2015年12月

2015年12月27日

MOT(技術経営)、この1年を振り返る2015

毎年、年末にMOT(技術経営)この1年を振り返っています。

2013年は、

MOT(技術経営)この1年を振り返る

(1)センサリング技術を活用して、意図しなかったビッグデータから、プロセス、結果を織り込んだデータへ

(2)デザインによりマネジメントを最小化

(3)サービスイノベーションの進展

2014年は、

MOT(技術経営)この1年を振り返る2014

(1)デザイン思考、学んだことを活かして、ビジネスとするところまで含んだプログラムの創設ラッシュ

(2)センサリング技術を活用して、意図しなかったビッグデータから、プロセス、結果を織り込んだデータへ
   
   直感、勘、感覚など「計測できない」「ブラックボックス」とされていたモノを計測し、コントロール

(3)3Dプリンター技術により、IT技術だけでなく、「ものづくり」でもプロトタイプが容易に可能

   「絵に描いた餅」ではなく、実際の餅に

と書きました。

AS20151101000326_commL


2015年について書くと、

技術にマーケティング、ファイナンスなどのMBAを適用してビジネスにする

こと自体が、当然のこととなり、

技術を駆使して、金融サービスを生み出したり、見直したりするFintech(フィンテック、Financial technology)

なども急激に発達し、MOT(技術経営)という言葉自体が陳腐化し、既に死語になりつつある感がします。

進んだ項目としては、

(1)急激に進んだ人工知能の導入、人が判断するのではなく人工知能が代替

(2)見える化、可視化から仕組み、仕掛けを考えた行動誘導

(3)仮説構築から検証モデルから、大量高速トライアルによる検証

(4)ビジネスモデルの検討、学び、から社会実装へ

(5)ベンチャーの起業から、ベンチャーと大企業のコラボレーション

などが挙げられます。

MOT(技術経営)全般については、

東工大MOTは「イノベーション科学の創成」ができるか?

イノベーションをサイエンスするー東工大MOTは進化します

東工大MOTオープンハウスに行ってきました。東工大MOTは進化し続ける

東工大MOTは「文理の壁」を超えられるか?

に書いたのですが、


「MBA、MOTは、今ではビジネスには使えない。」のような言葉をよく聞きます。

これは正確ではありません。

社会、時代、技術が急激に変化しています。

それなのに、以前のMBA、MOTのテキスト、カリキュラムを持ってきて、適用しようとしても、ムリがあるのは当然です。

それゆえ、各大学等教育機関のMBA、MOTのカリキュラムも大きく変化したり、あるいは新たなプログラムが加わっています。

f93e13e7


MOT教育コア・カリキュラムの開発

MOT 教育ガイドライン

があり、それに沿う形で、

技術をビジネスにするのに必要な、技術経営、知財、品質、マーケティング、ファイナンスなどの科目で構成されていました。

これらがMOT(技術経営)のエッセンスであることに変わりはありません。

ただ、エッセンスを学んだだけでは、変化が急激な時代での対応には不十分です。

今回の改革では、バイオ、技術政策、データ・アナリシス、ゲームの理論などの科目が加わり、エッセンスに加えて、いろいろな展開が広がる選択肢が増えました。

欲を言えば、デザイン思考に関する科目がほしい、というところでしょうか?


では、個々の項目を見ていきます。


(1)急激に進んだ人工知能の導入、人が判断するのではなく人工知能が代替

人の仕事が人工知能に置き換わる、よりは、人と人工知能のコラボにより、できることが急激に拡大する

ロボット、人工知能は、大きな出力、繰り返し作業は得意だが、

・「巧みの細かい作業はできない」とされていましたが、今では3Dプリンターで製作

・「1か所の判断はできても、複数、大局の判断ができないので、将棋、チェスは初級レベル」だったはずが、名人、世界チャンピオンを破る

・「瞬時、とっさの判断は難しいので、自動車の運転アドはできない」とされていましたが、自動運転は実用段階

と、人間しかできない、人間の方が得意、とされていた分野で人工知能が上回っています。

46f31323


身近なことでも、例えば、休日の行動を決める(テニスなどに外出するか?雨なのでうちにいるか?)天気予報。

以前は早朝のテレビの天気予報の気圧配置、アメダス、予報から判断していましたが、今では、ネットの雨雲の動きの予想で決めます。

数時間前からの時系列データと現在のデータに基づく予想ですから、人間の判断よりもはるかに精度がよいです。もちろん外れることもありますが。

インターネットの株、FXなども、人ではなくソフトウェアで運用している人が多い、と聞きます。

激しく値動きする複数の株を運用を人間がすること自体、もやは不可能で、ソフトウェアで運用するしかないのかもしれません。

693f985a


「そもそもソフトウェアは人間が作成したものなのだから、人間の知恵を超えるものではない」と思われるのですが、

バーチャルな世界での出来事をリアルな世界で再現ー3Dプリンターの衝撃




・コンピューターで単純なルールを繰り返すことで、人間には意外に見えることを表現することができる。

・コンピューターと協働するデザイン、コンピューターの論理的計算処理量と速度の優位性は、人間の知的能力には予測不能なことをもたらす。

・コンピューターの大量高速演算でもたらされるもの、人間にはルールはわかるが、結果は予測不能。

・コンピューターが単純に相当回数繰り返した結果を、3Dプリンターで出力すると、人は「凄い!」と感じる。

・人間の試行錯誤、コンピューターはすべてのパターンから瞬時に検索する。


と書いたように、人間が設定したルールを、1秒間に数万回、演算、検索すると、人間にはもやは予測不能な結果がもたらされます。

加えて、上記のように、人間は試行錯誤、表面に見える情報をもとに、過去にうまくいったパターン、自分が知っているパターン、「直感」で解こうとしますが、

コンピューターは、瞬時にすべてのパターンを検索します。

ad5cf1c5


コンピューターができることは、人間よりも、短時間、正確に行います。

人工知能により、ホワイトカラーの仕事は変わらざるを得ないでしょう。

人工知能だけでなく、コンピューター、インターネットの発達、普及により、プロ、企業でなければできなかったことが個人でもできるようになり、数か月かかった作業が、数分でできるようになりました。

