2010年09月

2010年09月28日

ヨーロッパの旅行 トラブル編

海外旅行では予期しないトラブルが起こります

添乗員付きのパッケージツアーならば、トラブルの解決は添乗員にお願いしますが、個人旅行では自分で解決するしかありません

もちろん、日本語は通じませんから、英語でトラブルを解決しなければなりません

「かわいい子には旅をさせよ」と言います。トラブルに遭遇した時は、パニックしますが、振り返るといい経験を積んだ、とも言えます。

せっかくの経験を記録して、皆さんとシェアし、今後の教訓とすることにします


1.成田→クアラルンプール→ローマ→マドリード→イビザ やっと着いた!でも、スーツケースが出てこない!

IMG_0059












イベリア航空が日本から撤退してしまいましたので、スペインに行くには直行便ではなく、乗り継ぎ便になります

乗り継ぎ便、特にヨーロッパの乗り継ぎ便では、預けた荷物が乗り継げずに、到着時に届かないことが、かなりあります

ブログに書くと、こういうことなのですが、実際に荷物が出てこないと、かなり、あわててパニックします

「TAK」さんは既に、こういう経験をしたことがあるし、今回の乗り継ぎはハードなので、もしかしたら、と予想していましたので、
それほど、あわてませんでしたが、他の荷物が出てこない乗客はパニック状態でした

こういう時は、荷物のコンベアベルトの近くにある、航空会社のカスタマー・サービスに行きます

出発の空港で荷物を預けた時に、航空券の半券に荷物タグを貼ってもらっています

自分が乗って来た便名とこの荷物タグを示します。それゆえ、航空券の半券、荷物タグは絶対に捨ててはいけません。

航空会社のカスタマー・サービスで、荷物タグ番号などをコンピューターに入力してもらってから、荷物の捜索が始まります

WorldTracer (the international baggage tracing and management system)にカスタマー・サービスの処理番号と名前を入力すると、荷物の捜索状況が表示されます

荷物は通常、立ち寄った空港で、時間が足りないなどの理由により、乗り継ぎ便に乗せられなかった場合がほとんどで、どこにも見つからない、ということは、ほとんどありません

とにかく、落ち着いて対応しましょう

「TAK」さんの荷物はローマにあり、その日のうちにローマからマドリード、イビザまで来る飛行機があったので、深夜にはイビザ島に着いて、翌日ホテルまで届けてもらいました

ただ、見つかった地点から現在いる場所までの飛行機がしばらくない場合、すぐ別の場所に移動してしまう場合は他の対応が必要になります。


2.予約した飛行機がキャンセルになっていた!どうやって行けばいいの!

100917イビザ












イビザ島からの帰りにチェックイン・カウンターで、予約したe-ticketを示したところ、「この便は数週間前にキャンセルになっている。タイムテーブルを確認しなかったか?」という返事でした。

お金はもう支払っていますから、別の便を探してもらいます

予定では、今日はイビザ→マドリード→ローマに移動して、ローマのホテルを予約しています。ですから、何とか今日中にローマに着かなければなりません

もし、今日中にローマに行けない場合、ローマのホテルをキャンセルして、イビザにホテルを探さなければなりません。この費用は、こちらの負担になります。

何とか、イビザ→マヨルカ→マドリード→ローマの飛行機が見つかり、発券してもらいます

ただし、乗り継ぎ時間がとてもタイトです

マヨルカ→マドリードの飛行機が遅れて、マドリード→ローマの飛行機に何とか間に合いました

同じ航空会社同士ですが、乗り継ぎの乗客が少ない場合、マドリード→ローマのような乗客が多い飛行機は待ってくれません。

乗客の乗り継ぎがやっと間に合うくらいですから、荷物の乗り継ぎは無理でしょう

予想とおり、ローマ空港でスーツケースは出てきません。

ただ、今度はローマに1泊しかせずに、日本に帰ります

ホテルをチェックアウトした後に、荷物がホテルに届くと困ります

スーツケースは空港に留め置いてもらい、日本に帰る時に受け取ることにします

その時までに、空港に届かないのなら、日本に送ってもらいます


3.人混みでは複数人数のスリ団に要注意

スペイン、イタリアでは、人混みでは複数人数のスリ団に要注意、とは、よく言われます

だけれども、海外旅行に慣れてくると、油断が出てきます

「TAK」さんは海外旅行も海外出張も多いので、「まさか、自分は」という油断がありました

海外旅行では、人とのふれ合いが楽しみです


100928コロッセオ












ローマで、ちょっとした会話から、写真を撮ってあげるからと、「TAK」さんからカメラを受け取ろうとした時に、先端が輪になったひも状のものに小指を入れてくれ、という仕草がありました。

