」がさざ波のように伝わる現象。アインシュタインが1916年、一般相対性理論から予言していた。観測は「最後の宿題」とされ、物理学の長年の悲願だった。

物体が移動することで時空の歪みは変化して、その変化は光の速さで伝わっていきます。この変化の波のことを、重力波と呼びます。


ブラックホールは、非常に強い重力を持ち、光さえも抜け出せないことが観測により示されました。


理論的には存在するはず、ただ、計測技術、観測技術が未発達ゆえ、観測できなかったことが、またひとつ観測できるようになりました。

c6c036bf


こういった研究成果に冷淡な人もいます。

「あるものを、写真に撮っただけじゃないか」

航空写真、衛星写真が撮れるようになった時も、同様のことを言う人がいました。

しかし、その後、それらを利用して、新たな展開が多方面でありました。

今後の展開が楽しみです。




stake2id at 19:08|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年04月04日

研究結果を発表、公開する場としての科学誌

Nature創刊150周年 東京大学で記念シンポジウムを開催

日本の科学の未来― 持続可能な開発目標の達成に向けたビジョン ―

11



基礎研究から市民社会へ:日本の科学の未来を考える

1869年11月4日に創刊した国際科学誌Nature は、今年で創刊150周年を迎えます。

これを記念して、2019年4月4日に東京大学で記念シンポジウムを開催します。

12


という案内が来ました。


シンポジウムで話された内容よりも、Natureをはじめとする科学誌の役割について考えてみます。

研究成果については、ある程度まとまった段階で、発表し、得られた知見を公開することが大切です。

その場として、Natureをはじめとする科学誌が大きな役割を果たします。

どんな研究内容でも科学誌に掲載されるわけではなく、査読、ピアレビューという手続きを経て、新規性、進歩性など、掲載に足る内容と判断された研究結果が掲載されます。

14


「TAK」さんも

US科学ジャーナルModern Environmental Science and Technology に掲載されました

に書いたように、海外科学ジャーナルに論文が掲載されたことがあります。

2436b7b5


研究内容を発表、公開、共有する場として科学誌の役割は大きく、研究だけでなく、科学、技術、社会を推進する役割を果たしてきました。

735685e5


最近では紙媒体ではなく、電子媒体で検索しやすくなっています。

ただし、大きな課題が持ち上がっています。

かなりの科学誌が無料ではなく、購読料を支払わないと購読できません。

ちなみに、上記の海外科学ジャーナルは、無料で閲覧、ダウンロードが可能です。

04e4d4b8-s


科学、技術、研究を進めるには、閲覧、ダウンロードのオープン化、フリー化が大切です。

ただし、科学誌は購読料をビジネスの財源とする訳で、困った事態となっています。

閲覧、ダウンロードのオープン化、フリー化は時代に流れであり、必然ですが、それでは、科学誌は何を財源とし、どういうビジネスのなるのか?

Nature創刊150周年を迎えて、考えてみました。




stake2id at 19:55|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年04月02日

生物現象の普遍性があるから、生物の多様性がある

東京大学理学部公開講演会「生命の神秘を理学で解き明かす」

という案内が来ました。

31Kokaikoenkai


その中で、「生命現象の普遍性」という講演がありました。

多様で複雑な形や機能を持っている生命を、どのように理解すればよいでしょうか?

理解する一つの方法は、生命現象の普遍的原理を見つけ、その原理から演繹的に多くの現象を説明することです。


逆説的ですが、生物現象の普遍性があるから、生物の多様性があります。

普遍性がなければ、多様性というよりも、単なる無秩序、バラバラな状態になります。



94edaebd-s


生命とは何かの普遍性に挑む、理論物理と構成的実験からのアプローチ


「普遍生物学:変化しやすさと安定性の状態論」

「生命とは何か」―量子力学の祖の一人、シュレーディンカーは、その著書で、情報を担う分子、DNAの性質を予言しました。

以降、生物内の個々の分子の性質は調べ挙けられてきました。

しかし、それら分子の集まった「生きている状態とは?」の答えには至っていません。

要素(分子や細胞)の間の関係に着目して、「多様な成分を維持し成長し、適応して進化する」生物の普遍法則を構成的実験と理論物理て゛解き明かそう としています。

96d88d01-s


生物物理学は、生命の根元を理解しようとする学問です。生命は物質に担われています。

物質科学の原理から、どのように生命現象が引き起こされるのでしょうか。

また、生命には特徴的な階層構造が見られます。

30e13efc-s


生命らしさが現れる最も小さい単位は、生体高分子です、生体高分子が自己組織化して超分子集合体が、さらにその有機的な集まりにより細胞が、 そして細胞の組織化により器官や個体が、出来上がります。