「人間が人工知能に取って代わられて、やることがなくなる」「人間が人工知能と競争する」よりも、人間は人工知能が得意なことを利用、活用して、「人間が人工知能と協奏する、協創する」時代が訪れる、と考えています。

どんな時代が来るか?予測するよりも、時代を協奏、協創していくことになりそうです。


522f7c25


(2)見える化、可視化から仕組み、仕掛けを考えた行動誘導

一時期、見える化、可視化がはやりました。ところが、見える化、可視化しただけでは、「ふ〜ん、そうなんだ」と認識するだけで、実態を見たけれども、では、どうするか、行動までには結びつかないことがわかってきました。

行動まで結びつけるには、仕組み、仕掛けを考えることが必要です。

人間は(人工)物にしたがって生活する


電車の座席は、昔はずっと平らでしたが、最近は、一人分ずつ、くぼみができています。

すると、乗客はその一つ分に座って、以前のように、何人かの乗客が席を余分に占拠して、7人掛けの席に6人しか座れない、ということは、ぐんと減っています。

それだけではありません。

例えば、スーツケースを買うとします。

前のスーツケースのサイズ、それで足りない思いをどれだけしたから、一回り大きいサイズを買うべきか?

前のスーツケースのキャスター、取っ手で不便だった記憶から、どういうキャスター、取っ手がよいか?

など、に加えて、押入れに入るか?値段は?などを考えて、どれを買うべきか?検討します。

その結果、ある一つのスーツケースを購入します。

すると、その時点から、あなたはそのスーツケースにしたがって行動することになります。

そのスーツケースは、押入れのスペースをその分だけ占拠します。

海外旅行、海外出張に持っていけるものは、最大でもそのスーツケースに入るだけ、です。

海外旅行先では、便利だろうが、不便だろうが、そのスーツケースのキャスター、取っ手を使わざるを得ません。

つまり、(人工)物は所有した時点から、それにしたがって、生活することになります。


繰り返しになりますが、(人工)物は、人間がデザイン、製作、あるいは購入するのですが、

製作、購入し、所有した時点から、人間はそれにしたがって、生活することになります。

b80fd93a


価値は環境との相互作用で産まれる


●物はそれ自体では機能せず、価値は環境との相互作用で産まれる

例えば、バイオリンの名器であるストラディバリ、ガダニーニもそれだけでは、何の価値も産みません。

初心者が弾いても、あまり意味がありません。

これが、いわゆる「宝の持ち腐れ」でしょうか。

千住真理子さん、諏訪内晶子さんのような名バイオリニストに弾かれてこそ、価値が出ます。

できれば、たくさんの聴衆がいて、名演奏を聴くことができれば、もっとバイオリンの名器の価値が産まれます。


他の例も挙げてみましょう。

メルセデス・ベンツもそれだけでは、何の価値も産みません。

ブランド好きで、「いつかはメルセデス・ベンツ」と考えていた人が、やっと所有すると、その人にとって、価値が産まれます。

この場合、なるべく多くの人に見せびらかすと、もっと価値が産まれるのでしょうか?


●機能が優れた物が、価値を産み出すとは限らない。

最近では次世代DVDのブルーレイ方式とHD−DVD方式、以前はビデオのベータ方式とVHS方式の標準化の争奪戦がありました。

特に後者では、機能性ではベータ方式の方が優れていましたが、結局VHS方式が業界標準となり、ベータ方式は消えていきました。

このようにネットワーク、互換性という環境の中で、価値は産まれます。

それゆえ、機能が優れた物が、価値を産み出すとは限らない、のです。


●価値は環境と共に変化する。

ポケベル、FAXのように、以前は大活躍した機器が、携帯電話、メールに取って代わられ、今はほとんど使われなくなりました。

一方、インターネットは回線がISDNから光ファイバーになり、高速・大容量化が急激に進み、動画配信など、価値がますます増しています。

このように、価値は環境と共に変化します。


このように、価値はそのもの自体により、産み出されるのではなく、環境との相互作用により、産まれ、また、環境と共に価値も変化していきます。


Educe Cafe 仕掛学:遊び心を問題解決につなげよう

「仕掛け」とは「デザイン」に似ています。

「仕掛け」も「デザイン」も人間が考え、設定しますが、一度「仕掛け」「デザイン」出来上がると、今度は人間が、その「仕掛け」「デザイン」に従って行動することになります。

51403e4e-s


「デザイン」とは、

期待学研究会「デザインで期待を超える」




欧米を中心に新たな価値、体験を生み出すためのデザインがより重要になってきています。

技術、イノベーション、ビジネス、コミュニケーションなど、いろいろな分野、あるいは分野融合を起こす方法として、デザインに対する期待は高まっています。

「デザイン」の定義が、製品、建築物の設計から、サービス、システムなど、ハードなモノ、だけでなく、仕組み、仕掛け、などにも適用されるようになってきました。


b6d7ff2f-s


行動科学の「ナッジ(突っつく)」を活用する




「ナッジ」とは、別に、割引など、経済的なインセンティブを提供するわけでもなく、

選択を強制する訳でもないのですが、人々の行動を、予測可能な形で、望む方向へ導こうとするものです。

人々の行動を変えるには、その人々の心を変えようとする前に、まず、デザイン、設定をし直すと、よさそうです。


問題に直接働きかけるのではなく、一見、別の方向に人々を誘導し、結果として、目的の問題を解決してしまう「仕掛け」。

など、合理的な理論だけでなく、行動科学の知見から、人々の直感に働きかける「仕掛け」が使えそうです。

5a22e05a


(3)仮説構築から検証モデルから、大量高速トライアルによる検証

拡張現実と予感のセンシング、インターネットからセンサーネットの時代へ


直感、勘、感覚など、これまで「計測できない」「ブラックボックス」とされていたモノが計測できる、そしてコントロールできるようになれば、人間の生活、行動が大きく変わってくる、と考えられます。