「これ、危ない」

カメラを持った手をすぐに引っ込めました

よく見ると、ひとりではなく、仲間らしき者が複数いましたが、この瞬間に諦めた模様です

先端が輪になったひも状のものに小指を入れさせて、右手の自由を奪って、貴重品を奪うスリ団だったようです

ほんのゼロ・コンマ何秒かのことでした

危うく「TAK」さんはスリ団の餌食になるところでした


カップルから写真を撮ってくれないか、と言われると、いいですよ、と応じたくなります

写真を撮っている時には、両手はふさがり、注意もカメラ、被写体に向いています

この時に、グループのスリ団から狙われました

とっさに気づいて、睨み返し、こちらが注意していることがわかったため、諦めたようです


コロッセオ、トレビの泉など、人が集まるところには、警官もいます

でも、とても彼らが警備し切れる人数ではありません


せっかくの人とのふれ合い、親切を断るのは、気が引けます

でも、スペイン、イタリアでは、人混みでは、「話しかけてくる人は泥棒」「親切はスリの前作業」くらいの心構えでいた方がよいみたいです


4.浴槽で転倒 肩を強打!

浴槽って、すべりやすくて、実は危険な場所です

ただ、自宅の浴槽は使い慣れていますから、転倒することは、まずありません

しかし、ホテルは通常初めて来て、施設を利用します。ですから、慣れていません

浴槽から出る時に、すべって転倒して、肩を強打してしまいました

頭を打たなかったのが幸いでした




stake2id at 16:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年09月17日

これから遅い夏休み

昨年の5連休ほどではありませんが、今年も9月の後半に連休があります

この連休を利用して、海外で遅い夏休みを取ります

10月から大学が始まりますので、それまでには日本に戻ります

100917イビザ














最近は、ヨーロッパの島リゾートに凝っていて、

昨年はギリシャのニコノス島、サントリーニ島

今年はスペインのイビザ島

でのんびりして来ます

「TAK」さんのバカンス・スタイルとしてパソコンは海外旅行には持って行きません

本当はiphoneくらい持って行くといいのだけれど、持っていません(涙)

ホテルにパソコンは置いてあるし、インターネット・カフェはかなりあるので、メールは読むことが出来ます

そして、急ぎの案件だけ返事をします。日本語入力システムはないので、英語での返信です

ブログは更新しませんし、twittwerもしばらくしませんが、そんな事情ですので、ご心配なく!

のんびりしてきます。

それでは、行ってきま〜す

stake2id at 15:12|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年09月13日

知的財産マネジメント研究会(Smips)若手ビジネスパーソンの急増

9月の中旬、後半の週末が連休になるせいか、いろいろな研究会が9/11(土)に集中します

別に、9/11のメモリアルで行なう訳でもないでしょうけれども

さんざん、悩んだ挙句、知的財産マネジメント研究会(Smips)に出かけます


東大先端科学技術研究センターの隅蔵康一先生(現 政策研究大学院大学)と西村由希子先生が始めたものです。

隅蔵先生によると、

科学技術と社会をつなぐエリアで道を拓きたい、と考えるようになった頃、「大学院生の頃、こんな場があったらいいな」と考え作り出したものが、大学、企業、官庁、研究機関の社会人、学生が、知的財産をベースに横断的に勉強する「知的財産マネジメント研究会(Smips)」です。

西村先生によると、

誰かにため、というよりも、みんなで共有できる時間を作りたい。

みんなに楽しんでもらえる企画を実行しながらも、自分自身が楽しいと思えることを続けて行きたい。

ということです。


月に1回行なわれる定例会は、知的財産について、専門家を招いて、講演を行なうのですが、今回は少人数のワークショップ

○ セッション1

1A 前向きな知財@ビジネス〜未経験者歓迎!知財とは,そもそも何だったか?(足立昌聡 藤原奈保子)

1B 前向きな南北問題〜生物多様性条約COP10を目前に控えて(香坂玲 隅藏康一)

1C 前向きなワールドカフェ(田原敬一郎 西村由希子)

1D 前向きなパーソナル・ブランディング(1)〜セルフ・イメージを見える化する自己分析(上條由紀子 山本伸)

○ セッション2

2A 前向きな若手研究者キャリア(篠澤裕介)

2B 前向きな知財政策(隅蔵康一)

2C 前向きな科学・技術ガバナンス(岡田健 西村由希子)