さらに、生態系が生命の階層構造の最上位に位置しています、生物物理学の目的は、これらの各階層における生命現象の物質科学的基礎を理解し、 その階層をつなぐ原理原則を見いだすことによって生命現象を解き明かすことです。


f2023a36-s


生物多様性学の最前線


生物多様性の状態とは、生物と自然のフィードバックの状態を反映しています。

単純な生態系では、病害虫の発生により、大打撃がありますが、多様な生態系では、被害はある程度で食い止められるそうです。

f866bb50-s


菌、微生物は、生態系にとっても重要な役割を果たしていることが、近年明らかになってきました。

陸上植物は真菌類と共生しています。菌、微生物が住む土壌の生態系は、未知の地下生態系と言われます。

それゆえ、土壌を劣化させた文明は、食料を生産できなくなり、崩壊します。

植物と真菌の関係は、真菌が植物に窒素、リンなどの肥料を提供し、植物が光合成により、糖を提供する、という関係です。

d971157d-s


さて、生態系の中で、多様な植物と真菌が複雑なネットワークを形成しているのですが、真菌の中に、「仲良しグループ」があり、さらには、「仲良しグループ」の中に、「まとめ役」がいるようなのです。

北海道、本州、沖縄の生態系では、そこにいる真菌類も異なるのですが、「まとめ役」の真菌類は、どこにでもいたりします。

また、「先住者効果」といって、先に入った菌が、後から入って来ようとする菌を阻む、こともあるそうです。

2489eddb


今後も生命科学の進展が楽しみです。




stake2id at 15:36|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

人と人工物の協調による社会、生活の進化

東大人工物研究センター発足記念シンポジウム−人工物工学の新たな挑戦と新しい展開−

という案内が来ました。(まだURLが更新されていないようです。)

12


自動車、建築物、家電製品、バット、ラケットからPC、スマフォ、あるいはアプリ、ソフトウェア、サービスまで、人工物は幅広く、人々の生活に深くかかわります。

人間の生活の利便性に資するのが人工物ですが、一方で、人工物の仕様がひとたび決まると、人間の生活がその仕様に合わせて規定されてしまう一面もあります。

IMG_20190401_145747


人と人工物の新たな関係性を目指して、人工物はAR(拡張現実)



「雨が降るから、傘をさす」「寒いから暖房を入れる」

のように、人は人工物を利用しつつ、周囲の環境と共存しています。

自分の意志による、内発的な行動とは言っても、100%内発的ではなく、周囲環境とのかかわりに端を発するものが多いかと思います。


IMG_20190401_145847


人工物としてのワープロ、作家、研究者など小説、随筆、論文を書く人たちは、当初、ワープロを和文タイプライターの代わりくらいしか考えていませんでした。

紙とペンの時代は、書き直すたびに何度も清書が必要でした。

ワープロでは簡単に修正ができます。清書しなくても、印刷したものが清書になります。

以前書いた文章を引用する場合、新たに書き直さなくても、コピー、ペイストすれば済みます。

文書の記録、修正、保存が容易など、業務だけでなく、研究自体も変えていきました。

53b8cda3


人間は(人工)物にしたがって生活する


スーツケースを買うとします。

前のスーツケースのサイズ、それで足りない思いをどれだけしたから、一回り大きいサイズを買うべきか?

前のスーツケースのキャスター、取っ手で不便だった記憶から、どういうキャスター、取っ手がよいか?

など、に加えて、押入れに入るか?値段は?などを考えて、どれを買うべきか?検討します。

その結果、ある一つのスーツケースを購入します。

IMG_20190401_163132


すると、その時点から、あなたはそのスーツケースにしたがって行動することになります。

そのスーツケースは、押入れのスペースをその分だけ占拠します。

海外旅行、海外出張に持っていけるものは、最大でもそのスーツケースに入るだけ、です。

海外旅行先では、便利だろうが、不便だろうが、そのスーツケースのキャスター、取っ手を使わざるを得ません。

IMG_20190401_145905


つまり、(人工)物は所有した時点から、それにしたがって、生活することになります。

プラズマ・液晶テレビ、パソコンを買う時、こだわりたい機能、ポイントが必ず何点かあるでしょう。

でも、それ以外の機能は、別にどうでもよくて、あまりこだわらずに、買います。

ところが、買って使う時点から、その「別にどうでもよくて、あまりこだわら」なかった特性にも合わせた使い方をしなければなりません。


と、人間は(人工)物にしたがって生活する、ことになる訳です。


82c6691a-s


人間とAI(人工知能)の協調で創造性が進化する


眼鏡、ランニングシューズなどは、既に装着して人間の機能とされています。

この、当然のことも、人間とテクノロジーを一体化させて人間の能力拡張と考えられます。

眼鏡が発明される前、視力が悪くて、敵の接近を発見できないことは、致命的な障害でした。

1964年の東京オリンピックでは、マラソンを裸足で走るアベベ選手が優勝しましたが、その後の、ランニングシューズの弾力性、反発性の技術は、アスリートの記録を大きく伸ばしました。


13


こう考えると、人間は人工物の機能を、自らの能力に取り入れながら、進化していくことになりそうです。




stake2id at 14:59|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
livedoor プロフィール

「TAK」さん

最新記事
Archives