仮説を構築し、検証する枠組みが成り立たなくなっている。それよりも、大量高速で、試しにやってみて、うまくいったポイントを数値的に記録しておき、まず成立させた上で、なぜ成立するのか?論理的に考察していく方が手っ取り早い。


28e8ca22-s


(4)ビジネスモデルの検討、学び、から社会実装へ

東大プラチナ社会、アイデアはシステム思考を科学しつつ社会実装する


「社会実装のシステム思考を科学」して、アイデアを生み出すだけでなく、実際に各地域で適用し、関係者を巻き込みつつ、さらにその地域だけでなく、他地域への適用を水平思考する

「学んだことは大変有意義だったけれど、それを活用できているか?」と悩んでいるのではなく、

とにかく、何らかのプロジェクトが進行中、もちろん、うまくいかないこともあるけれど、フィードバックして、修正しながら進行中

ということで、社会への波及も含めたプログラムになっている、ということでしょうか?

大学はアイデアを生み出すだけでなく、社会への適用も同時並行的に行う場になりつつあります。


b85d64f6


(5)ベンチャーの起業から、ベンチャーと大企業のコラボレーション

社会起業家を生み出すアメリカの取り組み、に学ぶ

ブレークスルーはベンチャーと大企業のパートナーシップ


ベンチャーだけでは難しく、途中で大企業とのパートナーシップが欠かせない

自社主義よりもコラボの方がイノベーションが起こる。

パートナーシップに大切なのは信頼。これがないと、大切な情報は提供できない

オープンイノベーションのためには信頼関係が不可欠。最新の技術を取ってやろう、では、成り立たない

ゼロからやることは難しい。ポテンシャルを持つパートナーと組む。

うまくいった事例を発信することで、大企業のマインドセットが変わる


現代は技術の進展が早過ぎて、とても予測ができません。

来年はどんな展開があるのか、楽しみです。





stake2id at 20:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月23日

スマフォの不調、故障の原因は試供品マイクロSDカードだった?

スマートフォーン、修理後2か月半で故障、有償で再修理、を考える




6月中旬に、再起動を繰り返すようになり、壊れて、基盤を交換修理したNTTdokomoF-10dが、修理後わずか2か月半で、同様の現象を起こすようになり、壊れてしまい、修理せざるを得なくなりました。


と書きました。

cc999224


その後も、不調、故障は解消されず、

Facebookが反応しない、反応までに時間がかかる、そのため、再起動をせざるを得ない

などの不調が続いていました。

カメラで撮った写真をPCに取り出そうとしたところ、

「ファイルが壊れていて、取り出せません」

とのことだったので、保存していたマイクロSDカードを外しました。

IMG_20151222_182544924


すると、これまで反応に時間がかかったいたのに、サクサク操作できるようになり、これまで早かった電池の消耗が遅くなりました。

どうやら、スマフォの不調、故障の原因は試供品マイクロSDカードだったようです。

「TAK」さんは、スマフォのヘビーユーザーではなく、動画、写真、データなどを本体では保存しきれないほど、取る訳ではありません。

cf0906c4


マイクロSDカードは、あくまでも、万が一のバックアップのため、そのため128GBなど大容量のモノではなく、最初に入っていた、試供品の2GBのものを、そのまま使っていました。

マイクロSDカードをデータ保存に使わなくても、マイクロSDカードに信号が届くか、どうか、など、絶えず通信は行われています。

そのため、このマイクロSDカードの品質が悪いと、不調、故障の原因となる、電池の消耗を早める、こととなってしまいます。

Qm


試供品として入れておくマイクロSDカード、NTTDocomoもメーカーの富士通も、コストをかけたくないところです。

最高品質のものを入れるわけはなく、なるべく、安いモノですませたいところです。

ユーザーも、この部分に、高品質は求めません。動画、写真、データなどを大量に高品質で保存したいならば、もっと優れたものに交換しています。

ただし、この部分マイクロSDカードの低品質が、スマフォ全体の品質を悪くしているのでは、ダメです。

日本のメーカーは、高品質、すなわち、標準品であっても、相当の品質は担保されていることが魅力、ウリでした。

今回の事例は、低コストを求めるあまり、日本メーカーのウリであった、「標準品であっても、相当の品質は担保されている」

を失いました。

contribution01_05


日本のメーカーが海外メーカーとの低価格競争にさらされ、東芝、シャープなど、かつては好業績だったメーカーが苦境に陥っています。

ここで、ウリであった、「標準品であっても、相当の品質は担保されている」を手放してしなうと、すべてを失ってしまいます。

自分自身が当事者となり、いろいろ考えさせられた事例でした。




stake2id at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月22日

医療分野は他分野とのコラボで飛躍的に進化する

CGは本当に医療を助けるのか?

という案内が来ました。

5


講師は株式会社サイアメント CEO&Presidentで東大医学部卒業で医師の資格も持つ、瀬尾拡史さん

瀬尾さんのお話は以前も何度か伺ったことがあり、

8


教養としての生命科学




・研究と表現。研究データをコンピューターで可視化できる人材、研究のわかりやすい挿絵、イラストを描ける人材、学問と映像に精通した人材が少ない。

・サイエンスに藝術要素を取り入れる。サイエンスを題材とした藝術ではない。わかっている人が描くからこそ出来る。演出(映像、音楽、ナレーション)が必要。

・アメリカ、カナダには医学イラストレーションの大学院があり、医学部生と全く同じコースを医学生と学ぶ。企業、研究所、政府機関、病院から求人。

UPNR_thumbnail


・医学とコンピューター・グラフィクス(CG)、組み合わせると、とても便利で、医学が進展するのに、他分野のCG利用に比べ、驚くほど進んでいない。

・医学のCG利用、この分野は正解共通。英訳や英語版を作れば、国際的に受け入れられる。

・医工連携は重要だが、医学の先生は工学の論文、工学の先生は医学の論文、など読まない。ニュース、雑誌、新聞などへの掲載がきっかけになる。 

・アカデミアは論理至上主義だが、コンピューター・グラフィック(CG)、映像、音楽などの要素が入ってきて、変わりつつある。


などと書いています。

UTHeartJP_thumbnail


今日はどんなお話が聞けるのかしら?早速伺ったお話をまとめます。

CGは本当に医療を助けるのか?もちろん、答えはYes.医療を変えてしまうほどの効果があるに違いない。ただ、今ある医療CGは、それらしい、不正確なものが多くて、活躍が期待されるのに反して、他分野に比べ、驚くほど遅れている。アメリカでは豊富な医療知識を持つクリエーターの不足などが原因で、シミュレーションとビジュアリゼーションの混同も見られる。今後の進展が期待される。