2D 前向きなパーソナル・ブランディング(2)〜今度こそ一歩踏み出せる行動計画を作る(上條由紀子 山本伸)

にひとつずつ参加して、懇親会というスタイルです


少人数のワークショップ+懇親会というスタイルは、他の参加者とゆっくり話ができて、友達になれる、なんてメリットがあります

「TAK」さんも多くの参加者の方々とじっくりお話をすることができました

その中で、大きな流れを感じました

3月に行なわれた時には、

新たな息吹き、知的財産マネジメント研究会(Smips)


ここ数ヶ月で顕著なのが、学生さんの参加です

それも、つるんで何人かで参加するのではなく、ひとりでやって来る学生さんが多いことです

話を聞いてみると、

「学校での勉強、研究室でのゼミをやっています。

でも、それだけでは、満たされない何かがあるんです。

そこで、大学を超えて、この勉強会に参加させてもらうことにしました」

やって来る学生さんの専攻は知的財産に限られません。

また、工学、理学など研究系の学生さんだけでなく、文系の学生さんもいます。


と学生さんの参加増を書きました


今回、感じたのは、社会に出てから、数年たった若手ビジネスパーソンの参加です


「就職して3年になります。

残業で忙しいけれど、仕事はやりがいもあるし、楽しいです。

でも、何か、足りないんです。

そこで、この勉強会に参加することにしました」

「社会に出てから6年になります。

2年ごとに部署が異動になり、3つの職場を経験しました。

いろいろな仕事ができて楽しいのですが、「自分はこれのプロ」と言える様な専門性がありません。

これでいいのか?不安です」


学生さん、若手ビジネスパーソン、大学の先生、ベテランビジネスパーソンが世代、業種を超えて、ゆるくお話をする

非常に楽しいひと時でありました






stake2id at 21:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年09月09日

10/5,9 東工大MOT(技術経営)社会人入試説明会

残暑に届く合格の便り


大学院の合格のたよりは、今頃から9月にかけて、残暑の季節に届きます

「TAK」さんのところにも、学生さんたちから、大学院合格のうれしい便りが届き始めます。


と書いたところ、いろいろな方から、返信、コメントをいただきました。


いろいろありますが、特徴的だったのが、何名かの社会人の方から、


「大学院入試を受けるべきか?迷いましたが、結局、受けませんでした。

仕事と両立できるか?不安だったし、合格できるだけの勉強もしていなかったし。

でも、とにかくチャレンジすればよかった!」

というものがありました


ただ、大学院の入試は、必ずしも夏に1回だけ行なわれるものではありません。

年に何回か、行なわれるものもあるので、受験を考えている大学院の情報を的確に調べることが大切です


「TAK」さんが在籍している東工大MOT(技術経営)は社会人は冬にも入試を行ないます。説明会は以下の日程です

「チャレンジすればよかった!」と悔やんでいる方は、是非、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?


東工大MOT(技術経営)社会人入試説明会


下記の要領で2011年4月技術経営専攻(専門職修士課程)入学希望の社会人を対象に、専攻の説明会を行います。

第1回
日時:平成22年10月5日(火)18時30分
場所:東工大 田町キャンパス


第2回
日時:平成22年10月9日(土)10時
場所:東工大 田町キャンパス


どちらの日程も同じ内容ですので、ご都合の良いほうに出席してください。当日は、在学生による相談コーナーもあります。

事前の予約は不要です。




stake2id at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年09月08日

残暑に届く合格の便り

合格の便りは、普通、春まだ浅い3月に届きます

ただ、大学院の合格のたよりは、今頃から9月にかけて、残暑の季節に届きます

「TAK」さんのところにも、学生さんたちから、大学院合格のうれしい便りが届き始めます。

「これで、やりたいことへのステップが一歩も二歩も踏み出せます。さあ、やるぞ!」

「安心しました。これで、今やりかけのフィールド調査に専念できます。大学院入学までに結果をまとめます」

「正直、まだ実感がわきません。もっと、うれしいと思っていたのに。何から手をつけてよいのやら」

人によって、合格の喜びも様々です


数年前にいただいた、合格の頼り、が「TAK」さんにとっても、大きなターニングポイントでした


残暑に届く合格の便り


Tさんは、都内の国公立大学に通う4年生の女子学生。

少し派手なルックスで、「TAK」さんは少し引いてしまいそうですが、お話しすると、とてもしっかりした女子学生です。

医療関係の仕事をしたい、起業もしたい、新聞社にも勤めたい、シンクタンクでも働きたい、

と、いろいろ数え切れないほどの夢があり、なかなかひとつに絞れずに、就職活動の時期を迎えていました

そんなTさんから、昨日うれしい合格の便りをもらいました。

見事に「TAK」さんが卒業した東京・本郷にある大学の医学研究科大学院に合格したとのこと。



将来やりたいことを本当に実現させるためには

今学部でやってるようなものではなく

もっと学際的な研究しとかなきゃいけない気がしたし

そのためにはもっと研究能力つけなきゃってことで

大学院受験しようとおもいました。



この便りをいただいた1年後

ふたつ目の学位は、やはりMOT(技術経営)で!


