2006年05月04日

「飛び石連休」はどこへ行った?

5/3〜7までの5連休は産学官プロデューサーもしばし、お休み。

「連休」も時代とともに大きく変わっていきます。

以前は、飛び石で休みがある「ゴールデンウィーク」と言っていました。

1985年に「国民の祝日に関する法律」により、5/3(憲法記念日)と5/5(子供の日)に挟まれた5/4が休日となってからは、「大型連休」の方が一般的です。

「飛び石連休」という言葉も、そもそも「飛び石連休」自体が少なくなったせいか、使われなくなっています。


祝日と日曜日が重なっても、振替休日にならず、

土曜日が午前勤務(いわゆる「半ドン」)で、5/4が平日だった昭和40年代に

5/3(憲法記念日)と5/5(子供の日)に挟まれた5/4が日曜日で「3連休」となり、

大騒ぎになったことなど、今では「昔話」にすら、なりません。


今年は4/29〜5/7まで9連休の人もたくさんいます。「3連休」で大騒ぎしていた時代に比べ、やはり豊かになったのでしょうか?

いよいよ連休も後半です。レジャーにリラックスに、有効に使いましょう!

stake2id at 21:14│Comments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 理香   2006年05月05日 17:31
こんにちは。
私は、医療現場が勤務先でしたし、今も個人で仕事をこなしています。
お盆や正月もこのゴールデンウイークも、休んだことがなくて、ピンとこないのですが、世間では大型連休なのですね。
ここ有馬温泉周辺が、渋滞しているので、「連休なのね」と、先ほど感じながら、帰宅しました。
日本人も、休日を楽しむことが、上手になってきたようにも思います。
「TAKさん」は如何お過ごしでしょうか?
2. Posted by TAKさん   2006年05月05日 22:33
理香さん、コメントありがとうございます

TAKさんは学生の時は、飛び石連休、就職直後は現業で、連休も正月も働きました。

産学官プロデューサーは世の中の動きとリンクするため、暦通り、5/1,2は働く連休です。

でも、大型連休はどこも混雑するし、旅行代金は2倍以上、もっとうまい休みの取り方がありそうです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

「TAK」さん

最新記事
Archives