コンピューター・グラフィクス(CG)は勉強の助けになる。単なるエンターテイメントではない。

クリエーターは映画、ゲームがやりたい人が多く、医療には興味がなく、知識を身に着けようともしない。それゆえ、医療用コンピューター・グラフィクス(CG)は知識も興味もないクリエーターが製作することになってしまう。

シミュレーションの可視化には2種類ある。研究者が結果の妥当性を検討するためのものと、一般への普及のためのもの。

UofC_thumbnail


シミュレーション結果を理解でき、コンピューター・グラフィクス(CG)表現について理解できないと、映像化できない。文脈がわかっていること。

そもそもデータとして存在しないものは、可視化してみることはできない。

コンピューター・グラフィクス(CG)になっていると、それを「本物」と信じてしまう人が少なからずいる。

データが素晴らしくても、「見やすく」「わかりやすく」「操作しやすい」可視化ができなければ、臨床現場への普及は難しい

映像は100%作り手の主観、可視化手法としての映像の限界。リアルタイム化+インタラクティブ化が必要。

Insulin_thumbnail


上に書いたように、CGは本当に医療を助けるのか?もちろん、答えはYes.医療を変えてしまうほどの効果があるに違いない、でしょう。ただ、これは、コンピューター・グラフィクス(CG)に限った話ではありません。

「病院」がトヨタを超える日、大変革を迎えつつある医療

東大イノベーション政策研究会「サービス工学の概念と実践」に参加しました




医師による診断はこれまでは、その医師のそれまでの経験の範囲内での診断でしたが、検査データを、大規模データベースと照合すれば、診断はずっと容易になります


複数の医療機関から患者に薬を処方された時期が重なる「重複処方」

が問題になっていますが、

薬の処方をクラウドサーバーで管理(もちろんID、パスワード)し、履歴がわかれば解消できそうです。

将来の医療費の増大が懸念されていますが、既存のICT技術、ネットワーク技術で、「重複処方」「重複検査」などの無駄を省けば、大幅に削減できそうです。

a279506e


医療データベース、遠隔医療など、医療革命が進行中

2048年の医療「医療を変えることは未来を変えることである」




・マイクロチップを人体に貼付することにより、血圧、脳波などを24時間モニタリングする

・医師が症例データベースにより、患者の症状をその医師の経験の範囲内でなく、広く照合し、診察する

などは既に行われつつあります。

これまでは「患者の自覚症状により、通院する」というパターンでしたが「計測データから未然に対策」が現実のものになりつつあります。

光学、情報通信、ディジタル化などにより「医療が可視化」され、3Dプリンターにより、「可触化」されつつあります。


63c70779-s


「病院」がトヨタを超える日、大変革を迎えつつある医療




もう既に、

Googleがスマート コンタクトレンズを開発、血糖センサと無線内蔵の医療用

涙に含まれるグルコースを監視することで、糖尿病患者に血液検査より楽な血糖値管理の方法を提供するとともに、今後はLEDを内蔵して、着用者に血糖レベルの急激な変動を警告する機能も検討しています。

5e6ab9e4


人間のすべての健康状態を計測してくれる世界最小最薄のスキンセンサー

イリノイ大学の研究者たちが、皮膚に直接接着できる世界最小最薄のセンサーの開発に成功した。このセンサーは体温はもちろんのこと、皮膚の乾燥状態、血流、筋肉の疲労具合など、様々な健康状態を測定・管理することが可能

のように、ディジタル化、ネットワーク化により、「患者の自覚症状により、通院する」から「計測データから未然に対策」が現実のものになりつつあります。


と書きました。

医療は他分野とのコラボで大きく展開する

医療業界に限らず、いろいろな業界で「閉鎖性」はあります。

オープン・イノベーションの時代に、他業界とのコラボで医療は大きく展開する。


そんなことを、さらに強く感じた講演でした。



stake2id at 22:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月18日

生命化するワークプレースとは?

シンポジウム「生命化ワークプレイス」

という案内が来ました。

9


組織は生きている人間の集合体であり、また、組織そのものが活きている生命体です。

ところが、ワークプレースであるオフィスは、機械、装置が利用できる場所に人々が集まるコンセプトのまま。

生命体ワークプレースであるオフィス(そもそも、そんな概念自体がなくなってしまうかもしれないが)はどう進化するのか?

組織、ワークプレースをモノではなく、生命体と考えると、いろいろなことがわかってきそうです。

eea2941b-s


これについては、新しいワークスタイル研究媒体「WORKSIGHT」

の活動をもとに、

「コミュニケーションから理想の働き方を考える」とは、「働き方をデザインし直す」

・働く仕組みと空間をつくる。環境を変える→働き方が変わる→成果が出る、の好循環

・企業、実は通常、一枚岩ではない。例えば、営業と開発は仲がよくない。視点をひとつ上に置くいて、コラボできることを探すと、協力できることが見えてくる

・生産方式と組織の推移:大量生産(階層社会)→多品種少量生産(フラット社会)→知識創造(コミュニティー社会)