10月から、正式に東京工業大学 大学院 イノベーションマネージメント研究科MOT(技術経営)修士課程に社会人学生として参加することにします。なんと「学生」になっちゃいます。


と「TAK」さん自身が社会人大学院生になってしまいました


今年の合格の便りの特徴はtwittwerでリアルタイムに届いたことでしょうか?

そのため、

「合格です。受かりました」

の連絡後すぐに、twitterで

「おめでとう。よかったですね」

と返信できます

これはtwitter上のやりとりなので、公開でのやり取りです

すると、面白いことに、合格した人を知らない人から、「おめでとう」のツイートが届きだしました

うれしいことは、知らない人にまで、伝わっていくようです

この「合格の便り」が伝わった人たちに、以前の「TAK」さんのような変革をもたらすか?楽しみです






stake2id at 14:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年09月03日

東大i.schoolセミナー「理解を価値に変える」

東大i.schoolセミナー"Transforming understanding into value"に参加します

東京大学i.schoolは「あなたをイノベーティブ」を目標とした東大の新しい教育プログラムです

年に6回ワークショップがありますが、現役東大大学院生しか、参加できません。

ところが、現役東大大学院生以外も参加可能な上記セミナーの通知が来たので、早速申し込みました


テーマは"Transforming understanding into value"「理解を価値に変える」

ビジネスでは、顧客志向デザイン、顧客と共同の創造、デザイン思考、イノベーションが注目を集めています

でも、実際のビジネスの現場で、これらの理論、ツールをどうやって凝縮したモデルにすることができるでしょうか?

企業で、問題解決を行なう上でのキーポイントは何でしょうか?


講師は、Claro PartnersのManaging Director Mr. Rich Radka。セミナーは英語で行なわれます

参加者は20名程度と比較的少人数、この規模での英語のセミナーはなかなか有意義です


・Partners with our clients

すべてを自分でやろうとするよりも、いろいろなスキル、バックグランドを持ったパートナーとコラボする方が、ずっと早く、優れた質のものができます

ただ、専門家はどうしても自分が専門のところに集中して目が行ってしまいます。一歩下がって、大局的な目で見ることが大切です


・Peolple-centered

顧客志向とよく言われます。実際に使う顧客の立場に立つことは、もちろん、大切です

ただ、顧客だけでなく、クリエーター、プロデューサーは何が生み出せるのか?
社内の人材の強みは何か?

これらを組み合わせると、顧客にどんな価値が提供できるのか?

携わる人すべてを理解することが大切です


・Think + Do

アイデア作り、コンセプト作りには、多くの人材、時間、お金が費やされます。

ところが、できたらそれで終わり、という感じです

アイデア、コンセプトだけでなく、具体的に実行できるものにして、実行してみる、そして改良を加える、ことが大切です


・Transformation is a process of translation. Process and Practice

子供がブロックでものを作りあげるように、データを既存の考えから解き放ち、再構築する


まだまだ、聞いていたかったのですが、次の予定があるので、ここで退出です




stake2id at 15:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年09月02日

「感性機械」作家が書き,機械が読む

2010年09月11日(土) 〜 2010年09月13日(月)に東京工業大学 大岡山キャンパス西9号館で日本感性工学会大会が開催されます


今回の大会テーマは「感性機械」といたしました。

工学にとっての原点ともいえる機械の発想に立ち戻り、感性研究を展望できる絶好のテーマであろうかと思われます。

感性工学は、学際的な展開にあっても他に類をみないほどの活動の歴史をもっていますが、人文科学、社会科学への拡がりのなかでは、たとえば文学機械や感情機械というメタファーは数多くの刺激的な感性研究を促してきました。

したがって、感性機械というメタファーは極めてなじみの良いものであり、さらに新しい発想を促してくれるものと思います。


ところで、学会の参加費は1万円以上かかるし、学生会員でも3000〜4000円します

でも、東工大の大学院生,学部生は学会全て参加費無料です

さらに、以下の多彩な講師陣による特別講演は入場無料です。

これはお奨めですので、この期間は東工大大岡山キャンパスへ行きましょう!