・オフィスを見ると、働き方、職場の雰囲気がわかる

・トップダウンからインタラクティブへ。明確でひとつの正解から、よく見えない、いくつもある、流動的な解へ

・同じ材料、メンバー、働き方で結果を変えるのは難しい。結果を変えるには、材料、メンバー、働き方のいずれか、を変える

・会社に所属すると、社内と社外という考えが、暗黙かつ自然にある

・多様化させるだけでなく、既に多様であるのに、気付かれていない事項について、ICTにより顕在化させることができる

・大企業の制度を変えるのは時間がかかる。ルールに従っていたら、新しいことはできない。イノベーターの特例を、仲間をつくって先例にしていく

・新しいことをやろうとすると、社内に必ず抵抗勢力がいる。社内を変えるには、社外を使うことが有効なことがある

外とのつながりで発想するオフィス

知的創造活動のためのワークスタイルとワークプレイスの試み

等と考えてきました。

160a93a2-s


まず、出たお話をまとめます。

技術によって、ある問題が解決したとしても、関連する形で別の問題が発生する。

例:新幹線の開通によって主要都市間の交通は便利になるが、在来線周辺はさびれる。ロシア上空が飛行できるようになり、日本からヨーロッパへ直通で行けるようになり、アンカレッジ空港が寂れた。

ICT、ディジタル化、ネットワーク化により、なくなる仕事もあるが、発生する仕事もある。ただし、音楽、映像など、タダになるものが多いので、GDPには反映されない。

会社の寿命が極めて短くなる。

人工知能Deep Blue、チェスのチャンピオンを完膚なきまでに破った後、人とコンピューターが一緒に楽しめるゲームの開発に。既存のモノへの挑戦が終わると、新しいモノの創造が始まる

世の中が急激に変わる時に、古い人は対応しようがない。

イノベーション教育と言うが、教員を養成する教育システムが古いままでは変わらない。

人間は限界まで追い込まれないと変われない。

13 - コピー


産業革命以降、工場など、機械、装置が利用できる場所に、人々が集まって働いていた。

生産は飽和状態、欲しい人に欲しいものを、「私だけ」のサービス

大量生産でも、受注生産でもない、一人一人に合わせたカスタマイズ生産

顧客へのサービス(匿名から実名へ)、市場(価格原理)からの脱却、一般へのサービスから特定個人へのサービス

12 - コピー


ビジネスは「利他主義」、相手を幸せにする、特定の個人に最高の満足を、が、結果として自分の利益にもなるメカニズムにする

行きたくなる場所、行くと楽しい場所、そこへ行くと何がどうなっているか、何をすればよいのか、わかる場所、そこへ行くと会いたい誰かがいる場所

オフィス、事務処理から、情報を収集、加工、発信する場所へ、情報とコミュニケーションのフローに従ってデザインするとよい

現在は、管理する側と管理される側が分離しているが、主体と客体ではなく、主体と主体へ

作りこみ過ぎない、計画し過ぎないオフィス→使ってみて、初めてわかることがたくさんある

ワークプレースのセンサリングの指標、これによりコントロールを行う絶対的なもの、量ではない。参加者が、リアルタイムで、今の状況をモニタリングし、コントロールするためのもの

content_03-colour_yohaku


5カ国の小学校の座席システム。実は、全部違った。

座席の配置が学習効果に大きく影響することが知られています。

クリエイティブなアイデアが流れ出る「場」とは?



カフェは行われる「場の設定」がゲストスピーカーが話す内容と同じくらい、あるいは、それ以上に大切です

例えば、机、椅子なども、教室型に並べるのと、コの字型、ロの字型に並べるのでは、ゲスト・スピーカーの話の受け取られ方、
ゲストとフロアのやり取りに大きな違いが出ます

アーキテクチャ(architecture)は、英語で「建築学」、「建築術」、「構造」を意味する言葉

architecture-107882_960_720


人間は(人工)物にしたがって生活する

に書きましたが、


電車の座席は、昔はずっと平らでしたが、最近は、一人分ずつ、くぼみができています。

すると、乗客はその一つ分に座って、以前のように、何人かの乗客が席を余分に占拠して、7人掛けの席に6人しか座れない、ということは、ぐんと減っています。

それだけではありません。

例えば、スーツケースを買うとします。

前のスーツケースのサイズ、それで足りない思いをどれだけしたから、一回り大きいサイズを買うべきか?

前のスーツケースのキャスター、取っ手で不便だった記憶から、どういうキャスター、取っ手がよいか?

など、に加えて、押入れに入るか?値段は?などを考えて、どれを買うべきか?検討します。

その結果、ある一つのスーツケースを購入します。

すると、その時点から、あなたはそのスーツケースにしたがって行動することになります。

そのスーツケースは、押入れのスペースをその分だけ占拠します。

海外旅行、海外出張に持っていけるものは、最大でもそのスーツケースに入るだけ、です。

海外旅行先では、便利だろうが、不便だろうが、そのスーツケースのキャスター、取っ手を使わざるを得ません。

つまり、(人工)物は所有した時点から、それにしたがって、生活することになります。


繰り返しになりますが、(人工)物は、人間がデザイン、製作、あるいは購入するのですが、

製作、購入し、所有した時点から、人間はそれにしたがって、生活することになります。

research_human


価値は環境との相互作用で産まれる


●物はそれ自体では機能せず、価値は環境との相互作用で産まれる

例えば、バイオリンの名器であるストラディバリ、ガダニーニもそれだけでは、何の価値も産みません。

初心者が弾いても、あまり意味がありません。

これが、いわゆる「宝の持ち腐れ」でしょうか。

千住真理子さん、諏訪内晶子さんのような名バイオリニストに弾かれてこそ、価値が出ます。

できれば、たくさんの聴衆がいて、名演奏を聴くことができれば、もっとバイオリンの名器の価値が産まれます。


他の例も挙げてみましょう。

メルセデス・ベンツもそれだけでは、何の価値も産みません。

ブランド好きで、「いつかはメルセデス・ベンツ」と考えていた人が、やっと所有すると、その人にとって、価値が産まれます。

この場合、なるべく多くの人に見せびらかすと、もっと価値が産まれるのでしょうか?

19-takeda-u-tokyo-race-vaci-1-16-728


●機能が優れた物が、価値を産み出すとは限らない。

最近では次世代DVDのブルーレイ方式とHD−DVD方式、以前はビデオのベータ方式とVHS方式の標準化の争奪戦がありました。

特に後者では、機能性ではベータ方式の方が優れていましたが、結局VHS方式が業界標準となり、ベータ方式は消えていきました。

このようにネットワーク、互換性という環境の中で、価値は産まれます。

それゆえ、機能が優れた物が、価値を産み出すとは限らない、のです。


●価値は環境と共に変化する。

ポケベル、FAXのように、以前は大活躍した機器が、携帯電話、メールに取って代わられ、今はほとんど使われなくなりました。

一方、インターネットは回線がISDNから光ファイバーになり、高速・大容量化が急激に進み、動画配信など、価値がますます増しています。

このように、価値は環境と共に変化します。

このように、価値はそのもの自体により、産み出されるのではなく、環境との相互作用により、産まれ、また、環境と共に価値も変化していきます。


レイアウトが少し変わっただけで、オフィスの雰囲気がガラッと変わることがあります

19-takeda-u-tokyo-race-vaci-1-18-728


「組織は生態系?生きて動いている?」


会社とか組織って、そんなに単純なものじゃないですし。

なんていうか、会社って、ひとつの生態系みたいなところがありますよね。

こっちの人が吐いた息を、あっちの人が吸ってる、みたいな影響がつねにあって。

自分の会社でもそうで、うまくいってるなと思っていても、ひとりが辞めるとガタガタになったりとか。

会社を計るメーターの中に「ちょうどいい」っていう、目盛りがあるとしたら、一瞬だけ針がそこに来て、また通り過ぎるみたいな。

だから、対処しようと思ったら、それぞれの人に対して対応していかなきゃいけないんですけど、組織が大きくなったらもう無理ですよね。

「生態系」っていいましたけど、ほんとに会社って、生きて、動いている


seitaikei


今回は「生命化」というキーワードでしたが、ワークプレースには、他にも、

人間がデザインするにもかかわらず、利用する時点から、人間が、それにしたがって行動する人工物、

人と環境と相互作用を生み出す場、

生命化に加えて、互いに、生きて、動いていく、生態系

など、いろいろ考えることがありそうです。



stake2id at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月14日

12月は忘年会、クリスマスパーティーのシーズン、「懐かしい集まり」と「未知の世界の開拓」

12月は忘年会、クリスマスパーティーのシーズン

普段、あまりお酒を飲まない「TAK」さんも、いろいろな集まりに参加します

23


6大学卒業生(慶応・上智・東大・東工大・一橋・早稲田)合同クリスマスパーティー2015に参加しました

に、多くの写真を掲載したように、すっかり楽しんでいます

18


忘年会、クリスマスパーティーには、「TAK」さん自身が主催者系を務めるものと、他の方々が主催者で伺うものとがあります。

前者は、この1年、お世話になった人々、懐かしい人々にお会いするもの、後者は、「TAK」さんがよく知らない、未知の世界の人々にお会いするもの、と大まかに分けることができます。

前者は、

家庭でもない、職場でもない、「第3の場 サードプレイス」とは、ちょっと懐かしい人に会えるかもしれない場所




つながりができた方々とは、ネット上では、毎日のように、今日はどんな活動をしているのか?知ることができるのですが、リアルでお会いする機会は、実は、びっくりするほど、ありません。

月に1度どころか、2、3か月、あるいは半年、1年に1度だけ、しかも、この同じ集いのイベントで、だったりします。

そこに行けば、ちょっと懐かしい人たちに会えるかもしれない、

そんな場所が、家庭でもない、職場でもない、「第3の場 サードプレイス」かもしれない、

無理なマッチングをしなくても、自然と、心地よい集まりに収束していく、


a0f40f15


後者は

越境のポイントは「ひとりで行く」のだが、越境先に「友達」がいるとよい




いつも慣れ親しんだコミュニティーばかりにいると、「世界」が広がりません。

世界を広げるためには「未知の世界」に越境することになります。

「未知の世界」ではアウェイ感を味わうことが予想されます。

それは、ちょっと辛いので、一人ではなく、誰か、友達と行くことがあります。

すると、結局、せっかく行った「未知の世界」で、一緒に行った「友達」とずっと一緒で、新しい友達をつくることもできず、うまくいかないことがあります。

それゆえ、勇気がいるかもしれませんが、「未知の世界」にはひとりで行くことが大切です。


と書いたとおりです。

1610821_10152486156516828_9033556242420186188_n


「TAK」さんの場合、懐かしい集まりと、未知の世界の、比率は2:8くらいでしょうか

もちろん、それぞれのイベントごとに、「懐かしい集まり」と「未知の世界」をあわせ持つものもあります。

このバランスは、それぞれの人の好みなのですが、ともすると前者に偏りがちだったりして、新しい世界が、なかなか広がりません。

12月の忘年会、クリスマスパーティーの忙しいシーズンのバランスを取りながら、懐かしさに浸りつつ、新しい世界を広げたいものです。







stake2id at 21:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月09日

「社会に役に立つことを研究する・学ぶ」と「研究成果を社会に活かす」の違い

東大プラチナ社会、アイデアはシステム思考を科学しつつ社会実装する

5d143724





この講座の目玉は、「社会実装のシステム思考を科学」して、アイデアを生み出すだけでなく、実際に各地域で適用し、関係者を巻き込みつつ、さらにその地域だけでなく、他地域への適用を水平思考すること、でしょうか?

「学んだことは大変有意義だったけれど、それを活用できているか?」と悩んでいるのではなく、

とにかく、何らかのプロジェクトが進行中、もちろん、うまくいかないこともあるけれど、フィードバックして、修正しながら進行中

ということで、社会への波及も含めたプログラムになっている、ということでしょうか?