9月11日(土) リサーチ・デイ

特別講演1  9月11日(土)13:00-14:00
「感性」とは何か? ー脳科学からの視座ー
小泉英明 ((株)日立製作所 役員待遇フェロー)



9月12日(日) インターナショナル・デイ

特別講演2 9月12日(日)13:00-14:00
感性工学の世界の潮流
椎塚久雄 (日本感性工学会会長)+福田収一(スタンフォード大学教授)



特別講演3 9月12日(日)14:00-15:00
ホスピタリティと感性
高野登 (人とホスピタリティ研究所代表 元リッツカールトン日本支社長)



9月13日(月) アート&エンターテイメント・デイ

特別講演4+ワークショップ 9月13日(月)13:00-14:00
作家が書き,機械が読む
金原ひとみ (芥川賞作家)+東工大「文学機械」グループ


特別講演5 9月13日(月)14:00-15:00
笑いと感性
三遊亭好楽 (落語家)




stake2id at 11:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年09月01日

いざ、ハーバード・ビジネススクールへ?

経験シェア型の夏休みは楽しい!に書きましたが、夏休みを利用して、

・ハーバード、スタンフォードのサマープログラム

・MITのメディア・ラボ見学

・シリコンバレーでのインターン

に多くのお友達が旅立って生きます

そんな彼ら、彼女らを送り出しながら、今は中古品でしか購入できない「いざ、ハーバード・ビジネススクール―私はこうしてMBAを勝ちとった」(西川満 氏)を、むさぼるように読んで、留学を真剣に考えていた頃を思い出しました

この本には、著者がハーバード・ビジネススクール留学を決意するまでのきっかけ、経緯、留学準備でTOEFL、エッセイ準備で苦闘するプロセス、合格が決まって、渡米し、実際にハーバード・ビジネススクールで悪戦検討する姿が描かれています

「TAK」さんも、この本に触発されて、TOEFL、GMATのスコアメーク、エッセイを書いて、UC Berkeleyのハース・スクールにMBA留学することが決まっていたのですが、残念ながら、事情で行けませんでした

さて、上記の本が1990年代の企業のMBA派遣盛んな頃のものですが、今の時代のハーバード・ビジネススクールへの留学対策としては、Mr. Taka Imada の凡人が狙ってハーバードMBAに受かる方法(3.社会人3年目 - エッセイ編)が逸品です。


あなたが実際に「書いて」提出するものとしては、レジュメとエッセイがある。その二つを使って、何を示したいかといえば、「あなたが将来大きな成功を収めるであろう、ポテンシャルのある人材であり、ビジネススクールが投資するに足る人間であること」だ。

これを示すために、レジュメでは、「成功体験」そして「成長の歴史」を示す。言い換えると、あなたがすでに小さな成功体験を積み重ねてきており、MBAで学ぶことで大きな飛躍をすることが期待できることを示すということ。

では、エッセイとは何か。「あなたが将来大きな成功を収めるであろう、ポテンシャルのある人材であり、ビジネススクールが投資するに足る人間であること」を判断するために、レジュメ以外にアドミッションが知りたいことは何か。それは「あなたがどういうプランをもっており、どういうことを考えて仕事をしてきたか」ということだ。


繰り返しになるが、あなたが「将来」成功するかどうかが、アドミッションにとってはもっとも重要であり、それの核になるのがあなたの人生に対する考え方だ。

レジュメに現れるあなたの「過去の」成功体験はあくまで「将来の可能性」をはかるための、あなたの考え方の発露としてとらえられている。どれだけ過去の成功体験が華々しくとも、核となる考え方がつまらなければ、将来の成功はたいして見込めない。

逆に言えば、考え方が面白く深ければ、ビジネススクールの学び次第で大きく化ける可能性が出てくる。この理由で、エッセイはアプリケーションにおいて最も重要なものであり、かつ逆転の余地をもっとも大きく残すものだ。


国内の大学院入試を受験した人は、多くが入試が終わって、ほっと一段落しているところだと思います

こうした時期に、海外留学のきっかけを読んでおくのもいいのではないでしょうか。
ハーバードビジネススクール 不幸な人間の...
フィリップ・デルヴス・ブロートン
ハーバードの「世界を動かす授業」 ビジネ...
リチャード・ヴィートー
ケース・スタディ 日本企業事例集―世界の...
ハーバード・ビジネス・スクール




stake2id at 21:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
livedoor プロフィール

「TAK」さん

最新記事
Archives