大学はアイデアを生み出すだけでなく、社会への適用も同時並行的に行う場になりつつあります。


と、研究、学びを大学の中で完結させることなく、その成果を社会に適用し、実装し、さらには他へも水平展開を図る、ことについて書きました。

b85d64f6


「研究成果を社会に活かす」と似た言葉に、「社会に役に立つことを研究する・学ぶ」があります。

「社会に役に立つことを研究する・学ぶ」は既に、社会で顕在化しているニーズについて、研究する、学ぶ、こと

一方、「研究成果を社会に活かす」は、その研究成果について、社会で顕在化しているニーズは、特にはなく、研究者と社会の人々がコラボしつつ、その研究成果の活用について、探り、新たな可能性を見出していく、ことになります。

多くの人が顕在化していない、潜在的なニーズの開拓、は苦手なのですが、ここからイノベーションが生まれ、新たな価値、分野が展開していく可能性があります。

a7093089


この際に有効なのが、デザイン思考で、

デザイン思考、シリコンバレーIDEOの事例より




問題解決のためのデザイン思考における5 つのプロセス」が重要だということ。

empathy:課題の対象に感情移入する

define:問題を定義する

ideate:アイデアをたくさん出す

prototype:プロトタイプを作る

test:試験し、フィードバックを得る

このプロセスは、モノづくりだけでなくあらゆる問題解決の過程で応用できます。


・早い段階で、コストをかけずに、プロトタイプを創り、市場に出して、フィードバックを得る。アイデアでは見えなかったことが、プロトタイプにすると見えてくる。 


と書いたとおりです。

4ec52d36


科学と技術の融合




「科学」と「技術」が融合したのは、つい最近です。

「技術」が経験だけでなく、「科学」も根拠とするようになりました。

「科学」も何か「技術」に結びつかないか?検討し出しました。

そこで、「科学」が人間の生活に役に立つ、ようになりました。

「新しいことを知ることが楽しい」科学が「人間の生活に役に立つ」ようになりました。

こう考えると、科学はむやみに人間の生活に役に立つように、というよりも「新しいことを知ることが楽しい科学」と「人間の生活に役に立つ技術」がバランスを取って融合するのがいい、みたいです。


d7e2342e


工部大学校と日本の工学形成




当時の「工」は、日本だけでなく世界的にも、現在の数学、物理学などの科学と密接に結びついたものというよりも、経験に基づく「ものづくり」、交通インフラ、建物の工事、に近いものでした。

測量、交通インフラ、建物の工事、簡単な電気通信工事は、例えば、戦場では大変重宝で、評価が高かったようです。

当時の工部大学校でも、学問理論重視か?実地経験重視か?で、だいぶ意見が分かれていたことが伺えます。

いつの時代も、すぐに役に立つ、という点で、学問理論よりも実地経験の方が望まれます。

一方で、新しい技術を生み出すには、学問理論をベースとした研究開発があり、それが実地に展開することが大切であることは、後の歴史が示す通りです。

結果的にみれば、工部大学校は帝国大学令により東京大学工芸学部(前年に理学部より分離)と合併、帝国大学工科大学となり、理論と実践を融合させることになり、日本の技術の原動力となりました。


と書きました。

0d89df6e


「社会に役に立つことを研究する・学ぶ」ことも大切ですが、それだけではなく、「研究成果を社会に活かす」ことにより、イノベーションを生み出し、新たな価値、分野が展開していくのも楽しそうです。




stake2id at 19:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月05日

6大学卒業生(慶応・上智・東大・東工大・一橋・早稲田)合同クリスマスパーティー2015に参加しました

6大学卒業生(慶応・上智・東大・東工大・一橋・早稲田)合同クリスマスパーティー2015

という案内が来ました。

23


数年前より上智大学同窓会と早稲田大学ファイナンス稲門会が士業・金融関係者を中心としたビジネス交流会を開催していました。

又上智大学同窓会は一橋大学同窓会如水会の若手メンバーとの交流を合同クリスマス会などを通じて開催していました。

その後上記3大学で交流会を開催し、順次東京工業大学、東京大学をご招待し前回は5大学で交流会を開催しました。

2013年2月 3大学ビジネス交流会

2014年3月 5大学交流会 

12249821_920113541396169_1554294602653576644_n


年1回の交流会だけでなく、カジュアルなイベントを通じての交流継続のご希望を多数頂いたことや、ゲストより次回は慶応大学同窓会三田会の方々にもご参加いただきたいというお声がけがあり、満を持して慶応・上智・東大・東工大・一橋・早大卒業生による交流会を開催する運びとなりました。

クリスマスパーティーのほか、3月、9月にも同様の会があり、その時に参加記は、

6大学卒業生(慶応・上智・東大・東工大・一橋・早稲田)合同クリスマスパーティー@東大に参加しました

上智大学、東京大学、東京工業大学、一橋大学、早稲田大学、「5大学合同交流会」に参加しました

大学合同交流会にも「二枚目の名刺」の流れ

6大学卒業生(慶応・上智・東大・東工大・一橋・早稲田)合同ビアガーデン交流会@如水会館に参加しました

に書いたとおりです。

10350352_10152486152901828_8275097818702814175_n


今回のクリスマスパーティーは、上記の6大学に必ずしも限定せずに、「参加したい」お友達がいれば、誘ってきましょう、という感じです。

それゆえ、上記大学以外の方の、たくさん参加されています。


また、

「この6大学(慶応・上智・東大・東工大・一橋・早稲田)の卒業生なのですが、連絡をいただいていません。」

という声を伺うのですが、この同窓会は大学当局が行っているものではなく、各大学の有志が行っているものです。

それゆえ、大学から連絡は来ません。

参加を希望するのであれば、このサイトのリンクから主催者のサイトにたどり着くとか、「TAK」さんの知り合いであれば次回以降連絡を転送します。

IMG_20151204_193132299


この会には、女優およびキャスターの石井苗子さん(上智大学および東京大学卒業生)が参加され、ご自身が中心に推進している

東日本大震災被災住民支援プロジェクト「きぼうときずな」

について熱く語ってくださいます。

21


さて、このクリスマスパーティーですが、知り合い同士で来ている人もいますが、ほとんどは初対面。

参加者のネットワーキング能力、コミュニケーション能力が試されます。

この辺の事情は

ネットワークのポイントは「友達の友達」


誰も知らない時期に、懇親会に参加するのは、ちょっときついものです。

また、せっかくお話しても、それほど深いものにはなりません。

ところが、少しお友達がいると、懇親会はずっと楽しくなります。

お友達に、そのお友達を紹介してもらうと、共通のテーマがあって、また関心が重なっていたりして、お話がずっと深まります。

それゆえ、単なる名刺交換ではなく、しっかりした人的ネットワークになります。


18


「TEDxUTokyo学生スピーカー・コンペティション」に参加しました


懇親会に「ひとり」で参加するのって、結構勇気がいります。会場に誰も知っている人がいないと、話す相手もなく、「壁の花」になってしまいます。


と書いたとおりです。

19


「みなさん、よく、こういう会をされるのですか?」

という質問をたくさん受けましたが、上に書いたとおり、年に3回程度です。

実際に会うのは年に1〜3回、ただ、日ごろの活動はソーシャル・メディアで何となく、知っている、という状況でしょうか。

ソーシャルメディアの時代と言われますが、それに加えて、、この「年に1〜3回、実際に会う」のが大きかったりします。

20


さて、このクリスマスパーティーは立食形式です。

初対面が多く、ちょっと雰囲気が堅かった参加者同士もすぐに打ち解け、会話が始まり、知り合いを通じて、新たなつながりができる、という楽しい雰囲気になりました。

さて、こういった交流会で、お話した方、全員とお友達になる訳ではありません

ただ、前回の交流会で、お知り合いになって、お友達づきあいを続けている方々もたくさんいます

この会は、大学、業界の枠を超えたつながりができるきっかけ、であることは間違いなさそうです




stake2id at 21:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月03日

Educe Cafe 仕掛学:遊び心を問題解決につなげよう

Educe Cafe 仕掛学:遊び心を問題解決につなげよう

という案内が来ました。

11222896_10208426491166390_304369898167081756_n


案内文によると、


管理者の立場から「〜させる」のではなく、当事者の立場から「〜したくなる」ように仕向けるためのキッカケ、それを「仕掛け」と呼んでいます。

部屋が散らかっているのなら、部屋を片付けさせるのではなく、部屋を片付けたくなるように仕向ければいいのです。

そのような仕掛けの事例を集めて体系化することで、仕掛けならではのものの見方や発想方法を研究しています。

そのための切り口の一つが「遊び心」です。


12314002_10208426491246392_8601412137710231479_n


Educe Cafeには、これまでも参加し、

Educe Cafe子どもたちはどこで学ぶのか

Educe Cafe 楽しみながら学ぶデザイン

Educe Cafe「未来につなげるためのリフレクション・デザイン」に参加しました

東大情報学環「Educe Cafe:アートが引き出すコミュニティ」に行ってきました

などに書いてきましたが、

7d950b9b-s


Educe Cafe とは、


Educe(エデュース)には、「Education」の語源にあたる言葉で、隠された人の才能を引き出すという意味があるそうです。

Educe Cafeは、従来の枠組である「教育」というメガネをちょっとだけ外し、少しトリの眼になって「教育」の周りを見てみようよ、という想いで企画しています。

今のところ「つながり」「コミュニケーション」「インフォーマルラーニング」「ミュージアム」などというテーマが多くなっています。

ですが、今後はこれにも囚われずに、常に感性に働きかけるような素敵な活動をされている方をゲストとしてお招きし、その話題提供に刺激されて場全体で何かを考えていけるような創発空間にできたら、と想っています。

なお、Educe Cafeでは、お飲み物や軽食もお出しいたします。学生の方から大学・企業にお勤めの方まで、その場にいる人みんなが顔見知りになってお帰りいただけるような、アットホームな会づくりを心がけています。


ということです

15787216-s


「仕掛け」とは「デザイン」に似ています。

「仕掛け」も「デザイン」も人間が考え、設定しますが、一度「仕掛け」「デザイン」出来上がると、今度は人間が、その「仕掛け」「デザイン」に従って行動することになります。

862b40ed


「デザイン」とは、

期待学研究会「デザインで期待を超える」




欧米を中心に新たな価値、体験を生み出すためのデザインがより重要になってきています。

技術、イノベーション、ビジネス、コミュニケーションなど、いろいろな分野、あるいは分野融合を起こす方法として、デザインに対する期待は高まっています。

「デザイン」の定義が、製品、建築物の設計から、サービス、システムなど、ハードなモノ、だけでなく、仕組み、仕掛け、などにも適用されるようになってきました。


8a5c712f


行動科学の「ナッジ(突っつく)」を活用する




「ナッジ」とは、別に、割引など、経済的なインセンティブを提供するわけでもなく、

選択を強制する訳でもないのですが、人々の行動を、予測可能な形で、望む方向へ導こうとするものです。

人々の行動を変えるには、その人々の心を変えようとする前に、まず、デザイン、設定をし直すと、よさそうです。


など、合理的な理論だけでなく、行動科学の知見から、人々の直感に働きかける「仕掛け」が使えそうです。


では、早速出たお話をまとめます。

12316598_10208426491206391_3489263631227249147_n


問題に直接働きかけるのではなく、一見、別の方向に人々を誘導し、結果として、目的の問題を解決してしまう「仕掛け」。

IMG_20151202_183923623


JRのゴミ箱、中身が半透明で見える、ゴミの入れ口が、缶は丸、その他は長方形

当初は、地下鉄サリン事件を受けて、危険物の設置を防ぐことが目的だった。

自分の入れたゴミが他者からも見えるために、分別率が高まった

IMG_20151202_192750828


チップマネー効果、コインが入っているとコインを、札が入っていると札を入れる。

他者の行動に従う、それに従わないには理由が必要、人は集団内で協調することで生き抜くことができる

ただ、事例から仕掛けの原理を見つけ出すことはできるが、仕掛けの原理から事例を生み出すのは難しいのがネック。

23e5146f



問題に直接働きかけるのではなく、一見、別の方向に人々を誘導し、結果として、目的の問題を解決してしまう「仕掛け」。

人々の心を変えようとする前に、まず、デザイン、設定をし直す「ナッジ」


いろいろ使えるものがありそうです。






stake2id at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
livedoor プロフィール

「TAK」さん

最新記事
Archives